Lync Server 2013 での IPv6 の移行と共存の考慮事項Migration and coexistence considerations for IPv6 in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-06-14Topic Last Modified: 2012-06-14

IP version 6 (IPv6) は、Lync Server 2010 または Office Communications Server ではサポートされていません。IP version 6 (IPv6) is not supported on Lync Server 2010 or Office Communications Server. パイロット目的で、Lync Server 2010 と Lync Server 2013 のデュアルスタック共存をテストできます。For piloting purposes, you can test Lync Server 2010 and Lync Server 2013 dual-stack coexistence. 任意のプールに対して IPv6 (デュアルスタックネットワーク) を有効にする前に、特定の中央サイトのすべてのプールを Lync Server 2013 にアップグレードすることをお勧めします。We recommend that all pools for a given central site are upgraded to Lync Server 2013 before you enable IPv6 (dual-stack network) for any of the pools. IPv6 に対応したプールのみを構成する必要がある場合は、テスト用のラボ環境に IPv6 専用のプールを設定することをお勧めします。If you need to configure a pool for IPv6 only, we recommend that you set up an IPv6-only pool in your lab environment for testing.

次のシナリオは、移行と共存でサポートされます。The following scenarios are supported during migration and coexistence:

  • Lync server 2013、Lync Server 2010、および Office Communications Server 2007 R2 プールを IPv4 モードで使用すると、デュアルスタックモードで Lync Server 2013 と共存させることができます。Lync Server 2013, Lync Server 2010, and Office Communications Server 2007 R2 pools in IPv4 mode, coexisting with Lync Server 2013 in dual-stack mode.

  • Ipv6 専用のプールが孤立している場合は、Lync Server 2013 プールを IPv6 専用モードにします。Lync Server 2013 pool in IPv6-only mode, if the IPv6-only pool is siloed.