Windows 自動操縦 Self-Deploying モード (パブリックプレビュー)Windows Autopilot Self-Deploying mode (Public Preview)

適用対象Applies to

  • Windows 10Windows 10
  • Windows Holographic バージョン2004以降Windows Holographic, version 2004 or later

注意

Windows 自動操縦を使用して HoloLens 2 デバイスを展開する方法の詳細については、「 hololens 2 の Windows 自動操縦」を参照してください。For more information about using Windows Autopilot to deploy HoloLens 2 devices, see Windows Autopilot for HoloLens 2.

Windows 自動操縦用自己展開モードでは、ユーザーの操作なしでデバイスを展開できます。Windows Autopilot self-deploying mode lets you deploy a device with little to no user interaction. イーサネット接続を使用するデバイスの場合、ユーザー操作は必要ありません。For devices with an Ethernet connection, no user interaction is required. Wi-fi を使用して接続されているデバイスの場合、ユーザーは以下を実行する必要があります。For devices connected via Wi-fi, the user must only:

  • 言語、ロケール、およびキーボードを選択します。Choose the language, locale, and keyboard.
  • ネットワーク接続を確立します。Make a network connection.

自己展開モードでは、次のすべてが提供されます。Self-deploying mode provides all the following:

  • デバイスを Azure Active Directory に参加させます。Joins the device to Azure Active Directory.
  • MDM の自動登録に Azure AD を使用して Intune (または別の MDM サービス) にデバイスを登録します。Enrolls the device in Intune (or another MDM service) using Azure AD for automatic MDM enrollment.
  • すべてのポリシー、アプリケーション、証明書、およびネットワークプロファイルがデバイスにプロビジョニングされていることを確認します。Makes sure that all policies, applications, certificates, and networking profiles are provisioned on the device.
  • [登録ステータス] ページを使用して、デバイスが完全にプロビジョニングされるまでアクセスを防止します。Uses the Enrollment Status Page to prevent access until the device is fully provisioned.

注意

自己展開モードでは Active Directory Join または Hybrid Azure AD Join はサポートされません。Self-deploying mode does not support Active Directory Join or Hybrid Azure AD Join. すべてのデバイスが Azure Active Directory に参加します。All devices will be joined to Azure Active Directory.

自己展開モードでは、キオスク、デジタル看板デバイス、または共有デバイスとして Windows 10 デバイスを展開できます。Self-deploying mode lets you deploy a Windows 10 device as a kiosk, digital signage device, or a shared device. 自動操縦には、キオスクブラウザー、UWP アプリ、および特定のバージョンの Edge をサポートするキオスクモードが用意されています。Autopilot now has a kiosk mode that supports Kiosk Browser, any UWP app and specific versions of Edge.

キオスクデバイスをセットアップするときに、 キオスクブラウザー を使用できます。You can use the Kiosk Browser when setting up a kiosk device. このアプリは Microsoft Edge 上に構築されており、カスタマイズされた MDM で管理された閲覧エクスペリエンスを作成するために使用できます。This app is built on Microsoft Edge and can be used to create a tailored, MDM-managed browsing experience.

MDM ポリシーと自己 deploing モードを組み合わせることによって、デバイスの構成を完全に自動化できます。You can completely automate device configuration by combining self-deploing mode with MDM policies. MDM ポリシーを使用して、自動的にログオンするように構成されたローカルアカウントを作成します。Use the MDM policies to create a local account configured to automatically log on. 詳細については、次を参照してください。For more information, see:

必要に応じて、特定のユーザーに関連付けられていないデバイスを管理するのに役立つ、 デバイスのみのサブスクリプション サービスを使用できます。Optionally, you can use a device-only subscription service that helps manage devices that are not affiliated with specific users. Intune デバイス SKU は、デバイスごとに1か月ごとにライセンス供与されます。The Intune device SKU is licensed per device per month.

注意

現在、自己展開モードでは、ユーザーがデバイスに関連付けられていません (プロセスの一部としてユーザー ID またはパスワードが指定されていないため)。Self-deploying mode does not presently associate a user with the device (since no user ID or password is specified as part of the process). その結果、一部の Azure AD と Intune の機能 (BitLocker の回復、ポータルサイトからのアプリのインストール、条件付きアクセスなど) は、デバイスにサインインしているユーザーが使用できなくなる可能性があります。As a result, some Azure AD and Intune capabilities (such as BitLocker recovery, installation of apps from the Company Portal, or Conditional Access) may not be available to a user that signs into the device. 詳細については、「 Windows 自動操縦のシナリオと機能 」および「 自動操縦用デバイスの BitLocker 暗号化アルゴリズムの設定」を参照してください。For more information, see Windows Autopilot scenarios and capabilities and Setting the BitLocker encryption algorithm for Autopilot devices.

Windows 自動操縦用自己展開モードのユーザーエクスペリエンス

必要条件Requirements

自己展開モードでは、デバイスの TPM 2.0 ハードウェアを使用して、組織の Azure AD テナントにデバイスを認証します。Self-deploying mode uses a device’s TPM 2.0 hardware to authenticate the device into an organization’s Azure AD tenant. このため、TPM 2.0 を搭載していないデバイスをこのモードで使用することはできません。Therefore, devices without TPM 2.0 can't be used with this mode. デバイスは、TPM デバイスの構成証明もサポートする必要があります。Devices must also support TPM device attestation. すべての新しい Windows デバイスは、これらの要件を満たしている必要があります。All new Windows devices should meet these requirements. TPM 構成証明プロセスでは、各 TPM プロバイダーに固有の一連の HTTPS Url にもアクセスする必要があります。The TPM attestation process also requires access to a set of HTTPS URLs that are unique for each TPM provider. 詳細については、「自動操縦セルフデプロイ モード」と「自動操縦の事前プロビジョニング」を参照してください。For more information, see the entry for Autopilot self-Deploying mode and Autopilot pre-provisioning in Networking requirements.

重要

TPM 2.0 をサポートしていないデバイスまたは仮想マシン上で、自己展開モードの展開を実行しようとすると、0x800705B4 タイムアウトエラー (Hyper-v 仮想 Tpm はサポートされていません) を使用してデバイスを検証するときに、プロセスが失敗します。If you attempt a self-deploying mode deployment on a device that does not have support TPM 2.0 or on a virtual machine, the process will fail when verifying the device with an 0x800705B4 timeout error (Hyper-V virtual TPMs are not supported). また、Windows 10 version 1809 での TPM デバイスの構成証明の問題により、自己展開モードを使用するには、Windows 10 バージョン1903以降が必要であることにも注意してください。Also note that Window 10, version 1903 or later is required to use self-deploying mode due to issues with TPM device attestation in Windows 10, version 1809. Windows 10 Enterprise 2019 LTSC は Windows 10 バージョン1809に基づいているため、自己展開モードは Windows 10 Enterprise 2019 LTSC でもサポートされていません。Since Windows 10 Enterprise 2019 LTSC is based on Windows 10 version 1809, self-deploying mode is also not supported on Windows 10 Enterprise 2019 LTSC. 他の既知のエラーと解決策については、「 Windows 自動操縦の既知の問題 」を参照してください。See Windows Autopilot known issues to review other known errors and solutions.

自動操縦プロセス中に、組織固有のロゴと組織名を表示することができます。You can display an organization-specific logo and organization name during the Autopilot process. これを行うには、表示するイメージとテキストを使用して Azure AD 会社のブランド化を構成する必要があります。To do so, Azure AD Company Branding must be configured with the images and text you want displayed. 詳細については 、「クイックスタート: Azure AD のサインインページに会社のブランドを追加する 」を参照してください。See Quickstart: Add company branding to your sign-in page in Azure AD for more details.

ステップ バイ ステップStep by step

自己展開モードの Windows 自動操縦を展開するには、次の準備手順を完了する必要があります。To deploy in self-deploying mode Windows Autopilot, the following preparation steps need to be completed:

  1. 自己展開モード用の自動操縦プロファイルを作成し、必要な設定を行います。Create an Autopilot profile for self-deploying mode with the settings you want. Microsoft Intune では、プロファイルの作成時にこのモードが明示的に選択されます。In Microsoft Intune, this mode is explicitly chosen when creating the profile. セルフデプロイモードでは、Microsoft Store for Business またはパートナーセンターでプロファイルを作成することはできません。It isn't possible to create a profile in the Microsoft Store for Business or Partner Center for self-deploying mode.
  2. Intune を使用している場合は Azure Active Directory でデバイスグループを作成し、そのグループに自動操縦プロファイルを割り当てます。If using Intune, create a device group in Azure Active Directory and assign the Autopilot profile to that group. デバイスの展開を試行する前に、プロファイルがデバイスに割り当てられていることを確認してください。Ensure that the profile has been assigned to the device before attempting to deploy that device.
  3. デバイスを起動し、必要に応じて Wi-fi に接続してから、プロビジョニング処理が完了するまで待ちます。Boot the device, connecting it to Wi-fi if necessary, then wait for the provisioning process to complete.

検証Validation

Windows 自動操縦を使用して自己展開モードで展開する場合は、次のエンドユーザーエクスペリエンスを確認する必要があります。When using Windows Autopilot to deploy in self-deploying mode, the following end-user experience should be observed:

  • ネットワークに接続すると、自動操縦プロファイルがダウンロードされます。Once connected to a network, the Autopilot profile will be downloaded.
  • イーサネットに接続していて、自動操縦プロファイルがスキップするように構成されている場合、次のページは表示されません: 言語、ロケール、およびキーボードレイアウト。If connected to Ethernet, and the Autopilot profile is configured to skip them, the following pages won't be displayed: language, locale, and keyboard layout. それ以外の場合は、手動の手順が必要です。Otherwise, manual steps are required:
    • Windows 10 に複数の言語がプレインストールされている場合、ユーザーは言語を選択する必要があります。If multiple languages are preinstalled in Windows 10, the user must pick a language.
    • ユーザーは、ロケールとキーボードレイアウトを選択する必要があります。また、必要に応じて2番目のキーボードレイアウトを選択する必要があります。The user must pick a locale and a keyboard layout, and optionally a second keyboard layout.
  • イーサネット経由で接続されている場合、ネットワークプロンプトは必要ありません。If connected via Ethernet, no network prompt is expected. 使用可能なイーサネット接続がなく、Wi-fi が組み込まれている場合は、ユーザーがワイヤレスネットワークに接続する必要があります。If no Ethernet connection is available and Wi-fi is built in, the user needs to connect to a wireless network.
  • Windows 10 では、OOBE の重大な更新プログラムがあるかどうかを確認し、使用可能な場合は自動的にインストールされます (必要に応じて再起動します)。Windows 10 will check for critical OOBE updates, and if any are available they'll be automatically installed (rebooting if necessary).
  • デバイスが Azure Active Directory 参加します。The device will join Azure Active Directory.
  • Azure Active Directory 参加した後、デバイスは Intune (またはその他の構成済み MDM サービス) に登録されます。After joining Azure Active Directory, the device will enroll in Intune (or other configured MDM services).
  • [登録ステータス] ページ が表示されます。The enrollment status page will be displayed.
  • 展開されたデバイスの設定によって、デバイスは次のいずれかになります。Depending on the device settings deployed, the device will either:
  • ログオン画面が表示されたままにして、組織のメンバーが Azure AD 資格情報を指定してログオンできるようにします。Remain at the logon screen, where any member of the organization can log on by specifying their Azure AD credentials.
  • キオスクまたはデジタルの看板として構成されているデバイスについて、ローカルアカウントとして自動的にサインインします。Automatically sign in as a local account, for devices configured as a kiosk or digital signage.

注意

キオスク展開の自己展開モードを使用して Exchange ActiveSync (EAS) ポリシーを展開すると、自動ログオン機能が失敗します。Deploying Exchange ActiveSync (EAS) policies using self-deploying mode for kiosk deployments will cause auto-logon functionality to fail.

観測結果がこれらの予測と一致しない場合は、 Windows 自動操縦のトラブルシューティング に関するドキュメントを参照してください。In case the observed results don't match these expectations, consult the Windows Autopilot Troubleshooting documentation.