Lync Server 2013 でのエンタープライズ VoIP の復旧の計画Planning for Enterprise Voice resiliency in Lync Server 2013

 

最終更新日: 2014-10-17Topic Last Modified: 2014-10-17

ボイスの回復性とは、WAN (ワイドエリアネットワーク) エラーまたは別の原因によって、Lync Server 2013 をホストしているセントラルサイトが利用できなくなった場合に、ユーザーが引き続き通話を発信および受信できるようにすることを意味します。Voice resiliency refers to the ability of users to continue making and receiving calls if a central site that hosts Lync Server 2013 becomes unavailable, whether through a wide area network (WAN) failure or another cause. 中央サイトで障害が発生した場合、エンタープライズ VoIP サービスでは、バックアップ サイトへの円滑なフェールオーバーにより中断せずにサービスを提供し続ける必要があります。If a central site fails, Enterprise Voice service must continue uninterrupted through seamless failover to a backup site. WAN 障害の場合は、ブランチ サイトの通話をローカルの PSTN ゲートウェイにリダイレクトする必要があります。In the event of WAN failure, branch site calls must be redirected to a local PSTN gateway. ここでは、中央サイトまたは WAN で障害が発生した場合の音声の復元の計画について説明します。This section discusses planning for voice resiliency in the event of central-site or WAN failure.