Lync Server 2013 での Web アプリケーションアクセスのテストTest Web App access in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2014-06-07Topic Last Modified: 2014-06-07

検証スケジュールVerification schedule

毎月Monthly

テストツールTesting tool

Windows PowerShellWindows PowerShell

必要なアクセス許可Permissions required

Lync Server 管理シェルを使用してローカルに実行する場合、ユーザーは RTCUniversalServerAdmins セキュリティグループのメンバーである必要があります。When run locally using the Lync Server Management Shell, users must be members of the RTCUniversalServerAdmins security group.

Windows PowerShell のリモートインスタンスを使用して実行する場合、ユーザーには Test-CsWebApp コマンドレットを実行するためのアクセス許可を持つ RBAC の役割が割り当てられている必要があります。When run using a remote instance of Windows PowerShell, users must be assigned an RBAC role that has permission to run the Test-CsWebApp cmdlet. このコマンドレットを使用できるすべての RBAC の役割の一覧を表示するには、Windows PowerShell プロンプトから次のコマンドを実行します。To see a list of all RBAC roles that can use this cmdlet, run the following command from the Windows PowerShell prompt:

Get-CsAdminRole | Where-Object {$_.Cmdlets -match "Test-CsWebApp"}

説明Description

Test-CsWebApp コマンドレットは、認証されたユーザーが lync Web App を使用して Lync Server 会議に参加できることを確認します。The Test-CsWebApp cmdlet verifies that authenticated users can join Lync Server conferences by using the Lync Web App. コマンドレットを実行すると、Test-CsWebApp は Web チケットサービスに接続して、指定されたユーザーの web チケットを取得します。When you run the cmdlet, Test-CsWebApp contacts the Web Ticket service to obtain web tickets for the specified users. これらのチケットは、Lync Server 会議の「受付チケット」として効果的に機能します。These tickets effectively act as ‘admission tickets” to the Lync Server conference. チケットを取得でき、ユーザーが認証されている場合、Test-CsWebApp は Lync Server に接続して、インスタントメッセージング、アプリケーション共有、およびデータコラボレーションのための個別の会議を確立しようとします。If the tickets can be retrieved, and if the users can be authenticated, Test-CsWebApp will then contact Lync Server and attempt to establish separate conferences for instant messaging, application sharing, and data collaboration.

Test-CsWebApp、これらの会議の作成に使用された Api と接続を確認するだけであることに注意してください。Note that Test-CsWebApp just verifies the APIs and connections used to create these conferences. コマンドレットは、Lync Web App を使用して会議の作成と参加を行うことができることを確認するように設計されています。The cmdlet is designed to verify that Lync Web App could be used to create and join conferences. ただし、実際には会議を作成して実施することはありません。However,, it does not actually create and conduct a conference.

テストの実行Running the test

Test-CsWebApp コマンドレットは、構成済みのテストアカウントのペア、または Lync Server が有効になっている2人のユーザーのアカウントのいずれかを使用して実行できます。The Test-CsWebApp cmdlet can be run using either a pair of preconfigured test accounts or the accounts of any two users who are enabled for Lync Server. このチェックをテストアカウントを使用して実行するには、テストする Lync Server プールの完全修飾ドメイン名を指定するだけで済みます。To run this check using test accounts, you just have to specify the fully qualified domain name of the Lync Server pool being tested. 以下に例を示します。For example:

Test-CsWebApp -TargetFqdn "atl-cs-001.litwareinc.com"

実際のユーザーアカウントを使用してこのチェックを実行するには、2つの Windows PowerShell credentials オブジェクト (アカウント名とパスワードを含むオブジェクト) を各アカウントに作成する必要があります。To run this check using actual user accounts, you must create two Windows PowerShell credentials objects (objects that contain the account name and password) for each account. 次に、Test-CsWebApp を呼び出すときに、これらの資格情報オブジェクトと2つのアカウントの SIP アドレスを含める必要があります。You must then include those credentials objects and the SIP addresses of the two accounts when you call Test-CsWebApp:

$cred1 = Get-Credential "litwareinc\kenmyer"
$cred2 = Get-Credential "litwareinc\pilar"

Test-CsWebApp -TargetFqdn atl-cs-001.litwareinc.com -UserSipAddress "sip:kenmyer@litwareinc.com" -UserCredential $cred1 -User2SipAddress "sip:pilar@litwareinc.com" -User2Credential $cred2

詳細については、 Test-CsWebApp コマンドレットのヘルプトピックを参照してください。For more information, see the help topic for the Test-CsWebApp cmdlet. Test-CsWebApp は、Lync Server 2013 で使用するために廃止されたことに注意してください。Note that Test-CsWebApp was deprecated for use on Lync Server 2013.

成功または失敗を判断するDetermining success or failure

Test-CsWebApp がユーザーを会議に参加させると、コマンドレットはテスト結果の成功を返します。If Test-CsWebApp can join the users to their conferences, the cmdlet will return the test result Success:

ターゲット Fqdn:Target Fqdn :

結果: 成功Result : Success

待機時間: 00:00:00Latency : 00:00:00

エラーメッセージ:Error Message :

分析Diagnosis :

ユーザーが必要な電話会議に参加できない場合は、テスト結果が [失敗] としてマークされます。If the users cannot join the necessary conferences then the test result will be marked as Failure. 通常 Test-CsWebApp は、詳細なエラーメッセージと診断にも報告します。Typically Test-CsWebApp will also report back a detailed error message and diagnosis:

ターゲット Fqdn: atl-cs-001.litwareinc.comTarget Fqdn : atl-cs-001.litwareinc.com

結果: エラーResult : Failure

待機時間: 00:00:00Latency : 00:00:00

エラーメッセージ: Web-Ticket サービスの応答が受信されませんでしたError Message : No response received for Web-Ticket service

診断: HTTP 要求はクライアントによって承認されていませんDiagnosis : The HTTP request is unauthorized with client

認証スキーム ' Ntlm '。authentication scheme 'Ntlm'. 認証The authentication

サーバーから送信されたヘッダーは ' Negotiate, NTLM ' でした。header received from the server was 'Negotiate,NTLM'.

テストが失敗した理由Reasons why the test might have failed

通常、Test-CsWebApp エラーには、ユーザー認証エラーが含まれます。Test-CsWebApp failures typically involve user authentication errors. Test-CsWebApp が失敗した場合は、まず、指定されたユーザーが有効なユーザーアカウントを持っていて、Lync Server が有効になっていることを確認する必要があります。If Test-CsWebApp fails, you should first verify that the specified users have valid user accounts and are enabled for Lync Server. 次のようなコマンドを使用して、アカウント情報を取得できます。You can retrieve account information by using a command similar to this:

Get-CsUser -Identity "sip:kenmyer@litwareinc.com" | Select-Object Enabled

Enabled プロパティが True と一致しない場合、またはコマンドが失敗した場合は、ユーザーが有効な Lync Server アカウントを持っていないことを意味します。また、コマンドレットに指定したパスワードが有効であることも確認する必要があります。If the Enabled property is not equal to True or if the command fails, that means that the user does not have a valid Lync Server account.You should also verify that the passwords that you supplied to the cmdlet are valid.