オンプレミスのユニファイドメッセージングと Lync Server 2013 を統合するためのガイドラインGuidelines for integrating on-premises Unified Messaging and Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-09-25Topic Last Modified: 2012-09-25

エンタープライズ Voip を展開する際に考慮すべきガイドラインとベストプラクティスを次に示します。The following are guidelines and best practices to consider when you deploy Enterprise Voice:

重要

Exchange ユニファイドメッセージング (UM) は、UCMA 4 も使用している場合にのみ、IPv6 をサポートします。Exchange Unified Messaging (UM) supports IPv6 only if you are also using UCMA 4.

  • Lync Server 2013 Standard Edition サーバーまたはフロントエンドプールを展開します。Deploy a Lync Server 2013 Standard Edition server or a Front End pool. インストールの詳細については、「展開」のドキュメントの「 展開 Lync Server 2013 」を参照してください。For details about installation, see Deploying Lync Server 2013 in the Deployment documentation.

  • スムーズに問題なく統合できるように、Exchange 管理者と協力して、各自が実施する作業を確認します。Work with Exchange administrators to confirm which tasks each of you will perform to assure a smooth and successful integration.

  • Exchange UM に対してユーザーを有効にする各 Exchange ユニファイドメッセージング (UM) フォレストに、Exchange メールボックスサーバーの役割を展開します。Deploy the Exchange Mailbox server roles in each Exchange Unified Messaging (UM) forest where you want to enable users for Exchange UM. Exchange server の役割のインストールの詳細については、Microsoft Exchange Server 2013 のドキュメントを参照してください。For details about installing Exchange server roles, see the Microsoft Exchange Server 2013 documentation.

    重要

    Exchange ユニファイドメッセージング (UM) がインストールされている場合、自己署名証明書を使用するように構成されます。When Exchange Unified Messaging (UM) is installed, it is configured to use a self-signed certificate.
    ただし、自己署名証明書では、Lync Server 2013 と Exchange UM が相互に信頼することはできません。このため、両方のサーバーが信頼する証明機関に対して個別の証明書を要求する必要があります。The self-signed certificate, however, does not enable Lync Server 2013 and Exchange UM to trust each other, which is why it is necessary to request a separate certificate from a certification authority that both servers trust.

  • Lync Server 2013 と Exchange UM が異なるフォレストにインストールされている場合は、各 exchange フォレストが Lync Server 2013 フォレストと Lync Server 2013 フォレストを信頼するように構成して、各 Exchange フォレストを信頼するようにします。If Lync Server 2013 and Exchange UM are installed in different forests, configure each Exchange forest to trust the Lync Server 2013 forest and the Lync Server 2013 forest to trust each Exchange forest. また、通常は、スクリプトまたは Id ライフサイクルマネージャー (ILM) などのフォレスト間ツールを使用して、Lync Server 2013 フォレスト内のユーザーオブジェクトに対するユーザーの Exchange UM 設定を設定します。Also, set the users’ Exchange UM settings on the user objects in the Lync Server 2013 forest, typically by using a script or a cross-forest tool, such as Identity Lifecycle Manager (ILM).

  • 必要に応じて、ユニファイド メッセージング サーバーを管理するのに Exchange 管理コンソールをインストールします。If necessary, install the Exchange Management Console to manage your Unified Messaging servers.

  • Outlook Voice Access および自動応答の有効な電話番号を取得します。Obtain valid phone numbers for Outlook Voice Access and auto attendant.

  • Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 1 (SP1) より前のバージョンの Exchange UM を使用している場合は、Exchange UM SIP URI ダイヤルプランおよびエンタープライズ Voip ダイヤルプランの名前を調整します。If you are using a version of Exchange UM earlier than Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 1 (SP1), coordinate names for Exchange UM SIP URI dial plans and Enterprise Voice dial plans.

冗長 Exchange UM サーバーの展開Deploying Redundant Exchange UM Servers

重要

組織に対して構成する Exchange UM SIP URI ダイヤルプランごとに、Exchange UM サービスが実行されているサーバーを少なくとも2台展開することをお勧めします。We recommend that you deploy a minimum of two servers on which Exchange UM services is running for each Exchange UM SIP URI dial plan that you configure for your organization. 拡張された容量の提供に加えて、冗長サーバーを展開すると高可用性が得られます。In addition to providing expanded capacity, deploying redundant servers provides high availability. サーバー障害が発生した場合、Lync Server 2013 を別のサーバーにフェールオーバーするように構成できます。In the event of an server failure, Lync Server 2013 can be configured to fail over to another server.

次に示すのは、Exchange UM の復元性を提供する構成例です。The following example configurations provide Exchange UM resiliency.

例 1: Exchange UM の復元性Example 1: Exchange UM Resiliency

Exchange UM の例1Exchange UM Example 1

例1では、データセンターで Exchange UM サーバー1と2が有効になっており、Dublin データセンターで Exchange UM サーバー3と4が有効になっています。In Example 1, Exchange UM servers 1 and 2 are enabled in the Tukwila data center, and Exchange UM servers 3 and 4 are enabled in the Dublin data center. Tuで Exchange UM が停止した場合、サーバー1と2のドメインネームシステム (DNS) A レコードは、それぞれサーバー3と4をポイントするように構成する必要があります。In the event of an Exchange UM outage in Tukwila, the Domain Name System (DNS) A records for servers 1 and 2 should be configured to point to servers 3 and 4, respectively. Dublin で Exchange UM が停止した場合、サーバー3と4の DNS A レコードは、それぞれサーバー1と2をポイントするように構成する必要があります。In the event of an Exchange UM outage in Dublin, the DNS A records for servers 3 and 4 should be configured to point to servers 1 and 2, respectively.

注意

例 1 の場合はまた、それぞれの Exchange UM サーバーで次の証明書のうちの 1 つを割り当てます。For Example 1, you should also assign one of following certificate on each Exchange UM server:

  • サブジェクト名の別名 (SAN) に、ワイルドカードの証明書を使用します。Use a certificate with a wildcard in the Subject Alternative Name (SAN).

  • SAN 内の4台の Exchange UM サーバーそれぞれの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を入力します。Put the fully qualified domain name (FQDN) of each of the four Exchange UM servers in the SAN.

例 2:Exchange UM の復元性Example 2: Exchange UM Resiliency

Exchange UM の例2Exchange UM Example 2

例 2 では、通常の操作条件の下、Exchange UM サーバー 1 と 2 は Tukwila のデータ センターで有効化されています。Exchange UM サーバー 3 と 4 は Dublin のデータ センターで有効化されています。 4 台すべてのサーバーが Tukwila のユーザーの SIP URL ダイヤル プランに含まれていますが、サーバー3 と 4 は有効化されていません。 たとえば、Tukwila で Exchange UM サーバーが停止した場合、Exchange UM サーバー 1 と 2 は無効化され、Tukwila の Exchange UM トラフィックが Dublin のサーバーにルーティングされるよう、Exchange UM サーバー 3 と 4 は有効化されます。In Example 2, under ordinary operating conditions Exchange UM servers 1 and 2 are enabled in the Tukwila data center, and Exchange UM servers 3 and 4 are enabled in the Dublin data center. All four servers are included in the Tukwila users' SIP URI dial plan; however, servers 3 and 4 are disabled. In the event of an Exchange UM outage in Tukwila, for example, Exchange UM servers 1 and 2 should be disabled and Exchange UM servers 3 and 4 should be enabled so the Tukwila Exchange UM traffic will be routed to the servers in Dublin.

Exchange 2013 でユニファイドメッセージングを有効または無効にする方法の詳細については、「」の「Exchange 2013 UM と Lync Server の統合」を参照してください https://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=265372For details about how to enable or disable Unified Messaging on Exchange 2013, see “Integrate Exchange 2013 UM with Lync Server” at https://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=265372.

Microsoft Exchange Server 2010 でユニファイドメッセージングを有効または無効にする方法の詳細については、以下を参照してください。For details about how to enable or disable Unified Messaging on Microsoft Exchange Server 2010, see: