勧め会議ディレクトリを作成する(Recommended) Create Conference Directories

 

トピックの最終更新日: 2014-10-03Topic Last Modified: 2014-10-03

会議ディレクトリは、Lync 2013 を使用するときに参加者が会議への参加に使用する英数字のミーティング ID と、ダイヤルイン会議の参加者が会議に参加するために使用する数字のみの会議 id のマッピングを維持します。Conference directories maintain a mapping between the alphanumeric meeting ID that a participant uses to join a conference when using Lync 2013, and the numeric-only conference ID that a dial-in conferencing participant uses to join the conference. 電話会議 ID の形式は次のとおりです。The format of the conference ID is as follows:

<housekeeping digit (1 digit)><conference directory (usually 1-2 digits)><conference number (variable number of digits><check digit (1 digit)>

複数の会議ディレクトリを作成すると、作成する会議の数がよほど多くならない限り電話会議 ID を短く保つことができます。Creating multiple conference directories will ensure that conference IDs will stay short until a significant amount of conferences have been created. ユーザーあたりの電話会議の数が一般的な組織の場合、プール内の 999 ユーザーごとに 1 つの会議ディレクトリを作成することをお勧めします。In an organization with a typical number of conferences per user, we recommend that you create one conference directory for every 999 users in the pool. このガイドラインを使用すると、一般に電話会議 ID が短く保たれます。Using this guideline the conference IDs can generally be kept small. ただし、(プール間の) 電話会議ディレクトリの数が9を超えると、追加の会議をサポートするために会議 ID の長さが拡張されます。However, once the number of conference directories (across the pools) exceed 9, the Conference ID length will grow to support additional conferences.

会議ディレクトリの作成Creating a conference directory

  1. Lync Server 管理シェルで、次のコマンドレットを入力します。In Lync Server Management Shell, type the following cmdlet:

    New-CsConferenceDirectory -Identity <XdsGlobalRelativeIdentity> -HomePool <String> [-Confirm [<SwitchParameter>]] [-Force <SwitchParameter>] [-WhatIf [<SwitchParameter>]]
    

    たとえば、次の例では、id が42の会議ディレクトリを作成します。これは、プール atl-cs-001.litwareinc.com でホストされます。For example, the following creates a conference directory with the identity 42, hosted on the pool atl-cs-001.litwareinc.com:

    New-CsConferenceDirectory -Identity 42 -HomePool "atl-cs-001.litwareinc.com"