Configuration Manager でクライアントをアップグレードから除外する方法

Configuration Manager (現在のブランチ) に適用

クライアントのコレクションを、更新されたクライアント バージョンを自動的にインストールから除外できます。 クライアントのアップグレード時に注意が必要なコンピューターのコレクションには、この除外を使用します。 除外コレクション内のクライアントは、更新されたクライアント ソフトウェアのインストール要求を無視します。

この除外は、次の方法に適用されます。

  • 自動アップグレード
  • ソフトウェアの更新ベースのアップグレード
  • ログオン スクリプト
  • グループ ポリシー

注意

ユーザー インターフェイスは、クライアントが任意の方法でアップグレードしないという状態ですが、これらの設定を上書きするために使用できる 2 つの方法があります。 クライアント プッシュまたは手動クライアント インストールを使用して、この構成を上書きします。 詳細については、「除外された クライアントをアップグレードする方法」を参照してください

除外の構成

  1. Configuration Manager コンソールで、[管理] ワークスペースに 移動 します。 [サイト構成] を 展開し、[サイト] ノードを選択し、リボンの [階層 設定選択します

  2. [クライアント アップグレード] タブに切り替 えます。

  3. [指定したクライアントを アップグレードから除外する] オプションを選択します。 次に、 除外する除外コレクション を選択します。 除外対象として選択できるコレクションは 1 つのみです。

  4. [ OK] を 選択して構成を閉じて保存します。

階層設定ウィンドウ、クライアント アップグレード タブ、除外設定の強調表示。

除外されたコレクション更新ポリシーのクライアントの後、クライアント更新プログラムは自動的にインストールされません。 詳細については、「How to upgrade clients for Windowsコンピューター」を参照してください

注意

除外されたクライアントは引き続き Ccmsetup をダウンロードして実行しますが、アップグレードしません。

除外コレクションからクライアントを削除しても、次の自動アップグレード サイクルまで自動的にアップグレードされません。

除外されたクライアントをアップグレードする方法

デバイスがアップグレードから除外したコレクションのメンバーである場合でも、次のいずれかの方法でクライアントをアップグレードできます。

  • クライアント プッシュ インストール: Ccmsetup を使用すると、クライアント プッシュ インストールが直接目的なので許可されます。 このメソッドを使用すると、コレクションからクライアントを削除したり、コレクション全体を除外から削除したりすることなく、クライアントをアップグレードできます。

  • クライアントの手動インストール: 次の Ccmsetup コマンド ライン パラメーターを使用して、除外されたクライアントを手動でアップグレードします。 /IgnoreSkipUpgrade

    除外されたコレクションのメンバーであるクライアントを手動でアップグレードしようとしても、このパラメーターを使用しない場合、クライアントはアップグレードされません。 詳細については、「 Configuration Manager クライアントを手動でインストールする方法」を参照してください

次の手順