Lync Server 2013 で Config.xml を使用してインストールタスクを実行するUsing Config.xml to perform installation tasks in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-10-02Topic Last Modified: 2012-10-02

Office カスタマイズ ツール (OCT) はカスタマイズ インストール向けの主要ツールですが、管理者は OCT では使用できない追加のインストール手順を Config.xml ファイルによって指定できます。以下のカスタマイズは、Config.xml ファイルを使用しないと実行できません。Although the Office Customization Tool (OCT) is the primary tool for customization installation, administrators can use the Config.xml file to specify additional installation instructions that are not available in the OCT. The following customizations can only be made by using the Config.xml file:

  • ネットワーク インストール ポイントのパスを指定する。Specify the path of the network installation point.

  • インストールする製品を選択する。Select the products to install.

  • ログ記録や、セットアップ カスタマイズ ファイルおよびソフトウェア更新プログラムの場所を構成する。Configure logging and the location of the Setup customization file and software updates.

  • インストール オプション (ユーザー名など) を指定する。Specify installation options, such as user name.

  • Office をインストールせずにローカル インストール ソース (LIS) をユーザーのコンピューターにコピーする。Copy the local installation source (LIS) to the user's computer without installing Office.

  • インストールに対して言語の追加または削除を行う。Add or remove languages from the installation.

Config.xml ファイルを使用して Lync 2013 サイレントインストールを構成することをお勧めします。We recommend that you use the Config.xml file to configure Lync 2013 silent installation.

既定では、コア製品フォルダー (たとえば、product) に格納されている Config.xml ファイル。 \WW) セットアップに、その製品をインストールするように指示します。By default, the Config.xml file that is stored in the core product folder (for example, \product.WW) directs Setup to install that product. たとえば、次のフォルダーの Config.xml ファイルは Lync 2013 をインストールします。For example, the Config.xml file in the following folder installs Lync 2013:

  • \\サーバー \ 共有 \ Lync15 \ Lync \Config.xml\\server\share\Lync15\Lync.WW \Config.xml

Lync 2013 インストールでよく使用される Config.xml 要素を次の表に示します。The Config.xml elements most commonly used for Lync 2013 installation are listed in the following table.

Config.xml の要素Config.xml elements

要素Element 説明Description

ConfigurationConfiguration

最上位の要素 (必須)。製品属性が含まれます。例: Product=LyncTop-level element (required). Contains the Product attribute, for example: Product=Lync

OptionStateOptionState

インストール中、特定の製品の機能が処理される方法を指定します。Specifies how specific product features are handled during installation. 次の属性を使用して、Outlook 2010 に影響を与える共有コンポーネントを含む Business Connectivity Services のインストールを禁止します。Use the following attributes to prevent installation of Business Connectivity Services, which includes shared components that interfere with Outlook 2010:

  • Id = " lobimain"Id="LOBiMain"

  • 状態 = " 存在しない"State="Absent"

  • Children = " Force"Children="Force"

ディスプレイDisplay

セットアップがユーザーに表示する UI のレベル。一般的には次の属性があります。The level of UI that Setup displays to the user. Typical attributes include the following:

  • 完了通知 = " はい " | " No " (既定値)CompletionNotice="Yes" | "No"(default)

  • AcceptEula = " はい " | " No " (既定値)AcceptEula="Yes" | "No"(default)

ログ記録Logging

セットアップが実行するログ記録の種類のオプション。一般的には次の属性があります。Options for the kind of logging that Setup performs. Typical attributes include the following:

  • Type = " Off " | " Standard " (既定値) | "詳しい"Type ="Off" | "Standard"(default) | "Verbose"

  • Template=”filename.txt” (ログファイルの名前)Template=”filename.txt” (the name of the log file)

設定Setting

Windows インストーラーのプロパティの値を指定します。一般的には次の属性があります。Specifies values for Windows Installer properties. Typical attributes include the following:

  • Setting Id = " name " (Windows Installer プロパティの名前)Setting Id="name" (the name of the Windows Installer property)

  • 値 = " value " (プロパティに割り当てる値)Value="value" (the value to assign to the property)

DistributionPointDistributionPoint

インストールを実行するネットワーク インストール ポイントの完全修飾パスThe fully qualified path of the network installation point from which the installation is to run. Includes the Location attribute:

  • Location = "path"Location=”path”

次の例は、Lync 2013 の一般的なサイレントインストールの Config.xml ファイルを示しています。The following example shows a Config.xml file for a typical silent installation of Lync 2013.

<Configuration Product="Lync">
  <OptionState Id="LOBiMain" State="Absent" Children="Force" />
  <Display Level="None" CompletionNotice="No" AcceptEula="Yes" />
  <Logging Type="verbose" Path="%temp%" Template="LyncSetupVerbose(*).log" />
  <Setting Id="SETUP_REBOOT" Value="Never" />
  <DistributionPoint Location="\\server\share\Lync15" />
</Configuration>

Config.xml ファイルを使用した Office のインストールおよびメンテナンスタスクの実行の詳細については、を参照 https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=267514 してください。Detailed information about using the Config.xml file to perform Office installation and maintenance tasks is available at https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=267514.

Config.xml ファイルをカスタマイズするにはTo customize the Config.xml file

  1. Notepad などのテキスト エディター ツールで Config.xml ファイルを開きます。Open the Config.xml file by using a text editor tool, such as Notepad.

  2. 変更する要素を含む行に移動します。Locate the lines that contain the elements you want to change.

  3. 使用するサイレント オプションで要素のエントリを変更します。Modify the element entry with the silent options that you want to use. コメントの区切り文字 "" が削除されていることを確認してください <!--" and "--> 。Make sure that you remove the comment delimiters, "<!--" and "-->". たとえば、次の構文を使用します。For example, use the following syntax:

    < DistributionPoint Location="\\server\share\Lync15" />
    
  4. Config.xml ファイルを保存します。Save the Config.xml file.