Lync Server 2013 でのアプリケーション共有のテストTesting application sharing in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2014-11-01Topic Last Modified: 2014-11-01

検証スケジュールVerification schedule

毎日Daily

テストツールTesting tool

Windows PowerShellWindows PowerShell

必要なアクセス許可Permissions required

Lync Server 管理シェルを使用してローカルに実行する場合、ユーザーは RTCUniversalServerAdmins セキュリティグループのメンバーである必要があります。When run locally using the Lync Server Management Shell, users must be members of the RTCUniversalServerAdmins security group.

Windows PowerShell のリモートインスタンスを使用して実行する場合、ユーザーには Test-CsASConference コマンドレットを実行するためのアクセス許可を持つ RBAC の役割が割り当てられている必要があります。When run using a remote instance of Windows PowerShell, users must be assigned an RBAC role that has permission to run the Test-CsASConference cmdlet. このコマンドレットを使用できるすべての RBAC の役割の一覧を表示するには、Windows PowerShell プロンプトから次のコマンドを実行します。To see a list of all RBAC roles that can use this cmdlet, run the following command from the Windows PowerShell prompt:

Get-CsAdminRole | Where-Object {$_.Cmdlets -match "Test-CsASConference"}

説明Description

Test-CsASConferenceコマンドレットは、テストユーザーのペアがアプリケーション共有を含むオンライン会議に参加できることを確認します。The Test-CsASConference cmdlet verifies that a pair of test users can participate in an online conference that includes application sharing. これを行うために、コマンドレットは2人のユーザーを Lync Server 2013 に登録し、ユーザーアカウントの1人を使用して、アプリケーション共有を含む新しい会議を作成します。To do this, the cmdlet registers the two users with Lync Server 2013, and then it uses one of the user accounts to create a new conference that includes applications sharing. その後、もう 1 人のユーザーが電話会議に参加できるかどうかを確認します。The cmdlet then verifies that the second user is able to join that conference.

テストの実行Running the test

例 1 に示すコマンドは、atl-cs-001.litwareinc.com というプールでアプリケーション共有電話会議を実施できるかどうかを確認します。ここでは、指定するプールに対して 1 組のテスト ユーザーが構成済みであることを前提としています。テスト ユーザーが構成されていない場合、コマンドの実行は失敗します。The command shown in Example 1 verifies that an Application Sharing conference can be conducted on the pool atl-cs-001.litwareinc.com. This command assumes that you have configured a pair of test users for the specified pool. If no such test users exist, the command will fail.

Test-CsASConference -TargetFqdn "atl-cs-001.litwareinc.com"

例 2 では、atl-cs-001.litwareinc.com というプールでのアプリケーション共有電話会議に Join Launcher サービスが参加できるかどうかをテストします。このコマンドはサービスのみをテストします。このコマンドを実行するためにモバイル デバイスは必要ありません。Example 2 tests the ability of the Join Launcher service to participate in an Application Sharing conference on the pool atl-cs-001.litwareinc.com. Note that this command tests only the service itself; you do not need any mobile devices in order to run the command.

Test-CsASConference -TargetFqdn "atl-cs-001.litwareinc.com" -TestJoinLauncher 

例2のコマンドは、ユーザーのペア (litwareinc \ pilar と litwareinc \ kenmyer) が Lync Server 2013 にログオンして、アプリケーション共有会議を開始できるかどうかをテストします。The commands shown in Example 2 test the ability of a pair of users (litwareinc\pilar and litwareinc\kenmyer) to log on to Lync Server 2013 and then conduct an Application Sharing conference. これを行うには、この例の最初のコマンドは Get-Credential コマンドレットを使用して、user Pilar Ackerman の名前とパスワードを含む Windows PowerShell コマンドラインインターフェイス資格情報オブジェクトを作成します。To do this, the first command in the example uses the Get-Credential cmdlet to create a Windows PowerShell command-line interface credential object containing the name and password of the user Pilar Ackerman. (ログオン名 litwareinc \ pilar がパラメーターとして含まれているため、[Windows PowerShell 資格情報の要求] ダイアログボックスでは、管理者のみが Pilar Ackerman アカウントのパスワードを入力する必要があります)。その後、結果として得られる資格情報オブジェクトは $cred 1 という名前の変数に格納されます。(Because the logon name, litwareinc\pilar, has been included as a parameter, the Windows PowerShell Credential Request dialog box only requires the administrator to enter the password for the Pilar Ackerman account.) The resulting credential object is then stored in a variable named $cred1. 2番目のコマンドは同じことを行いますが、今度は Ken Myer アカウントの credential オブジェクトを返します。The second command does the same thing, this time returning a credential object for the Ken Myer account.

資格情報オブジェクトが手元にある場合、3番目のコマンドは、これら2人のユーザーが Lync Server 2013 にログオンして、アプリケーション共有会議を実行できるかどうかを判断します。With the credential objects in hand, the third command determines whether or not these two users can log on to Lync Server 2013 and conduct an Application Sharing conference. このタスクを実行するために、次のパラメーターと共に、 Test-CsASConference コマンドレットが呼び出されます。 targetfqdn (レジストラープールの FQDN)。SenderSipAddress (最初のテストユーザーの SIP アドレス)。SenderCredential (この同じユーザーの資格情報を含む Windows PowerShell オブジェクト)。ReceiverSipAddress (他のテストユーザーの SIP アドレス)。と ReceiverCredential (他のテストユーザーの資格情報を格納している Windows PowerShell オブジェクト)。To carry out this task, the Test-CsASConference cmdlet is called, along with the following parameters: TargetFqdn (the FQDN of the Registrar pool); SenderSipAddress (the SIP address for the first test user); SenderCredential (the Windows PowerShell object containing the credentials for this same user); ReceiverSipAddress (the SIP address for the other test user); and ReceiverCredential (the Windows PowerShell object containing the credentials for the other test user).

$cred1 = Get-Credential "litwareinc\pilar" 
$cred2 = Get-Credential "litwareinc\kenmyer" 
Test-CsASConference -TargetFqdn atl-cs-001.litwareinc.com -SenderSipAddress "sip:pilar@litwareinc.com" -SenderCredential $cred1 -ReceiverSipAddress "sip:kenmyer@litwareinc.com" -ReceiverCredential $cred2

成功または失敗を判断するDetermining success or failure

アプリケーション共有が正しく構成されている場合は、次のような出力が得られ、Result プロパティは Success としてマークされ ます。If application sharing is correctly configured, you'll receive output similar to this, with the Result property marked as Success:

ターゲット Fqdn: atl-cs-001.litwareinc.comTarget Fqdn : atl-cs-001.litwareinc.com

結果: 成功Result : Success

待機時間: 00:00:01Latency : 00:00:01

エラーメッセージ:Error Message :

分析Diagnosis :

指定したユーザーがアプリケーションを共有できない場合、結果は失敗として表示され、追加情報が Error および診断プロパティに記録されます。If the specified users can't share applications, the Result will be shown as Failure, and additional information will be recorded in the Error and Diagnosis properties:

ターゲット Fqdn: atl-cs-001.litwareinc.comTarget Fqdn : atl-cs-001.litwareinc.com

結果: エラーResult : Failure

待機時間: 00:00:00Latency : 00:00:00

エラーメッセージ: 10060。接続しているパーティが原因で接続に失敗しました。Error Message : 10060, A connection attempt failed because the connected party

一定期間後に正しく応答しなかったか、またはdid not properly respond after a period of time, or

接続されたホストの接続に失敗しました。established connection failed because connected host has

10.188.116.96: 5061 に応答できませんでしたfailed to respond 10.188.116.96:5061

内部例外: 接続の試行が失敗しました。Inner Exception:A connection attempt failed because the

接続されたパーティは、一定期間の後に正しく応答しませんでしたconnected party did not properly respond after a period of

接続されているホストが原因で、接続に失敗しました。time, or established connection failed because connected host

10.188.116.96: 5061 に応答できませんでしたhas failed to respond 10.188.116.96:5061

分析Diagnosis :

たとえば、前述の出力には、通常、エッジサーバーに問題があることを示す「接続されたパーティは正しく応答しませんでした」というメモが含まれています。For example, the previous output includes the note “the connected party did not properly respond” That typically indicates a problem with the Edge Server.

テストが失敗した理由Reasons why the test might have failed

次に 、Test-CsASConference が失敗する主な理由を示します。Here are some common reasons why Test-CsASConference might fail:

  • 指定されたパラメーター値が正しくありません。An incorrect parameter value was supplied. 省略可能なパラメーターが使用されている場合、オプションのパラメーターが正しく構成されている必要があります。テストは失敗します。If used, the optional parameters must be configured correctly or the test will fail. オプションのパラメーターを指定せずにコマンドを再実行し、それが成功するかどうかを確認します。Rerun the command without the optional parameters and see whether that succeeds.

  • テストユーザーにアプリケーション共有の使用を禁止する電話会議ポリシーが割り当てられている場合、このコマンドは失敗します。This command will fail if the test users were assigned a conferencing policy that prevents them from using application sharing.

  • エッジサーバーの構成が正しくないか、まだ展開されていない場合、このコマンドは失敗します。This command will fail if the Edge Server is misconfigured or not yet deployed.