Lync Server 2013 での Active Directory スキーマの準備の実行Running Active Directory schema preparation in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-10-29Topic Last Modified: 2012-10-29

セットアップまたは Lync Server 管理シェルコマンドレットを使用して、Active Directory スキーマを準備することができます。You can use Setup or Lync Server Management Shell cmdlets to prepare the Active Directory schema. Active Directory スキーマを拡張するコマンドレットは Install-CsAdServerSchema です。The cmdlet that extends the Active Directory schema is Install-CsAdServerSchema.

注意

スキーマ準備コマンドレット (Install-CsAdServerSchema) はスキーママスターにアクセスする必要があります。これには、リモートレジストリサービスが実行されていて、リモートレジストリキーが有効になっている必要があります。The schema preparation cmdlet (Install-CsAdServerSchema) must access the schema master, which requires that the remote registry service is running and that the remote registry key is enabled. スキーママスターでリモートレジストリサービスを有効にできない場合は、スキーママスターでローカルにコマンドレットを実行できます。If the remote registry service cannot be enabled on the schema master, you can run the cmdlet locally on the schema master. レジストリのリモートアクセスの詳細については、Microsoft サポート技術情報の記事314837「レジストリへのリモートアクセスを管理する方法」を参照してください https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkId=125769For details about registry remote access, see Microsoft Knowledge Base article 314837, "How to Manage Remote Access to the Registry," at https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkId=125769.

スキーマの準備が完了したら、スキーマ パーティションがレプリケートされたことを手動で確認してから、フォレストの準備に進んでください。After you complete schema preparation, manually verify that the schema partition has been replicated before proceeding to forest preparation. 詳細については、「 Lync Server 2013 での Active Directory スキーマレプリケーションの確認」を参照してください。For details, see Verifying Active Directory schema replication in Lync Server 2013.

セットアップを使用して、現在のフォレストのスキーマを準備するにはTo use Setup to prepare the schema of the current forest

  1. Schema Admins グループのメンバーとして、さらに、スキーマ マスターにおける管理者権限を使用して、フォレスト内のサーバーにログオンします。Log on to a server in your forest as a member of the Schema Admins group and with administrator rights on the schema master.

  2. Lync Server 2013 インストールフォルダーまたはメディアから、Setup.exe を実行して展開ウィザードを開始します。From the Lync Server 2013 installation folder or media, run Setup.exe to start the Deployment Wizard.

  3. Microsoft Visual C++ (再頒布可能) のインストールを要求するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。If you are prompted to install the Microsoft Visual C++ Redistributable, click Yes.

  4. [Lync Server 2013 セットアップ] ダイアログボックスで、Lync Server ファイルをインストールする場所を指定するように求められます。The Lync Server 2013 Setup dialog box prompts you for a location to install the Lync Server files. 既定の場所を選択するか、または好みの場所を [参照] で選択し、[インストール] をクリックします。Choose the default location or Browse to a location of your choice, and then click Install.

  5. [使用許諾契約書] ページで [使用許諾契約書に同意します] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。On the License Agreement page, check I accept the terms in the license agreement, and then click OK.

  6. インストーラーによって Lync Server コアコンポーネントがインストールされます。The installer installs the Lync Server Core Components.

  7. 展開ウィザードの準備ができたら、[Active Directory の準備] をクリックし、展開状態が判別されるまで待機します。When the Deployment Wizard is ready, click Prepare Active Directory, and then wait for the deployment state to be determined.

  8. [ステップ 1: スキーマの準備] で、[実行] をクリックします。At Step 1: Prepare Schema, click Run.

  9. [スキーマの準備] ページで、[次へ] をクリックします。On the Prepare Schema page, click Next.

  10. [コマンドの実行] ページで [タスク状態: 完了] を見つけて、[ログの表示] をクリックします。On the Executing Commands page, look for Task status: Completed, and then click View Log.

  11. [ アクション ] 列で [ スキーマの準備] を展開し、 <Success> 各タスクの最後に実行結果を検索して、スキーマの準備が正常に完了したことを確認し、ログを閉じて、[ 完了] をクリックします。Under the Action column, expand Schema Prep, look for the <Success> Execution Result at the end of each task to verify that schema preparation completed successfully, close the log, and then click Finish.

  12. Active Directory レプリケーションが完了するのを待機するか、レプリケーションを強制的に実行します。Wait for Active Directory replication to complete or force replication.

  13. スキーマの変更が他のすべてのドメイン コントローラーにレプリケートされたことを手動で確認します。Manually verify that the schema changes replicated to all other domain controllers. 詳細については、「 Lync Server 2013 での Active Directory スキーマレプリケーションの確認」を参照してください。For details, see Verifying Active Directory schema replication in Lync Server 2013.

コマンドレットを使用して現在のフォレストのスキーマを準備するにはTo use cmdlets to prepare the schema of the current forest

  1. Schema Admins グループのメンバーとして、さらに、スキーマ マスターにおける管理者の権限を使用して、フォレスト内のコンピューターにログオンします。Log on to a computer in the forest as a member of the Schema Admins group and with administrator rights on the schema master.

  2. Lync Server コアコンポーネントを次のようにインストールします。Install Lync Server Core components as follows:

    1. Lync Server 2013 インストールフォルダーまたはメディアから、Setup.exe を実行して Lync Server 展開ウィザードを開始します。From the Lync Server 2013 installation folder or media, run Setup.exe to start the Lync Server Deployment Wizard.

    2. Microsoft Visual C++ (再頒布可能) のインストールを要求するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。If you are prompted to install the Microsoft Visual C++ Redistributable, click Yes.

    3. [Lync Server 2013 セットアップ] ダイアログボックスで、Lync Server ファイルをインストールする場所を指定するように求められます。The Lync Server 2013 Setup dialog box prompts you for a location to install the Lync Server files. 既定の場所を選択するか、または好みの場所を [参照] で選択し、[インストール] をクリックします。Choose the default location or Browse to a location of your choice, and then click Install.

    4. [使用許諾契約書] ページで [使用許諾契約書に同意します] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。On the License Agreement page, check I accept the terms in the license agreement, and then click OK. インストーラーによって Lync Server 2013 のコアコンポーネントがインストールされます。The installer installs the Lync Server 2013 Core Components.

  3. Lync Server 管理シェルを以下の手順で起動します。[スタート]、[すべてのプログラム]、[Microsoft Lync Server 2013]、[Lync Server 管理シェル] の順にクリックします。Start the Lync Server Management Shell: Click Start, click All Programs, click Microsoft Lync Server 2013, and then click Lync Server Management Shell.

  4. 実行Run:

    Install-CsAdServerSchema [-Ldf <directory where the .ldf file is located>] 
    

    Ldf パラメーターを指定しない場合、既定値は、レジストリから読み取った Lync Server 2013 のインストールパスになります。If you do not specify the Ldf parameter, the default value is the Lync Server 2013 installation path that is read from the registry.

    次に例を示します。For example:

    Install-CsAdServerSchema -Ldf "C:\Program Files\Microsoft Lync Server 2013\Deployment\Setup"
    
  5. 次のコマンドレットを使用し、スキーマの準備が完了したことを確認します。Use the following cmdlet to verify that schema preparation ran to completion.

    Get-CsAdServerSchema 
    

    スキーマの準備が成功した場合、このコマンドレットは スキーマ _ バージョン _ 状態の _ CURRENT の値を返します。This cmdlet returns a value of SCHEMA_VERSION_STATE_CURRENT if schema preparation was successful.

  6. Active Directory レプリケーションが完了するのを待機するか、レプリケーションを強制的に実行します。Wait for Active Directory replication to complete or force replication.

  7. スキーマの変更が他のすべてのドメイン コントローラーにレプリケートされたことを手動で確認します。Manually verify that the schema changes replicated to all other domain controllers. 詳細については、「 Lync Server 2013 での Active Directory スキーマレプリケーションの確認」を参照してください。For details, see Verifying Active Directory schema replication in Lync Server 2013.