デバイス グループの作成Create device groups

適用対象Applies to

  • Windows 10Windows 10
  • Windows Holographic バージョン2004以降Windows Holographic, version 2004 or later

注意

HoloLens 2 デバイスでは、Windows 自動操縦の自己展開モードが必要です。HoloLens 2 devices require Windows Autopilot self-deploying mode. Windows 自動操縦を使用して HoloLens 2 デバイスを展開する方法の詳細については、「 hololens 2 の Windows 自動操縦」を参照してください。For more information about using Windows Autopilot to deploy HoloLens 2 devices, see Windows Autopilot for HoloLens 2.

Intune を使用して自動操縦用デバイスグループを作成するCreate an Autopilot device group using Intune

  1. Microsoft Endpoint Manager admin center で、 [グループ] > [新しいグループ] を選択します。In the Microsoft Endpoint Manager admin center, select Groups > New group.

  2. [ 新しいグループ] で、次のプロパティを構成します。In New Group, configure the following properties:

    • [グループの種類] : [セキュリティ] を選択します。Group type: Select Security.

    • グループ名グループの説明: グループの名前と説明を入力します。Group name and Group description: Enter a name and description for your group.

    • Azure AD のロールをグループに割り当てることができます (プレビュー): [はい] に設定すると、作成しているグループに Azure AD ロールを割り当てることができます。Azure AD roles can be assigned to the group (Preview): Yes allows Azure AD roles to be assigned to the group you're creating. 一度設定すると、グループは完全に Azure AD ロールに割り当てられるようになります。Once set, the group is permanently and always allowed to be assigned Azure AD roles. [ いいえ] に設定すると、Azure AD ロールはこのグループに割り当てられません。When set to No, Azure AD roles aren't assigned to the this group.

      詳細については、「 Azure AD でクラウドグループを使用してロールの割り当てを管理する」を参照してください。For more information, see Use cloud groups to manage role assignments in Azure AD.

    • [メンバーシップの種類]: デバイスをこのグループのメンバーにする方法を選択します。Membership type: Choose how devices become members of this group. [ 割り当て済み]、[ 動的ユーザー]、または [ 動的デバイス] を選択します。Select Assigned, Dynamic user, or Dynamic Device. 詳細については、「ユーザーとデバイスを整理するためのグループを追加する」を参照してください。For more information, see Add groups to organize users and devices.

    • [所有者]: グループを所有するユーザーを選択します。Owners: Select users that own the group. 所有者はこのグループを削除することもできます。Owners can also delete this group.

    • メンバー: このグループに属する自動操縦装置を選択します。Members: Select Autopilot devices that belong to this group. 登録されていない自動操縦デバイスは、デバイス名のシリアル番号を表示します。Autopilot devices that aren't enrolled show the serial number for the device name.

    • 動的なデバイスメンバー: [動的クエリ の追加] [ > 式の追加] を選択します。Dynamic device members: Select Add dynamic query > Add expression.

      自動操縦用デバイスの属性を使用してルールを作成します。Create rules using Autopilot device attributes. これらのルールを満たす自動操縦デバイスは、自動的にグループに追加されます。Autopilot devices that meet these rules are automatically added to the group. 自動操縦属性以外の属性を使用して式を作成しても、グループに含まれるデバイスが自動操縦に登録されることは保証されません。Creating an expression using non-autopilot attributes doesn't guarantee that devices included in the group are registered to Autopilot.

      式を作成する場合:When creating expressions:

      • すべての自動操縦用デバイスを含むグループを作成するには、「」と入力し (device.devicePhysicalIDs -any (_ -contains "[ZTDId]")) ます。To create a group that includes all of your Autopilot devices, enter: (device.devicePhysicalIDs -any (_ -contains "[ZTDId]")).
      • Intune の [グループタグ] フィールドは OrderID Azure AD デバイスの属性にマップされます。Intune's group tag field maps to the OrderID attribute on Azure AD devices. 特定のグループタグ (Azure AD デバイス) を持つすべての自動操縦デバイスを含むグループを作成するには OrderID 、「」と入力し (device.devicePhysicalIds -any (_ -eq "[OrderID]:179887111881")) ます。To create a group that includes all Autopilot devices with a specific group tag (the Azure AD device OrderID), enter: (device.devicePhysicalIds -any (_ -eq "[OrderID]:179887111881")).
      • 特定の注文書 ID を持つすべての自動操縦用デバイスを含むグループを作成するには、次のように入力します。 (device.devicePhysicalIds -any (_ -eq "[PurchaseOrderId]:76222342342"))To create a group that includes all your Autopilot devices with a specific Purchase Order ID, enter: (device.devicePhysicalIds -any (_ -eq "[PurchaseOrderId]:76222342342"))

      式を 保存 します。Save your expressions.

  3. [作成] を選択しますSelect Create.

オートパイロット デバイス属性の編集Edit Autopilot device attributes

オートパイロット デバイスをアップロードしたら、デバイスの特定の属性を編集できます。After you've uploaded an Autopilot device, you can edit certain attributes of the device.

  1. Microsoft Endpoint Manager 管理センターで、[デバイス] [windows] [windows > > 登録 > デバイス] ([windows 自動操縦の展開プログラム] の下) を選択します。In the Microsoft Endpoint Manager admin center, select Devices > Windows > Windows enrollment > Devices (under Windows Autopilot Deployment Program.
  2. 編集するデバイスを選択します。Select the device you want to edit.
  3. 画面の右側のウィンドウで、次のように編集できます。In the pane on the right of the screen, you can edit:
    • デバイス名。Device name.
    • グループタグ。Group tag.
    • ユーザーフレンドリ名 (ユーザーが割り当てられている場合)。User Friendly Name (if you've assigned a user).
  4. [保存] を選択します。Select Save.

注意

デバイス名はすべてのデバイスに対して構成できますが、Hybrid Azure AD 参加済みデプロイでは無視されます。Device names can be configured for all devices, but are ignored in Hybrid Azure AD joined deployments. デバイス名は、Hybrid Azure AD デバイスのドメイン参加プロファイルから引き続き取得されます。Device name still comes from the domain join profile for Hybrid Azure AD devices.

Windows Autopilot の未割り当てデバイスのアラートAlerts for Windows Autopilot unassigned devices

アラートには、Autopilot Deployment プロファイルを備えていない Autopilot プログラム デバイスの数が示されます。Alerts will show how many Autopilot program devices don't have Autopilot deployment profiles. アラート内の情報を利用してプロファイルを作成し、未割り当てデバイスに割り当てます。Use the information in the alert to create profiles and assign them to the unassigned devices. アラートをクリックすると、Windows Autopilot デバイスの完全な一覧とそれらに関する詳細が表示されます。When you click the alert, you see a full list of Windows Autopilot devices and detailed information about them.

割り当てられていないデバイスのアラートを表示するには、Microsoft Endpoint Manager admin center で、 [デバイス] > [概要] > [登録のアラート] > [割り当てられていないデバイス] を選択します。To see alerts for unassigned devices, in the Microsoft Endpoint Manager admin center, choose Devices > Overview > Enrollment alerts > Unassigned devices.

Autopilot 展開レポートAutopilot deployments report

Windows Autopilot によって展開された各デバイスについての詳細を見ることができます。You can see details on each device deployed through Windows Autopilot. レポートを表示するには、Microsoft Endpoint Manager admin center にアクセスし、 [デバイス] > [監視] > [Autopilot Deployment] を選択します。To see the report, go to the Microsoft Endpoint Manager admin center, choose Devices > Monitor > Autopilot deployments. データは、展開後 30 日間使用できます。The data is available for 30 days after deployment.

このレポートはプレビュー段階です。This report is in preview. 現時点では、デバイス展開のレコードは、新しい Intune 登録イベントによってのみトリガーされます。Device deployment records are currently triggered only by new Intune enrollment events. 新しい Intune の登録をトリガーしない展開は、このレポートは表示されません。Deployments that don't trigger a new Intune enrollment won't appear this report. このケースには、登録を管理する任意の種類のリセットと、自動操縦準備のユーザー部分が含まれます。This case includes any kind of reset that maintains enrollment and the user portion of Autopilot pre-provisioning.

特定の Autopilot デバイスにユーザーを割り当てるAssign a user to a specific Autopilot device

ライセンスを付与された Intune ユーザーを特定の自動デバイスに割り当てることができます。You can assign a licensed Intune user to a specific Autopilot device. この割り当て:This assignment:

  • Windows セットアップ時に、 会社ブランド のサインインページの Azure Active Directory からユーザーを事前に入力します。Pre-fills a user from Azure Active Directory in the company-branded sign-in page during Windows setup.
  • カスタムの案内名を設定できます。Lets you set a custom greeting name.
  • では、Windows サインインを事前に設定または変更することはできません。Doesn't pre-fill or modify Windows sign-in.

必要条件:Azure Active Directory ポータル サイトが構成されていること。Windows 10 バージョン 1809 以降。Prerequisites: Azure Active Directory Company Portal has been configured and Windows 10, version 1809 or later.

注意

ADFS を使用している場合、特定の Autopilot デバイスにユーザーを割り当てることはできません。Assigning a user to a specific Autopilot device doesn't work if you are using ADFS.

  1. Microsoft Endpoint Manager admin center で、 [デバイス] > [Windows] > [Windows の登録] > [デバイス] ( [Windows Autopilot Deployment プログラム] の下) を選択し、デバイスを選択して [ユーザーの割り当て] を選択します。In the Microsoft Endpoint Manager admin center, choose Devices > Windows > Windows enrollment > Devices (under Windows Autopilot Deployment Program > choose the device > Assign user.

    ユーザー割り当てのスクリーンショット

  2. Intune の使用ライセンスが与えられている Azure ユーザーを選択し、 [選択] を選択します。Choose an Azure user licensed to use Intune and choose Select.

    ユーザー選択のスクリーンショット

  3. [ユーザー フレンドリ名] ボックスにわかりやすい名前を入力するか、既定値をそのまま選択します。In the User Friendly Name box, type a friendly name or just accept the default. この文字列は Windows セットアップ中、ユーザーがサインインしたときに表示されるフレンドリ名です。This string is the friendly name that displays when the user signs in during Windows setup.

    フレンドリ名のスクリーンショット

  4. [OK] を選択します。Choose Ok.

Autopilot デバイスを削除するDelete Autopilot devices

Intune に登録されていない Windows Autopilot デバイスは削除することができます。You can delete Windows Autopilot devices that aren't enrolled into Intune:

  • [デバイス] > [Windows] > [Windows の登録] > [デバイス] ( [Windows Autopilot Deployment プログラム] の下) で、Windows オートパイロットからデバイスを削除します。Delete the devices from Windows Autopilot at Devices > Windows > Windows enrollment > Devices (under Windows Autopilot Deployment Program. 削除するデバイスを選んで、 [削除] を選択します。Choose the devices you want to delete, then choose Delete. Windows Autopilot デバイスの削除は、完了までに数分かかる場合があります。Windows Autopilot device deletion can take a few minutes to complete.

テナントからデバイスを完全に削除するには、Intune デバイス、Azure Active Directory デバイス、および Windows Autopilot デバイスの各レコードを削除する必要があります。Completely removing a device from your tenant requires you to delete the Intune device, the Azure Active Directory device, and the Windows Autopilot device records. これらの削除はすべて Intune から行うことができます。These deletions can all be done from Intune:

  1. デバイスが Intune に登録されている場合、最初にそれらを Intune の [すべてのデバイス] ブレードから削除する必要があります。If the devices are enrolled in Intune, you must first delete them from the Intune All devices blade.

  2. [デバイス] > [Azure AD デバイス] で Azure Active Directory デバイスのデバイスを削除します。Delete the devices in Azure Active Directory devices at Devices > Azure AD devices.

  3. [デバイス] > [Windows] > [Windows の登録] > [デバイス] ( [Windows Autopilot Deployment プログラム] の下) で、Windows オートパイロットからデバイスを削除します。Delete the devices from Windows Autopilot at Devices > Windows > Windows enrollment > Devices (under Windows Autopilot Deployment Program >. 削除するデバイスを選んで、 [削除] を選択します。Choose the devices you want to delete, then choose Delete. Windows Autopilot デバイスの削除は、完了までに数分かかる場合があります。Windows Autopilot device deletion can take a few minutes to complete.

他のポータルでの Autopilot の使用Using Autopilot in other portals

モバイル デバイス管理に関心がない場合は、他のポータルで Autopilot を使用できます。If you aren't interested in mobile device management, you can use Autopilot in other portals. 他のポータルの使用はオプションですが、ご利用の Autopilot Deployment を管理する場合には Intune のみを使用することをお勧めします。While using other portals is an option, we recommend you only use Intune to manage your Autopilot deployments. Intune と別のポータルを使用する場合、Intune では以下の操作を行うことはできません。When you use Intune and another portal, Intune isn't able to:

  • Intune で作成されたプロファイルに対する変更を表示しますが、別のポータルで編集します。Display changes to profiles created in Intune, but edited in another portal.
  • 別のポータルで作成されたプロファイルを同期します。Synchronize profiles created in another portal.
  • 別のポータルで行われたプロファイル割り当ての変更を表示します。Display changes to profile assignments done in another portal.
  • 別のポータルで実行されたプロファイル割り当てを同期します。Synchronize profile assignments done in another portal.
  • 別のポータルで作成されたデバイスの一覧の変更を表示します。Display changes to the device list that were made in another portal.

既存のデバイス向け Windows AutopilotWindows Autopilot for existing devices

Configuration Manager で既存のデバイス向け Autopilot を使用することにより登録を行う場合は、correlator ID で Windows デバイスをグループ化することができます。You can group Windows devices by a correlator ID when enrolling using Autopilot for existing devices through Configuration Manager. correlator ID は、Autopilot 構成ファイルのパラメーターです。The correlator ID is a parameter of the Autopilot configuration file. Azure AD デバイス属性 enrollmentProfileName は等しい "OfflineAutopilotprofile-<correlator ID>" に自動的に設定されます。The Azure AD device attribute enrollmentProfileName is automatically set to equal "OfflineAutopilotprofile-<correlator ID>". そのため、Device.enrollmentprofilename 属性を使用して、任意の Azure AD 動的グループを correlator ID に基づいて作成できます。So, arbitrary Azure AD dynamic groups can be created based off correlator ID by using the enrollmentprofileName attribute.

警告

correlator ID は Intune 内にあらかじめリストされていないので、デバイスで必要な correlator ID がレポートされる場合があります。Because the correlator ID is not pre-listed in Intune, the device may report any correlator ID they want. ユーザーが Autopilot または Apple ADE プロファイル名と一致する correlator ID を作成した場合、デバイスは enrollmentProfileName 属性に基づいて任意の動的 Azure AD デバイス グループに追加されます。If the user creates a correlator ID matching an Autopilot or Apple ADE profile name, the device will be added to any dynamic Azure AD device group based off the enrollmentProfileName attribute. この競合を避けるには:To avoid this conflict:

  • 常に enrollmentProfileName 値 "全体" と照合する動的グループ ルールを作成します。Always create dynamic group rules matching against the entire enrollmentProfileName value
  • Autopilot または Apple ADE プロファイルには "OfflineAutopilotprofile-" で始まる名前を決して付けないでください。Never name Autopilot or Apple ADE profiles beginning with "OfflineAutopilotprofile-".

次のステップNext steps

登録済み Windows 10 デバイス用に Windows Autopilot を構成したら、これらのデバイスを管理する方法を学習します。After you configure Windows Autopilot for registered Windows 10 devices, learn how to manage those devices. 詳細については、「Microsoft Intune デバイスの管理とは」をご覧ください。For more information, see What is Microsoft Intune device management?