Lync Server 2013 のエッジコンポーネントに対してサポートされているサーバーの併置Supported server collocation for edge components in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-09-08Topic Last Modified: 2012-09-08

アクセスエッジサービス、Web 会議エッジサービス、音声ビデオエッジサービス、および XMPP プロキシサービスがエッジサーバーに併置されます。The Access Edge service, Web Conferencing Edge service, A/V Edge service and XMPP Proxy service are collocated on the Edge Servers. 次のサーバーは、外部ユーザー アクセスに必要な機能を提供し、専用サーバーとして展開される必要があります。The following servers provide functions needed for external user access and must be deployed as dedicated servers:

  • エッジ サーバーEdge Server

  • ディレクター (オプション)Director (Optional)

  • リバース プロキシReverse proxy

重要

リバースプロキシは、Lync Server 2013 のサービスのみを提供するための専用である必要はありません。The reverse proxy does not need to be dedicated to serving only Lync Server 2013. たとえば、lync server Web サービスを公開するためのサービスを提供し、Lync Server にまったく影響を与えない別の Web サイトに対して同時に公開された Web サイトを提供することができます。For example, you can provide services to publish the Lync Server Web services, and concurrently provide a published Web site for another Web site that has no bearing on Lync Server at all. 他のサービスをサポートするために、既に境界ネットワークにリバースプロキシサーバーがある場合は、それを Lync Server 2013 に使用できます。If you already have a reverse proxy server in the perimeter network to support other services, you can use it for Lync Server 2013.