Lync Server 2013 での監視の有効化Enabling monitoring in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-10-17Topic Last Modified: 2012-10-17

統合データ収集エージェントは各フロントエンドサーバーに自動的にインストールされ、アクティブ化されますが、Microsoft Lync Server 2013 のインストールが完了すると、自動的に監視データの収集が開始されるということではありません。Although the unified data collection agents are automatically installed and activated on each Front End server, that does not mean that you will automatically begin to collect monitoring data the moment you finish installing Microsoft Lync Server 2013. その代わりに、フロントエンドサーバーとフロントエンドプールを監視データベースに関連付ける必要があります。また、通話詳細記録 (CDR) および Quality of Experience (QoE) の監視をグローバルスコープまたはサイトスコープで有効にする必要があります。Instead, you must do two things: you must associate your Front End servers/Front End pools with a monitoring database, and you must enable call detail recording (CDR) and/or Quality of Experience (QoE) monitoring at the global scope and/or the site scope.

フロントエンドサーバーまたはフロントエンドプールを監視データベースに関連付ける詳細な手順については、「展開ガイド」の「 Lync Server 2013 でのフロントエンドプールへの監視ストアの関連付け 」を参照してください。For step-by-step instructions on associating Front End servers or Front End pools with a monitoring database, see the topic Associating a monitoring store with a Front End pool in Lync Server 2013 in the Deployment guide. これらの関連付けが終わり、新しい Lync Server トポロジを公開しても、まだ監視データを収集することはできません。After these associations have been made, and after your new Lync Server topology has been published, you will still not be able to collect monitoring data. これは、既定では、Lync Server 2013 をインストールすると、CDR と QoE のデータ収集の両方が無効になるためです。That's because, by default, both CDR and QoE data collection is disabled when you install Lync Server 2013.

データ収集を開始するには、CDR 監視と QoE 監視のどちらかまたは両方を有効にする必要があります (CDR 監視と QoE 監視を両方とも有効にする必要はありません。In order to begin data collection you will need to enable CDR and/or QoE monitoring. (必要に応じて、1つの種類の監視を有効にして、もう一方の種類を無効のままにすることができます)。グローバルスコープで CDR 監視を有効にするには、Lync Server 管理シェルで次のコマンドを実行します。(Note that you do not have to enable both CDR and QoE monitoring; if you prefer, you can enable one type of monitoring while leaving the other type disabled.) To enable CDR monitoring at the global scope run the following command from within the Lync Server Management Shell:

Set-CsCdrConfiguration -Identity "global" -EnableCDR $True

または、Lync Server 2013 コントロールパネル内から CDR の監視を有効にすることもできます。Alternatively, you can enable CDR monitoring from within the Lync Server 2013 Control Panel. Lync Server コントロールパネル内から、次の手順を実行します。From within the Lync Server Control Panel, complete the following procedure:

  1. [監視] をクリックします。Click Monitoring.

  2. [通話詳細記録] タブで、[グローバル] 設定をダブルクリックします。On the Call Detail Recording tab, double-click the Global setting.

  3. [編集 通話詳細記録 (CDR) 設定] ウィンドウで、[CDR の監視を有効にする] を選択し、[コミット] をクリックします。In the Edit Call Detail Recording (CDR) Setting pane, select Enable monitoring of CDRs and then click Commit.

グローバルスコープで QoE 監視を有効にするには、Lync Server 管理シェルで次のコマンドを実行します。To enable QoE monitoring at the global scope, run this command from within the Lync Server Management Shell:

Set-CsQoEConfiguration -Identity "global" -EnableQoE $True

必要に応じて、Lync Server コントロールパネル内から QoE 監視を有効にすることもできます。If you prefer, you can also enable QoE monitoring from within the Lync Server Control Panel. コントロール パネル内で、次の手順を実行します。From within the Control Panel, complete the following procedure:

  1. [監視] をクリックします。Click Monitoring.

  2. [QoE データ] タブで、[グローバル] 設定をダブルクリックします。On the Quality of Experience Data tab, double-click the Global setting.

  3. [編集 Quality of Experience (QoE) 設定] ウィンドウで、[QoE データの監視を有効にする] を選択し、[コミット] をクリックします。In the Edit Quality of Experience (QoE) Setting pane, select Enable monitoring of QoE data and then click Commit.

前述したように、前述の例では、グローバルスコープで監視を有効にします。つまり、組織全体での CDR と QoE の監視を有効にします。As noted, the preceding examples enable monitoring at the global scope; that is, they enable CDR and QoE monitoring throughout your organization. または、サイトスコープで個別の CDR と QoE の構成設定を作成してから、各サイトの監視を選択的に有効または無効にすることもできます。Alternatively, you can create separate CDR and QoE configuration settings at the site scope, and then selectively enable or disable monitoring for each site. たとえば、Redmond サイトで CDR 監視を有効にしても、ダブリンサイトの CDR 監視を無効にすることができます。For example, you could enable CDR monitoring for your Redmond site, yet disable CDR monitoring for your Dublin site. 監視構成設定の管理の詳細については、「 Lync Server 2013 の通話詳細記録と qoe (Quality Of Experience) の設定を構成する」トピックを参照してください。For more information on managing your monitoring configuration settings, see the Deployment guide topic Configuring call detail recording and Quality of Experience settings in Lync Server 2013.