Lync Server 2013 からのアーカイブされたデータのエクスポートExporting archived data from Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2013-02-23Topic Last Modified: 2013-02-23

アーカイブ データベースにアーカイブされているデータは、読み取り可能な形式ではなく、検索もできませんが、Export-CsArchivingData コマンドレットを使用すると、アーカイブ データベースからレコードを抽出して Outlook Electronic Mail (EML) ファイルとして保存できます。Data archived in Archiving databases is not searchable or in a readable format, but you can use the Export-CsArchivingData cmdlet to extract records from the database and save them as an Outlook Electronic Mail (EML) file. アーカイブされたデータのエクスポートの詳細については、「操作」のドキュメントの「Export-CsArchivingData」を参照してください。For details about exporting archived data, see Export-CsArchivingData in the Operations documentation.

Microsoft Exchange 統合を有効にすると、データは Exchange 2013 ストアにアーカイブされます。If you enable Microsoft Exchange integration, data is archived in Exchange 2013 stores. Exchange 2013 でアーカイブされたデータは検索可能で、検出可能です。Data archived in Exchange 2013 is searchable and discoverable. Exchange 2013 および Lync Server 2013 の統合コミュニケーションのサポートの詳細については、「サポート」のドキュメントの「 Lync server 2013 での Exchange Server と SharePoint の統合のサポート 」を参照してください。For details about support for integrated communications for Exchange 2013 and Lync Server 2013, see Exchange Server and SharePoint integration support in Lync Server 2013 in the Supportability documentation. Exchange にアーカイブされているデータへのアクセスに関する詳細については、Exchange 2013 のドキュメントを参照してください。For details about accessing data that is archived in Exchange, see the Exchange 2013 documentation.

Windows PowerShell コマンドレットを使用してアーカイブデータをエクスポートするExporting Archiving Data by Using Windows PowerShell Cmdlets

アーカイブ データは、Export-CSArchivingData コマンドレットを使用してエクスポートできます。Archiving data can be exported by using the Export-CSArchivingData cmdlet. このコマンドレットは、Lync Server 2013 管理シェルまたは Windows PowerShell のリモート セッションから実行できます。This cmdlet can be run either from the Lync Server 2013 Management Shell or from a remote session of Windows PowerShell. リモートの Windows PowerShell を使用して Lync Server に接続する方法について詳しくは、Lync Server Windows PowerShell のブログ記事「Quick Start: Managing Microsoft Lync Server 2010 Using Remote PowerShell (クイックスタート: リモート PowerShell を使用した Microsoft Lync Server 2010 の管理)」をhttps://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkId=255876で参照してください。For details about using remote Windows PowerShell to connect to Lync Server, see the Lync Server Windows PowerShell blog article "Quick Start: Managing Microsoft Lync Server 2010 Using Remote PowerShell" at https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkId=255876.

アーカイブデータをエクスポートするにはTo export archiving data

  • このコマンドは、2012 年 6 月 1 日以降にアーカイブ データベース atl-sql-001.litwareinc.com に書き込まれたすべてのアーカイブ データをエクスポートします。This command exports all the archiving data written to the archiving database atl-sql-001.litwareinc.com since June 1, 2012. 結果の出力ファイルは、フォルダー C: ArchivingExports に保存され \ ます。The resulting output file will be stored in the folder C:\ArchivingExports.

    Export-CsArchivingData -Identity "ArchivingDatabase:atl-sql-001.litwareinc.com" -StartDate 6/1/2012 -OutputFolder "C:\ArchivingExports"
    

単一ユーザーのアーカイブデータをエクスポートするにはTo export archiving data for a single user

  • 次のコマンドは、kenmyer@litwareinc.com という 1 人のユーザーのアーカイブ データをエクスポートします。こうした処理を行うには、UserUri パラメーターの後にユーザーの SIP アドレスを指定します。次に例を示します。The following command exports archiving data for a single user: kenmyer@litwareinc.com. This is done by including the UserUri parameter followed by the user’s SIP address. For example:

    Export-CsArchivingData -Identity "ArchivingDatabase:atl-sql-001.litwareinc.com" -StartDate 6/1/2012 -OutputFolder "C:\ArchivingExports" -UserUri "sip:kenmyer@litwareinc.com"
    

詳細については、 export-csarchivingdata コマンドレットのヘルプトピックを参照してください。For more information, see the help topic for the Export-CsArchivingData cmdlet.