Windows Autopilot の概要Overview of Windows Autopilot

適用対象Applies to

  • Windows 10Windows 10

Windows Autopilot は、新しいデバイスのセットアップと事前構成に使用されるテクノロジのコレクションで、生産性の高い使用ができるようにデバイスを準備するためのものです。Windows Autopilot is a collection of technologies used to set up and pre-configure new devices, getting them ready for productive use. Windows 自動操縦を使用して、デバイスのリセット、転用、および回復を行うこともできます。You can also use Windows Autopilot to reset, repurpose, and recover devices. このソリューションでは、管理するインフラストラクチャをほとんどあるいはまったく使用せずに、IT 部門は上記の機能を実現できます。また、そのプロセスは簡単でシンプルです。This solution enables an IT department to achieve the above with little to no infrastructure to manage, with a process that's easy and simple.

Windows の自動操縦により、Windows デバイスのライフサイクルが、IT とエンドユーザーの両方にとって、初期のデプロイから終了までの期間に簡略化されます。Windows Autopilot simplifies the Windows device lifecycle, for both IT and end users, from initial deployment to end of life. クラウドベースのサービスの使用、Windows 自動操縦:Using cloud-based services, Windows Autopilot:

  • デバイスの展開、管理、およびインベントリからの削除にかかる時間を短縮します。reduces the time IT spends on deploying, managing, and retiring devices.
  • デバイスを管理するために必要なインフラストラクチャを削減します。reduces the infrastructure required to maintain the devices.
  • すべての種類のエンドユーザーにとって使いやすさが最大になります。maximizes ease of use for all types of end users.

次のビデオと図を参照してください。See the following video and diagram:

 

プロセスの概要

Windows 自動操縦では、新しい Windows デバイスを初めて展開するときに、OEM が最適化したバージョンの Windows 10 を使用します。When initially deploying new Windows devices, Windows Autopilot uses the OEM-optimized version of Windows 10. このバージョンはデバイスにプレインストールされているため、すべてのデバイスモデルでカスタムイメージとドライバーを維持する必要はありません。This version is preinstalled on the device, so you don't have to maintain custom images and drivers for every device model. デバイスを再イメージングするのではなく、既存の Windows 10 のインストールを "ビジネス対応" 状態に変換して、次のことが可能になります。Instead of re-imaging the device, your existing Windows 10 installation can be transformed into a “business-ready” state that can:

  • 設定とポリシーを適用するapply settings and policies
  • アプリのインストールinstall apps
  • 拡張機能をサポートするために、使用されている Windows 10 のエディション (たとえば、Windows 10 Pro から Windows 10 Enterprise) を変更します。change the edition of Windows 10 being used (for example, from Windows 10 Pro to Windows 10 Enterprise) to support advanced features.

展開後、次のものを使用して Windows 10 デバイスを管理できます。Once deployed, you can manage Windows 10 devices with:

  • Microsoft IntuneMicrosoft Intune
  • Windows Update for BusinessWindows Update for Business
  • Microsoft Endpoint Configuration ManagerMicrosoft Endpoint Configuration Manager
  • その他の同様のツールもあります。or other similar tools.

Windows 自動操縦を使用すると、Windows 自動操縦リセットを使用して新しいユーザーのデバイスをすばやく準備できます。With Windows Autopilot, you can quickly prepare a device for a new user with Windows Autopilot Reset. 中断/修正シナリオでリセットを使用して、デバイスをすぐにビジネス対応状態に戻すこともできます。You can also use Reset in break/fix scenarios to quickly bring a device back to a business-ready state.

Windows Autopilot では、次のことを実行できます。Windows Autopilot enables you to:

  • Azure Active Directory (Azure AD) または Active Directory (Hybrid Azure AD Join による) へデバイスを自動的に参加させる。Automatically join devices to Azure Active Directory (Azure AD) or Active Directory (via Hybrid Azure AD Join). これら2つの結合オプションの相違点の詳細については、「 Azure Active Directory でのデバイス管理の概要」を参照してください。For more information about the differences between these two join options, see Introduction to device management in Azure Active Directory.
  • Microsoft Intune などの MDM サービスにデバイスを自動登録します (構成には Azure AD Premium サブスクリプションが必要です)。Auto-enroll devices into MDM services, such as Microsoft Intune (Requires an Azure AD Premium subscription for configuration).
  • 管理者アカウントの作成を制限する。Restrict the Administrator account creation.
  • デバイスのプロファイルに基づいて構成グループを作成し、デバイスをこのグループに自動的に割り当てる。Create and auto-assign devices to configuration groups based on a device's profile.
  • 組織に固有の OOBE コンテンツをカスタマイズする。Customize OOBE content specific to the organization.

Windows Autopilot の利点Benefits of Windows Autopilot

従来、IT 担当者は、後でデバイスに展開されるイメージの構築とカスタマイズにかなりの時間を費やしていました。Traditionally, IT pros spend significant time building and customizing images that will later be deployed to devices. Windows Autopilot には、新しいアプローチが導入されています。Windows Autopilot introduces a new approach.

ユーザー側から見ると、数回の簡単な操作を行うだけで、デバイスを使用する準備が整います。From the user's perspective, it only takes a few simple operations to make their device ready to use.

IT 担当者側から見ると、エンド ユーザーから要求される作業は、ネットワークへの接続とユーザーの資格情報の確認だけです。From the IT pro's perspective, the only interaction required from the end user is to connect to a network and to verify their credentials. それ以外のすべてが自動化されます。Everything beyond that is automated.

必要条件Requirements

Windows 自動操縦を使用するには、 サポートされているバージョン の windows 10 半期チャネルが必要です。A supported version of Windows 10 semi-annual channel is required to use Windows Autopilot. Windows 10 Enterprise LTSC 2019 もサポートされています。Windows 10 Enterprise LTSC 2019 is also supported. 詳細については、「 Windows 自動操縦用ソフトウェアネットワーク構成、および ライセンス の要件」を参照してください。For more information, see Windows Autopilot software, networking, configuration, and licensing requirements.

Windows Autopilot を使用して、Intune での Windows デバイスを登録するEnroll Windows devices in Intune by using Windows Autopilot
Windows の自動操縦のシナリオと機能Windows Autopilot scenarios and capabilities