Lync Server 2013 の PSTN ゲートウェイの場所PSTN gateway's location in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2013-03-09Topic Last Modified: 2013-03-09

PSTN ゲートウェイおよび Pbx 経由でルーティングされる通話には、そのようなシステムの場所に応じて Location-Based ルーティング制限が必要になることがあります。Calls routed via PSTN gateways and PBXs might require Location-Based Routing restrictions depending on the location of such systems. Location-Based ルーティングは、トランクごとの粒度で有効にすることができます。Location-Based Routing can be enabled at the granularity on a per trunk basis.

Location-Based ルーティングは、トランクに対して有効になっている場合に次のルールセットを導入します。Location-Based Routing introduces the following set of rules when enabled on a trunk:

  • Location-Based ルーティングがトランクごとに有効になっている場合、そのトランクで定義されたルールは、そのトランク経由でルーティングされる通話にのみ適用されます。When Location-Based Routing is enabled on a per trunk basis, the rules define on that trunk will be applied only to calls routed through that trunk.

  • Pstn ゲートウェイが存在するネットワークサイトとは異なるように、ネットワークサイトから呼び出しが行われる pstn かからないがバイパスされないようにするために、Location-Based ルーティングでは、特定のトランクへのネットワークサイトの関連付けを導入します。To prevent PSTN tolls bypass where calls originate from a network site different that the network site where the PSTN gateway is located, Location-Based Routing introduces the association of a network site to a given trunk. これにより、特定のトランクに対して呼び出しをルーティングできるようにするネットワークサイトが定義されます。This defines the network site that allows calls to be routed to a given trunk.

トランクは、次の2つの方法で Location-Based ルーティングに対して有効にすることができます。Trunks can be enabled for Location-Based Routing in two ways:

  • トランクは、pstn への通話を egresses する PSTN ゲートウェイに対して定義されています。The trunk is defined for a PSTN gateway that egresses calls to the PSTN. この種類のトランクによってルーティングされる着信呼び出しは、トランクと同じネットワークサイト内にあるエンドポイントにのみルーティングされます。Incoming calls routed by a trunk of this type will be routed only to endpoints located within the same network site as the trunk.

  • このトランクは、PSTN への通話を発信しない仲介サーバーピアに対して定義されており、固定の場所 (PBX 電話) で従来の電話を使用しているユーザーをサービスします。The trunk is defined for a Mediation Server peer that doesn’t egress calls to the PSTN and services users with legacy phones in a static locations (i.e. PBX phones). この構成では、この種類のトランクによってルーティングされるすべての着信呼び出しは、トランクと同じネットワークサイトから発信されるものと見なされます。For this particular configuration, all incoming calls routed by a trunk of this type will be considered to be originating from the same network site as the trunk. PBX ユーザーからの呼び出しでは、トランクと同じネットワークサイトにある Lync ユーザーと同じ Location-Based ルーティング強制が適用されます。Calls from PBX users will have the same Location-Based Routing enforcement as Lync users who are located in the same network site as the trunk. 別のネットワークサイトにある2つの PBX システムが Lync Server を介して接続されている場合、Location-Based ルーティングによって、あるネットワークサイト内の1つの PBX エンドポイントから別の PBX エンドポイントへのルーティングができます。If two PBX systems located in separate network sites are connected through Lync Server, Location-Based Routing will allow routing from one PBX endpoint in one network site to another PBX endpoint in the other network site. このシナリオは Location-Based ルーティングによってブロックされることはありません。This scenario will not be blocked by Location-Based Routing. このシナリオだけでなく、同じ場所にある Lync ユーザーと同様の方法で、この構成の仲介サーバーピアに接続されているエンドポイントは、仲介サーバーピアが関連付けられているネットワークサイトに関係なく、PSTN (つまり、別の PBX に接続されているエンドポイント) に対して通話を発信または受信できません。In addition to this scenario and in a similar way as a Lync user in the same location, endpoints connected to a Mediation Server peer with this configuration will be able to make or receive calls to and from other Mediation Server peer that do not route calls to the PSTN (i.e. an endpoint connected to a different PBX) regardless of the network site to which the Mediation Server peer is associated. PSTN エンドポイントを使用するすべての着信呼び出し、発信呼び出し、通話転送、および着信転送は、このような仲介サーバーピアのローカルとして定義されている PSTN ゲートウェイのみを使用するために、場所に基づいたルーティングの対象となります。All inbound calls, outbound calls, call transfers and call forwards involving PSTN endpoints will be subject to Location Based Routing to use only PSTN gateways that are defined as local to such Mediation Server peer.