Lync Server 2013 のサーバーパフォーマンスレポートServer Performance Report in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-10-01Topic Last Modified: 2012-10-01

サーバーパフォーマンスレポートには、Microsoft Lync Server 2013 サーバーのうちで、低品質の通話のうち最大の割合を超えるサーバーが一覧表示されます。The Server Performance Report provides a list of Microsoft Lync Server 2013 servers that have experienced the highest-percentage of poor calls. このレポートは、サーバーの種類ごとに、次の種類について個別の統計情報を報告します。The report breaks down servers by server type, reporting separate statistics for the following types:

  • 仲介サーバーMediation Server

  • 音声ビデオ会議サーバーA/V Conferencing Server

  • 音声ビデオ エッジ サーバーA/V Edge Server

  • ゲートウェイ (仲介サーバー)Gateway (Mediation Server)

  • ゲートウェイ (仲介サーバーのバイパス)Gateway (Mediation Server bypass)

  • ビデオ (音声ビデオ会議サーバーと音声ビデオエッジサーバーのビデオ指標を含む)Video (including video metrics for A/V Conferencing servers and A/V Edge servers)

  • アプリケーション共有 (音声ビデオ会議サーバーと音声ビデオエッジサーバーのアプリケーション共有指標を含む)Application Sharing (including application sharing metrics for A/V Conferencing servers and A/V Edge servers)

このレポートに表示されるランク付けは、相対的なランク付けであることに注意してください。It’s important to note that the ranking shown in this report as relative rankings. たとえば、最もパフォーマンスの低いサーバーでは、1000に配置された通話の間に1つの低品質通話があるとします。For example, suppose your worst-performing server had one poor call among its 1,000 placed calls. これは、許容可能なパーセンテージ (1%) です。That's a more-than-acceptable percentage of .1%. しかし、これが最もパフォーマンスの低いサーバーである場合 (つまり、他のすべてのサーバーの通話の割合が .1% よりも低い場合)、そのサーバーは引き続きサーバーパフォーマンスレポートに表示されます。However, if that's the worst-performing server you have (that is, if all your other servers have a poor call percentage even lower than .1%), then that server will still appear on the Server Performance Report.

サーバーパフォーマンスレポートへのアクセスAccessing the Server Performance Report

サーバーパフォーマンスレポートには、監視レポートのホームページからアクセスします。The Server Performance Report is accessed from the Monitoring Reports home page. 次のいずれかの指標をクリックすると、 Lync Server 2013 の通話リストレポート にドリルダウンできます。You can drill down to the Call List Report in Lync Server 2013 by clicking either of the following metrics:

  • [通話ボリューム]Call volume

  • [低品質通話のパーセンテージ]Poor call percentage

また、次の指標をクリックして、サーバーメディア品質傾向レポートにドリルダウンすることもできます。In addition, you can drill down to the Server Media Quality Trend Report by clicking the following metric:

  • TrendTrend

サーバーパフォーマンスレポートの活用Making the Best Use of the Server Performance Report

サーバーパフォーマンスレポートには、データをフィルター処理する方法がいくつか用意されています。たとえば、ネットワークの種類 (ワイヤード接続から発信された通話、およびワイヤレス接続からの通話の呼び出し)、アクセスの種類 (ファイアウォールの内側から発信された呼び出し、ファイアウォールの外側から発信された通話) のフィルター処理を行うことができます。The Server Performance Report provides a number of ways to filter data; for example, you can filter on network type (calls made from a wired connection vs. calls made from a wireless connection) and access type (calls made from inside the firewall vs. calls made from outside the firewall). サーバーパフォーマンスレポートを表示してこれらのフィルターを使用することをお勧めします。It's a good idea when viewing the server performance report to make use of these filters. たとえば、通話の割合が低品質 (3.24%) の仲介サーバーがあるとします。For example, suppose you have a Mediation Server that has a poor call percentage of 3.24%. ワイヤレス呼び出しだけである場合は、同じサーバーに、20% に近づいている低品質通話のパーセンテージが設定されている可能性があります。If you look solely at wireless calls, that same server might have a poor call percentage approaching 20%. これは、サーバーが有線通話で問題が発生していないために、部分的に隠されている問題があることを意味します。That means that the server was having difficulty with wireless calls, a problem that is partially obscured because the server was not having problems with wired calls.

フィルターFilters

フィルターは、細かく絞り込んだデータ セットを返したり、返されたデータをさまざま方法で表示したりする方法として利用できます。Filters provide a way for you to return a more finely-targeted set of data or to view the returned data in different ways. たとえば、サーバーのパフォーマンスレポートを使用すると、返されるデータをサーバーの種類またはネットワークの種類 (有線またはワイヤレス) でフィルター処理することができます。For example, the Server Performance Report enables you to do such things as filter the returned data by server type or by network type (that is, wired or wireless). データをグループ化する方法も選択できます。You can also choose how data should be grouped. この場合、データは時間、日、週、または月によってグループ化されます。In this case, data is grouped by hour, day, week, or month.

次の表に、サーバーパフォーマンスレポートで使用できるフィルターを示します。The following table lists the filters that you can use with the Server Performance Report.

サーバーパフォーマンスレポートのフィルターServer Performance Report Filters

名前Name 説明Description

FromFrom

時間範囲の開始日と開始時刻。データを時間単位で表示するには、次のように開始日と開始時刻の両方を入力します。Start date/time for the time range. To view data by hours, enter both the start date and time as follows:

7/7/2012 1:00 PM7/7/2012 1:00 PM

開始時刻を入力しないと、レポートは自動的に指定日の午前 12:00 に開始します。データを日単位で表示するには、次のように日付のみを入力します。If you do not enter a start time, the report automatically begins at 12:00 AM on the specified day. To view data by day, enter just the date:

7/7/20127/7/2012

週単位または月単位で表示するには、表示する週または月の任意の日付を入力します (その週または月の最初の日である必要はありません)。To view by week or by month, enter a date that falls anywhere within the week or month that you want to view (you do not have to enter the first day of the week or month):

7/3/20127/3/2012

週は、常に日曜日から土曜日までです。Weeks always run from Sunday through Saturday.

ToTo

時間範囲の終了日と終了時刻。データを時間単位で表示するには、次のように終了日と終了時刻の両方を入力します。End date/time for the time range. To view data by hours, enter both the end date and time as follows:

7/7/2012 1:00 PM7/7/2012 1:00 PM

終了時刻を入力しないと、レポートは自動的に指定日の午前 12:00 に終了します。データを日単位で表示するには、次のように日付のみを入力します。If you do not enter an end time, the report automatically ends at 12:00 AM on the specified day. To view data by day, enter just the date:

7/7/20127/7/2012

週単位または月単位で表示するには、表示する週または月の任意の日付を入力します (その週または月の最初の日である必要はありません)。To view by week or by month, enter a date that falls anywhere within the week or month that you want to view (you do not have to enter the first day of the week or month):

7/3/20127/3/2012

週は、常に日曜日から土曜日までです。Weeks always run from Sunday through Saturday.

サーバーの種類Server type

パフォーマンスをレポートする必要があるサーバーの種類を示します。Indicates the type of server whose performance should be reported. 次のいずれかを選択します。Select one of the following:

  1. [All][All]

  2. 仲介サーバーMediation Server

  3. 音声ビデオ会議サーバーA/V Conferencing Server

  4. 音声ビデオ エッジ サーバーA/V Edge Server

トップ NTop N

各カテゴリに表示されるサーバーの数 (低品質通話のパーセンテージに基づく) を示します。Indicates the number of servers (based on their poor call percentage) to be displayed in each category. たとえば、[ 5 ] を選択すると、5つの個サーバーが表示されます。For example, if you select 5 then the five poorest-performing servers are displayed. 次のいずれかを選択します。Select one of the following:

  1. [All][All]

  2. 5 5

  3. 10 10

[アクセスの種類]Access type

クライアントが通話時に内部ネットワークにログオンしたか、外部ネットワークにログオンしたかを示します。次のいずれかを選択します。Indicates whether the client was logged on to the internal network or the external network when the call was placed. Select one of the following:

  1. [All][All]

  2. 内部Internal

  3. 外部External

[ネットワークの種類]Network type

通話時にクライアントが接続したネットワークの種類を示します。次のいずれかを選択します。Indicates the type of network the client was connected to when the call was placed. Select one of the following:

  1. [All][All]

  2. 有線Wired

  3. 通信Wireless

VPNVPN

通話時に外部クライアントが仮想プライベート ネットワーク (VPN) 接続を使用したかどうかを示します。次のいずれかを選択します。Indicates whether an external client was using a virtual private network (VPN) connection when the call was placed. Select one of the following:

  1. [All][All]

  2. VPNVPN

  3. 非 VPNNon-VPN

指標Metrics

次の表に、サーバーパフォーマンスレポートで提供される情報を示します。The following table lists the information provided in the Server Performance Report.

サーバーパフォーマンスレポートの指標: 音声通話の概要Server Performance Report Metrics: Audio Call Summary

名前Name 並べ替え可能Can Sort On 説明Description

ServerServer

いいえNo

サーバーの名前または IP アドレス。Name/IP address of the server.

[通話ボリューム]Call volume

いいえNo

発信された通話の合計数。Total number of calls made.

[低品質通話のパーセンテージ]Poor call percentage

いいえNo

低品質として分類される通話の総数。低品質通話とは、少なくとも 1 つの測定指標が許容値を超えている通話 (たとえば、過剰なジッターが発生した通話) のことです。Total number of calls classified as poor. A poor call is any call which at least one of the measured metrics exceeded the allowed value (for example, a call that experienced excessive jitter).

[往復 (ミリ秒)]Round trip (ms)

必要Yes

リアルタイム転送プロトコル (RTP) パケットが別のエンドポイントとの間を往復するのに要する平均時間 (ミリ秒単位)。100 ミリ秒以下の往復時間が許容できる品質と見なされます。Average amount of (in milliseconds) required for a real-time transport protocol (RTP) packet to travel to another endpoint and then back. Round-trip times of 100 milliseconds or less are considered of acceptable quality.

この値が高い場合は、国際通話ルーティング、ルーティングの構成ミス、メディア サーバーの過負荷などの原因が考えられます。その結果、双方向のリアルタイムの音声会話が難しくなります。High round-trip values can be caused by international call routing; a routing misconfiguration; or an overloaded media server. High round-trip times result in difficulties with two-way, real-time audio conversations.

[低下 (MOS)]Degradation (MOS)

必要Yes

通話時に発生した平均オピニオン値 (MOS) 低下の平均値。Average amount of mean opinion score (MOS) degradation experienced during a call. 低下の値範囲は、最低 0.0 から最高 5.0 までとなります。Degradation values can range from a low of 0.0 to a high of 5.0. 0.5 以下の値は、許容される低下を表します。A value of 0.5 or less represents acceptable degradation. 従来、平均オピニオン値は、ユーザーが通話の品質を 1 から 5 の範囲で評価することによって計算されていました。Historically, mean options scores were calculated by having users rate the quality of a call on a scale of 1-to-5. Lync Server では、監視サーバーは一連のアルゴリズムを使用して、ユーザーが通話を評価する方法を予測します。In Lync Server, the Monitoring Server uses a set of algorithms to predict how users would have rated a call.

この値が高い場合は、輻輳、帯域幅の不足、ワイヤレスの輻輳または干渉、メディア サーバーやエンドポイントの過負荷などの原因が考えられます。その結果、音声のひずみや欠落が生じます。High degradation values can be caused by congestion, lack of bandwidth, wireless congestion or interference, or an overloaded media server or endpoint. High degradation results in distorted or lost audio.

[パケット損失]Packet loss

必要Yes

リアルタイム転送プロトコル (RTP) パケット損失の平均レート。Average rate of real-time transport protocol (RTP) packet loss. (パケット損失は、RTP パケット、つまりインターネット経由で音声とビデオを送信するために使用されるプロトコルで、宛先に到達できなかった場合に発生します)。通常、高損失率は輻輳、帯域幅の不足、ワイヤレスの輻輳または干渉、メディアサーバーの過負荷などによって発生します。(Packet loss occurs when RTP packets, a protocol used for transmitting audio and video across the Internet, failed to reach their destination.) High loss rates are generally caused by congestion, lack of bandwidth, wireless congestion or interference, or an overloaded media server. パケット損失が発生すると、通常、音声のひずみや欠落が生じます。Packet loss typically results in distorted or lost audio.

[ジッター (ミリ秒)]Jitter (ms)

必要Yes

RTP パケットの着信間に検出された平均ジッター (ジッターとは、通話の "揺れ" の測定値です)。Average jitter detected between RTP packet arrivals. (ジッターは、通話の過の測定値です " " )。高ジッター値は、通常、混雑または過負荷のメディアサーバーによって発生し、その結果、音声がひずむか失われます。(Jitter is a measure of the "shakiness" of a call.) High jitter values are typically caused by congestion or an overloaded media server, and result in distorted or lost audio.

[ヒーラー隠し比率]Healer concealed ratio

必要Yes

サンプルの合計数に対する隠しオーディオ サンプルの平均比率 (隠しオーディオ サンプルとは、突然遷移を取り除くために使用される手法です。突然遷移は、通常、ネットワーク パケットの削除が原因で発生します)。この値が高い場合は、パケット損失やジッターのために高いレベルで損失の隠蔽が適用されています。その結果、音声のひずみや欠落が生じます。Average ratio of concealed audio samples to the total to the total number of samples. (A concealed audio sample is a technique used to smooth out the abrupt transition that would usually be caused by dropped network packets.) High values indicate significant levels of loss concealment applied caused by packet loss or jitter, and results in distorted or lost audio.

[ヒーラー引き伸ばし比率]Healer stretched ratio

必要Yes

サンプルの合計数に対する引き伸ばされたオーディオ サンプルの平均比率 (引き伸ばされたオーディオとは、ネットワーク パケットの削除が検出されたときに通話の品質を維持できるように拡張されたオーディオのことです)。この値が高い場合は、ジッターのために高いレベルでサンプルの引き伸ばしが行われています。その結果、音声が機械のように聞こえたりひずんで聞こえたりします。Average ratio of stretched audio samples to the total to the total number of samples. (Stretched audio is audio that has been expanded to help maintain call quality when a dropped network packet has been detected.) High values indicate significant levels of sample stretching caused by jitter, and result in audio sounding robotic or distorted.

[ヒーラー圧縮比率]Healer compressed ratio

必要Yes

サンプルの合計数に対する圧縮オーディオ サンプルの平均比率 (圧縮オーディオとは、ネットワーク パケットの削除が検出されたときに通話の品質を維持できるように圧縮されたオーディオのことです)。この値が高い場合は、ジッターのために高いレベルでサンプルの圧縮が行われています。その結果、音声が早送りされたように聞こえたりひずんで聞こえたりします。Average ratio of compressed audio samples to the total number of samples. (Compressed audio is audio that has been compressed to help maintain call quality when a dropped network packet has been detected.) High values indicate significant levels of sample compression caused by jitter, and result in audio sounding accelerated or distorted.

サーバーパフォーマンスレポートの指標: ビデオ通話の概要Server Performance Report Metrics: Video Call Summary

名前Name この項目での並べ替えCan you sort on this item? 説明Description

[通話の種類/エンドポイントの種類]Call type/Endpoint type

いいえNo

この項目をクリックすると、その種類に基づく通話の詳細情報がレポートに表示されます。通話の種類は次のとおりです。When you click this item, the report shows detailed information about calls based on that type. Call types include:

  • UC ピアツーピア通話UC Peer-to-Peer Calls

  • UC 電話会議セッションUC Conference Sessions

  • PSTN 電話会議セッションPSTN Conference Sessions

  • PSTN 通話: メディアのバイパスPSTN Calls: Media Bypass

  • PSTN 通話 (非バイパス): UC レグPSTN Calls (Non-Bypass): UC Leg

  • PSTN 通話 (非バイパス): ゲートウェイ レグPSTN Calls (Non-Bypass): Gateway Leg

  • その他の通話の種類Other Call Types

[通話ボリューム]Call volume

いいえNo

通話の種類当たりの通話の総数。Total number of calls per call type.

[低品質通話のパーセンテージ]Poor call percentage

いいえNo

低品質として分類される通話の総数。低品質通話とは、少なくとも 1 つの測定指標が許容値を超えている通話 (たとえば、過剰なジッターが発生した通話) のことです。Total number of calls classified as poor. A poor call is any call which at least one of the measured metrics exceeded the allowed value (for example, a call that experienced excessive jitter).

[通話ボリューム (ワイヤレス通話)]Call volume (wireless call)

いいえNo

ワイヤレス接続を使用した通話の総数。Total number of calls that used a wireless connection.

[通話ボリューム (VPN 通話)]Call volume (VPN call)

いいえNo

VPN 接続を使用した通話の総数。Total number of calls that used a VPN connection.

[通話ボリューム (外部通話)]Call volume (external call)

いいえNo

外部接続 (つまり、内部ネットワークの外側の接続) を使用した通話の数。Number of calls that used an external connection (that is, a connection outside the internal network).

[Avg bit-rate (Kbits/s)]Avg bit-rate (Kbits/s)

いいえNo

平均ビデオ ビット レート (1 秒あたりのキロビット)。Average video bit rate (in kilobits per second).

[Low bit-rate %]Low bit-rate %

いいえNo

ビット レートが低い通話のパーセンテージ。Percentage of the call where the bit rate was low.

[Outbound packet loss]Outbound packet loss

いいえNo

送信パケットの Real-Time トランスポートプロトコル (RTP) パケット損失。Real-Time Transport Protocol (RTP) packet loss for outbound packets. (パケット損失は、RTP パケット、つまりインターネット経由で音声とビデオを送信するために使用されるプロトコルで、宛先に到達できなかった場合に発生します)。通常、高損失率は輻輳が原因で発生します。帯域幅の不足。ワイヤレスの輻輳または干渉。または、オーバーロードされたメディアサーバー。(Packet loss occurs when RTP packets, a protocol used for transmitting audio and video across the Internet, failed to reach their destination.) High loss rates are generally caused by congestion; lack of bandwidth; wireless congestion or interference; or an overloaded media server. パケット損失が発生すると、通常、音声のひずみや欠落が生じます。Packet loss typically results in distorted or lost audio.

[フリーズ フレーム %]Frozen frame %

いいえNo

"フリーズ" フレームのパーセンテージ。フリーズ フレームでは、通話の音声部分が続いていてもビデオの進行が停止します。Percentage of “frozen” frames. In a frozen frame, the video stops advancing while the audio portion of the call continues.

[Outbound avg frame rate]Outbound avg frame rate

いいえNo

通話時の送信の平均フレーム レート。Average frame rate for outbound transmissions during the call.

[Inbound avg frame rate]Inbound avg frame rate

いいえNo

通話時の受信の平均フレーム レート。Average frame rate for incoming transmissions during the call.

[Inbound low frame rate %]Inbound low frame rate %

いいえNo

着信ビデオのビット レートが低い通話のパーセンテージ。Percentage of the call where the bit rate for incoming video was low.

[Client health %]Client health %

通話時のクライアント デバイスの相対的な正常性を示します。Indicates the relative health of the client device during the call.

サーバーパフォーマンスレポートの指標: アプリケーション共有の通話の概要Server Performance Report Metrics: Application Sharing Call Summary

名前Name この項目での並べ替えCan you sort on this item? 説明Description

[通話の種類/エンドポイントの種類]Call type/Endpoint type

いいえNo

この項目をクリックすると、その種類に基づく通話の詳細情報がレポートに表示されます。通話の種類は次のとおりです。When you click this item, the report shows detailed information about calls based on that type. Call types include:

  • UC ピアツーピア通話UC Peer-to-Peer Calls

  • UC 電話会議セッションUC Conference Sessions

  • PSTN 電話会議セッションPSTN Conference Sessions

  • PSTN 通話: メディアのバイパスPSTN Calls: Media Bypass

  • PSTN 通話 (非バイパス): UC レグPSTN Calls (Non-Bypass): UC Leg

  • PSTN 通話 (非バイパス): ゲートウェイ レグPSTN Calls (Non-Bypass): Gateway Leg

  • その他の通話の種類Other Call Types

[通話ボリューム]Call volume

いいえNo

通話の種類当たりの通話の総数。Total number of calls per call type.

[低品質通話のパーセンテージ]Poor call percentage

いいえNo

低品質として分類される通話の総数。低品質通話とは、少なくとも 1 つの測定指標が許容値を超えている通話 (たとえば、過剰なジッターが発生した通話) のことです。Total number of calls classified as poor. A poor call is any call which at least one of the measured metrics exceeded the allowed value (for example, a call that experienced excessive jitter).

[通話ボリューム (ワイヤレス通話)]Call volume (wireless call)

いいえNo

ワイヤレス接続を使用した通話の総数。Total number of calls that used a wireless connection.

[通話ボリューム (VPN 通話)]Call volume (VPN call)

いいえNo

VPN 接続を使用した通話の総数。Total number of calls that used a VPN connection.

[通話ボリューム (外部通話)]Call volume (external call)

いいえNo

外部接続 (つまり、内部ネットワークの外側の接続) を使用した通話の数。Number of calls that used an external connection (that is, a connection outside the internal network).

[ジッター (ミリ秒)]Jitter (ms)

いいえNo

RTP パケットの着信間に検出された平均ジッター (ジッターとは、通話の "揺れ" の測定値です)。Average jitter detected between RTP packet arrivals. (ジッターは、通話の過の測定値です " " )。高ジッター値は、通常、混雑または過負荷のメディアサーバーによって発生し、その結果、音声がひずむか失われます。(Jitter is a measure of the "shakiness" of a call.) High jitter values are typically caused by congestion or an overloaded media server, and result in distorted or lost audio.

[Relative one way delay burst density (ms)]Avg. relative one way

いいえNo

2 つのメディア エンドポイント間の相対的な一方向の平均遅延。これは、1 ホップの遅延の測定です。Average relative one-way delay between two media endpoints. This is a single-hop latency measure.

[RDP Tile processing latency burst density (ms)]Avg. RDP tile processing latency

いいえNo

表示セッション中の AS 会議サーバーでの RDP タイル処理の平均遅延。ネットワーク遅延はこの指標の対象外です。平均値が高いと、表示の際の遅延が大きくなります。過負荷の会議サーバーでは平均遅延が大きくなる場合があります。The average RDP tile processing latency in the AS Conferencing Server over the duration of the viewing session. This metric does not cover network latency. A high average reflects a longer delay in the viewing experience. An overloaded conferencing server may experience higher average delays.

[損失した合計タイル %]Total spoiled tile %

いいえNo

損失した RDP タイル数のパーセンテージ。Total percentage of spoiled RDP tiles.