Configuration Manager でアプリケーションを作成するCreate applications in Configuration Manager

適用対象:Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

Configuration Manager アプリケーションではアプリケーションに関するメタデータが定義されます。A Configuration Manager application defines the metadata about application. アプリケーションには 1 つ以上の展開の種類があります。An application has one or more deployment types. このような展開の種類には、デバイスにソフトウェアをインストールするために必要なインストール ファイルと情報が含まれます。These deployment types include the installation files and information that are required to install software on devices. 展開の種類には、検出方法や要件などの規則もあります。A deployment type also has rules, such as detection methods, and requirements. これらの規則では、クライアントでソフトウェアをインストールするタイミングと方法が指定されます。These rules specify when and how the client installs the software.

次の方法を使用してアプリケーションを作成します。Create applications using the following methods:

この記事には、展開の種類を構成するための以下の情報も含まれます。This article also includes the following information to configure a deployment type:

アプリケーションを作成するCreate an application

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [アプリケーション管理] を展開して [アプリケーション] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Application Management, and select the Applications node.

  2. リボンの [ホーム] タブにある [作成] グループで、 [アプリケーションの作成] を選択します。On the Home tab of the ribbon, in the Create group, select Create Application.

次に、アプリケーションの情報を自動的に検出するか、手動で指定します。Next, automatically detect or manually specify application information:

  • 単一の展開の種類で基本的なアプリケーションを作成するには、アプリケーションの情報を自動的に検出します。Automatically detect application information to create a basic application with a single deployment type. たとえば、依存関係または要件を持たない Windows インストーラー ファイルなどです。For example, a Windows Installer file that has no dependencies or requirements. この手順を使用してアプリケーションを作成した後、必要に応じて編集します。After you create an application by using this procedure, edit it as needed. 展開の種類を追加したり、変更したりすることができます。また、検出方法、依存関係、要件を追加することができます。You can add or change deployment types, and add detection methods, dependencies, or requirements.

  • より複雑なアプリケーションを作成するには、アプリケーションの情報を手動で指定します。Manually specify application information to create more complex applications. 複数の展開の種類、依存関係、検出方法、または要件を定義します。Define more than one deployment type, dependencies, detection methods, or requirements.

アプリケーションの情報を自動的に検出するAutomatically detect application information

  1. アプリケーションの作成ウィザードの [全般] ページで、 [このアプリケーションの情報をインストール ファイルから自動的に検出する] を選択します。On the General page of the Create Application wizard, select Automatically detect information about this application from installation files.

  2. [種類] ドロップダウン リストから、アプリケーション情報の検出に使用するアプリケーション インストール ファイルの種類を選択します。In the Type drop-down list, select the application installation file type that you want to use to detect application information. 利用可能なインストールの種類の詳細については、Configuration Manager でサポートされる展開の種類に関するページを参照してください。For more information about the available installation types, see Deployment types supported by Configuration Manager.

  3. [場所] ボックスで、アプリケーション情報の検出に使用するアプリケーション インストール ファイルを指定します。In the Location box, specify the application installation file that you want to use to detect application information. この場所は、ネットワーク パス (\\server\share\filename) またはストア リンクです。This location is either a network path (\\server\share\filename) or a store link. ネットワーク パス、およびアプリケーションのコンテンツが含まれているサブフォルダーのアクセス権を持っている必要があります。You must have access to the network path and any subfolders that include application content.

    重要

    [Windows インストーラー (*.msi ファイル)] をアプリケーションの種類として選ぶと、指定したフォルダーにあるすべてのファイルがサイトでインポートされます。When you select Windows Installer (*.msi file) as an application type, the site imports all of the files in the specified folder. その後、これらのファイルは配布ポイントに送信されます。It then sends these files to distribution points. 指定したフォルダーに、アプリケーションのインストールに必要なファイルのみが含まれていることを確認してください。Make sure that the specified folder contains only the files that are necessary to install the application. Microsoft では、アプリケーション パッケージで最大 20,000 個のファイルをサポートするように Configuration Manager がテストされています。Microsoft tests Configuration Manager to support up to 20,000 files in the application package. アプリケーションにそれ以上のファイルがある場合は、複数のアプリケーションを作成してファイルを分けることを検討してください。If your application has more files, consider creating multiple applications with less files.

  4. アプリケーションの作成ウィザードの [情報のインポート] ページで、情報を確認し、 [次へ] を選択します。On the Import Information page of the Create Application wizard, review the information, and then select Next. 必要に応じて、 [前へ] を選択して戻り、エラーを修正します。If necessary, select Previous to go back and fix any errors.

  5. アプリケーションの作成ウィザードの [一般情報] ページで、次の情報を指定します。On the General Information page of the Create Application wizard, specify the following information:

    注意

    Configuration Manager がアプリケーション インストール ファイルからこの情報を自動的に検出した場合は、ここに既に設定されています。If Configuration Manager automatically detects this information from the application installation files, it's already populated here. また、作成するアプリケーションの種類によって、表示されるオプションが異なります。Additionally, the displayed options might be different depending on the application type that you create.

    • アプリケーションの 名前管理者のコメント発行元ソフトウェア バージョン など、アプリケーションに関する全般情報。General information about the application, like the application Name, Administrator comments, Publisher, and Software version. Configuration Manager コンソールでアプリケーションを見つけやすいように、オプションの参照 を指定するか、管理カテゴリ を選択します。To help you find the application in the Configuration Manager console, specify an Optional reference, or select Administrative categories.

    • インストール プログラム:アプリケーションの展開の種類をインストールするのに必要なインストール プログラムとプロパティを指定します。Installation program: Specify the installation program and any required properties that are needed to install the application deployment type.

      ヒント

      インストール プログラムが表示されない場合は、 [参照] を選んでインストール プログラムの場所を参照します。If the installation program doesn't appear, choose Browse and browse to the installation program location.

    • インストールの処理:Configuration Manager でのこの展開の種類のインストール方法について、3 つのオプションのいずれかを選択します。Install behavior: Select one of the three options for how Configuration Manager installs this deployment type. これらのオプションの詳細については、ユーザー エクスペリエンスに関する記述を参照してください。For more information on these options, see User Experience.

    • 自動 VPN 接続を使用する (構成されている場合) :ユーザーがアプリを起動するデバイス上に VPN プロファイルを展開した場合は、アプリの開始時に VPN を接続します。Use an automatic VPN connection (if configured): If you've deployed a VPN profile to the device on which the user launches the app, connect the VPN when the app starts. このオプションは Windows 8.1 および Windows Phone 8.1 専用です。This option is only for Windows 8.1 and Windows Phone 8.1. Windows Phone 8.1 デバイスでは、複数の VPN プロファイルをデバイスに展開する場合、自動 VPN 接続はサポートされません。On Windows Phone 8.1 devices, if you deploy more than one VPN profile to the device, automatic VPN connections aren't supported. 詳細については、VPN プロファイルに関するページをご覧ください。For more information, see VPN profiles.

    • このアプリケーションをデバイス上のすべてのユーザーにプロビジョニングするProvision this application for all users on the device:デバイス上のすべてのユーザーに対して、Windows アプリ パッケージを含むアプリケーションをプロビジョニングします。: Provision an application with a Windows app package for all users on the device. 詳しくは、「Windows アプリケーションを作成する」をご覧ください。For more information, see Create Windows applications.

      ヒント

      既存のアプリケーションを変更する場合、この設定は Windows アプリ パッケージの展開の種類プロパティの [ユーザー エクスペリエンス] タブにあります。If you're modifying an existing application, this setting is on the User Experience tab of the Windows app package deployment type properties.

  6. [次へ] を選択し、 [概要] ページでアプリケーションの情報を確認してから、アプリケーションの作成ウィザードを終了します。Choose Next, review the application information on the Summary page, and then finish the Create Application wizard.

これで、Configuration Manager コンソールの [アプリケーション] ノードに、新しいアプリケーションが表示されます。The new application now appears in the Applications node of the Configuration Manager console. アプリケーションの作成は完了しました。You've finished creating an application.

展開の種類をさらに追加する場合や、その他の設定を構成する場合は、「アプリケーションの展開の種類を作成する」を参照してください。To add more deployment types or configure other settings, see Create deployment types for the application.

アプリケーションの情報を手動で指定するManually specify application information

  1. アプリケーションの作成ウィザードの [全般] ページで、 [アプリケーションの情報を手動で指定する] を選択し、 [次へ] を選択します。On the General page of the Create Application wizard, select Manually specify the application information, and then choose Next.

  2. アプリケーションに関する 全般情報 を指定します。Specify General Information about the application:

    • アプリケーションの 名前 は必須であり、256 文字未満にする必要があります。The application Name is required and must be fewer than 256 characters.

    • 管理者のコメント発行元ソフトウェア バージョン は、アプリケーションについてさらに詳しく記述するための追加のメタデータです。Administrator comments, Publisher, and Software version are additional metadata to further describe the application.

    • Configuration Manager コンソールでアプリケーションを見つけやすいように、オプションの参照 を指定するか、管理カテゴリ を選択します。To help you find the application in the Configuration Manager console, specify an Optional reference, or select Administrative categories.

    • 発行日Date published

    • 所有者 および サポートの連絡先 として、このアプリケーションを担当するユーザーまたはグループを選択します。Select users or groups who are responsible for this application as Owners and Support contacts. 既定では、これらの値はユーザー名に設定されます。By default, these values are set to your username.

  3. アプリケーションの作成ウィザードの [ソフトウェア センター] ページで、次の情報を指定します。On the Software Center page of the Create Application wizard, specify the following information:

    注意

    バージョン 1902 以前では、このページに「アプリケーション カタログ」という名前が付けられていました。In version 1902 and earlier, this page was named Application Catalog.

    • 選択した言語:ドロップダウン リストから、セットアップするアプリケーションの言語バージョンを選びます。Selected language: In the drop-down list, select the language version of the application that you want to set up. [追加/削除] を選択し、このアプリケーションにその他の言語をセットアップします。Choose Add/Remove to set up more languages for this application.

    • ローカライズされたアプリケーション名:選択した言語でアプリケーション名を指定します。Localized application name: Specify the application name in the selected language.

      重要

      設定する言語バージョンごとにローカライズされたアプリケーション名が必要です。A localized application name is required for each language version that you set up.

    • ユーザー カテゴリ: [編集] を選び、選択した言語でアプリケーションのカテゴリを指定します。User categories: Choose Edit to specify application categories in the selected language. ソフトウェア センターのユーザーはこれらのカテゴリを使用して、アプリケーションのフィルター処理と並べ替えを行うことができます。Users of Software Center use these categories to help filter and sort the applications.

      注意

      バージョン 1902 以前では、ユーザー コレクションに対して利用可能な展開にのみユーザー カテゴリが適用されます。In version 1902 and earlier, user categories only apply to available deployments to user collections. コンピューター コレクションにアプリケーションを展開する場合は、ユーザー カテゴリは無視されます。If an application is deployed to a computer collection, the user categories are ignored.

      バージョン 1906 より、デバイスを対象としたアプリケーションの展開のユーザー カテゴリが、ソフトウェア センターでフィルターとして表示されます。Starting in version 1906, user categories for device-targeted application deployments show as filters in Software Center. これらの展開は、利用可能または必須のいずれかです。These deployments can be either available or required.

      カテゴリの名前変更や削除は、このカテゴリのアプリに自動的には適用されません。Renaming or deleting a category doesn't automatically apply to apps with this category. これらの変更は、アプリの次のリビジョンに適用されます。These changes apply on the next revision of the app. 名前の変更または削除に関するこの問題を回避するには、次の操作を行います。To work around this issue for rename or delete:
      • 最初に、そのカテゴリを参照するアプリのカテゴリのチェックボックスをオフにします。First clear the checkbox for the category on any app that references it. その後、その変更を適用して、アプリを改訂します。Then apply that change, which revises the app.
        • 次に、名前の変更アクションではなく、新しい名前で新しいカテゴリを作成し、関連するアプリにその新しいカテゴリを追加します。Instead of the rename action, next create a new category with the new name, and add the new category to the relevant apps.
        • カテゴリは、アプリの改訂後に削除できます。You can delete the category after you revise the apps.
    • ユーザー ドキュメント:ソフトウェア センターのユーザーがこのアプリケーションに関する詳細情報を取得できるファイルの場所を指定します。User documentation: Specify the location of a file from which Software Center users can get more information about this application. この場所は、Web サイト アドレス、またはネットワーク パスとファイル名です。This location is a website address, or a network path and file name. ユーザーがこの場所にアクセスできることを確認してください。Make sure that users have access to this location.

    • リンク テキスト:ユーザー ドキュメントが指定されている場合に、"追加情報" の代わりに表示されるテキストを指定します。Link text: Specify the text that appears in place of "Additional information" when user documentation is specified.

    • [プライバシー URL] : アプリケーションのプライバシーに関する声明の Web サイト アドレスを指定します。Privacy URL: Specify a website address to the privacy statement for the application.

    • ローカライズされた説明:選択した言語でこのアプリケーションの説明を入力します。Localized description: Enter a description for this application in the selected language.

    • キーワード:選択した言語でキーワードの一覧を入力します。Keywords: Enter a list of keywords in the selected language. これらのキーワードは、ソフトウェア センターのユーザーがアプリケーションを検索するときに役立ちます。These keywords help Software Center users search for the application.

    • アイコン: [参照] を選択して、このアプリケーション用のアイコンを選択します。Icon: Select Browse to select an icon for this application. アイコンを指定しない場合、Configuration Manager では既定のアイコンが使用されます。If you don't specify an icon, Configuration Manager uses a default icon. アイコンでは、最大 512 x 512 のピクセル寸法を使用できます。Icons can have pixel dimensions of up to 512x512.

  4. アプリケーションの作成ウィザードの [展開の種類] ページで [追加] を選択し、新しい展開の種類を作成します。On the Deployment Types page of the Create Application wizard, choose Add to create a new deployment type. 詳細については、「アプリケーションの展開の種類を作成する」を参照してください。For more information, see Create deployment types for the application.

  5. [次へ] を選択し、 [概要] ページでアプリケーションの情報を確認してから、アプリケーションの作成ウィザードを終了します。Choose Next, review the application information on the Summary page, and then finish the Create Application wizard.

これで、Configuration Manager コンソールの [アプリケーション] ノードに、新しいアプリケーションが表示されます。The new application now appears in the Applications node of the Configuration Manager console.

アプリケーションの展開の種類を作成するCreate deployment types for the application

アプリケーションの情報を自動検出する場合、このセクションの手順の一部は行わなくてもよい可能性があります。If you automatically detect application information, you may not need to finish some of the steps in this section.

注意

既存の展開の種類のプロパティを表示するときに、展開の種類のプロパティ ウィンドウのタブに対応するセクションには次のようなものがあります。When you view the properties of an existing deployment type, the following sections correspond to tabs of the deployment type properties window:

展開の種類のプロパティの [インストールの処理] タブについては、「実行中の実行可能ファイルを確認する」を参照してください。For information on the Install Behavior tab on the properties of a deployment type, see Check for running executable files.

展開の種類の作成ウィザードを開始するStart the Create Deployment Type wizard

展開の種類の作成ウィザードを開始する方法は 3 つあります。There are three ways to start the Create Deployment Type wizard:

  • [アプリケーション] ノードで:Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [アプリケーション管理] を展開して [アプリケーション] ノードを選択します。In the Applications node: In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Application Management, and select the Applications node. アプリケーションを選択し、リボンの [展開の種類の作成] を選択します。Select an application, and then select Create Deployment Type in the ribbon.

  • アプリケーションを作成するとき:アプリケーションの作成ウィザードで アプリケーションの情報を手動で指定する場合は、[展開の種類] ページで [追加] を選択します。When creating an application: When you Manually specify application information in the Create Application wizard, select Add on the Deployment Types page.

  • アプリケーションのプロパティから: [アプリケーション] ノードで既存のアプリケーションを選択し、 [プロパティ] を選択します。From application properties: Select an existing application in the Applications node and select Properties. [展開の種類] タブに切り替え、 [追加] を選択します。Switch to the Deployment Types tab, and select Add.

次に、以下のいずれかの手順を使用して、展開の種類の情報を自動的に識別するか、手動で指定します。Then use one of the following procedures to automatically identify or manually specify deployment type information.

展開の種類の情報を自動的に識別するAutomatically identify deployment type information

  1. 展開の種類の作成ウィザードの [全般] ページで:On the General page of the Create Deployment Type wizard:

    1. アプリケーション インストール ファイルの 種類 を選択し、展開の種類の情報を検出します。Select the application installation file Type to detect the deployment type information.

    2. [この展開の種類に関する情報をインストール ファイルから自動的に識別する] を選択します。Select Automatically identify information about this deployment type from installation files.

    3. [場所] ボックスで、展開の種類の情報を検出するために使用するアプリケーション インストール ファイルを指定します。In the Location box, specify the application installation file that you want to use to detect the deployment type information. この場所は、ネットワーク パス (\\server\share\filename) またはストア リンクです。This location is either a network path (\\server\share\filename) or a store link. ネットワーク パス、およびアプリケーションのコンテンツが含まれているサブフォルダーのアクセス権を持っている必要があります。You must have access to the network path and any subfolders that include application content.

  2. 展開の種類の作成ウィザードの [情報のインポート] ページで、情報を確認し、 [次へ] を選択します。On the Import Information page of the Create Deployment Type wizard, review the information, and then select Next. 必要に応じて、 [前へ] を選択して戻り、エラーを修正します。If necessary, select Previous to go back and fix any errors.

  3. 展開の種類の作成ウィザードの [一般情報] ページで、次の情報を指定します。On the General Information page of the Create Deployment Type wizard, specify the following information:

    注意

    展開の種類の情報によっては、既にアプリケーション インストール ファイルから読み込まれて入力されている場合があります。Some of the deployment type information might already be present if it was read from the application installation files. また、作成する展開の種類によって、表示されるオプションが異なる場合があります。Additionally, the displayed options might differ, depending on the deployment type that you're creating.

    • 展開の種類に関する 全般情報:General Information about the deployment type:

      • 名前 は必須ですThe Name is required

      • さらに詳しく記述するための 管理者のコメントAdministrator comments to further describe it

      • 利用可能な 言語Languages that are available for it

    • インストール プログラム:展開の種類のインストールに必要なインストール プログラムとプロパティを指定します。Installation program: Specify the installation program and any properties that you require to install the deployment type.

    • インストールの処理:Configuration Manager でのこの展開の種類のインストール方法について、3 つのオプションのいずれかを選択します。Install behavior: Select one of the three options for how Configuration Manager installs this deployment type. これらのオプションの詳細については、ユーザー エクスペリエンスに関する記述を参照してください。For more information on these options, see User Experience.

    • 自動 VPN 接続を使用する (構成されている場合) :ユーザーがアプリを起動するデバイス上に VPN プロファイルを展開した場合は、アプリの開始時に VPN を接続します。Use an automatic VPN connection (if configured): If you've deployed a VPN profile to the device on which the user launches the app, connect the VPN when the app starts. このオプションは Windows 8.1 および Windows Phone 8.1 専用です。This option is only for Windows 8.1 and Windows Phone 8.1. Windows Phone 8.1 デバイスでは、複数の VPN プロファイルをデバイスに展開する場合、自動 VPN 接続はサポートされません。On Windows Phone 8.1 devices, if you deploy more than one VPN profile to the device, automatic VPN connections aren't supported. 詳細については、VPN プロファイルに関するページをご覧ください。For more information, see VPN profiles.

  4. [次へ] を選択して、「Deployment type Content options」 (展開の種類のコンテンツ オプション) に進みます。Choose Next, and then continue to Deployment type Content options.

展開の種類の情報を手動で指定するManually specify the deployment type information

  1. 展開の種類の作成ウィザードの [全般] ページの [種類] ドロップダウン リストで、この展開の種類のアプリケーション インストール ファイルの種類を選びます。On the General page of the Create Deployment Type wizard, in the Type drop-down list, choose the application installation file type for this deployment type.

  2. [展開の種類の情報を手動で指定する] をオンにして、 [次へ] を選択します。Select Manually specify the deployment type information, and then select Next.

  3. 展開の種類の作成ウィザードの [全般情報] ページで、展開の種類の [名前] を指定します。On the General Information page of the Create Deployment Type wizard, specify a Name for the deployment type. 必要に応じて、 [管理者のコメント] を指定し、この展開の種類の [言語] を選択してから [次へ] を選択します。Optionally specify Administrator comments, select the Languages for this deployment type, and then select Next.

  4. Deployment type Content options」 (展開の種類のコンテンツ オプション) に進みます。Continue to Deployment type Content options.

展開の種類の コンテンツ オプションDeployment type Content options

[コンテンツ] ページで、以下の情報を指定します。On the Content page, specify the following information:

注意

既存の展開の種類のプロパティを表示すると、これらのオプションの一部が [コンテンツ] タブや [プログラム] タブに示されます。When you view the properties of an existing deployment type, some of these options appear on the Content tab and some on the Programs tab.

  • コンテンツの場所:この展開の種類のコンテンツの場所を指定するか、 [参照] を選んで展開の種類のコンテンツのフォルダーを選びます。Content location: Specify the location of the content for this deployment type, or select Browse to choose the deployment type content folder.

    重要

    サイト サーバー コンピューターのシステム アカウントには、指定されたコンテンツの場所に対するアクセス許可が必要です。The System account of the site server computer must have permissions to the specified content location.

    • クライアント キャッシュの内容を保持する:構成マネージャー クライアントでは、そのキャッシュで展開の種類のコンテンツが無期限に保持されます。Persist content in the client cache: The Configuration Manager client indefinitely keeps in its cache the deployment type content. アプリが既にインストールされている場合でも、クライアントではコンテンツが保持されます。The client persists the content even if the app is already installed. このオプションは、Windows インストーラー ベースのソフトウェアなど、一部の展開に便利です。This option is useful with some deployments, like Windows Installer–based software. Windows インストーラーでは、更新プログラムを適用するためにソース コンテンツのローカル コピーが必要です。Windows Installer needs a local copy of the source content for applying updates. このオプションを選ぶと、利用可能なキャッシュ領域が減ります。This option reduces the available cache space. このオプションを選んだ場合、キャッシュに十分な空き領域がないと、後で大規模な展開に失敗する可能性があります。If you select this option, it might cause a large deployment to fail at a later point if the cache doesn't have sufficient available space.

      ヒント

      このオプションを選択すると、クライアントによってインストールされるコンテンツの特定のバージョンが保持されます。This option persists the specific version of content that the client installs. このアプリのコンテンツを更新した場合、クライアントによってこのコンテンツが自動的に再度キャッシュされることはありません。If you update the content for this app, the client doesn't automatically cache this content again. 新しいコンテンツを必要とするアクションが発生すると、クライアントによって新しいコンテンツのバージョンがダウンロードされます。Once an action happens that requires the new content, the client downloads the new content version.

  • インストール プログラム:インストール プログラムの名前と必要なインストール パラメーターを指定します。Installation program: Specify the name of the installation program and any required installation parameters.

    • インストール開始までの時間:必要に応じて、展開の種類のインストール プログラムがあるフォルダーを指定します。Installation start in: Optionally specify the folder that has the installation program for the deployment type. このフォルダーには、クライアントの絶対パスを指定することも、インストール ファイルがある配布ポイント フォルダーのパスを指定することもできます。This folder can be an absolute path on the client or a path to the distribution point folder that has the installation files.
  • プログラムのアンインストール:必要に応じて、アンインストール プログラムの名前と必要なパラメーターを指定します。Uninstall program: Optionally specify the name of the uninstall program and any required parameters.

    • 開始までの時間:必要に応じて、展開の種類のアンインストール プログラムがあるフォルダーを指定します。Uninstall start in: Optionally specify the folder that has the uninstall program for the deployment type. このフォルダーには、クライアント上の絶対パスを指定できます。This folder can be an absolute path on the client. または、パッケージが含まれるフォルダーの配布ポイント上の相対パスでもかまいません。It can also be a relative path on a distribution point of the folder with the package.
  • プログラム修復:Windows インストーラーとスクリプト インストーラーの展開の種類について、必要に応じて、修復プログラムの名前と必要なパラメーターを指定します。Repair program: For Windows Installer and Script Installer deployment types, optionally specify the name of the repair program and any required parameters.

    • 修復の開始:必要に応じて、展開の種類の修復プログラムがあるフォルダーを指定します。Repair start in: Optionally specify the folder that has the repair program for the deployment type. このフォルダーには、クライアント上の絶対パスを指定できます。This folder can be an absolute path on the client. または、パッケージが含まれるフォルダーの配布ポイント上の相対パスでもかまいません。It can also be a relative path on a distribution point of the folder with the package.
  • 64 ビット クライアント上で 32 ビット プロセスとしてインストールおよびアンインストール プログラムを実行する:Windows ベースのコンピューターで 32 ビットのファイルとレジストリの場所を使用し、展開の種類のインストール プログラムを実行します。Run installation and uninstall program as 32-bit process on 64-bit clients: Use the 32-bit file and registry locations on Windows-based computers to run the installation program for the deployment type.

展開の種類プロパティの コンテンツ オプションDeployment type properties Content options

展開の種類のプロパティを表示すると、 [コンテンツ] タブにのみ次のオプションが示されます。When you view the properties of a deployment type, the following options appear only on the Content tab:

  • アンインストール コンテンツ設定:Uninstall content settings:

    • インストール コンテンツと同じ:インストール コンテンツとアンインストール コンテンツが同じ場合は、このオプションを選びます。Same as install content: If the install and uninstall content are the same, select this option. これが既定のオプションです。This option is the default.

    • アンインストール コンテンツなし:アプリケーションにアンインストール コンテンツが必要でない場合は、このオプションを選びます。No uninstall content: If your application doesn't need content for uninstall, select this option.

    • インストール コンテンツと異なる:アンインストール コンテンツがインストール コンテンツと異なる場合は、このオプションを選びます。Different from install content: If the uninstall content is different from the install content, select this option.

      • アンインストール コンテンツの場所:アプリケーションをアンインストールするために使用されるコンテンツへのネットワーク パスを指定します。Uninstall content location: Specify the network path to the content that's used to uninstall the application.
  • 既定サイトの境界グループからの配布ポイントの使用をクライアントに許可する:コンテンツが現在または近隣境界グループの配布ポイントから利用できないときに、クライアントでサイトの既定の境界グループの配布ポイントからソフトウェアをダウンロードしてインストールするかどうかを指定します。Allow clients to use distribution points from the default site boundary group: Specify if clients should download and install the software from a distribution point in the site default boundary group when the content isn't available from a distribution point in the current or neighbor boundary groups.

  • 展開オプション:近隣または既定のサイト境界グループから配布ポイントを使用するときに、クライアントでアプリケーションをダウンロードするかどうかを指定します。Deployment options: Specify if clients should download the application when they use a distribution point from a neighbor or the default site boundary groups.

  • 同じサブネットにある他のクライアントとのコンテンツの共有を許可する:コンテンツのダウンロードで BranchCache の使用を有効にするかどうかを指定します。Allow clients to share content with other clients on the same subnet: Specify whether to enable the use of BranchCache for content downloads. 詳細については、「BranchCache」を参照してください。For more information, see BranchCache. BranchCache は、クライアントで常に有効になっています。BranchCache is always enabled on clients. 配布ポイントで BranchCache がサポートされている場合はクライアントでそれが使用されるため、この設定はバージョン 1802 で削除されました。This setting was removed in version 1802, as clients use BranchCache if the distribution point supports it.

タスク シーケンス の展開の種類のオプションDeployment type Task Sequence options

バージョン 2002 以降のタスク シーケンスの展開の種類の詳細については、「タスク シーケンスの展開の種類」を参照してください。For more information on the task sequence deployment type starting in version 2002, see Task sequence deployment type.

[タスク シーケンス] ページで次の情報を指定します。On the Task Sequence page, specify the following information:

  • インストールのタスクのシーケンス:このアプリのインストール プロセスを実行するタスク シーケンスを選択します。Install task sequence: Select a task sequence that runs the installation process for this app.

  • アンインストールのタスク シーケンス (オプション):このアプリを削除するタスク シーケンスを選択します。Uninstall task sequence (optional): Select a task sequence that removes this app.

ヒント

タスク シーケンスが一覧にない場合は、それに OS 展開や OS アップグレード手順が含まれないことを再確認します。If your task sequence doesn't appear in the list, double-check that it doesn't include any OS deployment or OS upgrade steps. また、影響の大きいタスク シーケンスとしてマークされていないことも確認します。Also confirm that it isn't marked as a high-impact task sequence. 詳細については、「タスクシーケンスの展開の種類」の前提条件を確認してください。For more information, review the prerequisites for the Task sequence deployment type.

展開の種類の 検出方法 オプションDeployment type Detection Method options

この手順では、展開の種類の存在を示す検出方法を設定します。This procedure sets up a detection method that indicates the presence of the deployment type. つまり、Windows デバイスに既にアプリケーションがインストールされているかどうかです。In other words, whether the Windows device already has the application installed. 検出方法を作成するには、次の 2 つの方法のいずれかを使用します。Use one of the two following methods to create a detection method:

この展開の種類が存在するかどうかを検出する規則を構成するConfigure rules to detect the presence of this deployment type

  1. [検出方法] ページでは、 [この展開の種類が存在するかどうかを検出する規則を構成する] オプションが既定で選択されます。On the Detection Method page, the option to Configure rules to detect the presence of this deployment type is selected by default. [句の追加] を選択します。Select Add Clause.

  2. [検出規則] ダイアログ ボックスで、展開の種類の存在を検出する [設定の種類] を選択します。In the Detection Rule dialog box, select a Setting type to detect the presence of the deployment type:

    • ファイル システム:指定したファイルまたはフォルダーがデバイスに存在するかどうかを検出します。File System: Detect whether a specified file or folder exists on a device. 検出されると、アプリケーションがインストールされていることを示します。This detection indicates that the application is installed. 次の詳細情報を指定します。Specify the following additional details:

      • 種類:ファイルかフォルダーかを選びます。Type: Select whether it's a file or folder.

      • パス (必須):ファイルまたはフォルダーを含むデバイス上のローカル パスを入力するか参照します。Path (Required): Enter or browse to the local path on the device that includes the file or folder. たとえば、C:\Program Files となります。For example, C:\Program Files. 共有ネットワーク パスを指定することはできません。You can't specify a shared network path. [参照] を選択する場合は、ローカル ファイル システムを参照するか、参照する代表的なクライアントに接続します。If you select Browse, browse the local file system or connect to a representative client to browse.

      • ファイル名またはフォルダー名 (必須):上記のパスで検出する特定のファイルまたはフォルダーの名前を指定します。File or folder name (Required): Specify the specific file or folder name to detect in the above path. デバイス上でクライアントによってこのファイルまたはフォルダーが検出された場合、アプリケーションはデバイスにインストールされていると見なされます。If the client detects this file or folder on the device, it considers the application as installed on the device.

      • このファイル/フォルダーは 64 ビット システムの 32 ビット アプリケーションに関連している:クライアントでは、まず、指定されたファイルまたはフォルダーについて、32 ビットのファイルの場所が確認されます。This file or folder is associated with a 32-bit application on 64-bit systems: The client first checks 32-bit file locations for the specified file or folder. ファイルやフォルダーが見つからない場合、クライアントでは次に 64 ビットの場所が検索されます。If the file or folder isn't found, the client then searches 64-bit locations.

    • レジストリ:指定したレジストリ キーまたはレジストリ値がクライアント デバイスに存在するかどうかを検出します。Registry: Detect whether a specified registry key or registry value exists on a client device. 検出されると、アプリケーションがインストールされていることを示します。This detection indicates that the application is installed. 次の詳細情報を指定します。Specify the following additional details:

      • ハイブ (必須):ドロップダウン リストからレジストリ ハイブを選択します。Hive (Required): Choose a registry hive from the drop-down list. たとえば、HKEY_LOCAL_MACHINE となります。For example, HKEY_LOCAL_MACHINE.

      • キー (必須):上記のハイブで検索するレジストリ キーを指定します。Key (Required): Specify the registry key to search in the above hive. たとえば、SOFTWARE\Microsoft\Office となります。For example, SOFTWARE\Microsoft\Office.

      • (省略可能):上記のキーで検出する特定の値を入力します。Value (Optional): Enter a specific value to detect in the above key. クライアントで (既定の) 値を検出する場合は、 [検出に (既定の) レジストリ キー値を使用する] オプションを有効にします。If you want the client to detect the (Default) value, enable the option to Use (Default) registry key value for detection. 値を入力するかこのオプションを有効にする場合は、 [データの種類] を選択する必要があります。When you enter a value or enable this option, you're required to select a Data Type.

      • 64 ビット システムでこのレジストリ キーを 32 ビット アプリケーションに関連付ける:指定されたレジストリ キーについて、まず、32 ビット レジストリの場所を確認する場合は、このオプションを選択します。This registry key is associated with a 32-bit application on 64-bit systems: Select this option to first check 32-bit registry locations for the specified registry key. レジストリ キーが見つからない場合、クライアントでは 64 ビットの場所が検索されます。If the registry key isn't found, the client searches 64-bit locations.

    • Windows インストーラー:指定した Windows インストーラー ファイルがクライアント デバイスに存在するかどうかを検出します。Windows Installer: Detect whether a specified Windows Installer file exists on a client device. 検出されると、アプリケーションがインストールされていることを示します。This detection indicates that the application is installed. クライアントで検出する MSI の 製品コード を指定します。Specify the MSI Product code to detect on the client. [参照] を選択した場合は、製品コードの読み取り元の MSI ファイルを選択します。If you select Browse, choose the MSI file from which to read the product code.

  3. [検出規則] ウィンドウの下部で、項目が存在する必要があるか規則を満たす必要があるかを指定します。At the bottom of the Detection Rule window, specify whether the item must exist or satisfy a rule. たとえば、ファイルで検出する場合、 [このアプリケーションのプレゼンスを示すには、ターゲット システムにファイル システム設定が存在する必要がある] オプションが既定で選択されます。For example, if you detect with a file, the following option is selected by default: The file system setting must exist on the target system to indicate presence of this application. ファイルまたはフォルダーのプロパティに基づく検出の規則を作成する場合は、その他のオプションを選択します。Select the other option to create a rule for detection based on file or folder properties. これらのプロパティには、変更日、作成日、バージョン、サイズが含まれます。These properties include Date Modified, Date Created, Version, or Size. これらの規則は設定の種類ごとに異なります。These rule criteria are different for each setting type.

  4. [OK] を選択して、 [検索規則] ダイアログ ボックスを閉じます。Select OK to close the Detection Rule dialog box.

展開の種類に対して複数の検出方法を作成する場合は、句をまとめてグループ化して、より複雑なロジックを作成できます。When you create more than one detection method for a deployment type, you can group clauses together to create more complex logic.

検出の句をグループ化する " (省略可能) "Group detection clauses (optional)

  1. 展開の種類に対して、検出方法に関する句を 3 つ以上作成します。Create three or more detection method clauses on a deployment type.

  2. 2 つ以上の連続する句を選択した後、 [グループ化] を選択します。Select two or more consecutive clauses, and then select Group. 関連付けた列にかっこが付いて表示されます。これによりグループの開始と終了が示されます。You'll see the parentheses added to the associated columns, which show where the group starts and ends.

    例:Example:

    コネクタConnector (( Clause ))
    MSI 製品コードMSI Product Code
    またはOr (( file1.text が存在するfile1.text exists
    およびAnd file2.txt が存在するfile2.txt exists ))
  3. グループを削除するには、グループ化された句を選択した後、 [グループ化解除] を選択します。To remove the group, select the grouped clauses, and then select Ungroup.

検出方法としてのカスタム スクリプトの使用に関する次のセクションに "進みます"。Continue to the next section on using a custom script as a detection method. または、展開の種類の ユーザー エクスペリエンス オプションまで "スキップします"。Or skip to the User Experience options for the deployment type.

カスタム スクリプトを使用して展開の種類の存在を確認するUse a custom script to check for the presence of a deployment type

  1. [検出方法] ページで、 [カスタム スクリプトを使用してこの展開の種類の存在を検出する] を選択します。On the Detection Method page, select the Use a custom script to detect the presence of this deployment type box. 次に、 [編集] を選択します。Then select Edit.

  2. [スクリプト エディター] ダイアログ ボックスで、次の展開の種類を検出する [スクリプトの種類] を選択します: (PowerShell、VBScript、または JScript) を選択します。In the Script Editor dialog box, select a Script type to detect the deployment type: PowerShell, VBScript, or JScript.

    注意

    Windows PowerShell スクリプトをアプリの検出方法として実行すると、Configuration Manager クライアントが -NoProfile パラメーターを使用して PowerShell を呼び出します。When a Windows PowerShell script runs as a app detection method, the Configuration Manager client calls PowerShell with the -NoProfile parameter. このオプションでは、プロファイルなしで PowerShell が起動されます。This option starts PowerShell without profiles. PowerShell プロファイルは、PowerShell の開始時に実行されるスクリプトです。A PowerShell profile is a script that runs when PowerShell starts.

  3. [スクリプトの内容] ボックスに使用するスクリプトを入力するか、既存のスクリプトの内容を貼り付けます。In the Script contents box, enter the script that you want to use, or paste in the contents of an existing script. 保存されている既存のスクリプトを参照するには、 [開く] を選択します。Choose Open to browse to an existing saved script. [スクリプトの内容] フィールドでテキストを削除するには、 [クリア] を選択します。Select Clear to remove the text in the Script contents field. 必要に応じて、 [64 ビット クライアントで 32 ビット プロセスとしてスクリプトを実行する] オプションを有効にします。If necessary, enable the option to Run script as 32-bit process on 64-bit clients.

    注意

    スクリプトの最大サイズは 32 KB です。The maximum size for a script is 32 KB.

  4. [OK] を選択してスクリプトを保存し、 [スクリプト エディター] ダイアログ ボックスを閉じます。Select OK to save the script and close the Script Editor dialog box. 展開の種類の作成ウィザードに戻ると、 [スクリプトの種類] フィールドと [スクリプトの長さ] フィールドがスクリプトに関する詳細で更新されます。Back on the Create Deployment Type wizard, the Script Type and Script Length fields update with details about your script.

カスタム スクリプトの検出方法についてAbout custom script detection methods

Configuration Manager は、スクリプトの結果を調べます。Configuration Manager checks the results from the script. スクリプトによって標準出力 (STDOUT) ストリーム、標準エラー (STDERR) ストリーム、および終了コードに書き込まれた値を読み取ります。It reads the values written by the script to the standard output (STDOUT) stream, the standard error (STDERR) stream, and the exit code. スクリプトがゼロ以外の値で終了した場合、スクリプトは失敗しており、アプリケーション検出の状態は 不明 です。If the script exits with a non-zero value, the script fails, and the application detection status is Unknown. 終了コードがゼロであり、STDOUT にデータがある場合、アプリケーションの検出状態は インストール済み になります。If the exit code is zero, and STDOUT has data, the application detection status is Installed.

ヒント

検出スクリプトを記述するときに、0 の終了コードを返すが、出力 (STDOUT のデータ) を返さない場合、アプリケーションがインストール済みとして検出されません。When writing a detection script, if you return a zero exit code but don't return output (data in STDOUT), the application will not be detected as installed. 詳細については、次の例を参照してください。For more information, see the following examples.

次の表を使って、スクリプトの出力から、アプリケーションがインストール済みかどうかを確認します。Use the following tables to check whether an application is installed from the output from a script:

ゼロの終了コードZero exit code
STDOUTSTDOUT STDERRSTDERR スクリプトの結果Script result アプリケーション検出状態Application detection state
Empty Empty 成功Success インストールされていないNot installed
Empty 空ではないNot empty 失敗Failure UnknownUnknown
空ではないNot empty Empty 成功Success インストール済みInstalled
空ではないNot empty 空ではないNot empty 成功Success インストール済みInstalled
ゼロ以外の終了コードNon-zero exit code
STDOUTSTDOUT STDERRSTDERR スクリプトの結果Script result アプリケーション検出状態Application detection state
Empty Empty 失敗Failure UnknownUnknown
Empty 空ではないNot empty 失敗Failure UnknownUnknown
空ではないNot empty Empty 失敗Failure UnknownUnknown
空ではないNot empty 空ではないNot empty 失敗Failure UnknownUnknown
Examples

以下の PowerShell/VBScript の例を使用して、独自のアプリケーション検出スクリプトを記述します。Use the following PowerShell/VBScript examples to write your own application detection scripts:

例 1:スクリプトからゼロ以外の終了コードが返されます。Example 1: The script returns an exit code that's not zero. このコードは、スクリプトが正常に実行できなかったことを示します。This code indicates the script failed to run successfully. この場合、アプリケーション検出状態は不明です。In this case, the application detection state is unknown.

Exit 1
WScript.Quit(1)

例 2:スクリプトからゼロの終了コードが返されますが、STDERR の値は空ではありません。Example 2: The script returns an exit code of zero, but the value of STDERR isn't empty. この結果は、スクリプトが正常に実行できなかったことを示します。This result indicates the script failed to run successfully. この場合、アプリケーション検出状態は不明です。In this case, the application detection state is unknown.

Write-Error "Script failed"
Exit 0
WScript.StdErr.Write "Script failed"
WScript.Quit(0)

例 3:ゼロの終了コードが返され、スクリプトが正常に実行されたことが示されます。Example 3: The script returns an exit code of zero, which indicates it ran successfully. しかし、STDOUT の値は空で、アプリケーションがインストールされていないことが示されます。However, the value for STDOUT is empty, which indicates the application isn't installed.

Exit 0
WScript.Quit(0)

例 4:ゼロの終了コードが返され、スクリプトが正常に実行されたことが示されます。Example 4: The script returns an exit code of zero, which indicates it ran successfully. STDOUT の値は空ではなく、アプリケーションがインストールされていることが示されます。The value for STDOUT isn't empty, which indicates the application is installed.

Write-Host "The application is installed"
Exit 0
WScript.StdOut.Write "The application is installed"
WScript.Quit(0)

例 5:ゼロの終了コードが返され、スクリプトが正常に実行されたことが示されます。Example 5: The script returns an exit code of zero, which indicates it ran successfully. STDOUT と STDERR の値は空ではなく、アプリケーションがインストールされていることが示されます。The values for STDOUT and STDERR aren't empty, which indicates the application is installed.

Write-Host "The application is installed"
Write-Error "Completed"
Exit 0
WScript.StdOut.Write "The application is installed"
WScript.StdErr.Write "Completed"
WScript.Quit(0)

展開の種類の ユーザー エクスペリエンス オプションDeployment type User Experience options

これらの設定は、クライアントがデバイスにアプリケーションをインストールする方法と、ユーザーに表示される内容を指定します。These settings specify how the client installs the application on devices, and what the user sees.

[ユーザー側の表示と操作] ページで、次の情報を指定します。On the User Experience page, specify the following information:

  • インストールの動作:ドロップダウン リストから、次のいずれかのオプションを選択します。Installation behavior: In the drop-down list, select one of the following options:

    • ユーザー用にインストール:クライアントでは、アプリケーションの展開先であるユーザーのみを対象としてアプリケーションがインストールされます。Install for user: The client only installs the application for the user to whom you deploy the application.

    • システム用にインストール:クライアントではアプリケーションが 1 回だけインストールされます。Install for system: The client installs the application only once. すべてのユーザーが利用できます。It's available to all users.

    • リソースがデバイスの場合はシステム用に、それ以外の場合はユーザー用にインストールする:アプリケーションをデバイスに展開する場合、クライアントではすべてのユーザーを対象にインストールが行われます。Install for system if resource is device; otherwise, install for user: If you deploy the application to a device, the client installs it for all users. アプリケーションをユーザーに展開する場合、クライアントではそのユーザーのみを対象にインストールが行われます。If you deploy the application to a user, the client only installs it for that user.

  • ログオン要件:次のいずれかのオプションを選択します。Logon requirement: Select one of the following options:

    • ユーザーがログオンしているときのみOnly when a user is logged on

    • ユーザーのログオン状態にかかわらずWhether or not a user is logged on

    • ユーザーがログオンしていないときのみOnly when no user is logged on

      注意

      このオプションの既定値は [ユーザーがログオンしているときのみ] です。This option defaults to Only when a user is logged on. [インストールの動作] ドロップダウン リストで [ユーザー用にインストール] を選んだ場合は、このオプションを変更できません。If you select Install for user in the Installation behavior drop-down list, you can't change this option.

  • インストール プログラムの表示:展開の種類をクライアント デバイスで実行するモードを指定します。Installation program visibility: Specify the mode in which the deployment type runs on client devices. 次のいずれかのオプションを選択します。Select one of the following options:

    • 最大化:展開の種類をクライアント デバイスで最大化して実行します。Maximized: The deployment type runs maximized on client devices. ユーザーにはすべてのインストール動作が表示されます。Users see all installation activity.

    • 通常:展開の種類をシステムとプログラムの既定のモードで実行します。Normal: The deployment type runs in the normal mode based on system and program defaults. このモードが既定値です。This mode is the default.

    • 最小化:展開の種類をクライアント デバイスで最小化して実行します。Minimized: The deployment type runs minimized on client devices. ユーザーは通知エリアまたはタスクバーでインストール動作を確認できます。Users might see the installation activity in the notification area or taskbar.

    • 非表示:クライアント デバイスで展開の種類を非表示にします。Hidden: The deployment type runs hidden on client devices. ユーザーにはインストール動作が表示されません。Users see no installation activity.

  • プログラムのインストールの表示および対話をユーザーに許可する:展開の種類のインストールで、ユーザーがインストール オプションをセットアップできるようにするかどうかを指定します。Allow users to view and interact with the program installation: Specify whether a user can interact with the deployment type installation to set up the installation options.

    [インストールの動作] ドロップダウン リストで [ユーザー用にインストール] オプションを選んだ場合、このオプションは既定で有効になります。If you selected the Install for user option in the Installation behavior drop-down list, this option is enabled by default.

    重要

    [システム用にインストールする] 動作を選んだ場合、この設定は省略可能です。When you select the Install for system behavior, this setting is optional. この変更は主として、ユーザーがタスク シーケンスの間にインストールと対話できるようにするためです。This change is primarily to allow an end user to interact with the installation during a task sequence. たとえば、さまざまなオプションの入力をエンド ユーザーに求めるセットアップ プロセスを実行します。For example, to run a setup process that prompts the end user for various options. 一部のアプリケーション インストーラーでは、ユーザー プロンプトを消せなかったり、インストール プロセスでユーザーだけが知っている特定の構成値が求められたりする場合があります。Some application installers can't have user prompts silenced, or the installation process may require specific configuration values only known to the user.

    システム コンテキストでインストールし、インストールの操作をユーザーに許可することは、セキュリティで保護された構成ではありません。Installing in system context and allowing users to interact with the installation isn't a secure configuration. 詳細については、「アプリケーション管理に関するセキュリティとプライバシー」をご覧ください。For more information, see security and privacy for application management.

  • 許容最長実行時間 (分) :クライアント コンピューターで展開の種類を実行できる最長時間 (分単位) を指定します。Maximum allowed run time (minutes): Specify the maximum time in minutes that you expect the deployment type to run on the client computer. この設定はゼロより大きい整数として指定します。Specify this setting as a whole number greater than zero. 既定値は 120 分 (2 時間) です。The default value is 120 minutes (two hours).

    この値は次の操作で使用します。Use this value for the following actions:

    • 展開の種類の結果を監視するため。To monitor the results from the deployment type.

    • クライアント デバイスでメンテナンス期間を定義する場合に、展開の種類をインストールするかどうかを確認するため。To check whether a deployment type is installed when you define maintenance windows on client devices. メンテナンス期間が設定されている場合は、 [許可最長実行時間] で指定した時間が、メンテナンス期間の残りに収まる場合にのみ、展開の種類が起動します。When a maintenance window is in place, a deployment type only starts if enough time is available in the maintenance window to accommodate the Maximum Allowed Run Time setting.

      重要

      スケジュールされているメンテナンス期間より [許可最長実行時間] が長い場合は、競合が発生することがあります。A conflict might occur if the Maximum allowed run time is longer than the scheduled maintenance window. ユーザーが最長実行時間をメンテナンス期間より長く設定した場合は、その展開の種類は実行されません。If the user sets the maximum run time to a period greater than the length of any available maintenance window, that deployment type doesn't run.

  • インストールの推定時間 (分) :展開の種類の推定インストール時間を指定します。Estimated installation time (minutes): Specify the estimated installation time of the deployment type. ソフトウェア センターではこの時間がユーザーに表示されます。Users see this time in Software Center.

展開の種類プロパティの ユーザー エクスペリエンス オプションDeployment type properties User Experience options

展開の種類のプロパティを表示すると、 [ユーザー エクスペリエンス] タブにのみ次のオプションが示されます。When you view the properties of a deployment type, the following options appear only on the User Experience tab:

特定のインストール後の動作を適用します。Enforce specific post-installation behavior. 次のいずれかのオプションを選択します。Select one of the following options:

  • リターン コードを基に動作を決定する:[リターン コード] タブで構成されたコードに基づいて、再起動を処理します。ソフトウェア センターには、"再起動を必要とする可能性がある" ことを示すメッセージが表示されます。Determine behavior based on return codes: Handle reboots based on the codes configured on the Return Codes tab. Software Center displays Might Require a Reboot. インストール中にユーザーがサインインすると、展開の ユーザー エクスペリエンス構成に応じて、プロンプトが表示されます。If a user is signed in during the install, they're prompted depending on the deployment's User Experience configuration.

  • 何もしない:インストール後の再起動は不要です。No specific action: No reboot required after installation. ソフトウェア センターでは、再起動は不要と報告されます。Software Center reports that no reboot is required.

  • ソフトウェア インストール プログラムによってデバイスの再起動が強制実行されるようにする:Configuration Manager で再起動の制御や開始を行うことはありませんが、実際のインストールでは警告なしでこれらが行われる場合があります。The software install program might force a device restart: Configuration Manager doesn't control or initiate a reboot, but the actual installation might do so without warning. インストーラーでの再起動の開始時に Configuration Manager がインストールの失敗を報告しないようにする場合は、この設定を使用します。Use this setting to prevent Configuration Manager from reporting installation failure when the installer initiates a reboot. ソフトウェア センターには、"再起動を必要とする可能性がある" ことを示すメッセージが表示されます。Software Center displays Might Require a Reboot.

  • 構成マネージャー クライアントによって、デバイスの必須の再起動が強制実行されるようにする:インストールが正常に行われてから、Configuration Manager によってデバイスの再起動が強制実行されます。Configuration Manager client will force a mandatory device restart: Configuration Manager forces a device reboot after successful installation. ソフトウェア センターでは、再起動が必要であることが報告されます。Software Center reports that a reboot is required. インストール中にユーザーがサインインすると、展開の ユーザー エクスペリエンス構成に応じて、プロンプトが表示されます。If a user is signed in during the install, they're prompted depending on the deployment's User Experience configuration.

展開の種類の 要件Deployment type Requirements

Configuration Manager では、展開の種類のインストールの前に、デバイスでこれらの要件が確認されます。Configuration Manager verifies these requirements on devices before installing the deployment type. 要件を使用して、このアプリケーションを受信するデバイスまたはユーザーをさらに絞り込み、制御します。Use requirements to further refine and control the devices or users that receive this application. たとえば、ユーザー コレクションにアプリケーションを展開する場合は、ここでアプリのハードウェア要件を指定します。For example, if you deploy the application to a user collection, specify the app's hardware requirements here.

  1. [要件] ページで、 [追加] を選択して [要件の作成] ダイアログ ボックスを開きます。On the Requirements page, select Add to open the Create Requirement dialog box.

  2. [カテゴリ] ドロップダウン リストで、この要件が デバイスユーザー のどちらに対するものかを選びます。In the Category drop-down list, select whether this requirement is for a Device or a User.

    前に作成したグローバル条件を使うには、 [カスタム] を選びます。Select Custom to use a previously created global condition. [カスタム] を選択した場合は、 [作成] を選択して新しいグローバル条件を作成することもできます。When you select Custom, you can also choose Create to create a new global condition. グローバル条件の詳細については、「グローバル条件を作成する方法」を参照してください。For more about global conditions, see How to create global conditions.

    重要

    アプリケーションをデバイス コレクションに展開する場合、クライアントはカテゴリ [ユーザー] と条件 [プライマリ デバイス] の要件を無視します。If you deploy the application to a device collection, the client ignores any requirement of the category User and the condition Primary Device.

  3. [条件] ドロップダウン リストで、ユーザーまたはデバイスがインストール要件を満たしているかどうかを評価するための条件を選択します。In the Condition drop-down list, select the condition to assess whether the user or device meets the installation requirements. この一覧の内容は、選択したカテゴリによって異なります。The contents of this list vary depending on the selected category.

  4. [演算子] ドロップダウン リストで、使う演算子を選びます。In the Operator drop-down list, select the operator to use. この演算子は、選んだ条件と指定した値を比較します。This operator compares the selected condition to the specified value. ユーザーまたはデバイスがインストール要件を満たしているかどうかが評価されます。It assesses whether the user or device meets the installation requirement. 利用可能な演算子は選択された条件によって異なります。The available operators vary depending on the selected condition. One Of 演算子を使用する場合、[値] フィールドでは行ごとに 1 つのエントリを入力する必要があることが検証されます。When using the One Of operator, the Values field has validation that you have to enter one entry per row.

    注意

    使用できる要件は、展開の種類で使用するデバイスの種類によって異なります。The available requirements differ depending on the device type that the deployment type uses.

  5. [値] ボックスで、比較に使用する値を指定します。In the Value box, specify the values to use for comparison. これらの値と、選んだ条件および演算子により、ユーザーまたはデバイスがインストール要件を満たすかどうかが評価されます。These values, along with the selected condition and operator, evaluate whether the user or device meets the installation requirements. 利用可能な値は選択された条件および選択された演算子によって異なります。The available values vary depending on the selected condition and the selected operator.

  6. [OK] を選択して要件を保存し、 [要件の作成] ダイアログ ボックスを閉じます。Choose OK to save the requirement and close the Create Requirement dialog box.

展開の種類の 依存関係Deployment type Dependencies

依存関係では、クライアントでこの展開の種類をインストールする前にインストールする必要がある、別のアプリケーションからの 1 つまたは複数の展開の種類が定義されます。Dependencies define one or more deployment types from another application that the client must install before it installs this deployment type.

重要

展開の種類が別の展開の種類と依存関係にあり、この別の展開の種類にも依存関係がある場合があります。In some cases, a deployment type is dependent on a deployment type that also has dependencies. チェーンでサポートされる依存関係の最大数は 5 つです。The maximum number of supported dependencies in the chain is five.

  1. [依存関係] ページで、 [追加] を選択します。On the Dependencies page, select Add.

  2. [依存関係の追加] ウィンドウで、依存関係グループの名前 を入力します。In the Add Dependency window, enter the Dependency group name. この名前は、このアプリケーションの依存関係グループを指します。This name refers to this group of application dependencies.

  3. [依存関係の追加] ウィンドウで、 [追加] を選択します。In the Add Dependency window, select Add.

  4. [必須アプリケーションの指定] ウィンドウで、依存関係として使用する利用可能なアプリケーションとその展開の種類を 1 つ以上選択します。In the Specify Required Application window, select an available application and at least one of its deployment types to use as a dependency.

    ヒント

    [表示] を選択して、選択したアプリケーションまたは展開の種類のプロパティを表示します。Select View to display the properties of the selected application or deployment type.

  5. [OK] を選択して [必須アプリケーションの指定] ウィンドウを閉じます。Select OK to close the Specify Required Application window.

  6. クライアントで依存アプリケーションを自動的にインストールする場合は、依存関係の横にある [自動インストール] を選択します。If you want the client to automatically install the dependent application, select Auto Install next to the dependency.

    注意

    クライアントで自動的にインストールする場合は、ユーザーが依存アプリケーションを展開する必要はありません。You don't need to deploy a dependent application for the client to automatically install it.

  7. 複数の依存関係を追加する場合は、 [優先順位を上げる] ボタンと [優先順位を下げる] ボタンを使用します。If you add more than one dependency, use the Increase Priority and Decrease Priority buttons. これらのアクションは、クライアントが各依存関係を評価する順序を変更します。These actions change the order in which the client evaluates each dependency.

  8. [OK] を選択して [依存関係の追加] ウィンドウを閉じます。Select OK to close the Add Dependency window.

展開の種類の リターン コードDeployment type Return Codes

注意

展開の種類の作成ウィザードにこのページはありません。This page isn't in the Create Deployment Type wizard. 既存の展開の種類のプロパティのタブのみです。It's only a tab on the properties of an existing deployment type.

展開の種類が完了したら、動作を制御するリターン コードを指定します。Specify return codes to control behaviors after the deployment type completes. たとえば、再起動が必要であることや、インストールが完了したことを通知します。For example, signal that a restart is required, the installation is complete.

  1. 展開の種類のプロパティ ウィンドウの [リターン コード] タブで、 [追加] を選択します。On the Return Codes tab of the deployment type properties window, select Add.

  2. [リターン コードの追加] ウィンドウで、この展開の種類に必要な [リターン コードの値] を指定します。In the Add Return Code window, specify the Return Code Value that you expect from this deployment type. この値は、-2147483648 から 2147483647 までの正または負の整数です。This value is any positive or negative integer between -2147483648 and 2147483647.

  3. ドロップダウン リストから [コードの種類] を選択します。Select a Code Type from the drop-down list. この設定では、この展開の種類からの指定されたリターン コードを Configuration Manager でどのように解釈されるかを定義します。This setting defines how Configuration Manager interprets the specified return code from this deployment type. 利用可能な種類は、展開の種類のテクノロジによって異なります。The available types vary based on the deployment type technology.

    • 成功 (リブートなし) :展開の種類は正常にインストールされており、再起動は必要ありません。Success (no reboot): The deployment type successfully installed, and no reboot is necessary.

    • 失敗 (リブートなし) :展開の種類のインストールに失敗しました。Failure (no reboot): The deployment type failed to install.

    • ハード リブート:展開の種類は正常にインストールされていますが、デバイスの再起動が必要になります。Hard Reboot: The deployment type successfully installed, but requires the device to restart. デバイスが再起動されるまでは、他に何もインストールできません。Nothing else can be installed until the device restarts.

    • ソフト リブート:展開の種類は正常にインストールされていますが、デバイスの再起動が要求されます。Soft Reboot: The deployment type successfully installed, but requests the device to restart. デバイスが再起動する前に、他のインストールが行われることがあります。Other installations can occur before the device restarts.

    • 高速リトライ:デバイス上で既に別のインストールが進行中です。Fast Retry: Another installation is already in progress on the device. クライアントでは 2 時間ごとに合計で 10 回、再試行されます。The client retries every two hours, for a total of 10 times.

  4. 必要に応じて、このリターン コードの [名前][説明] を入力します。Optionally, enter a Name and Description for this return code.

  5. [OK] を選択し、[リターン コードの追加] ウィンドウを閉じます。Select OK to close the Add Return Code window.

例: 0 以外での成功Example: non-zero success

アプリケーションが正常にインストールされたときに 1 の終了コードを返すアプリケーションを展開します。You're deploying an application that returns an exit code of 1 when it successfully installs. 既定では、Configuration Manager でこのゼロ以外のリターン コードが失敗として検出されます。By default, Configuration Manager detects this non-zero return code as a failure. 1 のリターン コード値を指定するか、 [成功 (リブートなし)] のコードの種類を選択します。Specify the Return Code Value of 1, and select the Code Type of Success (no reboot). これで Configuration Manager では、この展開の種類について、そのリターン コードが成功と解釈されます。Now Configuration Manager interprets that return code as a success for this deployment type.

既定のリターン コードDefault return codes

いくつかの展開の種類を作成するときに、Configuration Manager では、そのテクノロジに共通する以下のリターン コードが自動的に追加されます。When you create some deployment types, Configuration Manager automatically adds the following return codes that are common to that technology:

Windows インストーラー (*.msi ファイル)Windows Installer (*.msi file)
Value コードの種類Code Type
00 成功 (リブートなし)Success (no reboot)
17071707 成功 (リブートなし)Success (no reboot)
30103010 ソフト リブートSoft Reboot
16411641 ハード リブートHard Reboot
16181618 高速リトライFast Retry
スクリプト インストーラーScript Installer
Value コードの種類Code Type
00 成功 (リブートなし)Success (no reboot)
16411641 ハード リブートHard Reboot
30103010 ソフト リブートSoft Reboot
16181618 高速リトライFast Retry
Windows アプリケーション パッケージ (*.appx、*.appxbundle、*.msix、*.msixbundle)Windows app package (*.appx, *.appxbundle, *.msix, *.msixbundle)
Value コードの種類Code Type
1560515605 高速リトライFast Retry
1561815618 高速リトライFast Retry

App-V の展開の種類の追加オプションAdditional options for App-V deployment types

仮想アプリケーション (App-V) 用の展開の種類に固有である追加オプションを構成します。Configure additional options that are unique to deployment types for virtual applications (App-V).

App-V の展開の種類の コンテンツ オプションApp-V deployment type Content options

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [アプリケーション管理] を展開して [アプリケーション] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Application Management, and select the Applications node.

  2. App-V の展開の種類のアプリケーションを選択し、 [プロパティ] を選択します。Select an application with an App-V deployment type, and select Properties.

  3. アプリケーションのプロパティで、 [展開の種類] タブに切り替えます。App-V の展開の種類を選択して、 [編集] を選択します。In the application properties, switch to the Deployment Types tab. Select the App-V deployment type, and select Edit.

  4. 展開の種類のプロパティで、 [コンテンツ] タブに切り替えます。必要に応じて、次のオプションを構成します。In the deployment type properties, switch to the Content tab. Configure the following options as necessary:

    • クライアント キャッシュの内容を保持する:構成マネージャー クライアントでは、そのキャッシュからこの展開の種類のコンテンツが削除されません。Persist content in the client cache: The Configuration Manager client won't delete from its cache the content for this deployment type.

    • 起動前にコンテンツを App-V キャッシュに読み込む:アプリケーションの起動前に、構成マネージャー クライアントで、この展開の種類用のすべてのコンテンツが App-V キャッシュに読み込まれます。Load content into App-V cache before launch: Before the application starts, the Configuration Manager client loads into the App-V cache all content for this deployment type. クライアントではキャッシュ内のコンテンツはピン留めされません。The client doesn't pin the content in the cache. 必要に応じてコンテンツが削除されます。It deletes the content as necessary.

  5. [OK] を選択して、展開の種類のプロパティを閉じます。Select OK to close the deployment type properties. その後、 [OK] を選択してアプリケーションのプロパティを閉じます。Then select OK to close the application properties.

App-V の展開の種類の 発行 オプションApp-V deployment type Publishing options

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [アプリケーション管理] を展開して [アプリケーション] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Application Management, and select the Applications node.

  2. App-V の展開の種類のアプリケーションを選択し、 [プロパティ] を選択します。Select an application with an App-V deployment type, and select Properties.

  3. アプリケーションのプロパティで、 [展開の種類] タブに切り替えます。App-V の展開の種類を選択して、 [編集] を選択します。In the application properties, switch to the Deployment Types tab. Select the App-V deployment type, and select Edit.

  4. 展開の種類のプロパティで、 [発行] タブに切り替えます。発行する仮想アプリケーションの項目を選択します。In the deployment type properties, switch to the Publishing tab. Select the items in the virtual application that you want to publish.

  5. [OK] を選択して、展開の種類のプロパティを閉じます。Select OK to close the deployment type properties. その後、 [OK] を選択してアプリケーションのプロパティを閉じます。Then select OK to close the application properties.

アプリケーションをインポートするImport an application

アプリケーションを Configuration Manager にインポートするには、次の手順を使用します。Use the following procedure to import an application into Configuration Manager:

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [アプリケーション管理] を展開して [アプリケーション] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Application Management, and select the Applications node.

  2. リボンの [ホーム] タブにある [作成] グループで、 [アプリケーションのインポート] を選択します。In the ribbon, on the Home tab and the Create group, select Import Application.

  3. アプリケーションのインポート ウィザードの [全般] ページで、インポートする ファイル へのネットワーク パスを指定します。On the General page of the Import Application Wizard, specify the network path to the File to import. たとえば、\\server\share\file.zip となります。For example, \\server\share\file.zip. このファイルは、エクスポートされた Configuration Manager アプリケーションの有効な圧縮アーカイブ (ZIP 形式) です。This file is a valid compressed archive (ZIP format) of an exported Configuration Manager application.

  4. [ファイルのコンテンツ] ページで、このアプリケーションが既存のアプリケーションと重複している場合に行う操作を選びます。On the File Content page, select the action to take if this application is a duplicate of an existing application. 新しいアプリケーションを作成するか、重複を無視して既存のアプリケーションに新しいバージョンを追加します。Create a new application, or ignore the duplicate and add a new revision to the existing application.

  5. [概要] ページで、操作を確認し、ウィザードを終了します。On the Summary page, review the actions, and then finish the wizard.

新しいアプリケーションは [アプリケーション] ノードに表示されます。The new application appears in the Applications node.

ヒント

Windows PowerShell コマンドレットの Import-CMApplication は、上の手順と同じ機能があります。The Windows PowerShell cmdlet Import-CMApplication has the same function as this procedure. 詳細については、「Import-CMApplication」をご覧ください。For more information, see Import-CMApplication.

アプリケーションのエクスポート方法の詳細については、アプリケーションの管理タスクに関するページを参照してください。For more information about how to export an application, see Management tasks for applications.

サポートされる展開の種類Supported deployment types

Configuration Manager では、アプリケーションに対して次の種類の展開がサポートされています。Configuration Manager supports the following deployment types for applications:

展開の種類名Deployment type name [説明]Description
Windows インストーラー (*.msi ファイル)Windows Installer (*.msi file) Windows インストーラー ファイル。A Windows Installer file.
Windows アプリケーション パッケージ (*.appx、*.appxbundle、*.msix、*.msixbundle)Windows app package (*.appx, *.appxbundle, *.msix, *.msixbundle) Windows アプリケーション パッケージ ファイル (.appx)、Windows アプリ バンドル パッケージ (.appxbundle)、Windows 10 アプリケーション パッケージ (.msix)、または Windows 10 アプリケーション バンドル (.msixbundle)。A Windows app package file (.appx), a Windows app bundle package (.appxbundle), a Windows 10 app package (.msix), or Windows 10 app bundle (.msixbundle).
Windows アプリケーション パッケージ (Windows ストア内)Windows app package (in the Windows Store) Windows ストア内のアプリへのリンクを指定するか、ストアでアプリを参照して選びます。注 1Specify a link to the app in the Windows Store, or browse the store to select the app.Note 1
スクリプト インストーラーScript Installer コンテンツをインストールするか操作を行うために、Windows クライアントで実行されるスクリプトまたはプログラムを指定します。Specify a script or program that runs on Windows clients to install content or to do an action. setup.exe インストーラー、またはスクリプト ラッパーでは、この展開の種類を使用します。Use this deployment type for setup.exe installers or script wrappers.
Microsoft Application Virtualization 4Microsoft Application Virtualization 4 Microsoft App-V v4 のマニフェスト。A Microsoft App-V v4 manifest.
Microsoft Application Virtualization 5Microsoft Application Virtualization 5 Microsoft App-V v5 パッケージ ファイル。A Microsoft App-V v5 package file.
Windows Phone アプリケーション パッケージ (*.xap ファイル)Windows Phone app package (*.xap file) Windows Phone アプリ パッケージ ファイル。A Windows Phone app package file.
Windows Phone アプリケーション パッケージ (Windows Phone ストア内)Windows Phone app package (in the Windows Phone Store) Windows ストア内のアプリへのリンクを指定します。Specify a link to the app in the Windows Store.
macOS XmacOS X 構成マネージャー クライアントが実行されている macOS コンピューターの場合。For macOS computers running the Configuration Manager client. CMAppUtil ツールを使用して、.cmmac ファイルを作成します。Create a .cmmac file with the CMAppUtil tool.
Web アプリケーションWeb Application Web アプリケーションへのリンクを指定します。Specify a link to a web application. この展開の種類では、ユーザーのデバイスに Web アプリケーションへのショートカットをインストールします。This deployment type installs a shortcut to the web application on the user's device.
MDM を介した Windows インストーラー (*.msi)Windows Installer through MDM (*.msi) Windows インストーラー ベースのアプリを作成し、Windows 10 デバイスに展開します。Create and deploy Windows Installer-based apps to Windows 10 devices. 詳細については、「MDM 登録済みの Windows 10 デバイスに Windows インストーラー アプリを展開する」を参照してください。For more information, see Deploy Windows Installer apps to MDM-enrolled Windows 10 devices.
タスク シーケンスTask sequence バージョン 2002 以降では、タスク シーケンスを使用して複雑なアプリケーションをインストールまたはアンインストールします。Starting in version 2002, install or uninstall complex applications using task sequences. 詳細については、「タスク シーケンスの展開の種類」を参照してください。For more information, see Task sequence deployment type.

注意

Configuration Manager コンソールには、他の展開の種類が表示される場合がありますが、これらはサポートされなくなったプラットフォーム用です。The Configuration Manager console may display other deployment types, but they are for platforms that are no longer supported. 詳細については、「ハイブリッド MDM はどうなりましたか?」を参照してください。For more information, see What happened to hybrid?.

注 1:Windows アプリケーション パッケージ (Windows ストア内)Note 1: Windows app package (in the Windows Store)

アプリを Windows ストアへのリンクとして展開するには、グループ ポリシーの [ストア アプリケーションをオフにする] を構成します。To deploy the app as a link to the Windows Store, configure the group policy Turn off the Store application. このポリシーを [無効] または [未構成] に設定します。Set this policy to Disabled or Not configured. この設定を有効にした場合、クライアントでは、アプリケーションのダウンロードとインストールを行うために Windows ストアに接続することができません。If you enable this setting, clients can't connect to the Windows Store to download and install applications.

Windows クライアントでは常に、ストアへのリンクを使用する展開の種類が他の展開の種類より前に評価されます。Windows clients always evaluate deployment types that use a link to a store before other deployment types. その後、クライアントでは優先度順に展開の種類が評価されます。Then the client evaluates deployment types by priority.

ヒント

一部のストア リンクでは、アプリケーションの作成ウィザードで次のエラーが発生することがあります: "アプリケーションが無効です"。Some store links may cause the following error in the Create Application Wizard: "Invalid Application link". たとえば、一部のストアの おすすめアプリ で、このエラーが発生することがあります。For example, some store Featured Apps may cause this error. この場合でも、ウィザードの [全般] ページで [次へ] を選択できます。You can still select Next on the General page of the wizard. Configuration Manager でアプリが正しく作成され、問題なく展開できます。Configuration Manager successfully creates the app, and you can successfully deploy it.

次のステップNext steps

Configuration Manager でアプリケーションを作成した後、次のステップではアプリケーションを展開します。After creating an application in Configuration Manager, the next step is to deploy the application.

バージョン 1906 以降では、1 つの展開としてユーザーまたはデバイス コレクションに送信できるアプリケーションのグループを作成します。Starting in version 1906, create a group of applications that you can send to a user or device collection as a single deployment. 詳しくは、「アプリケーション グループの作成」をご覧ください。For more information, see Create application groups.

さまざまな OS プラットフォームでのアプリケーションの作成の詳細については、以下の記事を参照してください。For more information about creating applications on different OS platforms, see the following articles: