Configuration Manager テクニカル プレビュー バージョン 1908.2 での機能Features in Configuration Manager technical preview version 1908.2

適用対象:Configuration Manager (Technical Preview Branch)Applies to: Configuration Manager (technical preview branch)

この記事では、Configuration Manager のバージョン 1908.2 で利用できる機能について説明します。This article introduces the features that are available in the technical preview for Configuration Manager, version 1908.2. このバージョンをインストールすると、Technical Preview サイトが更新され、新機能が追加されます。Install this version to update and add new features to your technical preview site.

この更新プログラムをインストールする前に、Technical Preview に関する記事を確認してください。Review the technical preview article before installing this update. この記事により、Technical Preview の使用に関する一般的な要件と制限、バージョン間の更新方法、フィードバックを提供する方法についての理解を深めることができます。That article familiarizes you with the general requirements and limitations for using a technical preview, how to update between versions, and how to provide feedback.

次のセクションでは、このバージョンの新機能について説明します。The following sections describe the new features to try out in this version:

コンソール接続の機能強化Improvements to Console Connections

コンソール接続に関して、次のような機能強化が行われました。We've made the following improvements to Console Connections:

  • Microsoft Teams を通じて他の管理者にメッセージを送信する機能。The ability to message other administrators through Microsoft Teams.
  • [最終接続時刻][最後のコンソール ハートビート] 列に置き換えられました。The Last Console Heartbeat column has replaced the Last Connected Time column.
    • フォアグラウンドで開いているコンソールでは、10 分ごとにハートビートが送信されます。An open console in the foreground sends a heartbeat every 10 minutes.

[前提条件]Prerequisites

ログ ファイルLog files

トラブルシューティングについては、SmsAdminUI.log を参照してください。For troubleshooting, refer to the SmsAdminUI.log.

既知の問題Known issues

次のレジストリ キーが存在しない場合、Microsoft Teams がインストールされていないことを通知するエラー メッセージは表示されません。The error message notifying you that Microsoft Teams isn't installed won't be displayed if the following Registry key doesn't exist:

Computer\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\UninstallComputer\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall

この問題を回避するには、レジストリ キーを手動で作成します。To work around the issue, manually create the Registry key.

試してみましょう。Try it out!

タスクを実行してみます。Try to complete the tasks. その後、フィードバックで機能についてのご意見をお寄せください。Then send Feedback with your thoughts on the feature.

  1. [管理] > [セキュリティ] > [コンソール接続] にアクセスします。Go to Administration > Security > Console Connections.
  2. [最終接続時刻] 列が [最後のコンソール ハートビート] 列に置き換えられていることに注意してください。Notice the column Last Console Heartbeat has replaced the Last Connected Time column.
  3. ユーザーのコンソール接続を右クリックし、 [メッセージ管理者] を選択します。Right-click on a user's console connection and select Message Administrator.
    • 選択した管理者のユーザー プリンシパル名が見つからない場合、メッセージ管理者はグレー表示されます。If the User Principal Name isn't found for the selected administrator, Message Administrator is grayed out.
    • コンソールを実行するデバイスに Microsoft Teams がインストールされていない場合は、ダウンロード リンクを含むエラー メッセージが表示されます。An error message, including a download link, appears if Microsoft Teams isn't installed on the device from which you run the console.
    • コンソールを実行するデバイスに Microsoft Teams がインストールされている場合は、ユーザーとのチャットが開きます。If Microsoft Teams is installed on the device from which you run the console, it will open a chat with the user.

Microsoft Teams が含まれるメッセージ管理者のスクリーンショット

マルチキャスト対応の配布ポイントの機能強化Improvements to multicast-enabled distribution points

Windows 展開サービス (WDS) のインストールなしで、配布ポイントでマルチキャスを有効にできるようになりました。You can now enable multicast on a distribution point without installing Windows Deployment Services (WDS). WDS が必要ないため、マルチキャスト対応の配布ポイントを、クライアントまたはサーバー OS にすることができます (Windows Server Core も含まれます)。Because WDS isn't required, the multicast-enabled distribution point can be a client or server OS, including Windows Server Core. さらに、完全な OS でマルチキャスト コンテンツを受信することもできます。これは Windows PE に限定されるわけではありません。It can also receive multicast content in the full OS, it's not limited to only Windows PE.

[前提条件]Prerequisites

配布ポイントと Configuration Manager クライアントでは、次のネットワーク ポートが使用されます。The distribution point and Configuration Manager client use the following network ports:

  • TCP 27500-27755TCP 27500-27755
  • UDP 27500-27755UDP 27500-27755
  • UDP 64001-64256UDP 64001-64256

ネットワーク インフラストラクチャでこれらのポートの使用が許可されていることを確認してください。Make sure your network infrastructure allows the use of these ports.

注意

PXE レスポンダーを有効にする必要はありません。You don't have to enable the PXE responder. このリリースでは、マルチキャストを有効にすると、常にこの新しいマルチキャスト サーバーが使用されます。In this release, when you enable multicast, it always uses this new multicast server.

試してみましょう。Try it out!

タスクを実行してみます。Try to complete the tasks. その後、フィードバックで機能についてのご意見をお寄せください。Then send Feedback with your thoughts on the feature.

配布ポイントでマルチキャストを有効にするEnable multicast on the distribution point

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動して、 [配布ポイント] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, and select the Distribution Points node. ターゲットの配布ポイントを選び、リボンにある [プロパティ] を選択します。Select the target distribution point, and select Properties in the ribbon.

  2. [マルチキャスト] タブに切り替え、 [複数のクライアントに同時にデータを送信するマルチキャストを有効にする] オプションを選択します。Switch to the Multicast tab, and select the option to Enable multicast to simultaneously send data to multiple clients.

  3. [OK] を選択して設定を保存します。Select OK to save the settings.

他のマルチキャスト設定の詳細については、配布ポイントのインストールと構成に関する記事を参照してください。For more information about the additional multicast settings, see Install and configure distribution points.

パッケージでマルチキャストを使用できるようにするEnable packages to use multicast

マルチキャストをサポートするコンテンツの種類は次のとおりです。The following content types support multicast:

  • パッケージPackages
  • ドライバー パッケージDriver packages
  • OS イメージOS images
  • OS アップグレード パッケージOS upgrade packages

マルチキャスト経由で配布するパッケージを有効にします。Enable any package that you want to distribute via multicast:

  1. ターゲット パッケージの [プロパティ] を開き、 [配布の設定] タブに切り替えます。Open the Properties of the target package and switch to the Distribution Settings tab.

  2. [OS 展開の設定] セクションで、 [このパッケージのマルチキャストでの送信を許可する] オプションを有効にします。In the OS deployment settings section, enable the option to Allow this package to be transferred via multicast.

これらのマルチキャストが有効になったパッケージを、マルチキャスト対応の配布ポイントに配布します。Distribute these multicast-enabled packages to a multicast-enabled distribution point.

タスク シーケンスの展開Deploy a task sequence

これらのマルチキャストが有効になったパッケージを参照するタスク シーケンスの展開を構成します。Configure a task sequence deployment that references these multicast-enabled packages. 展開のプロパティの [配布ポイント] タブで、 [実行中のタスク シーケンスでコンテンツが必要になったときにローカルにダウンロードする] 展開オプションを選択します。On the Distribution Points tab of the deployment properties, select the deployment option to Download content locally when needed by the running task sequence.

詳細については、「 Deploy a task sequence」をご覧ください。For more information, see Deploy a task sequence.

マルチキャスト展開を監視するMonitor the multicast deployment

配布ポイントには、McsServer.log という新しいログ ファイルがあります。On the distribution point, there's a new log file, McsServer.log. このファイルには、マルチキャスト ダウンロード セッションの詳細が含まれます。This file includes details of multicast download sessions.

クライアントで、smsts.log ファイルを見直して、McsClient コンポーネントのエントリを確認します。On the client, review the smsts.log file for entries from the McsClient component.

既知の問題Known issues

配布ポイントでマルチキャストを構成した後、レジストリ キー HKLM\Software\Microsoft\SMS\DP で次の設定を確認します。After you configure multicast on a distribution point, confirm the following settings in the registry key HKLM\Software\Microsoft\SMS\DP:

  • IsMulticast1 である必要があります。The value IsMulticast should be 1.

  • SccmMcs キーに対するアクセス許可には、フル コントロール権限があるローカル サービス アカウントが必要です。The permissions on the SccmMcs key should have the Local Service account with Full Control.

このマルチキャスト プロバイダーでは IPv6 はサポートされません。This multicast provider doesn't support IPv6. すべてのマルチキャスト対応の配布ポイントで、IPv6 プロトコルを無効にしてください。Disable the IPv6 protocol on any multicast-enabled distribution point.

CMPivot エンジンに対する最適化Optimizations to the CMPivot engine

いくつかの重要な最適化が CMPivot エンジンに追加されました。これにより、より多くの処理を ConfigMgr クライアントにプッシュできます。We've added some significant optimizations to the CMPivot engine that allows us to push more of the processing to the ConfigMgr client. 最適化によって、CMPivot クエリの実行に必要なネットワークとサーバーの CPU 負荷が大幅に削減されます。The optimizations drastically reduce the network and server CPU load needed to run CMPivot queries. これらの最適化を利用して、数ギガバイトのクライアント データをリアルタイムで処理できるようになりました。With these optimizations, we can now sift through gigabytes of client data in real time.

Examples

次のクエリを使用して、企業内のすべてのクライアントのすべてのイベント ログで認証エラーを検索できます。You can search all event logs on all clients in your enterprise for authentication failures with the following query:

EventLog('Security')
| where  EventID == 4673
| summarize count() by Device
| order by count_ desc

ハッシュによるファイルの検索:Search for a file by hash:

Device
| join kind=leftouter ( File('%windir%\\system32\\*.exe')
| where Hash == 'A92056D772260B39A876D01552496B2F8B4610A0B1E084952FE1176784E2CE77')
| project Device, MalwareFound = iif( isnull(FileName), 'No', 'Yes')

OS 展開時のキーボード レイアウトの設定Set keyboard layout during OS deployment

UserVoice のフィードバックに基づいて、OS 展開タスク シーケンス中に既定のキーボード レイアウトを設定できるようになりました。Based on your UserVoice feedback, you can now set the default keyboard layout during an OS deployment task sequence. Windows 設定の適用タスク シーケンスの手順には、Windows の既定のキーボード レイアウトを設定するための設定が含まれています。The Apply Windows Settings task sequence step includes the setting to Set default keyboard layout in Windows.

次のステップNext steps

Technical Preview Branch のインストールまたは更新について詳しくは、Technical Previewに関するページをご覧ください。For more information about installing or updating the technical preview branch, see Technical preview.

Configuration Manager のさまざまなブランチについて詳しくは、「適切な Configuration Manager のブランチを選択する」をご覧ください。For more information about the different branches of Configuration Manager, see Which branch of Configuration Manager should I use?