Lync Server 2013 のエンタープライズ Voip でユーザーを有効にするEnable users for Enterprise Voice in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-11-01Topic Last Modified: 2012-11-01

1つ以上の仲介サーバーのファイルをインストールした後、発信通話ルーティングを構成し、オプションで1つ以上の高度なエンタープライズ Voip 機能を展開するには、次の手順を使用して、ユーザーがエンタープライズ Voip を使用して電話をかけることができるようにします。After you install files for one or more Mediation Servers, configure outbound call routing, and optionally deploy one or more advanced Enterprise Voice features, you can use the following procedures to enable a user to make calls by using Enterprise Voice:

注意

次の手順では、最初の操作は Lync Server コントロールパネルを使用して実行することができます。Of the following procedures, only the first can be performed by using Lync Server Control Panel. その他の手順については、「Lync Server Management Shell」のみを使用できます。For the remaining procedures, you can use only Lync Server Management Shell.

  • エンタープライズ Voip のユーザーアカウントを有効にします。Enable the user account for Enterprise Voice.

  • (オプション) ユーザー アカウントにユーザー固有の音声ポリシーを割り当てます。(Optional) Assign the user account a user-specific voice policy.

  • (オプション) ユーザー アカウントにユーザー固有のダイヤル プランを割り当てます。(Optional) Assign the user account a user-specific dial plan.

エンタープライズ Voip のユーザーアカウントを有効にするにはTo enable a user account for Enterprise Voice

  1. CsUserAdministrator または CsAdministrator の役割に割り当てられているユーザー アカウントから、内部展開の任意のコンピューターにログオンします。From a user account that is assigned to the CsUserAdministrator role or the CsAdministrator role, log on to any computer in your internal deployment.

  2. ブラウザー ウィンドウを開いて管理 URL を入力し、Lync Server コントロール パネルを開きます。Open a browser window, and then enter the Admin URL to open the Lync Server Control Panel. Lync Server コントロールパネルの起動に使用できるさまざまな方法の詳細については、「 Open Lync server 2013 管理ツール」を参照してください。For details about the different methods you can use to start Lync Server Control Panel, see Open Lync Server 2013 administrative tools.

  3. 左側のナビゲーション バーで [ユーザー] をクリックします。In the left navigation bar, click Users.

  4. [ユーザーの検索] ボックスに、有効にするユーザー アカウントの表示名、名、姓、セキュリティ アカウント マネージャー (SAM) のアカウント名、SIP アドレス、または回線 URI (Uniform Resource Identifier) の全体か最初の一部の文字列を入力して、[検索] をクリックします。In the Search users box, type all or the first portion of the display name, first name, last name, Security Accounts Manager (SAM) account name, SIP address, or line Uniform Resource Identifier (URI) of the user account that you want to enable, and then click Find.

  5. 表で、エンタープライズ Voip を有効にするユーザーアカウントをクリックします。In the table, click the user account that you want to enable for Enterprise Voice.

  6. [編集] メニューの [詳細の表示] をクリックします。On the Edit menu, click Show details.

  7. [Lync Server ユーザーの編集] ページの [テレフォニー] で、[エンタープライズ VoIP] をクリックします。On the Edit Lync Server User page, under Telephony, click Enterprise Voice.

  8. [回線 URI] をクリックし、正規化された一意の電話番号 (たとえば、tel:+14255550200) を入力します。Click Line URI, and then type a unique, normalized phone number (for example, tel:+14255550200).

  9. [確定] をクリックします。Click Commit.

エンタープライズ Voip に対してユーザーを有効にするには、ユーザーに音声ポリシーとダイヤルプランが割り当てられているかどうか (既定で割り当てられているか、ユーザー固有であるか) を確認します。To finish enabling a user for Enterprise Voice, be sure that the user is assigned a voice policy and a dial plan, whether global (assigned by default) or user-specific.

既定では、すべてのユーザーにグローバル音声ポリシーとダイヤル プランが割り当てられます。By default, all users are assigned a global voice policy and dial plan. ユーザー アカウントが属しているサイトにサイト レベルの音声ポリシーとダイヤル プランが存在する場合は、それらのサイト ポリシーがユーザーに自動的に適用されます。If a voice policy or dial plan exists at the site level for the site on which the user account is homed, those site policies will automatically apply to the user. ユーザーごとの音声ポリシーまたはダイヤル プランをユーザーに適用するには、Grant-CsVoicePolicy および Grant-CsDialPlan コマンドレットを実行する必要があります。To apply a per-user voice policy or dial plan to a user, you must run the Grant-CsVoicePolicy and Grant-CsDialPlan cmdlets. 詳細については、「 Lync Server 2013 Management Shell 」のドキュメントを参照してください。For details, see the Lync Server 2013 Management Shell documentation.

音声ポリシーの割り当てVoice Policy Assignment

エンタープライズ Voip が有効になっているすべてのユーザーアカウントに、グローバルおよびサイトレベルの音声ポリシーが自動的に割り当てられます。Global and site-level voice policies are automatically assigned to all user accounts that are enabled for Enterprise Voice. 特定のユーザーまたはグループに適用する音声ポリシーを作成することもできます。You can also create voice policies that apply to specific users or groups. このようなユーザーごとのポリシーは、ユーザーまたはグループに明示的に割り当てる必要があります。These per-user policies must be explicitly assigned to the users or groups. エンタープライズ Voip が有効になっているすべてのユーザーに対してグローバルまたはサイトの音声ポリシーを使用する場合は、このセクションをスキップして、このトピックで後述する「ダイヤルプランの割り当て」セクションを続行することができます。If you want to use the global or site voice policy for all users who are enabled for Enterprise Voice, you can skip this section and continue to Dial Plan Assignment section later in this topic.

ユーザー固有の音声ポリシーを割り当てるにはTo assign a user-specific voice policy

  1. CsUserAdministrator または CsAdministrator の役割に割り当てられているユーザー アカウントから、内部展開の任意のコンピューターにログオンします。From a user account that is assigned to the CsUserAdministrator role or the CsAdministrator role, log on to any computer in your internal deployment.

  2. Lync Server 管理シェルを以下の手順で起動します。[スタート]、[すべてのプログラム]、[Microsoft Lync Server 2013]、[Lync Server 管理シェル] の順にクリックします。Start the Lync Server Management Shell: Click Start, click All Programs, click Microsoft Lync Server 2013, and then click Lync Server Management Shell.

  3. 既存のユーザー音声ポリシーをユーザーに割り当てるには、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。To assign an existing user voice policy to a user, run the following at the command prompt:

    Grant-CsVoicePolicy -Identity <UserIdParameter> -PolicyName <String>
    

    次にその例を示します。For example:

    Grant-CsVoicePolicy -Identity "Bob Kelly" -PolicyName VoicePolicyJapan
    

    この例では、表示名が Bob 友野のユーザーには、 voicepolicyjapan というという名前の音声ポリシーが割り当てられます。In this example, the user with the display name Bob Kelly is assigned the voice policy with the name VoicePolicyJapan.

ユーザー固有の音声ポリシーの割り当て、または set-csvoicepolicy コマンドレットの実行の詳細については、「 Lync Server 2013 Management Shell 」のドキュメントを参照してください。For details about assigning a user-specific voice policy or about running the Grant-CsVoicePolicy cmdlet, see the Lync Server 2013 Management Shell documentation.

ダイヤル プランの割り当てDial Plan Assignment

エンタープライズ Voip またはダイヤルイン会議のユーザーのいずれかのユーザーアカウント構成を完了するには、ユーザーにダイヤルプランを割り当てる必要があります。To complete user account configuration for either users of Enterprise Voice or users of dial-in conferencing, the user must be assigned a dial plan. 既存のユーザーごとのダイヤル プランを明示的に割り当てないと、ユーザー アカウントでは、グローバル ダイヤル プランまたは存在する場合はサイト レベルのダイヤル プランが自動的に使用されます。User accounts will automatically use the global dial plan or, if one exists, the site-level dial plan, when you do not explicitly assign an existing per-user dial plan. エンタープライズ Voip が有効になっているすべてのユーザーに対してグローバルまたはサイトのダイヤルプランを使用する場合は、このセクションを省略できます。If you want to use the global or site dial plan for all users who are enabled for Enterprise Voice, you can skip this section.

ダイヤル プランを割り当てるにはTo assign a dial plan

  1. CsUserAdministrator または CsAdministrator の役割に割り当てられているユーザー アカウントから、内部展開の任意のコンピューターにログオンします。From a user account that is assigned to the CsUserAdministrator role or the CsAdministrator role, log on to any computer in your internal deployment.

  2. Lync Server 管理シェルを以下の手順で起動します。[スタート]、[すべてのプログラム]、[Microsoft Lync Server 2013]、[Lync Server 管理シェル] の順にクリックします。Start the Lync Server Management Shell: Click Start, click All Programs, click Microsoft Lync Server 2013, and then click Lync Server Management Shell.

  3. ユーザー固有のダイヤル プランを割り当てるには、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。To assign a user-specific dial plan, run the following at the command prompt:

    Grant-CsDialPlan -Identity <UserIdParameter> -PolicyName <String>
    

    次にその例を示します。For example:

    Grant-CsDialPlan -Identity "Bob Kelly" -PolicyName DialPlanJapan
    

    この例では、表示名が Bob 友野のユーザーには、ダイヤルプラン 日本という名前のユーザーダイヤルプランが割り当てられます。In this example, the user with the display name Bob Kelly is assigned the user dial plan with the name DialPlanJapan.

ユーザーダイヤルプランの割り当て、または get-csdialplan コマンドレットの実行に関する詳細については、「 Lync Server 2013 Management Shell 」のドキュメントを参照してください。For details about assigning a user dial plan or about running the Grant-CsDialPlan cmdlet, see the Lync Server 2013 Management Shell documentation.