Lync Server 2013 の初期計画の決定Initial planning decisions for Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-10-01Topic Last Modified: 2012-10-01

計画プロセスの最初の部分では、組織で使用する Lync Server のワークロードと主要な機能を決定します。The first part of the planning process is deciding which Lync Server workloads and major features you want for your organization.

  1. オンプレミスまたはオンラインの展開を希望していますか。    Lync Server は、両方の展開シナリオをサポートします。Do you want an on-premises or online deployment?   Lync Server supports both deployment scenarios. この決定を行う方法の詳細については、このセクションで前述した「 Lync Server 2013 の展開方法を決定する」を参照してください。For more information on making this decision, see Deciding how to deploy Lync Server 2013, earlier in this section

  2. 物理または仮想化されたトポロジが必要ですか。    Lync Server は、物理トポロジと仮想化トポロジの両方で、すべてのワークロードとサーバーの役割をサポートしています。Do you want a physical or virtualized topology?   Lync Server supports all workloads and server roles in both physical and virtualized topologies. 物理トポロジと仮想トポロジではユーザー容量とスケーラビリティに違いがあります。User capacity and scalability can differ between physical and virtual topologies. 詳細については、「 virtual servers で Lync Server 2013 を実行する」を参照してください。For more information, see Running Lync Server 2013 on virtual servers.

  3. インスタントメッセージング (IM)プレゼンスは常に有効です。    任意の Lync Server 展開で、インスタントメッセージング (IM) とプレゼンスワークロードが既定でインストールされ、有効になります。Instant messaging (IM) and presence are always enabled.   In any Lync Server deployment, the instant messaging (IM) and presence workload is installed and enabled by default. IM を使用すると、ユーザーはリアルタイムのテキストメッセージと通信し、プレゼンスを使用して、ネットワーク上の他のユーザーの状態を確認できます。IM enables your users to communicate with real-time text messages, and presence enables them to see the status of other users on the network. ユーザーのプレゼンス状態は、ユーザーが連絡を試みる必要があるかどうか、およびその方法を判断するのに役立つ情報を提供します。A user’s presence status provides information to help others decide whether they should try to contact the user, and by what means. 詳細については、「計画」のドキュメントの「 planning For Front End Servers, instant messaging, and プレゼンス In Lync Server 2013 」を参照してください。For details, see Planning for Front End Servers, instant messaging, and presence in Lync Server 2013 in the Planning documentation.

  4. 任意の電話会議モードを展開しますか?    会議は、Lync Server のもう1つの主要な機能です。Do you want to deploy any modes of conferencing?   Conferencing is another core feature of Lync Server. いくつかのモードの会議がサポートされています。Several modes of conferencing are supported. サポートされているすべての種類の会議を展開するか、一部だけを展開するかを選択できます。You can choose to deploy all supported types of conferencing, or just some of them. Web 会議では、ユーザーは、Microsoft PowerPoint プレゼンテーション グラフィック プログラムで作成されたスライドなど、提示されるファイルを見ることができます。Web conferencing enables users to see a file, such as a slide deck created with Microsoft PowerPoint presentation graphics program, that is being presented. アプリケーション共有では、ユーザーは、デスクトップのすべてまたは一部を相互にリアルタイムで共有できます。Application sharing enables users to share all or part of their desktop with each other in real time. 音声ビデオ会議では、ユーザーは、会議とピアツーピア通信に音声 (および可能な場合にはビデオ) を追加できます。With A/V conferencing, users can add audio (and possibly video) to their conferences and peer-to-peer communications. ダイヤルイン電話会議では、ユーザーは、標準の PSTN 電話機を使って、社内で開催される会議の音声部分に参加することができます。Dial-in conferencing enables users to use standard PSTN phones to join the audio portion of conferences hosted at your organization. 詳細については、「計画」のドキュメントの「 Lync Server 2013 での会議の計画 」を参照してください。For details, see Planning for conferencing in Lync Server 2013 in the Planning documentation.

    Lync Server 2013 では、Web 会議を展開する場合は、Office Web Apps サーバーとの統合を計画して、Powerpoint の共有と会議の表示を有効にする必要もあります。In Lync Server 2013, if you deploy Web conferencing, you must also plan for integration with Office Web Apps Server to enable Powerpoint sharing and viewing in meetings. 詳細については、「 Office Web Apps Server および Lync Server 2013 との統合の構成」を参照してください。For more information, see Configuring integration with Office Web Apps Server and Lync Server 2013.

  5. 音声ビデオ会議を展開する場合は、これらの会議の音質も監視する必要があります。    Lync Server A/V 会議の音声およびビデオの品質には、多くの要因が影響します。If you deploy A/V conferencing, you should also monitor the audio quality of these conferences.   Many factors affect the audio and video quality of Lync Server A/V conferences. 通話や会議の音声/ビデオの品質は監視機能を使用して監視できます。By using Monitoring, you can monitor the A/V quality of your calls and conferences. これにより、メディア品質に影響する問題を検出し、ユーザーに最善のメディア エクスペリエンスを提供することができます。You can detect issues that affect media quality, and ensure that your users have the best possible media experience. 詳細については、「 Lync Server 2013 での監視の計画」を参照してください。For more information, see Planning for monitoring in Lync Server 2013.

  6. IM、プレゼンス、および会議サーバーに対して高可用性が必要ですか。    IM、プレゼンス、会議機能を提供しているサイトのサーバーが1台だけの場合、そのサーバーがダウンした場合、ユーザーの生産性に大きな影響が出ます。Do you want high availability for your IM, presence, and conferencing servers?   If you have only one server at a site providing IM, presence and conferencing features, your users’ productivity will be greatly affected if that server goes down. これらの機能に対して少なくとも3つのサーバーの Enterprise Edition プール を展開することによって、サーバーが使用できなくなった場合でも、Lync Server はこれらすべての機能をそのまま使用できるようになります。By deploying an Enterprise Edition pool of at least three servers for these functions, you make it possible for Lync Server to continue functioning with all of these features intact even if a server is unavailable.

    また、高可用性を必要とするユーザーが5000以下の組織では、Lync Server Standard Edition を実行している2台のサーバーを展開してこれらのサーバーをペアにする方法もあります。Another option for organizations with 5000 or fewer users who want high availability is to deploy two servers running Lync Server Standard Edition and pair these servers together. 詳細については、「 Lync Server 2013 での高可用性と障害復旧の計画」を参照してください。For more information, see Planning for high availability and disaster recovery in Lync Server 2013.

  7. 障害復旧オプションが必要ですか。    2つのデータセンターがあり、障害復旧オプションを使用してユーザーが作業を続けられるようにする場合は、1つのデータセンターのすべてまたは多数のサーバーが停止すると、障害復旧を考慮してサーバーを展開することができます。Do you want disaster recovery options?   If you have two datacenters and want disaster recovery options to enable your users to continue to work if all or many servers at one datacenter go down, you can deploy your servers with disaster recovery in mind. このような展開では、1 つのデータセンターにあるサーバーのプールと、もう 1 つのデータセンターにある対応するプールとをペアとして設定します。For this deployment, you pair a pool of servers at one datacenter with a corresponding pool at another datacenter. 1 つのデータセンターで障害が発生した場合は、ペアとなっているもう一方のプールが両方のプールのユーザーにサービスを提供できるので、サービスの中断は最小限に抑えられます。If one datacenter goes down, the other pool in the pair can service users in both pools with minimum interruption of services. 詳細については、「 Lync Server 2013 での高可用性と障害復旧の計画」を参照してください。For more information, see Planning for high availability and disaster recovery in Lync Server 2013.

  8. ユーザーが外部ユーザーと通信し、共同作業を行えるようにしますか。    外部ユーザーとの通信とコラボレーションを有効にすると、Lync Server での投資収益が向上する可能性があります。Do you want to enable your users to communicate and collaborate with external users?   Enabling communication and collaboration with external users can increase your return on investment in Lync Server. これにより、組織のファイアウォールの外側で作業している場合でも、組織のユーザーが Lync Server の機能を活用できるようになります。This enables your organization’s own users to benefit from Lync Server features even when they are working outside your organization’s firewalls. また、Lync Server を実行しているパートナーや顧客の組織とフェデレーションを行うこともできます。You can also federate with your partner or customer organizations that run Lync Server. これにより、組織のユーザーとフェデレーション パートナーのユーザーは、IM メッセージの送受信、会議への相互の招待、相互のプレゼンスの確認を容易に行うことができるようになります。By doing so, your users and federated partner users can easily send and receive IM messages, invite each other to meetings, and see each other’s presence. さらに、組織のユーザーは、自分が開催する会議に電子メール メッセージで特定の外部ユーザーを招待できます。Additionally, your users can use an email message to invite specific outside users to conferences that they organize. 詳細については、「 Lync Server 2013 での外部ユーザーアクセスの計画」を参照してください。For more information, see Planning for external user access in Lync Server 2013.

  9. エンタープライズ voip を展開しますか?    エンタープライズ voip は、Lync Server によって提供されるボイスオーバー IP (VoIP) ソリューションです。Do you want to deploy Enterprise Voice?    Enterprise Voice is the voice over IP (VoIP) solution provided by Lync Server. これは、従来の PBX ベースのテレフォニーに代わる優れた機能です。It provides an attractive alternative to traditional PBX-based telephony. エンタープライズ Voip を使用すると、ユーザーは Outlook または Lync Server の連絡先をクリックして、コンピューターまたは VoIP 電話から電話をかけることができます。Enterprise Voice enables users to place calls from their computers or VoIP phones by clicking a contact in Outlook or Lync Server. 通話は、IP ネットワークを介して、コンピューターからコンピューターへ、コンピューターから電話機へ、または電話機からコンピューターへ発信することができます。They can place calls over the IP network from computer to computer, computer to telephone, or telephone to computer. ユーザーは、各自のコンピューターで、統合されたすべての通信オプション (音声、電子メール、IM、および会議) を利用できます。Users benefit from having all of their communications options-voice, email, IM, and conferencing-available and integrated on their computers. 詳細については、「計画」のドキュメントの「 planning For Enterprise Voice In Lync Server 2013 」を参照してください。For details, see Planning for Enterprise Voice in Lync Server 2013 in the Planning documentation.

  10. エンタープライズ voip を展開する場合は、これらの呼び出しの音質も監視する必要があります。    エンタープライズ Voip を展開する場合は、エンタープライズ Voip の音声品質を確保するために監視を使用することをお勧めします。If you deploy Enterprise Voice, you should also monitor the audio quality of these calls.   We recommend you use Monitoring to ensure the audio quality of your Enterprise Voice calls, if you deploy Enterprise Voice. 詳細については、「 Lync Server 2013 での監視の計画」を参照してください。For more information, see Planning for monitoring in Lync Server 2013.

  11. コンプライアンスの目的で IM コンテンツまたは会議コンテンツをアーカイブする必要がありますか。    コンプライアンスを目的として IM コンテンツまたはミーティングコンテンツをアーカイブする必要がある組織では、アーカイブを展開することができます。Do you need to archive IM content or meeting content for compliance purposes?   If your organization has to archive IM content or meeting content for compliance purposes, you can deploy Archiving. 詳細については、「 Lync Server 2013 でのアーカイブの計画」を参照してください。For more information, see Planning for Archiving in Lync Server 2013.

  12. 常設チャットを展開しますか?    時間の経過とともに保持できるリアルタイム会話をユーザーに対して有効にする場合は、常設チャットを展開できます。Do you want to deploy Persistent chat?   If you want to enable your users to have real-time conversations that can persist over time, you can deploy Persistent chat. 詳細については、「 Lync server 2013 での常設チャットサーバーの計画」を参照してください。For more information, see Planning for Persistent Chat Server in Lync Server 2013.

  13. Microsoft Exchange は展開されていますか?    電子メールサービスに Microsoft Exchange Server を使用している組織では、複数の機能を有効にして、Lync Server と Microsoft Exchange Server の両方の利便性を向上させることができます。Do you have Microsoft Exchange deployed?   If your organization uses Microsoft Exchange Server for its email services, you can enable several features which enhance the usefulness of both Lync Server and Microsoft Exchange Server. Exchange ユニファイドメッセージング (UM) と呼ばれるこれらの機能の一部には、ユーザーがボイスメール通知を受信し、Outlook または Outlook Web Access からのボイスメールを聞いて、電話を使用して Microsoft Exchange メールボックスにアクセスし、Microsoft Exchange メールボックスで fax を受信できるようにすることが含まれます。Some of these features, called Exchange Unified Messaging (UM), include enabling users to receive voice mail notices and listen to voice mail from Outlook or Outlook Web Access, to access their Microsoft Exchange mailboxes using a telephone, and to receive faxes in their Microsoft Exchange mailboxes. さらに、Exchange 2013 を展開している場合は、2つのシステム間でユーザーの連絡先ストアを統合し、Exchange を使用して高解像度の連絡先写真を保存し、メールとインスタントメッセージのアーカイブを統合することができます。Additionally, if you have Exchange 2013 deployed, you can integrate the contact stores for users between the two systems, use Exchange to store higher-resolution contact photos, and integrate the archiving of emails and instant messages. 詳細については、「 Planning For Exchange server integration With Lync Server 2013」を参照してください。For more information, see Planning for Exchange Server integration with Lync Server 2013.

  14. ブランチオフィスが組織内にあるかどうか。    ブランチオフィスがある組織では、Lync Server はさまざまな方法をサポートしており、音声やその他の機能の復元を確実にします。Do you have branch offices in your organization?   If your organization has branch offices, Lync Server supports a variety of ways to support them and ensure their resiliency for voice and other features. 特に、データセンターへの回復可能な WAN リンクを備えていないブランチオフィスでは、存続可能 Branch Appliance または存続可能ブランチサーバーをインストールして、広域ネットワーク (WAN) リンクが下になるようにエンタープライズ Voip サポートを維持することができます。In particular, at a branch office that does not have a resilient WAN link to a data center, you can install a Survivable Branch Appliance or Survivable Branch Server to maintain Enterprise Voice support should the wide area network (WAN) link go down. 詳細については、「 Lync Server 2013 でのブランチサイトの音声の復元の計画」を参照してください。For more information, see Planning for branch-site voice resiliency in Lync Server 2013.