Lync Server 2013 でのバックアップの実行と監視Performing and monitoring backups in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2014-05-15Topic Last Modified: 2014-05-15

業務上の優先度によって、組織のバックアップと復元の要件を規定する必要があります。Your business priorities should drive the specification of backup and restoration requirements for your organization. サーバーとデータのバックアップを実行することは、障害を計画するための最初の防御線です。Performing backups of the servers and data is the first line of defense in planning for a disaster.

Lync Server 2013 サービスまたはサーバーの役割を実行しているコンピューターは、現在のトポロジ、現在の構成設定、および現在のポリシーのコピーを持っている必要があります。その前に、指定された役割で機能することができます。Computers that run Lync Server 2013 services or server roles must have a copy of the current topology, current configuration settings, and current policies before they can function in their appointed role. Lync Server は、この情報が必要な各コンピューターに渡されていることを確認する責任があります。Lync Server is responsible for making sure that this information is passed along to each computer that needs it.

中央管理ストアのアップグレード時に、Lync Server トポロジ、構成設定、およびポリシーをバックアップおよび復元するには、 Export-csconfiguration および Import-csconfiguration コマンドレットを使用します。The Export-CsConfiguration and Import-CsConfiguration cmdlets are used to back up and restore your Lync Server topology, configuration settings, and policies during a Central Management store upgrade. Export-CsConfigurationコマンドレットを使用すると、データをにエクスポートできます。ZIP ファイル。The Export-CsConfiguration cmdlets enable you to export data to a .ZIP file. その後、 インポート-CsConfiguration コマンドレットを使用して、このを読み取ることができます。ZIP ファイルを復元し、トポロジ、構成設定、およびポリシーを中央管理ストアに復元します。You can then use the Import-CsConfiguration cmdlet to read that .ZIP file and restore the topology, configuration settings, and policies to the Central Management store. その後、Lync server のレプリケーションサービスは、復元された情報を Lync Server サービスを実行している他のコンピューターにレプリケートします。After that, the replication services of Lync Server will replicate the restored information to other computers that are running Lync Server services.

構成データをエクスポートおよびインポートする機能は、境界ネットワーク (たとえば、エッジサーバー) に配置されているコンピューターの初期構成時にも使用されます。The ability to export and import configuration data is also used during the initial configuration of computers that are located in your perimeter network (for example, Edge Servers). 境界ネットワーク内のコンピューターを構成する場合は、最初に CsConfiguration コマンドレットを使用して手動でレプリケーションを実行する必要があります。 エクスポート-CsConfiguration を使用して構成データをエクスポートし、をコピーする必要があります。境界ネットワーク内のコンピューターへの ZIP ファイル。When configuring a computer in the perimeter network, you must first perform a manual replication using the CsConfiguration cmdlets: you must export the configuration data by using Export-CsConfiguration and then copy the .ZIP file to the computer in the perimeter network. その後、 import-CsConfiguration および localstore パラメーターを使用してデータをインポートできます。After that, you can use Import-CsConfiguration and the LocalStore parameter to import the data. この操作は一度だけ実行する必要があります。You only have to do this one time. その後は、レプリケーションが自動的に実行されます。After that, replication will occur automatically.

このコマンドレットを実行できるユーザー: 既定 では、RTCUniversalServerAdmins コマンドレットを ローカルで実行する権限があるのは、次のグループのメンバーです。Who can run this cmdlet: By default, members of the following groups are authorized to run the Export-CsConfiguration cmdlet locally: RTCUniversalServerAdmins. すべての RBAC の役割の一覧を返すには、このコマンドレットを (自分で作成したカスタムの RBAC の役割を含む) に割り当てられているので、Windows PowerShell プロンプトから次のコマンドを実行します。To return a list of all RBAC roles, this cmdlet is assigned to (including any custom RBAC roles that you have created yourself), run the following command from the Windows PowerShell prompt:

Get-CsAdminRole | Where-Object {$_.Cmdlets -match "Export-CsConfiguration"}

すべての SQL 2012 バックエンドデータベースは、 sql のベストプラクティスに従ってバックアップする必要があります。All SQL 2012 Back End databases should be backed up as per SQL best practices.

Lync Server 2013 インフラストラクチャの障害復旧計画を定期的にテストするには、運用環境をできるだけ忠実に再現するラボ環境で実行する必要があります。Regular testing of the Disaster Recovery Plan for your Lync Server 2013 infrastructure should be performed in a lab environment that mimics the production environment as closely as possible. 障害復旧テストの詳細については、「月次タスク」を参照してください。Refer to the Monthly Tasks for more information about Disaster Recovery Testing.

バックアップの頻度は、復元ポイントと回復ポイントの目標に基づいて調整できます。Note that the backup frequency can be adjusted, based on your Restore Point and Recovery Point objectives. ベストプラクティスとして、毎日定期的に定期的なスナップショットを取得します。As a best practice, take regular, periodic snapshots throughout the day. 通常、完全バックアップは24時間ごとに実行する必要があります。Generally, you should perform full backups every 24 hours.