Lync Server 2013 のトップエラーレポートTop Failures Report in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-10-01Topic Last Modified: 2012-10-01

トップ エラー レポートは、最もよく報告されているエラーに関する情報と、そのエラーの推移を示します。エラーは、次の 2 つのメトリックの組み合わせに基づいています。The Top Failures Report provides a look at the most-commonly reported failures and their trends over time. Failures are based on a combination of the following two metrics:

  • 診断 ID。SIP メッセージに添付された一意の識別子 (ms-diagnostics ヘッダーの形式)。診断 ID は、呼び出し関連のエラーのトラブルシューティングに役立つ情報を提供します。Diagnostic ID. Unique identifier (in the form of an ms-diagnostics header) that is attached to a SIP message. Diagnostic IDs provide information useful in troubleshooting call-related problems.

  • 応答コードResponse code. 応答コードは、sip 要求に応答するために SIP 通信セッションで使用されます。Response codes are used in SIP communication sessions to respond to SIP requests. たとえば、Ken Myer が Pilar Ackerman に INVITE 要求を送信するとします (つまり、Ken Myer が Pilar Ackerman を呼び出したとします)。For example, suppose Ken sends the INVITE request to Pilar Ackerman (that is, suppose Ken Myer calls Pilar Ackerman). Pilar の回答の場合、彼女の電話は応答コード 200 (OK) を送信し、Ken の電話で Pilar が応答したことを知らせます。If Pilar answers, her phone will send the response code 200 (OK), letting Ken's phone know that Pilar has answered. 上位エラーレポートには、呼び出しエラーに応答して送信された応答コードのみが含まれます。Lync Server は、呼び出しの過程で発行されたすべての応答コードを追跡しません。The Top Failures Report only includes response codes that were sent in response to a call failure; Lync Server does not keep track of all the response codes issued during the course of a call.

このレポートでは、エラーが発生したセッションの合計数だけでなく、エラーの影響を受けた合計ユーザー数に関する情報も報告されます。Information is reported not only for the total number of sessions where a failure occurred but also for the total number of users who were impacted by the failure.

トップ エラー レポートにアクセスするAccessing the Top Failures Report

トップ エラー レポートには、[監視レポート] ホーム ページからアクセスします。The Top Failures Report is accessed from the Monitoring Reports home page. 報告されたセッション指標をクリックすると、 Lync Server 2013 の [エラー分布] レポートに移動します。Clicking the Reported sessions metric will take you to the Failure Distribution Report in Lync Server 2013.

トップ エラー レポートを最大限に利用するMaking the Best Use of the Top Failures Report

トップ エラー レポートは、一度に最大 5 つの診断 ID に基づいてフィルターできるという点で他とは異なります (通常は、一度の 1 つの項目 (1 つのユーザー SIP アドレスなど) でしかフィルターできません)。複数の診断 ID に基づいてフィルターするには、[診断 ID] ボックスに各 ID をコンマで区切って入力します (コンマの後ろに空白を挿入することもできます)。次に例を示します。The Top Failures Report is unusual in one regard: it allows you to filter on as many as 5 diagnostic IDs at once. (Typically you can only filter on one item – such as one user SIP address – at a time.) To filter on multiple diagnostic IDs, simply enter each ID in the Diagnostic IDs box, separating the IDs by using commas. (If you want to, you can leave a blank space after each comma.) For example:

1011, 2412, 1033, 52116, 10081011, 2412, 1033, 52116, 1008

このように指定すると、この 5 つの診断 ID の少なくとも 1 つを報告した通話エラーのみが表示されます。Do that, and only failed calls that reported at least one of those five diagnostic IDs will be displayed.

応答コードの上にマウスを置くと、その応答コードについて説明するヒントが表示されます。たとえば、応答コード 486 の上にマウスを置くと、次のメッセージが表示されます。If you hold your mouse over a Response code you'll see a tooltip that tells you what the Response code in question means. For example, if you hold the mouse over the Response code 486 you'll see this message:

話し中Busy Here.

フィルターFilters

フィルターは、必要なデータのみに絞り込んだデータ セットを取得したり、取得したデータを別の方法で表示したりする方法として利用できます。たとえば、トップ エラー レポートを使用すると、取得したデータに動作状況の種類 (ピアツーピア セッションまたは電話会議セッション) などに基づいてフィルターを適用できます。また、エラーが発生したセッションに付属する SIP 応答コードによってフィルターを適用することもできます。データをグループ化する方法を選択することもできます。この場合、使用状況は、時間単位、日単位、週単位、または月単位でグループ化されます。Filters provide a way for you to return a more finely-targeted set of data or to view the returned data in different ways. For example, the Top Failures Report enables you to filter the returned data based on such things as the activity type (peer-to-peer session or conferencing session) or by the SIP response code that accompanied the failed session. You can also choose how data should be grouped. In this case, usages are grouped by hour, day, week, or month.

次の表に、トップ エラー レポートで使用できるフィルターを示します。The following table lists the filters that you can use with the Top Failures Report.

トップ エラー レポートのフィルターTop Failures Report Filters

名前Name 説明Description

FromFrom

時間範囲の開始日と開始時刻。データを時間単位で表示するには、次のように開始日と開始時刻の両方を入力します。Start date/time for the time range. To view data by hours, enter both the start date and time as follows:

7/7/2012 1:00 PM7/7/2012 1:00 PM

開始時刻を入力しないと、レポートは自動的に指定日の午前 12:00 に開始します。データを日単位で表示するには、次のように日付のみを入力します。If you do not enter a start time, the report automatically begins at 12:00 AM on the specified day. To view data by day, enter just the date:

7/7/20127/7/2012

週単位または月単位で表示するには、表示する週または月の任意の日付を入力します (その週または月の最初の日である必要はありません)。To view by week or by month, enter a date that falls anywhere within the week or month that you want to view (you do not have to enter the first day of the week or month):

7/3/20127/3/2012

週は、常に日曜日から土曜日までです。Weeks always run from Sunday through Saturday.

ToTo

時間範囲の終了日と終了時刻。データを時間単位で表示するには、次のように終了日と終了時刻の両方を入力します。End date/time for the time range. To view data by hours, enter both the end date and time as follows:

7/7/2012 1:00 PM7/7/2012 1:00 PM

終了時刻を入力しないと、レポートは自動的に指定日の午前 12:00 に終了します。データを日単位で表示するには、次のように日付のみを入力します。If you do not enter an end time, the report automatically ends at 12:00 AM on the specified day. To view data by day, enter just the date:

7/7/20127/7/2012

週単位または月単位で表示するには、表示する週または月の任意の日付を入力します (その週または月の最初の日である必要はありません)。To view by week or by month, enter a date that falls anywhere within the week or month that you want to view (you do not have to enter the first day of the week or month):

7/3/20127/3/2012

一週間は、日曜日から始まり、土曜日で終わるものとします。Weeks always run from Sunday through Saturday.

アクティビティの種類Activity type

動作状況の種類。次のいずれかを選択します。Type of activity. Select one of the following:

  • [All][All]

  • ピアツーピアPeer-to-peer

  • 会議Conference

モダリティModality

この場合、唯一使用できるオプションは [すべて] です。At this time the only option available is [All].

PoolPool

レジストラー プールまたはエッジ サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN)。個別のプールを選択するか、[すべて] をクリックしてすべてのプールのデータを表示できます。このドロップダウン リストは、データベース内のレコードに基づいて自動的に設定されます。Fully qualified domain name (FQDN) of the Registrar pool or Edge Server. You can either select an individual pool or click [All] to view data for all the pools. This drop-down list is automatically populated for you based on the records in the database.

カテゴリCategory

発生したエラーの種類。次のどちらかを選択します。Type of failure experienced. Select one of the following:

  • [予期されたエラーと予期しないエラーの両方]Both expected and unexpected failure

  • [予期しないエラー]Unexpected failure

"予期されるエラーは、発生 " が予想されるエラーです。An "expected failure" is a failure that is expected to happen. たとえば、ユーザーが応答不可のステータスを設定した場合、そのユーザーへの呼び出しはエラーとなることが予期されます。For example, if a user has set his or her status to Do Not Disturb you would expect any call to that user to fail. "予期しないエラーと " は、正常なシステムとして表示されるエラーです。An "unexpected failure" is a failure that occurs in what would appear to be an otherwise healthy system. たとえば、発信者が保留にされたときに、通話が終了してはなりません。For example, a call should not be terminated if the caller is placed on hold. そのような状態が発生する場合は、予期しないエラーとしてフラグが設定されます。If that occurs, that would be flagged as an unexpected failure.

[応答コード]Response code

会議が失敗したときに送信された SIP 応答コードです。次の例のように、応答コード全体を入力します。SIP response code sent when the conference failed. Enter the entire response code For example:

400400

[診断 ID]Diagnostic ID

SIP メッセージに添付される一意の識別子 (ms-diagnostics ヘッダー形式)。その情報は、多くの場合、エラーのトラブルシューティングに役立ちます。診断ヘッダーはオプションで (このヘッダーを含まない SIP セッションがある可能性もあります)、診断 ID は、何らかの問題が生じたセッションについてのみ報告されます。Unique identifier (in the form of an ms-diagnostics header) attached to a SIP message that often provides information useful in troubleshooting errors. Diagnostics headers are optional (it is possible to have SIP sessions that do not include these headers), and diagnostic IDs are reported only for sessions that experienced problems of some kind.

指標Metrics

次の表に、トップ エラー レポートで提供される情報を示します。The following table lists the information provided in the Top Failures Report.

トップ エラー レポートの指標Top Failures Report Metrics

名前Name この項目での並べ替えCan you sort on this item? 説明Description

RankRank

必要Yes

報告されたセッションの数に基づく相対的なランク。Relative rank based on the number of reported sessions.

[報告されたセッション]Reported sessions

必要Yes

診断 ID と SIP 応答コードに基づく、失敗したセッションの総数。Total number of failed sessions based on diagnostic ID and SIP response code.

[影響を受けたユーザー]Users impacted

必要Yes

失敗したセッションの影響を受けたユーザーの総数。Total number of users affected by the failed session.

[エラー情報]Failure information

いいえNo

診断 ID、SIP 応答コード、セッションの失敗理由など、失敗の詳細情報。Detailed information about the failure, including diagnostic ID, SIP response code, and description of why the session failed.

[過去の傾向]Trend in the past

いいえNo

失敗したセッションの推移をグラフで示します。Graphs failed sessions over time.