常設チャットサーバーのプライマリデータベースのための Lync Server 2013 での SQL Server ログ配布のセットアップSetting up SQL Server Log Shipping in Lync Server 2013 for the Persistent Chat Server primary database

 

トピックの最終更新日: 2012-11-12Topic Last Modified: 2012-11-12

SQL Server Management Studio を使用して、常設チャットサーバーのセカンダリログ配布データベースのインスタンスに接続し、SQL Server エージェントが実行されていることを確認します。Using SQL Server Management Studio, connect to the Persistent Chat Server secondary Log Shipping database instance, and be sure that SQL Server Agent is running.

常設チャットプライマリデータベースインスタンスに接続された SQL Server Management Studio を使用して、次の手順を実行します。Using SQL Server Management Studio connected to the Persistent Chat primary database instance, perform the following steps:

  1. SQL Server エージェントが実行されていることを確認してください。Be sure that the SQL Server Agent is running.

  2. mgc データベースを右クリックしてから、[プロパティ] をクリックします。Right-click the mgc database, and then click Properties.

  3. [ページの選択] で、[トランザクション ログの配布] をクリックします。Under Select a page, click Transaction Log Shipping.

  4. [ログ配布構成のプライマリ データベースとして有効にする] チェック ボックスをオンにします。Select the Enable this as a primary database in a log shipping configuration check box.

  5. [トランザクション ログのバックアップ] で、[バックアップの設定] をクリックします。Under Transaction log backups, click Backup Settings.

  6. [ バックアップフォルダーへのネットワークパス ] ボックスに、トランザクションログのバックアップフォルダーとして作成した共有へのネットワークパスを入力します。In the Network path to the backup folder box, type the network path to the share that you created for the transaction log backup folder.

  7. バックアップフォルダーがプライマリサーバー上にある場合は、バックアップフォルダーがプライマリサーバー上にある場合は、そのフォルダーへのローカルパスを入力します (例: c: \ backup) ボックスに、フォルダーへのローカルパスを入力 します。If the backup folder is located on the primary server, type the local path to the backup folder in the If the backup folder is located on the primary server, type a local path to the folder (example: c:\backup) box. (バックアップフォルダーがプライマリサーバー上にない場合は、このボックスを空のままにしておくことができます。)(If the backup folder is not on the primary server, you can leave this box empty.)

    重要

    プライマリサーバー上の SQL Server サービスアカウントがローカルシステムアカウントで実行されている場合は、プライマリサーバー上にバックアップフォルダーを作成し、そのフォルダーへのローカルパスを指定する必要があります。If the SQL Server service account on your primary server runs under the local system account, you must create your backup folder on the primary server and specify a local path to that folder.

  8. [次の期間を経過したファイルを削除する] パラメーターと [バックアップが次の期間内に行われない場合は警告する] パラメーターを構成します。Configure the Delete files older than and Alert if no backup occurs within parameters.

  9. [バックアップ ジョブ] の [スケジュール] ボックスに一覧表示されるバックアップ スケジュールを確認してください。Look at the backup schedule listed in the Schedule box under Backup job. インストールのスケジュールをカスタマイズするには、[ スケジュール] をクリックし、必要に応じて SQL Server エージェントのスケジュールを調整します。To customize the schedule for your installation, click Schedule, and adjust the SQL Server Agent schedule as required.

  10. [ 圧縮] で、[ 既定のサーバー設定を使用する] を選択し、[ OK] をクリックします。Under Compression, select Use the default server setting, and then click OK.

  11. [セカンダリ サーバー インスタンスとデータベース] で、[追加] をクリックします。Under Secondary server instances and databases, click Add.

  12. [ 接続 ] をクリックして、セカンダリサーバーとして構成した SQL Server のインスタンスに接続します。Click Connect and connect to the instance of SQL Server that you have configured as your secondary server.

  13. [セカンダリ データベース] ボックスで、一覧から [mgc] データベースを選択します。In the Secondary Database box, select the mgc database from the list.

  14. [ セカンダリデータベースの初期化 ] タブで、[ はい、プライマリデータベースの完全バックアップを生成し、セカンダリデータベースに復元します] を選択します (存在しない場合はセカンダリデータベースを作成します)。On the Initialize Secondary database tab, choose the option Yes, generate a full backup of the primary database and restore it into the secondary database (and create the secondary database if it doesn't exist).

  15. [ ファイルのコピー ] タブの [ ファイルのコピー先フォルダー ] ボックスに、トランザクションログのバックアップのコピー先フォルダーのパスを入力します。On the Copy Files tab, in the Destination folder for copied files box, type the path of the folder into which the transaction logs backups should be copied. 多くの場合、このフォルダーは、セカンダリ サーバー上にあります。This folder is often located on the secondary server.

  16. [コピージョブ] の下にある [スケジュール] ボックスに一覧表示されるコピースケジュールを確認します。Note the copy schedule listed in the Schedule box under Copy job. インストールのスケジュールをカスタマイズするには、[ スケジュール] をクリックし、必要に応じて SQL Server エージェントのスケジュールを調整します。To customize the schedule for your installation, click Schedule, and adjust the SQL Server Agent schedule as required. このスケジュールは、バックアップスケジュールとほぼ同じである必要があります。This schedule should be approximately the same as the backup schedule.

  17. [ 復元 ] タブの [ バックアップ復元時のデータベース状態] で、[ 復旧モードなし ] オプションを選択します。On the Restore tab, under Database state when restoring backups, choose the No recovery mode option.

  18. [ バックアップの復元を少なくする] の下で、[ 0 分] を選択します。Under Delay restoring backups at least:, select 0 minutes.

  19. [ 復元が実行中でない場合、警告] で警告のしきい値を選択します。Choose an alert threshold under Alert if no restore occurs within.

  20. [復元ジョブ] の下にある [スケジュール] ボックスに表示されている復元スケジュールを確認します。Look at the restore schedule listed in the Schedule box under Restore job. インストールのスケジュールをカスタマイズするには、[ スケジュール] をクリックし、必要に応じて SQL Server エージェントのスケジュールを調整して、[ OK] をクリックします。To customize the schedule for your installation, click Schedule, adjust the SQL Server Agent schedule as required, and click OK. このスケジュールは、バックアップスケジュールとほぼ同じである必要があります。This schedule should be approximately the same as the backup schedule.

  21. [ データベースのプロパティ ] ダイアログボックスで、[ OK ] をクリックして構成プロセスを開始します。On the Database Properties dialog box, click OK to begin the configuration process.