Configuration Manager で Microsoft Edge のレガシ設定を構成するConfigure Microsoft Edge Legacy settings in Configuration Manager

重要

Microsoft Edge バージョン 77 以降を使用していて、設定ペインを開こうとしている場合は、検索ではなく、ブラウザーのアドレス バーに「edge://settings/profiles」と入力します。If you're using Microsoft Edge version 77 or later, and are trying to open the settings pane, enter edge://settings/profiles in the browser address bar instead of search. 詳細については、「Microsoft Edge の概要」を参照してください。For more information, see Get to know Microsoft Edge.

この記事は、Microsoft Endpoint Configuration Manager を使用して Microsoft Edge のレガシ設定を管理する IT プロフェッショナル向けです。This article is for IT professionals to manage Microsoft Edge Legacy settings with Microsoft Endpoint Configuration Manager.

適用対象:Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

Windows 10 クライアントで Microsoft Edge レガシ Web ブラウザーを使用しているお客様は、Configuration Manager コンプライアンス ポリシーを作成してブラウザー設定を構成します。For customers who use the Microsoft Edge Legacy web browser on Windows 10 clients, create a Configuration Manager compliance policy to configure the browser settings.

このポリシーは、Windows 10 バージョン 1703 以降、および Microsoft Edge レガシ バージョン 45 以前のクライアントにのみ適用されます。This policy only applies to clients on Windows 10, version 1703 or later, and Microsoft Edge Legacy version 45 and earlier.

Microsoft Edge バージョン 77 以降を Configuration Manager で管理する方法の詳細については、「Microsoft Edge バージョン 77 以降の展開」を参照してください。For more information on managing Microsoft Edge version 77 or later with Configuration Manager, see Deploy Microsoft Edge, version 77 and later. Microsoft Edge バージョン 77 以降のポリシーの構成の詳細については、「Microsoft Edge - ポリシー」を参照してください。For more information on configuring policies for Microsoft Edge version 77 or later, see Microsoft Edge - Policies.

ポリシー設定Policy settings

現在、このポリシーには次の設定が含まれます。This policy currently includes the following settings:

ヒント

グループ ポリシーを使用してこれらおよびその他の設定を構成する方法の詳細については、「Microsoft Edge レガシ グループ ポリシー」を参照してください。For more information on using group policy to configure these and other settings, see Microsoft Edge Legacy group policies.

Microsoft Edge レガシ用に Windows Defender SmartScreen 設定を構成するConfigure Windows Defender SmartScreen settings for Microsoft Edge Legacy

このポリシーにより Windows Defender SmartScreen に 3 つの設定が追加されます。This policy adds three settings for Windows Defender SmartScreen. ポリシーには、 [SmartScreen の設定] ページの次の追加設定が含まれるようになりました。The policy now includes the following additional settings on the SmartScreen Settings page:

  • SmartScreen を許可する:Windows Defender SmartScreen を許可するかどうかを指定します。Allow SmartScreen: Specifies whether Windows Defender SmartScreen is allowed. 詳細については、AllowSmartScreen ブラウザー ポリシーに関するページを参照してください。For more information, see the AllowSmartScreen browser policy.

  • サイトの SmartScreen プロンプトをユーザーがオーバーライドできる:悪意のある可能性がある Web サイトに関する Windows Defender SmartScreen フィルターの警告をユーザーがオーバーライドできるかどうかを指定します。Users can override SmartScreen prompt for sites: Specifies whether users can override the Windows Defender SmartScreen Filter warnings about potentially malicious websites. 詳細については、PreventSmartScreenPromptOverride ブラウザー ポリシーに関するページを参照してください。For more information, see the PreventSmartScreenPromptOverride browser policy.

  • ファイルの SmartScreen プロンプトをユーザーがオーバーライドできる:確認されていないファイルのダウンロードに関する Windows Defender SmartScreen フィルターの警告をユーザーがオーバーライドできるかどうかを指定します。Users can override SmartScreen prompt for files: Specifies whether users can override the Windows Defender SmartScreen Filter warnings about downloading unverified files. 詳細については、PreventSmartScreenPromptOverrideForFiles ブラウザー ポリシーに関するページを参照してください。For more information, see the PreventSmartScreenPromptOverrideForFiles browser policy.

ブラウザー プロファイルを作成するCreate the browser profile

  1. Configuration Manager コンソールで、 [資産とコンプライアンス] ワークスペースに移動します。In the Configuration Manager console, go to the Assets and Compliance workspace. [コンプライアンス設定] を展開し、 [Microsoft Edge ブラウザーのプロファイル] ノードを選びます。Expand Compliance Settings and select the Microsoft Edge Browser Profiles node. リボンで、 [Microsoft Edge のプロファイルを作成する] を選択します。In the ribbon, select Create Microsoft Edge profile.

  2. ポリシーの [名前] を指定し、必要に応じて [説明] を入力してから、 [次へ] を選択します。Specify a Name for the policy, optionally enter a Description, and select Next.

  3. [全般設定] ページで、このポリシーに含める設定の値を [構成済み] に変更します。On the General Settings page, change the value to Configured for the settings to include in this policy. ウィザードを続行するには、設定を必ず [Edge ブラウザーを既定として設定する] に構成します。To continue the wizard, make sure to configure the setting to Set Edge Browser as default.

  4. [SmartScreen の設定] ページで設定を構成します。Configure settings on the SmartScreen Settings page.

  5. [サポートされているプラットフォーム] ページで、このポリシーを適用する OS のバージョンとアーキテクチャを選択します。On the Supported Platforms page, select the OS versions and architectures to which this policy applies.

  6. ウィザードを完了します。Complete the wizard.

ポリシーを展開するDeploy the policy

  1. ポリシーを選択し、リボンで [展開] を選択します。Select your policy, and in the ribbon select Deploy.

  2. [参照] を使用して、ポリシーを展開するユーザー コレクションまたはデバイス コレクションを選択します。Browse to select the user or device collection to which to deploy the policy.

  3. 必要に応じて、追加のオプションを選びます。Select additional options as necessary:

    1. ポリシーに準拠していない場合は、アラートを生成します。Generate alerts when the policy isn't compliant.

    2. クライアントがこのポリシーについてデバイスのコンプライアンスを評価するスケジュールを設定します。Set the schedule by which the client evaluates the device's compliance with this policy.

  4. [OK] を選択して展開を作成します。Select OK to create the deployment.

次のステップNext steps

他のコンプライアンス設定ポリシーと同様に、クライアントは指定されたスケジュールで設定を修復します。Like any compliance settings policy, the client remediates the settings on the schedule you specify. Configuration Manager コンソールで、デバイスのコンプライアンス対応を監視およびレポートします。Monitor and report on device compliance in the Configuration Manager console.