Lync Server 2013 の常設チャットデータベーススキーマPersistent Chat database schema in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-09-18Topic Last Modified: 2012-09-18

このドキュメントでは、Lync Server 2013 communications software の常設チャットデータベースのスキーマについて解説します。This documents the schema of the Persistent Chat database in Lync Server 2013 communications software.

常設チャットデータベースは、Lync Server 2013 のバックエンドサーバーロール PersistentChatStore (mgc データベースに対応) および PersistentChatComplianceStore (データベースに対応) に対応するデータベースを参照します。The Persistent Chat database refers to the database corresponding to the Lync Server 2013 Back End Server roles PersistentChatStore (corresponding to the mgc database) and PersistentChatComplianceStore (corresponding to the mgccomp database). このスキーマを公開する目的は、クエリを作成し、チャットの使用状況、アクティブなルーム、上位のポスターなどに関する有用なレポートの作成について理解できるようにすることです。The goal of publishing this schema is to enable you to build queries and gain some insights into building useful reporting around chat usage, active rooms, top posters, and so on.

重要

Microsoft はこのスキーマを進化させる権利があります。Microsoft では、公開されたこのスキーマとの完全な下位互換性を維持することは一切保証していません。We reserve the right to evolve this schema. Microsoft does not make any guarantees to maintain full backward compatibility with this published schema.

次のベスト プラクティスに従ってください。Follow these best practices:

  • *列リストを拡張できるため、SELECT//はサポートされません。No SELECT* // is supported because the column list can grow.

  • ユーザーが生成したスキーマの変更はサポートされません。No user-generated schema modifications are supported.

  • 書き込み操作はサポートされません。No write operations are supported.

  • 作成したクエリを標準的なサイズのデータベースでテストして、ニーズを満たすレベルでクエリを実行できることを確認してください。Test any queries that you build on representatively-sized databases to be sure that the queries can perform at a level to meet your needs.