Configuration Manager で Windows アプリケーションを作成するCreate Windows applications in Configuration Manager

適用対象:Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

アプリケーションを作成するための Configuration Manager の他の要件と手順に加えて、Windows デバイス用アプリケーションを作成および展開するときには次の考慮事項について検討します。In addition to the other Configuration Manager requirements and procedures for creating an application, also take the following considerations into account when you create and deploy applications for Windows devices.

一般的な考慮事項General considerations

Configuration Manager では、Windows 8.1 および Windows 10 デバイスの Windows アプリ パッケージ (.appx) 形式とアプリバンドル (.appxbundle) 形式の展開がサポートされています。Configuration Manager supports the deployment of Windows app package (.appx) and app bundle (.appxbundle) formats for Windows 8.1 and Windows 10 devices.

Configuration Manager コンソールでアプリケーションを作成するときは、アプリケーション インストール ファイルの [種類] として [Windows アプリケーション パッケージ (*.appx、*.appxbundle、* msix、*.msixbundle)] を選択します。When you create an application in the Configuration Manager console, select the application installation file Type as Windows app package (*.appx, *.appxbundle, *.msix, *.msixbundle). 一般にアプリを作成する方法の詳細については、アプリケーションの作成に関するページを参照してください。For more information on creating apps in general, see Create applications. MSIX 形式の詳細については、「Support for MSIX format」 (MSIX 形式のサポート) を参照してください。For more information on the MSIX format, see Support for MSIX format.

注意

Configuration Manager の新機能を利用するには、最初にクライアントを最新バージョンに更新します。To take advantage of new Configuration Manager features, first update clients to the latest version. サイトとコンソールを更新すると Configuration Manager コンソールに新しい機能が表示されますが、クライアントのバージョンも最新になるまでは完全なシナリオは機能しません。While new functionality appears in the Configuration Manager console when you update the site and console, the complete scenario isn't functional until the client version is also the latest.

デバイス上のすべてのユーザーに対して Windows アプリ パッケージをプロビジョニングするProvision Windows app packages for all users on a device

デバイス上のすべてのユーザーに対して、Windows アプリ パッケージを含むアプリケーションをプロビジョニングします。Provision an application with a Windows app package for all users on the device. このシナリオの 1 つの一般的な例では、ある学校の生徒が使用するすべてのデバイスに、Minecraft:Education Edition などの、ビジネス向け Microsoft Store および教育機関向け Microsoft Store からアプリをプロビジョニングします。One common example of this scenario is provisioning an app from the Microsoft Store for Business and Education, like Minecraft: Education Edition, to all devices used by students in a school. これまでは、Configuration Manager では、これらのアプリケーションのユーザーごとのインストールのみがサポートされていました。Previously, Configuration Manager only supported installing these applications per user. 新しいデバイスにサインインした後、学生はアプリにアクセスするまで待機する必要があります。After signing in to a new device, a student would have to wait to access an app. これからは、すべてのユーザー用のデバイスにアプリがプロビジョニングされている場合、より迅速に生産性を高めることができます。Now when the app is provisioned to the device for all users, they can be productive more quickly.

重要

予期しない結果になる場合があるため、1 つのデバイス上で同じ Windows アプリ パッケージの異なるバージョンのインストール、プロビジョニング、および更新を行う際には注意してください。Be careful with installing, provisioning, and updating different versions of the same Windows app package on a device, which may cause unexpected results. この動作は、Configuration Manager を使用してアプリをプロビジョニングするが、ユーザーに Microsoft Store からのアプリの更新を許可する場合に発生する可能性があります。This behavior may occur when using Configuration Manager to provision the app, but then allowing users to update the app from the Microsoft Store. 詳細については、ビジネス向け Microsoft Store からアプリを管理する場合の「次のステップ」のガイダンスを参照してください。For more information, see the next step guidance when you Manage apps from the Microsoft Store for Business.

オフライン アプリを構成マネージャー クライアントを使用した Windows 10 デバイスに展開する場合、Configuration Manager の展開の外部のアプリケーションをユーザーが更新できないようにしてください。When deploying offline apps to Windows 10 devices with the Configuration Manager client, don't allow users to update applications external to Configuration Manager deployments. オフライン アプリの更新の制御は、教室などのマルチ ユーザー環境で特に重要です。Control of updates to offline apps is especially important in multi-user environments such as classrooms. 詳細については、「Configuration Manager を使用してビジネス向けおよび教育機関向け Microsoft Store のアプリを管理する」を参照してください。For more information, see Manage apps from the Microsoft Store for Business and Education with Configuration Manager.

Configuration Manager では、Windows 10 のすべてのサポート対象バージョンでのアプリのプロビジョニングがサポートされています。Configuration Manager supports app provisioning on all supported versions of Windows 10.

この機能に対して Windows アプリ展開の種類を構成するには、オプション [このアプリケーションをデバイス上のすべてのユーザーにプロビジョニングする] を有効にします。To configure a Windows app deployment type for this feature, enable the option to Provision this application for all users on the device. 詳細については、「Create applications」 (アプリケーションを作成する) を参照してください。For more information, see Create applications.

注意

ユーザーが既にサインオンしているデバイスからプロビジョニングされたアプリケーションをアンインストールする必要がある場合は、2 つのアンインストール展開を作成する必要があります。If you need to uninstall a provisioned application from devices to which users have already signed on, you need to create two uninstall deployments. 1 つ目のアンインストール展開は、デバイスを含むデバイス コレクションを対象とします。Target the first uninstall deployment to a device collection that contains the devices. 2 つ目のアンインストール展開は、アプリケーションがプロビジョニングされているデバイスに既にサインオンしているユーザーを含むユーザー コレクションを対象とします。Target the second uninstall deployment to a user collection that contains the users who have already signed on to devices with the provisioned application. デバイスのプロビジョニングされているアプリをアンインストールしても、Windows では、現在、そのユーザーのアプリはアンインストールされません。When uninstalling a provisioned app on a device, Windows currently doesn't uninstall that app for users as well.

MSIX 形式のサポートSupport for MSIX format

Configuration Manager では、Windows 10 のアプリ パッケージ (.msix) 形式とアプリ バンドル (.msixbundle) 形式がサポートされます。Configuration Manager supports the Windows 10 app package (.msix) and app bundle (.msixbundle) formats. Windows 10 バージョン 1809 以降で、これらの形式がサポートされています。Windows 10 version 1809 or later support these formats.

アプリケーションを MSIX に変換するConvert applications to MSIX

既存の Windows インストーラー (.msi) アプリケーションを MSIX 形式に変換します。Convert your existing Windows Installer (.msi) applications to the MSIX format.

MSIX の前提条件Prerequisites for MSIX

  • Windows 10 バージョン 1809 以降を実行している参照デバイスA reference device running Windows 10 version 1809 or later

  • ローカル管理者権限を持つユーザーとしてこのデバイスの Windows にサインインしますSign in to Windows on this device as a user with local administrative rights

  • 次のアプリをこのデバイスにアンインストールしますInstall the following apps on this device:

このデバイスには、他のアプリやサービスをインストールしないでください。Don't install any other apps or services on this device. これは参照システムです。It's your reference system.

アプリケーションを MSIX 形式に変換するプロセスProcess to convert applications to MSIX format

  1. 管理者特権で Configuration Manager コンソールにアクセスし、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [アプリケーション管理] を展開して [アプリケーション] ノードを選択します。Elevate the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Application Management, and select the Applications node.

  2. 展開の種類が Windows インストーラー (.msi) であるアプリケーションを選択します。Select an application that has a Windows Installer (.msi) deployment type.

    注意

    参照デバイスからアプリケーションのソース コンテンツにアクセスできる必要があります。You need to be able to access the application's source content from the reference device.

    アプリケーションの名前に特殊文字が含まれていてはなりません。The application's name can't have any special characters. Configuration Manager では、出力ファイルの名前としてアプリ名が使用されます。Configuration Manager uses the app name as the name of the output file.

    このアプリケーションを参照デバイスに事前にインストールしないでください。Don't install this application on the reference device in advance.

  3. リボンの [Convert to .MSIX](.MSIX に変換) を選択します。Select Convert to .MSIX in the ribbon.

ウィザードが完了すると、MSIX Packaging Tool によって、ウィザードで指定した場所に MSIX ファイルが作成されます。When the wizard completes, the MSIX Packaging Tool creates an MSIX file in the location you specified in the wizard. このプロセスの間に、Configuration Manager によって参照デバイスにアプリケーションがサイレント モードでインストールされます。During this process, Configuration Manager silently installs the application on the reference device.

プロセスが失敗した場合、概要ページに詳細情報を含むログ ファイルが示されます。If the process fails, the summary page points to the log file with more information. ユーザー状態のキャプチャに関するエラーがある場合は、Windows からサインアウトします。If there's an error about capturing user state, sign out of Windows. もう一度サインインすると、この問題が解決する可能性があります。Signing in again may resolve this issue.

この MSIX アプリを使用するには、クライアントによって信頼されるように、最初にデジタル署名する必要があります。To use this MSIX app, you first need to digitally sign it so that clients trust it. このプロセスについて詳しくは、以下の記事をご覧ください。For more information on this process, see the following articles:

アプリに署名した後、Configuration Manager でアプリケーションに新しい展開の種類を作成します。After signing the app, create a new deployment type on the application in Configuration Manager. 詳細については、「アプリケーションの展開の種類を作成する」を参照してください。For more information, see Create deployment types for the application.

タスク シーケンスの展開の種類Task sequence deployment type

注意

このバージョンの Configuration Manager では、タスク シーケンスの展開の種類はプレリリース機能です。In this version of Configuration Manager, the task sequence deployment type is a pre-release feature. これを有効にする場合は、「プレリリース機能」を参照してください。To enable it, see Pre-release features.

バージョン 2002 以降では、アプリケーション モデルを介してタスク シーケンスを使用し、複雑なアプリケーションをインストールできます。Starting in version 2002, you can install complex applications using task sequences via the application model. アプリのインストールまたはアンインストールのいずれかのために、タスク シーケンスの展開の種類をアプリに追加します。Add a task sequence deployment type to an app either to install or uninstall the app. この展開の種類によって、以下の動作を提供します。This deployment type provides the following behaviors:

  • ソフトウェア センターにアイコンでアプリ タスク シーケンスを表示する。Display the app task sequence with an icon in Software Center. ユーザーは、このアイコンによってアプリ タスク シーケンスを見つけて識別しやすくなります。An icon makes it easier for users to find and identify the app task sequence.

  • ローカライズされた情報を含むアプリ タスク シーケンスのメタデータを追加で定義するDefine additional metadata for the app task sequence, including localized information

  • バージョン 2010 より、ユーザー コレクションにアプリ タスク シーケンスを展開するStarting in version 2010, deploy an app task sequence to a user collection

アプリには、OS 展開のタスク シーケンスを除く展開の種類しか追加できません。You can only add a non-OS deployment task sequence as a deployment type on an app. 影響の大きいタスク シーケンス、OS 展開のタスク シーケンス、OS アップグレード タスク シーケンスはサポートされていません。High-impact, OS deployment, or OS upgrade task sequences aren't supported. ユーザーをターゲットとする展開は、ローカル システム アカウントのコンテキストで引き続き実行されます。A user-targeted deployment still runs in the context of the local System account.

この展開の種類をアプリに追加するときには、 [タスク シーケンス] ページでプロパティを構成します。When you add this deployment type to an app, configure its properties on the Task Sequence page. 詳細については、「展開の種類の [タスク シーケンス] オプション」を参照してください。For more information, see Deployment type Task Sequence options.

バージョン 2006 以降では、次の Windows PowerShell コマンドレットを使用して、タスク シーケンスの展開の種類を追加および構成してください。Starting in version 2006, use the following Windows PowerShell cmdlets to add and configure a task sequence deployment type:

タスク シーケンスの展開の種類に関する前提条件Prerequisites for a task sequence deployment type

カスタム タスク シーケンスの作成:Create a custom task sequence:

  • OS 展開の手順を除くもののみを使用します。たとえば、パッケージのインストールコマンド ラインの実行PowerShell スクリプトの実行 です。Use only non-OS deployment steps, for example: Install Package, Run Command Line, or Run PowerShell Script. サポートされているすべての手順を含む詳細については、「OS 以外の展開用タスク シーケンスの作成」を参照してください。For more information including the full list of supported steps, see Create a task sequence for non-OS deployments.

  • タスク シーケンスのプロパティの [ユーザー通知] タブでは、影響の大きいタスク シーケンスのオプションは選択しないでください。On the task sequence properties, User Notification tab, don't select the option for a high-impact task sequence.

アプリケーションを作成するときに、タスク シーケンスの展開の種類を追加するには、ユーザー アカウントに、タスク シーケンスを読み取るためのアクセス許可が必要です。When you create the application, to add a task sequence deployment type, your user account needs permission to read task sequences. 次のいずれかのオプションを使用して、これらのアクセス許可を構成します。Use one of the following options to configure these permissions:

  • アプリ管理者のユーザー アカウントを、組み込みの 読み取り専用アナリスト ロールに追加します。Add the app administrator's user account to the built-in Read-Only Analyst role. このロールで、すべての Configuration Manager オブジェクトを表示できます。This role allows them to view all Configuration Manager objects.

  • 組み込みの アプリケーション管理者 ロールをコピーしてカスタム ロールを作成します。Copy the built-in Application Administrator role to create a custom role. タスク シーケンス パッケージ オブジェクトに対する 読み取り アクセス許可を追加します。Add the Read permission on the Task Sequence Package object.

タスク シーケンスの展開の種類に関する既知の問題Known issues for a task sequence deployment type

  • このタスク シーケンスで アプリケーションのインストール ステップを使用しないでください。Don't use the Install Application step in this task sequence. アプリをインストールするには、パッケージのインストール ステップを使用します。Use the Install Package step to install apps.

  • バージョン 2006 以前では、ユーザー コレクションにアプリ タスク シーケンスを展開することはできませんIn version 2006 and earlier, you can't yet deploy an app task sequence to a user collection. この問題は、バージョン 2010 で解決されました。This issue was resolved in version 2010.

ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリのサポートSupport for Universal Windows Platform (UWP) apps

Windows 10 デバイスで基幹業務アプリをインストールする場合、サイドローディング キーは不要です。Windows 10 devices don't require a sideloading key to install line-of-business apps. ただし、Windows でサイドローディングを有効にするには、レジストリ キー HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\Appx\AllowAllTrustedApps の値を 1 にする必要があります。To enable sideloading on Windows, however, the registry key HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\Appx\AllowAllTrustedApps must have a value of 1.

このレジストリ キーを構成しないと、アプリをデバイスに初めて展開するときに、Configuration Manager によってこの値が自動的に 1 に設定されます。If you don't configure this registry key, Configuration Manager automatically sets this value to 1 the first time you deploy an app to the device. この値を 0 に設定した場合、Configuration Manager は値を自動的に変更できず、基幹業務アプリの展開は失敗します。If you've set this value to 0, Configuration Manager can't automatically change the value, and your line-of-business app deployment fails.

UWP 基幹業務アプリにデジタル署名します。Digitally sign UWP line-of-business apps. アプリを展開する各デバイスで信頼されているコード署名証明書を使用します。Use a code-signing certificate that's trusted on each device to which you deploy the app. ユーザーの組織の PKI の証明書を使用するか、または Windows によってパブリック ルート証明書が既に信頼されているサード パーティ プロバイダーから証明書を購入します。Use certificates from your organization's PKI, or purchase a certificate from a third-party provider whose public root certificate is already trusted by Windows.

モバイル アプリ パッケージに署名するには、次の表を参考にして、使用するコード署名証明書の種類を決定します。To sign mobile app packages, use the following table to determine the type of code-signing certificate to use:

パッケージPackage SymantecSymantec Symantec 以外Non-Symantec
Windows 10 Mobile デバイス上のユニバーサル .appx パッケージUniversal .appx packages on Windows 10 Mobile devices はいYes はいYes
.xap パッケージ.xap packages はいYes いいえNo
Windows 10 Mobile デバイスにインストールするために Windows Phone 8.1 用にビルドされた .appx パッケージ.appx packages built for Windows Phone 8.1 to install on Windows 10 Mobile devices はいYes いいえNo

MDM 登録済みの Windows 10 デバイスに Windows インストーラー アプリを展開するDeploy Windows Installer apps to MDM-enrolled Windows 10 devices

MDM を介した Windows インストーラー (*.msi) の展開種類では、Windows インストーラー ベースのアプリを作成して、Windows 10 を実行する MDM 登録済みデバイスに展開できます。The Windows Installer through MDM (*.msi) deployment type lets you create and deploy Windows Installer-based apps to MDM-enrolled devices running Windows 10.

この展開の種類を使用するときは、次の点を考慮してください。When you use this deployment type, consider the following points:

  • 拡張子が MSI のファイルを 1 つだけアップロードします。Only upload a single file with the MSI extension.

  • Configuration Manager では、アプリの検出にファイルの製品コードと製品バージョンが使われます。Configuration Manager uses the file's product code and product version for app detection.

  • Windows では、アプリの既定の再起動動作が使われます。Windows uses the app's default restart behavior. Configuration Manager では、アプリの再起動動作は制御されません。Configuration Manager doesn't control the app restart behavior.

  • ユーザー単位の MSI パッケージは単一のユーザーにインストールされます。Per-user MSI packages are installed for a single user.

  • コンピューター単位の MSI パッケージはデバイスのすべてのユーザーにインストールされます。Per-machine MSI packages are installed for all users of the device.

  • Configuration Manager ではアプリの更新プログラムがサポートされます。Configuration Manager supports app updates. 各バージョンの MSI 製品コードは同じである必要があります。The MSI product code of each version must be the same.