実稼働前コレクションでクライアントのアップグレードをテストする方法

適用対象: Configuration Manager (現在のブランチ)

実稼働前コレクションで新しいConfiguration Manager クライアント バージョンをテストしてから、サイトの残りの部分をアップグレードできます。 このプロセスを実行すると、サイトはテスト コレクションの一部であるデバイスのみを更新します。 クライアントをテストする機会があれば、クライアントを昇格できます。 クライアントの昇格により、新しいバージョンのクライアント ソフトウェアをサイトの残りの部分で使用できるようになります。

注意

完全管理者 セキュリティ ロールと すべての セキュリティ スコープを持つユーザーのみが、テスト クライアントを運用環境に昇格できます。 詳細については、「ロール ベース管理の基礎」を参照してください。 このアクションは、中央管理サイト (CAS) またはスタンドアロン プライマリ サイトに接続されている場合にのみ使用できます。

実稼働前にクライアントをテストするには、次の 3 つの手順があります。

  1. 実稼働前コレクションを使用するようにクライアントの自動アップグレードを構成します。

  2. クライアントの新しいバージョンを含むConfiguration Manager更新プログラムをインストールします。

  3. 新しいクライアントを運用環境に昇格させます。

実稼働前コレクションを使用するようにクライアントの自動アップグレードを構成する

重要

ワークグループ コンピューターでは、実稼働前クライアントの展開はサポートされていません。 配布ポイントが実稼働前のクライアント パッケージにアクセスするために必要な認証を使用することはできません。 実稼働クライアントとして昇格されると、最新のクライアントを受け取ります。

  1. 実稼働前クライアントを展開するコンピューターを含むコレクションを設定します。

  2. Configuration Manager コンソールで、[管理] ワークスペースに移動し、[サイトの構成] を展開し、[サイト] ノードを選択します。 リボンの [階層設定] を選択します。

  3. [クライアント のアップグレード] タブに切り替え、次の設定を構成します。

    • 実稼働 前クライアントを使用して、実稼働前コレクション内のすべてのクライアントを自動的にアップグレード するを選択します。

    • 運用前コレクションとして使用する コレクションを選択します

階層設定ウィンドウ、クライアント アップグレード タブ、実稼働前のコレクションを強調表示します。

注意

これらの設定は、 完全管理者 セキュリティ ロールと すべての セキュリティ スコープを持つユーザーのみが変更できます。

サイトの更新中にクライアントのアップグレードを構成する

  1. Configuration Manager コンソールで、[管理] ワークスペースに移動し、[更新プログラムとサービス] ノードを 選択します。 使用可能な更新プログラムを選択し、リボンで [Update Pack のインストール] を選択します。

    更新プログラムのインストールの詳細については、「Configuration Managerの更新プログラム」を参照してください。

  2. 更新プログラムのインストール中に、ウィザードの [クライアント オプション] ページで、[ 実稼働前コレクションでテスト] を選択します。

  3. ウィザードの残りの部分を完了し、更新プログラム パックをインストールします。

ウィザードが完了すると、実稼働前コレクション内のクライアントは、更新されたクライアントの展開を開始します。 アップグレードされたクライアントの展開は、コンソールで監視できます。 [監視] ワークスペースに移動し、[クライアントの状態] を展開し、[運用前のクライアント展開] ノードを選択します。 詳細については、「 クライアント展開の状態を監視する方法」を参照してください

注意

サイト システムの役割もホストする実稼働前コレクション内のコンピューターの場合、その展開状態は 非準拠 と報告される場合があります。 この状態は、クライアントが正常に更新された場合でも表示される場合があります。 クライアントを運用環境に昇格すると、デプロイの状態が正しく報告されます。

新しいクライアントを運用環境に昇格させる

  1. Configuration Manager コンソールで、[管理] ワークスペースに移動し、[更新プログラムとサービス] ノードを 選択します。 リボンで、[ 実稼働前クライアントの昇格] を選択します。

    ヒント

    [運用 前クライアントの昇格] アクションは、MonitoringClient > StatusPre-production > クライアントの展開でコンソールでクライアントの展開を監視するときにも使用できます。

  2. 運用環境と運用前のクライアント バージョンを確認し、正しい実稼働前コレクションが指定されていることを確認します。 準備ができたら、[ 昇格] を選択し、[ はい ] を選択して確定します。

更新されたクライアント バージョンによって、階層で使用されているクライアント バージョンが置き換えられます。 その後、サイト全体のクライアントをアップグレードできます。 詳細については、「Windows コンピューターのクライアントをアップグレードする方法」を参照してください。

注意

運用前クライアントを有効にしたり、運用前クライアントを運用クライアントに昇格したりするには、アカウントが Update Packages オブジェクトの 読み取り および 変更 アクセス許可を持つセキュリティ ロールのメンバーである必要があります。

クライアントのアップグレードは、構成したConfiguration Managerメンテナンス期間に従います。 既知の問題の詳細については、「 クライアントのアップグレードとメンテナンス期間」を参照してください。

既知の問題

実稼働前のクライアントとサイト サーバーの高可用性

次のような状況で問題が発生します。

  • 運用前クライアントを有効にします。
  • サイトには パッシブ モードのサイト サーバーがあります。
  • サイトを最新バージョンに更新します。
  • パッシブ モードのサイト サーバーをアクティブ なサイト サーバーに昇格させます。

サイト サーバーを昇格すると、実稼働前のクライアント バージョンが運用バージョンとして表示されます。 構成によっては、すべてのシステムに自動的にデプロイされる場合があります。

更新プログラムをインストールすると、Configuration Managerは現在、運用前の クライアント バージョンでパッシブ モードでサイト サーバーのクライアント フォルダーを更新します。

この問題を回避するには、次の操作を行います。

  • 実稼働前のクライアント バージョンを運用バージョンに昇格するまで、パッシブ モードでサイト サーバーを昇格するまで待ちます。

  • 高可用性のためにフェールオーバーする必要がある場合は、 クライアント フォルダー内のクライアント バージョンを手動で修正します。

次の手順

クライアントをアップグレードから除外する方法

Windows コンピューターのクライアントをアップグレードする方法