Lync Server 2013 での応答グループの管理Managing response groups in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2018-02-01Topic Last Modified: 2018-02-01

応答グループは、ヘルプ デスクなどの特定の領域への通話をキューに登録し、**"エージェント" と呼ばれる人々の指定のグループにそれらの通話をルーティングできる通話管理機能です。Response groups are a call management feature that enables you to queue calls that are made to a specific area, such as a Help Desk, and then route the calls to a designated group of people, called agents.

応答グループを管理するには、エージェント グループ、キュー、およびワークフローを構成します。これにより、通話が発生した時点からエージェントがその通話に応答するまでの間に行われる処理が定義されます。To manage response groups, you configure agent groups, queues, and workflows, which define what happens to a call from the time it is placed until an agent answers it.

注意

応答グループ展開の1つのプールに300を超えるワークフローがある場合は、Lync Server 管理シェルコマンドレットを使用してワークフローを作成することをお勧めします。If you have more than 300 workflows in a single pool in your Response Group deployment, it is better to use Lync Server Management Shell cmdlets to create the workflows. 応答グループ構成ツールを使用して、300 個を超えるワークフローがあるプールのワークフローを作成すると、Web ページの読み込みに時間がかかります。If you use the Response Group Configuration Tool to create workflows for a pool that has more than 300 workflows, the webpage takes a long time to load. キューを経由してワークフローに間接的に関連付けられているエージェントの数には、ページの読み込みに比例した影響もあります。The number of agents that are indirectly associated with workflows through the queues also has a proportional effect on page loading.

このセクションのトピックでは、展開で応答グループアプリケーションをカスタマイズして管理するために実行できるタスクの詳細な手順について説明します。Topics in this section provide step-by-step procedures for tasks that you can perform to customize and maintain the Response Group application in your deployment

このセクションの内容In This Section