Lync Server 2013 の [qoe (Quality of Experience)] を有効にするEnable Quality of Experience in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2013-02-23Topic Last Modified: 2013-02-23

QoE (Quality of Experience) は、メディアの品質と、通話およびセッションに関係する参加者、デバイス名、ドライバー、IP アドレス、およびエンドポイントの種類についての情報を示す数値データを記録します。Quality of Experience (QoE) records numeric data that indicates the media quality and information about participants, device names, drivers, IP addresses, and endpoint types involved in calls and sessions. 詳細については、「計画」のドキュメントの「 planning for monitoring In Lync Server 2013 」を参照してください。For details, see Planning for monitoring in Lync Server 2013 in the Planning documentation.

組織全体または組織内の各サイトで QoE を有効にするには、次の手順を実行します。Use the following procedure to enable QoE for your whole organization or each site in your organization.

注意

QoE を有効にするには、まず、監視を構成して、監視バック エンド データベースに接続する必要があります。To enable QoE, you must first configure monitoring and a monitoring back-end database. 詳細については、「 Lync Server 2013 での監視の展開」を参照してください。For details, see Deploying monitoring in Lync Server 2013.

Lync Server コントロールパネルを使用して QoE を有効にするにはTo enable QoE by using Lync Server Control Panel

  1. RTCUniversalServerAdmins グループのメンバーである (または同等のユーザー権限を持つ) ユーザー アカウント、または CsServerAdministrator または CsAdministrator の役割に割り当てられているユーザー アカウントから、Lync Server 2013 を展開したネットワーク内の任意のコンピューターにログオンします。From a user account that is a member of the RTCUniversalServerAdmins group (or has equivalent user rights), or assigned to the CsServerAdministrator or CsAdministrator role, log on to any computer that is in the network in which you deployed Lync Server 2013.

  2. ブラウザー ウィンドウを開いて管理 URL を入力し、Lync Server コントロール パネルを開きます。Open a browser window, and then enter the Admin URL to open the Lync Server Control Panel. Lync Server コントロールパネルの起動に使用できるさまざまな方法の詳細については、「 Open Lync server 2013 管理ツール」を参照してください。For details about the different methods you can use to start Lync Server Control Panel, see Open Lync Server 2013 administrative tools.

  3. 左側のナビゲーション バーで [監視およびアーカイブ] をクリックし、[QoE データ] をクリックします。In the left navigation bar, click Monitoring and Archiving, and then click Quality of Experience Data.

  4. [QoE データ] ページで、表から該当するコレクションをクリックして、[操作]、[QoE を有効にする] の順にクリックします。On the Quality of Experience Data page, click the appropriate collection from the table, click Action, and then click Enable QoE.

Windows PowerShell コマンドレットを使用して QoE を有効にするEnabling QoE by Using Windows PowerShell Cmdlets

QoE を有効にするには、Windows PowerShell と、 -CsQoEConfiguration の設定 コマンドレットを使用します。You can enable QoE by using Windows PowerShell and the Set-CsQoEConfiguration cmdlet. このコマンドレットは、Lync Server 2013 管理シェルから、または Windows PowerShell のリモートセッションから実行できます。You can run this cmdlet either from the Lync Server 2013 Management Shell or from a remote session of Windows PowerShell. リモートの Windows PowerShell を使用して Lync Server に接続する方法について詳しくは、Lync Server Windows PowerShell のブログ記事「Quick Start: Managing Microsoft Lync Server 2010 Using Remote PowerShell (クイックスタート: リモート PowerShell を使用した Microsoft Lync Server 2010 の管理)」をhttps://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkId=255876で参照してください。For details about using remote Windows PowerShell to connect to Lync Server, see the Lync Server Windows PowerShell blog article "Quick Start: Managing Microsoft Lync Server 2010 Using Remote PowerShell" at https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkId=255876.

1 つの場所に対して QoE を有効にするにはTo enable QoE for a single location

  • QoE を有効にするには、EnableQoE パラメーターを True ($True) に設定します。To enable QoE, set the EnableQoE parameter to True ($True).

    Set-CsQoEConfiguration -Identity "site:Redmond" -EnableQoE $True
    

1 つの場所に対して QoE を無効にするにはTo disable QoE for a single location

  • QoE を無効にするには、EnableQoE パラメーターを False ($False) に設定します。これによって監視がアンインストールされることはありません。QoE データの収集と保存が停止されるだけです。To disable QoE, set the EnableQoE parameter to False ($False). This does not uninstall monitoring. It pauses the collection and storage of QoE data.

    Set-CsQoEConfiguration -Identity "site:Redmond" -EnableQoE $False
    

複数の場所の QoE を 1 つのコマンドで有効にするにはTo use a single command to enable QoE in multiple locations

  • このコマンドを実行すると、組織内で現在使用されているすべての QoE 構成設定に対して QoE が有効になります。This command enables QoE for all the QoE configuration settings currently in use in your organization.

    Get-CsQoEConfiguration | Set-CsQoEConfiguration "site:Redmond" -EnableQoE $True
    

詳細については、「 -CsQoEConfiguration 設定」を参照してください。For details, see Set-CsQoEConfiguration.