Lync Server 2013 で割り当てられていない番号への通話を管理するManaging calls to unassigned numbers in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-11-01Topic Last Modified: 2012-11-01

Lync Server を使用すると、ダイヤル番号が組織に対して有効でも、ユーザーまたは電話に割り当てられていない場合に、着信通話の処理を構成できます。Lync Server lets you configure the handling of incoming phone calls when the dialed number is valid for your organization, but is not assigned to a user or phone. アナウンスアプリケーションを使用して、これらの通話を事前に定義した宛先 (電話番号、SIP URI、またはボイスメール) に転送したり、音声アナウンスを再生したり、あるいはその両方を実行したりできます。You can use the Announcement application to transfer these calls to a predetermined destination (phone number, SIP URI, or voice mail), or play an audio announcement, or both. これらの通話を Exchange UM 自動応答電話番号に転送することもできます。You can also transfer these calls to an Exchange UM Auto Attendant phone number. 割り当てられていない番号への通話をこれらのいずれかの方法で処理することにより、発信者が誤ってダイヤルしたり、話し中の音が流されたり、または SIP クライアントがエラー メッセージを受け取ったりするような状況を避けることができます。Handling calls to unassigned numbers in one of these ways helps you avoid the situations in which a caller misdials and then hears a busy tone, or the SIP client receives an error message.

ここでは、割り当てられていない電話番号への通話を処理するための割り当てられていない番号範囲の管理と、障害復旧時のアナウンスの管理について説明します。This section describes how to manage unassigned number ranges to handle calls to unassigned phone numbers. The section also describes how to manage Announcements during disaster recovery if you want this functionality during an outage.

注意

停止中の割り当てられていない番号の処理の使用は任意です。Using unassigned number handling during an outage is optional.