Lync Server 2013 での音声ルートの変更Modify a voice route in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-11-01Topic Last Modified: 2012-11-01

ここでは、ボイス ルートを編集する方法について説明します。This topic explains how to edit a voice route. 新しいルートを作成するには、「 Lync Server 2013 で音声ルートを作成する」を参照してください。To create a new route, see Create a voice route in Lync Server 2013.

ボイス ルートを変更するにはTo modify a voice route

  1. RTCUniversalServerAdmins グループのメンバーとして、または CsVoiceAdministrator、CsServerAdministrator、または CsAdministrator の役割のメンバーとしてコンピューターにログオンします。Log on to the computer as a member of the RTCUniversalServerAdmins group, or as a member of the CsVoiceAdministrator, CsServerAdministrator, or CsAdministrator role. 詳細については、「 Lync Server 2013 でのセットアップのアクセス許可の委任」を参照してください。For details, see Delegate setup permissions in Lync Server 2013.

  2. ブラウザー ウィンドウを開いて管理 URL を入力し、Lync Server コントロール パネルを開きます。Open a browser window, and then enter the Admin URL to open the Lync Server Control Panel. Lync Server コントロールパネルの起動に使用できるさまざまな方法の詳細については、「 Open Lync server 2013 管理ツール」を参照してください。For details about the different methods you can use to start Lync Server Control Panel, see Open Lync Server 2013 administrative tools.

  3. 左側のナビゲーション バーで [音声ルート] をクリックし、[ルート] をクリックします。In the left navigation bar, click Voice Routing, and then click Route.

  4. [ルート] ページで、次のいずれかの方法を使用してボイス ルートを変更します。On the Route page, use either of the following methods to modify a voice route:

    • ボイス ルート名をクリックし、[編集] をクリックしてから、[詳細の表示] をクリックします。Click a voice route name, click Edit, and then click Show details.

    • ボイス ルート名をクリックし、[編集] をクリックし、[コピー] をクリックしてから、[貼り付け] をクリックします。 直前に作成したボイス ルートの新しいコピーをクリックし、[編集] をクリックしてから、[詳細の表示] をクリックします。Click a voice route name, click Edit, click Copy, and then click Paste. Click the new copy of the voice route that you just created, click Edit, and then click Show details.

  5. [ボイス ルートの編集] ページの [名前] フィールドに、ボイス ルートのわかりやすい名前を入力します。In the Name field on the Edit Voice Route page, type a descriptive name for the voice route.

  6. (オプション) [説明] フィールドに、ボイス ルートのわかりやすい追加情報を入力します。(Optional) In the Description field, type in additional descriptive information for the voice route.

  7. このルートが対応するパターンを指定するには、一致パターン構築ツールを使用して正規表現を生成するか、手動で正規表現を記述します。To specify the patterns you want this route to accommodate, you can either use the Build a pattern to match tool to generate a regular expression, or write the regular expression manually.

    • 一致パターン構築ツールを使用して正規表現を生成するには、次の値を入力します。 次の 2 種類の一致するパターンを指定できます。To use the Build a pattern to match tool to generate a regular expression, enter values as follows. You can specify two types of pattern matching:

      • 許可する番号の先頭の数字: このルートが対応する必要があるプレフィックス値を入力します (必要に応じて、先頭に + を含めます)。Starting digits for numbers that you want to allow: Enter prefix values that this route must accommodate (including the leading + if needed). たとえば、「+425」と入力して、[追加] をクリックします。For example, type +425 and then click Add. このルートに含める各プレフィックス値について、この手順を繰り返します。Repeat this for each prefix value that you want to include in the route.

      • 例外: プレフィックス値に対して1つ以上の例外を指定する場合は、プレフィックスを強調表示して [ 例外] をクリックします。Exceptions: If you want to specify one or more exceptions for a prefix value, highlight the prefix and click Exceptions. このルートが対応しない一致パターンの値を 1 つまたは複数入力します。Type in one or more values for the matching patterns that you do not want this route to accommodate. たとえば、ルートから + 425237 で始まる番号を除外するには、[例外] フィールドに + 425237の値を入力し、[ OK] をクリックします。For example, to exclude numbers starting with +425237 from the route, enter a value of +425237 in the Exceptions field, and then click OK.

    • 一致パターンを手動で定義するには、一致パターン構築ツールの [編集] をクリックし、.NET Framework 正規表現を入力して、ルートが適用される相手電話番号の一致パターンを指定します。To define the matching pattern manually, click Edit in the Build a pattern to match tool and then type in a .NET Framework regular expression to specify the matching pattern for destination phone numbers to which the route is applied. 正規表現を記述する方法については、「」の「.NET Framework 正規表現」を参照してください https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkId=140927For information about how to write regular expressions, see ".NET Framework Regular Expressions" at https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkId=140927.

  8. 発信通話を発信する電話の ID を呼び出し先に表示しない場合は、[ 発信者 id の非 表示] を選択します。Select Suppress caller ID if you do not want the ID of the phone that is making the outbound call to appear to the call recipient. このオプションを選択した場合、呼び出し先の発信者 ID 表示に表示される、[代替発信者 ID] を指定する必要があります。If you select this option, you must specify an Alternate caller ID that will appear on the recipient’s caller ID display.

  9. 1つまたは複数の公衆交換電話網 (PSTN) トランクを音声ルートに関連付けるには、[ 追加] をクリックして、一覧からトランクを選択します。To associate one or more public switched telephone network (PSTN) trunks with the voice route, click Add, and then select a trunk from the list.

    注意

    展開に Microsoft Office Communications Server 2007 R2 仲介サーバーが含まれている場合は、それらも一覧で利用できます。If your deployment includes any Microsoft Office Communications Server 2007 R2 Mediation Servers, they will also be available in the list.

  10. 1つまたは複数の PSTN 使用法を音声ルートに関連付けるには、[ 選択 ] をクリックして、エンタープライズ voip 展開に対して定義されている pstn 使用法レコードの一覧からレコードを選択します。To associate one or more PSTN usages with the voice route, click Select and choose a record from the list of PSTN usage records that have been defined for your Enterprise Voice deployment.

    注意

    使用可能な PSTN 使用法レコードの各プロパティを表示するには、「 VIEW pstn usage records In Lync Server 2013」を参照してください。To view the properties of each of the available PSTN usage records, see View PSTN usage records in Lync Server 2013.
    PSTN 使用法レコードを作成または編集するには、「 create a voice policy and CONFIGURE pstn usage records In Lync server 2013 」または「 Modify a voice policy」および「configure pstn Usage Records in lync server 2013」を参照してください。To create or edit PSTN usage records, see Create a voice policy and configure PSTN usage records in Lync Server 2013 or Modify a voice policy and configure PSTN usage records in Lync Server 2013.

  11. 最適なパフォーマンスを得るために、PSTN 使用法レコードを並べ替えます。 一覧内でのレコードの位置を変更するには、レコードの名前を選択状態にして、上矢印または下矢印をクリックします。Arrange the PSTN usage records for optimum performance. To change a record’s position in the list, highlight the record name and click the up or down arrow.

    注意

    PSTN 使用法レコードが表示される順序が重要であるという点では、ボイスルートでの PSTN 使用法レコードの順序は重要ではありません。In contrast to a voice policy where the order in which PSTN usage records are listed is important, the order of PSTN usage records in a voice route is insignificant. ただし、リストを使用頻度で整理することをお勧めします。例: RedmondLocal、RedmondLongDist、Redmondlocal、Redmondlocal。However, we recommend that you organize the list by frequency of use, for example: RedmondLocal, RedmondLongDist, RedmondInternational, RedmondBackup. (Lync Server は、リストを上から下に移動します。)(Lync Server traverses the list from the top down.)

  12. (オプション) [テストする変換後の番号の入力] フィールドに値を入力して、[実行] をクリックします。 テスト結果がフィールドの下に表示されます。(Optional) Type a value into the Enter a translated number to test field and click Go. The test results are displayed under the field.

    注意

    まだテストに成功していないボイス ルートを保存して、後で再構成することができます。You can save a voice route that does not yet pass the test and then reconfigure it later. 詳細については、「 Lync Server 2013 での音声ルーティングのテスト」を参照してください。For details, see Test voice routing in Lync Server 2013.

  13. [OK] をクリックします。Click OK.

  14. [ルート] ページの [確定] をクリックして、[すべて確定] をクリックします。On the Route page, click Commit, and then click Commit all.

    注意

    音声ルートを作成または変更するときは常に、[ すべて確定 ] コマンドを実行して構成の変更を公開する必要があります。Whenever you create or modify a voice route, you must run the Commit all command to publish the configuration change. 詳細については、「操作」のドキュメントの「 Lync Server 2013 での音声ルーティング構成に対する保留中の変更の公開 」を参照してください。For details, see Publish pending changes to the voice routing configuration in Lync Server 2013 in the Operations documentation.

関連項目See Also

Lync Server 2013 での音声ルートの作成Create a voice route in Lync Server 2013
Lync Server 2013 での PSTN 使用法レコードの表示View PSTN usage records in Lync Server 2013
Lync Server 2013 で音声ポリシーを作成し、PSTN 使用法レコードを構成するCreate a voice policy and configure PSTN usage records in Lync Server 2013
Lync Server 2013 での音声ポリシーの変更と PSTN 使用法レコードの構成Modify a voice policy and configure PSTN usage records in Lync Server 2013
Lync Server 2013 で保留中の変更を音声ルーティング構成に公開するPublish pending changes to the voice routing configuration in Lync Server 2013

Lync Server 2013 での音声ルーティングのテストTest voice routing in Lync Server 2013