Lync Server 2013 での音声ルーティングテストの実行Running voice routing tests in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2013-02-21Topic Last Modified: 2013-02-21

Lync Server 2013 では、ボイスルートをテストするための2つの異なる方法が提供されています。あらゆる電話番号や音声ルートに対して非公式なアドホックテストを行うことができます。または、ボイスルートのテストケースを使用して、より正式なテストを行うことができます。Lync Server 2013 provides two different methods for testing voice routes: you can do informal, ad hoc testing against any phone number and any voice route; or you can do more formal testing using voice route test cases. 正式なテストでは、ダイヤルする番号、使用するダイヤルプランと音声ポリシーなどの項目を定義します。次に、これらの条件が満たされた場合に、指定した番号を PSTN ネットワークにルーティングできることを、Lync Server が確認できます。With formal testing, you define such things as the number to be dialed and the dial plan and voice policy to be employed, and Lync Server can then verify that, given those conditions, the supplied number can successfully be routed to the PSTN network. これらの方法については、このドキュメントの次のセクションで説明します。Both of these methods are described in subsequent sections of this documentation.