Lync Server 2013 でユーザープレゼンスの発行とサブスクライブをテストするTesting user presence publishing and subscribing in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2014-06-05Topic Last Modified: 2014-06-05

検証スケジュールVerification schedule

毎日Daily

テストツールTesting tool

Windows PowerShellWindows PowerShell

必要なアクセス許可Permissions required

Lync Server 管理シェルを使用してローカルに実行する場合、ユーザーは RTCUniversalServerAdmins セキュリティグループのメンバーである必要があります。When run locally using the Lync Server Management Shell, users must be members of the RTCUniversalServerAdmins security group.

Windows PowerShell のリモートインスタンスを使用して実行する場合、ユーザーには Test-CsPresence コマンドレットを実行するためのアクセス許可を持つ RBAC の役割が割り当てられている必要があります。When run using a remote instance of Windows PowerShell, users must be assigned an RBAC role that has permission to run the Test-CsPresence cmdlet. このコマンドレットを使用できるすべての RBAC の役割の一覧を表示するには、Windows PowerShell プロンプトから次のコマンドを実行します。To see a list of all RBAC roles that can use this cmdlet, run the following command from the Windows PowerShell prompt:

Get-CsAdminRole | Where-Object {$_.Cmdlets -match "Test-CsPresence"}

説明Description

Test-CsPresence を使用して、テストユーザーのペアが Lync Server にログオンし、プレゼンス情報を交換できるかどうかを判断します。Test-CsPresence is used to determine whether a pair of test users can log on to Lync Server and then exchange presence information. これを行うために、コマンドレットを実行して、この 2 人のユーザーをシステムにログオンさせます。To do this, the cmdlet first logs the two users on to the system. 両方のログオンが正常に行われたら、1 番目のテスト ユーザーが、2 番目のテスト ユーザーからプレゼンス情報を受信するよう依頼します。If both logons succeed, the first test user then asks to receive presence information from the second user. 2 番目のユーザーがこの情報を公開したら、Test-CsPresence を実行して、情報が 1 番目のユーザーに正常に転送されたことを確認します。The second user publishes this information, and Test-CsPresence verifies that the information was successfully transmitted to the first user. プレゼンス情報の交換後、2つのテストユーザーが Lync Server からログオフされます。After the exchange of presence information, the two test users are then logged off from Lync Server.

テストの実行Running the test

Test-CsPresence コマンドレットを実行するには、事前に構成された一連のテストアカウントを使用します (「Lync Server テストを実行するためのテストアカウントをセットアップする」を参照してください)。または、Lync Server が有効になっている2人のユーザーのアカウント。The Test-CsPresence cmdlet can be run using either a pair of preconfigured test accounts (see Setting Up Test Accounts for Running Lync Server Tests) or the accounts of any two users who are enabled for Lync Server. このチェックをテストアカウントを使用して実行するには、テストする Lync Server プールの FQDN を指定するだけで済みます。To run this check using test accounts, you just have to specify the FQDN of the Lync Server pool being tested. 以下に例を示します。For example:

Test-CsPresence -TargetFqdn "atl-cs-001.litwareinc.com"

実際のユーザーアカウントを使用してこのチェックを実行するには、2つの Windows PowerShell credentials オブジェクト (アカウント名とパスワードを含むオブジェクト) を各アカウントに作成する必要があります。To run this check using actual user accounts, you must create two Windows PowerShell credentials objects (objects that contain the account name and password) for each account. 次に、これらの資格情報オブジェクトと、テストを呼び出すときに2つのアカウントの SIP アドレスを含める必要があります。You must then include those credentials objects and the SIP addresses of the two accounts when you call Test-CsPresence:

$credential1 = Get-Credential "litwareinc\kenmyer"
$credential2 = Get-Credential "litwareinc\davidlongmire"
Test-CsPresence -TargetFqdn "atl-cs-001.litwareinc.com" -PublisherSipAddress "sip:kenmyer@litwareinc.com" -PublisherCredential $credential1 -SubscriberSipAddress "sip:davidlongmire@litwareinc.com" -SubscriberCredential $credential2

詳細については、「 Test-CsPresence コマンドレット」のヘルプドキュメントを参照してください。For more information, see the Help documentation for the Test-CsPresence cmdlet.

成功または失敗を判断するDetermining success or failure

指定したユーザーがプレゼンス情報を交換できる場合は、次のような出力が得られます。 Result プロパティは Success としてマークされてい ます。If the specified users can exchange presence information, then you'll receive output similar to this, with the Result property marked as Success:

TargetFqdn: atl-cs-001.litwareinc.comTargetFqdn : atl-cs-001.litwareinc.com

結果: 成功Result : Success

待機時間:00:00: 06.3280315Latency : 00:00:06.3280315

エラーError :

分析Diagnosis :

2人のユーザーがプレゼンス情報を交換できない場合、結果は失敗として表示され、エラーと診断のプロパティに追加情報が記録されます。If the two users can't exchange presence information, then the Result will be shown as Failure, and additional information will be recorded in the Error and Diagnosis properties:

TargetFqdn: atl-cs-001.litwareinc.comTargetFqdn : atl-cs-001.litwareinc.com

結果: エラーResult : Failure

待機時間: 00:00:00Latency : 00:00:00

エラー: 404、見つかりませんError : 404, Not Found

診断: ErrorCode = 4005, Source = 001.litwareinc.com,Diagnosis : ErrorCode=4005,Source=atl-cs-001.litwareinc.com,

Reason = 宛先 URI が SIP に対して有効になっていないか、または使用されていませんReason=Destination URI either not enabled for SIP or does not

ない.exist.

DiagnosticHeader ()Microsoft.Rtc.Signaling.DiagnosticHeader

たとえば、次の2つのユーザーアカウントのうち少なくとも1つが無効であるためにテストが失敗したことが、上記の出力に示されています。アカウントが存在しないか、Lync Server に対して有効になっていません。For example, the previous output states that the test failed because at least one of the two user accounts is not valid: either the account does not exist or it has not been enabled for Lync Server. アカウントが存在するかどうかを確認し、次のようなコマンドを実行することによって、そのアカウントが Lync Server に対して有効になっているかどうかを確認できます。You can verify that the accounts exist, and determine whether they are enabled for Lync Server, by running a command similar to this:

"sip:kenmyer@litwareinc.com", "sip:davidlongmire@litwareinc.com" | Get-CsUser | Select-Object SipAddress, Enabled

Test-CsPresence が失敗した場合は、次のようにして、Verbose パラメーターを含むテストを再実行することをお勧めします。If Test-CsPresence fails, then you might want to rerun the test, this time including the Verbose parameter:

Test-CsPresence -TargetFqdn "atl-cs-001.litwareinc.com" -Verbose

Verbose パラメーターが含まれている場合、Test-CsPresence は、指定されたユーザーが Lync Server にログオンできるかどうかを確認したときに実行された各アクションのステップバイステップのアカウントを返します。When the Verbose parameter is included, Test-CsPresence will return a step-by-step account of each action it tried when it checked the ability of the specified user to log on to Lync Server. 以下に例を示します。For example:

不明に対する登録要求ヒットRegistration Request hit against Unknown

' Register ' アクティビティは、' 0.0345791 ' 秒で完了しました。'Register' activity completed in '0.0345791' secs.

' SelfSubscribeActivity ' アクティビティが開始されました。'SelfSubscribeActivity' activity started.

' SelfSubscribeActivity ' アクティビティは、' 0.0041174 ' 秒で完了しました。'SelfSubscribeActivity' activity completed in '0.0041174' secs.

' SubscribePresence ' アクティビティが開始されました。'SubscribePresence' activity started.

' SubscribePresence ' アクティビティは、' 0.0038764 ' 秒で完了しました。'SubscribePresence' activity completed in '0.0038764' secs.

' PublishPresence ' アクティビティが開始されました。'PublishPresence' activity started.

例外 ' プレゼンス通知が25秒以内に受信されません。 'An exception 'Presence notification is not received within 25 secs.' ワークフローのワークフローの実行についてのワークフローが発生しました。occurred ruing Workflow Microsoft.Rtc.SyntheticTransactions.Workflows.STPresenceWorkflow execution.

25秒以内にプレゼンス通知が受信されなかった場合、ネットワークの問題が原因で情報を交換できないことを示している可能性があります。The fact that the presence notification was not received within 25 seconds might indicate that network issues are preventing information from being exchanged.

テストが失敗した理由Reasons why the test might have failed

Test-CsPresence が失敗する可能性のある一般的な理由を次に示します。Here are some common reasons why Test-CsPresence might fail:

  • 正しくないユーザーアカウントが指定されています。You specified an incorrect user account. ユーザーアカウントが存在することを確認するには、次のようなコマンドを実行します。You can verify that a user account exists by running a command similar to this:

    Get-CsUser "sip:kenmyer@litwareinc.com"
    
  • ユーザーアカウントは有効ですが、アカウントは現在 Lync Server に対して有効になっていません。The user account is valid, but the account is currently not enabled for Lync Server. ユーザーアカウントが Lync Server に対して有効になっていることを確認するには、次のようなコマンドを実行します。To verify that a user account is enabled for Lync Server, run a command similar to the following:

    Get-CsUser "sip:kenmyer@litwareinc.com" | Select-Object Enabled
    

    Enabled プロパティが False に設定されている場合は、ユーザーが Lync Server に対して有効になっていないことを意味します。If the Enabled property is set to False that means that the user is currently not enabled for Lync Server.