Lync Server 2013 での Standard Edition サーバーの復元Restoring a Standard Edition server in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2013-02-21Topic Last Modified: 2013-02-21

中央管理ストアをホストしていない Standard Edition サーバーで障害が発生した場合は、このセクションの手順を実行します。If a Standard Edition server that does not host the Central Management store fails, follow the procedures in this section. 中央管理ストアに障害が発生した場合は、「 Lync server 2013 の中央管理ストアをホストしているサーバーを復元する」を参照してください。If the Central Management store fails, see Restoring the server hosting the Central Management store in Lync Server 2013.

ヒント

復元を開始する前に、システムのイメージコピーを取得することをお勧めします。We recommend that you take an image copy of the system before you start restoration. 復元中に問題が発生した場合に備えて、このイメージをロールバックポイントとして使用できます。You can use this image as a rollback point, in case something goes wrong during restoration. オペレーティングシステムと SQL Server をインストールしてから、証明書を復元または再登録した後で、イメージコピーを取得することもできます。You might want to take the image copy after you install the operating system and SQL Server, and restore or re-enroll the certificates.

Standard Edition サーバーを復元するにはTo restore a Standard Edition server

  1. 障害が発生したコンピューターと同じ完全修飾ドメイン名 (FQDN) を持つクリーンサーバーまたは新しいサーバーを起動し、オペレーティングシステムをインストールしてから、証明書を復元または reenroll します。Start with a clean or new server that has the same fully qualified domain name (FQDN) as the failed computer, install the operating system, and then restore or reenroll the certificates.

    注意

    組織で定めるサーバーの展開手順に従って、この手順を実行します。Follow your organization's server deployment procedures to perform this step.

  2. RTCUniversalServerAdmins グループとローカルの Administrators グループのメンバーであるユーザーアカウントから、復元するサーバーにログオンします。From a user account that is a member of the RTCUniversalServerAdmins group and the Local Administrators group, log on to the server that you are restoring.

  3. 適切なファイルストアを $Backup からサーバー上のファイルストアの場所にコピーし、フォルダーを共有することによって、ファイルストアを復元します。Restore the File Store by copying the appropriate File Store from $Backup to the File Store location on the server and share the folder.

    重要

    復元されたファイルストアのパスおよびファイル名は、ファイルを使用するコンポーネントがアクセスできるように、バックアップされたファイルストアと正確に一致する必要があります。The path and file name for the restored File Store should be exactly the same as the backed up File Store so that components that use the files can access them.

  4. トポロジビルダーを実行します。Run Topology Builder:

    1. トポロジ ビルダーを以下の手順で起動します。[スタート]、[すべてのプログラム]、[Microsoft Lync Server 2013]、[Lync Server トポロジ ビルダー] の順にクリックします。Start Topology Builder: Click Start, click All Programs, click Microsoft Lync Server 2013, and then click Lync Server Topology Builder.

    2. [既存の展開からトポロジをダウンロードする] をクリックし、[OK] をクリックします。Click Download Topology from existing deployment, and then click OK.

    3. トポロジを選択し、[保存] をクリックします。[はい] をクリックして選択を確定します。Select the topology, and then click Save. Click Yes to confirm your selection.

  5. Lync Server インストールフォルダーまたはメディアを参照し、[セットアップ amd64Setup.exe にある Lync Server 展開ウィザードを起動し \ \ \ ます。Browse to the Lync Server installation folder or media, and then start the Lync Server Deployment Wizard located at \setup\amd64\Setup.exe. Lync Server 展開ウィザードを使用して、次の操作を行います。Use the Lync Server Deployment Wizard to do the following:

    1. [ステップ 1: ローカル構成ストアのインストール] を実行して、ローカル構成ファイルをインストールします。Run Step 1: Install Local Configuration Store to install the local configuration files.

    2. [ ステップ 2: lync Server コンポーネントのセットアップまたは削除 を実行して、lync server のサーバーの役割をインストールする」を実行します。Run Step 2: Setup or Remove Lync Server Components to install the Lync Server server roles.

    3. [ステップ 3: 証明書の要求、インストール、または割り当て] を実行して、証明書を割り当てます。Run Step 3: Request, Install or Assign Certificates to assign the certificates.

    4. [ステップ 4: サービスの開始] を実行して、サーバー上でサービスを開始します。Run Step 4: Start Services to start services on the server.

    展開ウィザードの実行の詳細については、展開に関するドキュメントで復元しているサーバーの役割を参照してください。For details about running the Deployment Wizard, see the Deployment documentation for the server role you are restoring.

  6. 次の操作を実行してユーザー データを復元します。Restore user data by performing the following:

    1. ExportedUserData.zip を $Backup から \ ローカルディレクトリにコピーします。Copy ExportedUserData.zip from $Backup\ to a local directory.

    2. ユーザーデータを復元する前に、Lync services を停止する必要があります。Before you restore the user data, you must stop Lync services. これを行うには、次のように入力します。To do so, type:

      Stop-CsWindowsService
      
    3. ユーザー データを復元するには、コマンド ラインで、次のように入力します。To restore the user data, at the command line, type:

      Import-CsUserData -PoolFqdn <Fqdn> -FileName <String>
      

      次に例を示します。For example:

      Import-CsUserData -PoolFqdn "atl0cs-001.litwareinc.com" -FileName "C:\Logs\ExportedUserDatal.zip"
      
    4. 次のように入力して Lync services を再起動します。Restart Lync services by typing:

      Start-CsWindowsService
      
  7. この Standard Edition サーバーで応答グループを展開した場合は、応答グループ構成データを復元します。If you deployed Response Group on this Standard Edition server, restore the Response Group configuration data. 詳細については、「 Lync Server 2013 での応答グループの設定の復元」を参照してください。For details, see Restoring Response Group settings in Lync Server 2013.

  8. この Standard Edition サーバーで常設チャットを展開した場合は、常設チャットデータベース (mgc) を復元します。If you deployed Persistent Chat on this Standard Edition server, restore the Persistent Chat database (mgc.mdf).

    SQL Server バックアップを使用して常設チャットデータベースをバックアップした場合は、SQL Server の復元手順を使用して復元します。If you used SQL Server Backup to back up the Persistent Chat database, use SQL Server restore procedures to restore it.

    Export-CsPersistentChatData コマンドレットを使用してバックアップを作成した場合は、Import-CsPersistentChatData を使用して復元します。If you used the Export-CsPersistentChatData cmdlet to back it up, use the Import-CsPersistentChatData to restore it.