拡張ディレクタープール-Lync Server 2013 での DNS 負荷分散とロードバランサー機器Scaled Director pool - DNS load balancing and hardware load balancer in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-10-22Topic Last Modified: 2012-10-22

拡張ディレクタープール。追加容量を処理し、高可用性を実現するために複数のディレクターが展開されている場合、負荷分散によってプールのすべてのメンバーにクライアントとサーバーの通信を分散する必要があります。A scaled Director pool, where there are more than one Director deployed to handle additional capacity and to provide high availability, requires load balancing to distribute client and server communication to all members of the pool. ディレクターは、フロントエンドプールによく似た web サービスをホストします。A Director hosts web services much like a Front End pool. 負荷分散を実現するには、ハードウェア負荷分散またはドメインネームシステム (DNS) 負荷分散とハードウェア負荷分散のどちらかを使用できます。To provide the load balancing, you can use either hardware load balancing or domain name system (DNS) load balancing and hardware load balancing. Web サービスにはハードウェア負荷分散が必要であり、DNS 負荷分散だけでは web サービスに必要な機能が提供されません。Hardware load balancing is required for the web services, and DNS load balancing alone does not provide the capabilities required for the web services.

次のトピックでは、DNS 負荷分散を使用してディレクタープールをハードウェア負荷分散と共に展開する際の考慮事項について説明します。The following topics describe the planning considerations for deploying a Director pool using DNS load balancing in conjunction with hardware load balancing. ディレクタープールでハードウェア負荷分散を使用し、DNS 負荷分散を使用しない場合については、「 拡張ディレクタープール-Lync Server 2013 のハードウェアロードバランサー 」を参照してください。このトポロジの計画要件について説明します。If you intend to use hardware load balancing, but not DNS load balancing for the Director pool, see the topic Scaled Director pool - hardware load balancer in Lync Server 2013 that describes the planning requirements for that topology.

拡張ディレクター プールScaled Director Pool