Configuration Manager Current Branch のバージョン 1902 の新機能What's new in version 1902 of Configuration Manager current branch

適用対象:Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

Configuration Manager Current Branch の更新プログラム 1902 はコンソール内の更新プログラムとして利用できます。Update 1902 for Configuration Manager current branch is available as an in-console update. バージョン 1802、1806、1810 を実行しているサイトでこの更新プログラムを適用します。Apply this update on sites that run version 1802, 1806, or 1810. 新しいサイトをインストールするときにも基準のバージョンとしても利用できます。When installing a new site, it's also available as a baseline version. この記事では、Configuration Manager バージョン 1902 での変更点と新機能をまとめます。This article summarizes the changes and new features in Configuration Manager, version 1902.

この更新プログラムをインストールするための最新のチェックリストを常に確認してください。Always review the latest checklist for installing this update. 詳細については「更新プログラム 1902 をインストールするためのチェックリスト」を参照してください。For more information, see Checklist for installing update 1902. サイトを更新した後は、更新後のチェックリストに関するページも確認してください。After you update a site, also review the Post-update checklist.

Configuration Manager の新機能をすべて利用するには、サイトを更新した後、クライアントも最新バージョンに更新します。To take full advantage of new Configuration Manager features, after you update the site, also update clients to the latest version. サイトとコンソールを更新すると Configuration Manager コンソールに新しい機能が表示されますが、クライアントのバージョンも最新になるまでは完全なシナリオは機能しません。While new functionality appears in the Configuration Manager console when you update the site and console, the complete scenario isn't functional until the client version is also the latest.

ヒント

このページが更新されたときに通知を受け取るには、次の URL をコピーして RSS フィード リーダーに貼り付けます。https://docs.microsoft.com/api/search/rss?search=%22what%27s+new+in+version+1902+-+Configuration+Manager%22&locale=en-usTo get notified when this page is updated, copy and paste the following URL into your RSS feed reader: https://docs.microsoft.com/api/search/rss?search=%22what%27s+new+in+version+1902+-+Configuration+Manager%22&locale=en-us

非推奨の機能とオペレーティング システムDeprecated features and operating systems

削除された項目と非推奨の項目で実装される前のサポートに関する変更点について説明します。Learn about support changes before they're implemented in removed and deprecated items.

  • Azure からコンテンツを共有するための実装が変更されました。The implementation for sharing content from Azure has changed. コンテンツが有効なクラウド管理ゲートウェイを使用します。その場合、_[CMG をクラウド配布ポイントとして機能させて、Azure Storage からのコンテンツを提供できるようにする]* オプションを有効にします。Use a content-enabled cloud management gateway by enabling the option to _*Allow CMG to function as a cloud distribution point and serve content from Azure storage**. 今後は、従来のクラウド配布ポイントを作成できなくなります。You won't be able to create a traditional cloud distribution point in the future.

バージョン 1902 では、次の製品のサポートが廃止されます。Version 1902 drops support for the following products:

  • クライアントとしての Linux および UNIX。Linux and UNIX as a client. 廃止はバージョン 1802 で発表されました。Deprecation was announced with version 1802. Linux サーバーを管理するには、Microsoft Azure の管理を検討してください。Consider Microsoft Azure Management for managing Linux servers. Azure ソリューションには広範囲な Linux サポートが含まれており、ほとんどの場合、Linux のエンドツーエンド パッチ管理など、Configuration Manager 以上の機能を備えています。Azure solutions have extensive Linux support that in most cases exceed Configuration Manager functionality, including end-to-end patch management for Linux.

サイトのインフラストラクチャSite infrastructure

クライアントの正常性ダッシュボードClient health dashboard

ご利用の環境を保護するのに役立つ、ソフトウェア更新プログラムとその他のアプリをデプロイします。しかし、これらのデプロイで到達できるのは正常なクライアントのみです。You deploy software updates and other apps to help secure your environment, but these deployments only reach healthy clients. 異常な Configuration Manager クライアントは、全体的なコンプライアンスに悪影響を及ぼします。Unhealthy Configuration Manager clients adversely effect overall compliance. 管理のスコープに含める必要があるデバイスの合計数など、分母によっては、クライアントの正常性の判断が困難な場合があります。Determining client health can be challenging depending upon the denominator: how many total devices should be in your scope of management? たとえば、Active Directory からすべてのシステムを検出した場合、それらのレコードの一部が使用を中止したコンピューターに対するものであっても、このプロセスによって分母が増加します。For example, if you discover all systems from Active Directory, even if some of those records are for retired machines, this process increases your denominator.

環境内の Configuration Manager クライアントの正常性に関する情報を含むダッシュボードを表示できるようになりました。You can now view a dashboard with information about the health of Configuration Manager clients in your environment. クライアントの正常性、シナリオのヘルス、および一般的なエラーを表示します。View your client health, scenario health, and common errors. ビューをいくつかの属性でフィルター処理し、OS とクライアントのバージョンごとに潜在的な問題を表示します。Filter the view by several attributes to see any potential issues by OS and client versions.

Configuration Manager コンソールで、 [監視] ワークスペースに移動します。In the Configuration Manager console, go to the Monitoring workspace. [クライアント ステータス] を展開し、 [クライアントの正常性ダッシュボード] ノードを選択します。Expand Client status, and select the Client health dashboard node.

クライアントの正常性ダッシュボードのスクリーンショット

詳細については、クライアントを監視する方法に関するページを参照してください。For more information, see How to monitor clients.

新しい管理分析情報ルールNew management insight rules

管理分析情報機能には、次の新しいルールがあります。The management insights feature has the following new rules:

  • コレクションの管理に関する複数のルールと推奨事項。Multiple rules with recommendations on managing collections. これらの分析情報を使用すると、管理を簡略化し、パフォーマンスを向上させることができます。Use these insights to simplify management and improve performance. これらの新しいルールは [コレクション] グループで確認します。Review these new rules in the Collections group.

  • [単純化された管理] グループの [クライアントをサポート対象の Windows 10 バージョンに更新する] ルール。Update clients to a supported Windows 10 version rule in the Simplified Management group. このルールでは、サポートされなくなった Windows 10 のバージョンを実行しているクライアントについて報告されます。This rule reports on clients that are running a version of Windows 10 that's no longer supported. また、サービスの終了が近い (3 か月間) Windows 10 のバージョンを使用しているクライアントも含まれます。It also includes clients with a Windows 10 version that's near end of service (three months).

詳細については、管理分析情報に関するページを参照してください。For more information, see Management insights.

拡張 HTTP の改善Improvement to enhanced HTTP

拡張 HTTP をプライマリ サイトごとに、または中央管理サイトで有効にできるようになりました。You can now enable enhanced HTTP per primary site or for the central administration site.

中央管理サイトのプロパティで、 [HTTP サイト システムに Configuration Manager によって生成された証明書を使用します] オプションを有効にします。On the properties of the central administration site, select the option to Use Configuration Manager-generated certificates for HTTP site systems. この設定は、中央管理サイトのサイト システムの役割にのみ適用されます。This setting only applies to site system roles in the central administration site. 階層のグローバル設定ではありません。It isn't a global setting for the hierarchy.

詳細については、「拡張 HTTP」を参照してください。For more information, see enhanced HTTP.

セットアップの前提条件の機能強化Improvement to setup prerequisites

バージョン 1902 のインストールまたはバージョン 1902 への更新では、Configuration Manager のセットアップで次の前提条件チェックが追加されました。When you install or update to version 1902, Configuration Manager setup now includes the following prerequisite check:

  • リモート SQL Server でシステムの再起動が保留中です: この前提条件チェックは、保留中のシステム再起動 ルールに似ていますが、リモートの SQL Server がチェックされます。Pending system restart on the remote SQL Server: This prerequisite check is similar to the Pending system restart rule, but it checks a remote SQL Server. 詳細については、前提条件の確認の一覧を参照してください。For more information, see List of prerequisite checks.

クラウド接続の管理Cloud-attached management

しきい値を超えたときにクラウド サービスを停止するStop cloud service when it exceeds threshold

Configuration Manager では、データ転送の合計が制限を超えたときに、クラウド管理ゲートウェイ (CMG) サービスを停止できるようになりました。Configuration Manager can now stop a cloud management gateway (CMG) service when the total data transfer goes over your limit. CMG では常に、使用量が警告レベルまたは重大レベルに達したときに通知をトリガーするために、アラートが表示されていました。The CMG has always had alerts to trigger notifications when the usage reached warning or critical levels. この新しいオプションではクラウド サービスを無効にすることができ、使用量の急増による予期しない Azure コストを削減するのに役立ちます。To help reduce any unexpected Azure costs because of a spike in usage, this new option turns off the cloud service.

詳細については、「Stop CMG when it exceeds threshold (しきい値を超えた場合に CMG を停止する)」を参照してください。For more information, see Stop CMG when it exceeds threshold.

クラウド サービスに Azure Resource Manager を使用するUse Azure Resource Manager for cloud services

バージョン 1810 以降では、Configuration Manager での Azure の従来のサービス展開の使用は非推奨になりました。Starting in version 1810, the classic service deployment in Azure was deprecated for use in Configuration Manager. これらの Azure 展開の作成がサポートされるのは、そのバージョンが最後になります。That version is the last to support creation of these Azure deployments.

既存の展開は引き続き機能します。Existing deployments continue to work. この Current Branch バージョン以降、クラウド管理ゲートウェイとクラウド配布ポイントの新しいインスタンスに対しては、Azure Resource Manager が唯一の展開メカニズムです。Starting in this current branch version, Azure Resource Manager is the only deployment mechanism for new instances of the cloud management gateway and cloud distribution point.

詳細については、クラウド管理ゲートウェイに対する Azure Resource Manager に関するページを参照してください。For more information, see Azure Resource Manager for the cloud management gateway.

クラウド管理ゲートウェイを境界グループに追加するAdd cloud management gateway to boundary groups

クラウド管理ゲートウェイ (CMG) を境界グループに関連付けることができるようになりました。You can now associate a cloud management gateway (CMG) with a boundary group. クライアントにこの構成を使用すると、境界グループのリレーションシップに従って、クライアント通信に対して CMG を既定に設定したり、それにフォールバックしたりすることができます。This configuration allows clients to default or fallback to the CMG for client communication according to boundary group relationships. この動作は、ブランチ オフィスと VPN のシナリオで特に役立ちます。This behavior is especially useful in branch office and VPN scenarios. クライアント トラフィックに高価で低速な WAN リンクを使用せず、代わりに Microsoft Azure への高速インターネット リンクを使用できます。You can direct client traffic away from expensive and slow WAN links to instead use faster internet links to Microsoft Azure.

詳細については、CMG 階層設計CMG の設定に関するページを参照してください。For more information, see CMG hierarchy design and Set up CMG.

リアルタイムの管理Real-time management

中央管理サイトから CMPivot を実行するRun CMPivot from the central administration site

Configuration Manager で、階層内の中央管理サイトから CMPivot を実行できるようになりました。Configuration Manager now supports running CMPivot from the central administration site in a hierarchy. まだ、プライマリ サイトでクライアントへの通信が処理されます。The primary site still handles the communication to the client. 中央管理サイトから CMPivot を実行するとき、高速メッセージ サブスクリプション チャネル経由でプライマリ サイトとの通信が行われます。When running CMPivot from the central administration site, it communicates with the primary site over the high-speed message subscription channel. この通信では、サイト間の標準の SQL Server レプリケーションは利用されません。This communication doesn't rely upon standard SQL Server replication between sites.

詳細については、リアルタイム データに対する CMPivot に関するページをご覧ください。For more information, see CMPivot for real-time data.

PowerShell スクリプトの編集またはコピーEdit or copy PowerShell scripts

スクリプトの実行機能で使用される既存の PowerShell スクリプトを [編集] または [コピー] できるようになりました。You can now Edit or Copy an existing PowerShell script used with the Run Scripts feature. 変更する必要があるスクリプトを再作成するのではなく、直接編集できるようになりました。Instead of recreating a script that you need to change, now directly edit it. どちらのアクションでも、新しいスクリプトを作成するときと同じウィザード エクスペリエンスが使われます。Both actions use the same wizard experience as when you create a new script. スクリプトを編集またはコピーするときに、Configuration Manager では承認状態が保持されません。When you edit or copy a script, Configuration Manager doesn't persist the approval state.

詳細については、「スクリプトの実行」を参照してください。For more information, see Run Scripts.

コンテンツ管理Content management

配布ポイント メンテナンス モードDistribution point maintenance mode

メンテナンス モードで配布ポイントを設定できるようになりました。You can now set a distribution point in maintenance mode. ソフトウェア更新プログラムをインストールするとき、またはサーバーのハードウェアを変更するときに、メンテナンス モードを有効にします。Enable maintenance mode when you're installing software updates, or making hardware changes to the server.

配布ポイントがメンテナンス モードの間の動作は、次のようになります。While the distribution point is in maintenance mode, it has the following behaviors:

  • サイトからそれに対してコンテンツは何も配布されません。The site doesn't distribute any content to it.

  • 管理ポイントからクライアントに、この配布ポイントの場所は返されません。Management points don't return the location of this distribution point to clients.

  • サイトを更新すると、メンテナンス モードの配布ポイントも更新されます。When you update the site, a distribution point in maintenance mode still updates.

  • 配布ポイントのプロパティは読み取り専用です。The distribution point properties are read-only. たとえば、証明書を変更したり、境界グループを追加したりすることはできません。For example, you can't change the certificate or add boundary groups.

  • コンテンツの検証などのすべてのスケジュールされたタスクは、同じスケジュールで引き続き実行されます。Any scheduled task, like content validation, still runs on the same schedule.

この機能の詳細については、メンテナンス モードに関する記事を参照してください。For more information on this feature, see Maintenance mode.

Configuration Manager SDK を使用してこのプロセスを自動化する方法の詳細については、クラス SMS_DistributionPointInfo の SetDPMaintenanceMode メソッドに関する記事を参照してください。For more information on automating this process with the Configuration Manager SDK, see SetDPMaintenanceMode method in class SMS_DistributionPointInfo.

クライアント管理Client management

クライアント プロビジョニング モードのタイムアウトClient provisioning mode timeout

タスク シーケンスでは、クライアントをプロビジョニング モードにするときに、タイムスタンプが設定されます。The task sequence sets a timestamp when it puts the client in provisioning mode. プロビジョニング モードのクライアントでは、60 分ごとにタイムスタンプからの経過時間が確認されます。A client in provisioning mode checks every 60 minutes the duration of time since the timestamp. 48 時間より長くプロビジョニング モードになっている場合、クライアントは自動的にプロビジョニング モードを終了し、そのプロセスを再起動します。If it's been in provisioning mode for more than 48 hours, the client automatically exits provisioning mode and restarts its process.

詳細については、「Provisioning mode (プロビジョニング モード)」を参照してください。For more information, see Provisioning mode.

リモート制御中にのみ最初の画面を表示するView first screen only during remote control

2 台以上のモニターを使用してクライアントに接続すると、Configuration Manager リモート制御ビューアーでそのすべてを表示することが難しくなる可能性があります。When connecting to a client with two or more monitors, it can be difficult to view them all in the Configuration Manager remote control viewer. リモート ツール オペレーターでは、 [すべての画面] を表示するか [最初の画面] のみを表示するかを選択できるようになりました。A remote tools operator can now choose between seeing All screens or the First screen only.

詳細については、「Windows クライアント コンピューターをリモート管理する方法」を参照してください。For more information, see How to remotely administer a Windows client computer.

ピア ウェイクアップ用のカスタム ポートを指定するSpecify a custom port for peer wakeup

ウェイクアップ プロキシ用のカスタム ポート番号を指定できるようになりました。You can now specify a custom port number for wake-up proxy. クライアント設定の [電源管理] グループで、 [Wake On LAN ポート番号 (UDP)] の設定を構成します。In client settings, in the Power Management group, configure the setting for Wake On LAN port number (UDP).

詳細については、Wake On LAN を構成する方法に関するページを参照してください。For more information, see How to configure Wake on LAN.

アプリケーション管理Application management

電子メールを使用したアプリケーション承認の改善Improvements to application approvals via email

このバージョンには、アプリケーションの要求のメール通知を受信するための機能強化が含まれています。This version has improvements to the feature to receive email notifications for application requests. ユーザーは、ソフトウェア センターから要求にコメントをいつでも追加することができます。Users could always add a comment to the request from Software Center. このコメントは、Configuration Manager コンソールのアプリケーションの要求に表示されます。This comment shows on the application request in the Configuration Manager console. このコメントも電子メールに表示されるようになりました。Now that comment also shows in the email. 電子メールにこのコメントを含めると、承認者が要求を承認するか拒否するかをより適切に判断するのに役立ちます。Including this comment in the email helps the approvers make a better decision to approve or deny the request.

詳細については、メール通知に関する記事を参照してください。For more information, see Email notifications.

パッケージ変換マネージャーの改善Improvements to Package Conversion Manager

このバージョンには、パッケージ変換マネージャーに対する次の改善が含まれています。This version includes the following improvements to Package Conversion Manager:

  • スケジュールされたパッケージの分析は、既定では 7 日ごとに実行されますScheduled package analysis runs every 7 days by default
  • パッケージを分析および変換するための PowerShell コマンドレットPowerShell cmdlets for analyzing and converting packages
  • 一般的なバグ修正と改善General bug fixes and improvements

OS の展開OS deployment

インプレース アップグレード タスク シーケンスの進行状況Progress status during in-place upgrade task sequence

Windows 10 のインプレース アップグレード タスク シーケンス中に表示される進行状況バーがより詳細になりました。You now see a more detailed progress bar during a Windows 10 in-place upgrade task sequence. このバーには Windows セットアップの進行状況が表示され、それ以外の場合は、タスク シーケンス中に表示はされません。This bar shows the progress of Windows setup, which is otherwise silent during the task sequence. ユーザーは下層で進行中の状況をある程度把握できるようになりました。Users now have some visibility into the underlying progress. 進行状況が表示されないためにアップグレード プロセスが中断しているのではないかという心配が解消されます。It helps with concerns that the upgrade process is suspended because of a lack of progress indication.

Windows のアップグレードの進行状況に関するタスク シーケンスの進行状況の例

この機能は、Windows 10 でサポートされるすべてのバージョンの、インプレース アップグレード タスク シーケンスでのみ動作します。This feature works with any supported version of Windows 10, and only with the in-place upgrade task sequence.

タスク シーケンス メディアの作成の改善Improvements to task sequence media creation

このバージョンには、タスク シーケンス メディアの作成と管理が向上する複数の機能強化が含まれます。This version includes several improvements to help you better create and manage task sequence media. 詳細については、特定のメディアの種類に対する以下の記事を参照してください。For more information, see the following articles for specific media types:

一時記憶域を指定するSpecify temporary storage

タスク シーケンス メディアを作成するときに、データの一時記憶域用にサイトが使用する場所をカスタマイズできるようになりました。When you create task sequence media, now customize the location that the site uses for temporary storage of data. このプロセスでは、多くの一時ドライブの領域が必要になる場合があります。This process can require a lot of temporary drive space. この変更により、これらの一時ファイルを格納する場所をより柔軟に選択できるようになります。This change gives you greater flexibility to choose where to store these temporary files.

タスク シーケンス メディアの作成ウィザード で、ステージング フォルダー の場所を指定します。In the Create Task Sequence Media Wizard, specify a location for the Staging folder. 既定では、この場所は次のようなパスになります。%UserProfile%\AppData\Local\TempBy default this location is similar to the following path: %UserProfile%\AppData\Local\Temp.

メディアにラベルを追加するAdd a label to the media

タスク シーケンス メディアにラベルを追加できるようになりました。You can now add a label to task sequence media. このラベルは、作成したメディアを識別しやすくするのに役立ちます。This label helps you better identify the media after you create it. タスク シーケンス メディアの作成ウィザード で、メディア ラベル を指定します。In the Create Task Sequence Media Wizard, specify a Media label.

OS イメージの 1 つのインデックスをインポートするImport a single index of an OS image

Configuration Manager に Windows イメージ (WIM) ファイルをインポートするとき、ファイル内のすべてのイメージ インデックスではなく、1 つのインデックスを自動的にインポートするよう指定できるようになりました。When importing a Windows image (WIM) file to Configuration Manager, you can now specify to automatically import a single index rather than all image indexes in the file. このオプションには次のようなメリットがあります。This option provides the following benefits:

  • より小さいイメージ ファイルSmaller image file
  • より速いオフライン サービスFaster offline servicing
  • イメージ サービスを最適化する (オフライン サービスの後に小さいイメージ ファイルに対して)Optimize image servicing, for a smaller image file after offline servicing

OS イメージをインポートするときに、 [指定された WIM ファイルから特定のイメージ インデックスを抽出する] オプションをオンにします。When you import an OS image, select the option to Extract a specific image index from the specified WIM file. その後、一覧からイメージのインデックスを選択します。Then select the image index from the list.

詳細については、「Add an OS image (OS イメージの追加)」を参照してください。For more information, see Add an OS image.

最適化されたイメージ サービスOptimized image servicing

OS イメージにソフトウェア更新プログラムを適用するときに、置き換えられた更新プログラムを削除することによって出力を最適化するための新しいオプションがあります。When you apply software updates to an OS image, there's a new option to optimize the output by removing any superseded updates. オフライン サービスに対する最適化は、単一インデックスのイメージにのみ適用されます。The optimization to offline servicing only applies to images with a single index.

OS イメージ更新スケジュールを作成するときに、 [イメージが更新された後、置き換えられた更新プログラムを削除する] オプションをオンにします。When you create a schedule to update an OS image, select the option to Remove superseded updates after the image is updated.

詳しくは、「ソフトウェア更新プログラムをイメージに適用」をご覧ください。For more information, see Apply software updates to an image.

PowerShell スクリプトの実行タスク シーケンス ステップの改善Improvements to Run PowerShell Script task sequence step

PowerShell スクリプトの実行 タスク シーケンス ステップに次の機能強化が行われました。The Run PowerShell Script task sequence step now includes the following improvements:

  • このステップで、Windows PowerShell コードを直接入力できるようになりました。You can now directly enter Windows PowerShell code in this step. この変更により、最初にスクリプトを使用してパッケージを作成して配布しなくても、タスク シーケンス中に PowerShell コマンドを実行することができます。This change lets you run PowerShell commands during a task sequence without first creating and distributing a package with the script.

  • [Enter a PowerShell script](PowerShell スクリプトの入力) オプションを選択したときに、 [スクリプトの編集] を選択します。When you choose the Enter a PowerShell script option, select Edit Script. 新しい PowerShell スクリプト ウィンドウでは、次のアクションが提供されます。The new PowerShell script window provides the following actions:

    • スクリプトを直接編集するEdit the script directly

    • ファイルから既存のスクリプトを開くOpen an existing script from file

    • Configuration Manager で既存の承認されたスクリプトを参照するBrowse to an existing approved script in Configuration Manager

  • スクリプトの出力をカスタム タスク シーケンス変数に保存します。Save the script output to a custom task sequence variable

  • スクリプトのパラメーターをタスク シーケンス ログに含めるには、タスク シーケンス変数 OSDLogPowerShellParametersTRUE に設定します。To include the script parameters in the task sequence log, set the task sequence variable OSDLogPowerShellParameters to TRUE. 既定では、ログ内にパラメーターはありません。By default, the parameters aren't in the log.

  • [コマンド ラインの実行] ステップと同様の機能を提供するその他の改善。Other improvements that provide similar functionality as the Run Command Line step. たとえば、代わりのユーザー資格情報を指定するか、またはタイムアウトを指定します。For example, specify alternate user credentials or specify a time-out.

重要

Configuration Manager のこの新機能を利用するには、サイトを更新した後、クライアントも最新バージョンに更新します。To take advantage of this new Configuration Manager feature, after you update the site, also update clients to the latest version. サイトとコンソールを更新すると Configuration Manager コンソールに新しい機能が表示されますが、クライアントのバージョンも最新になるまでは完全なシナリオは機能しません。While new functionality appears in the Configuration Manager console when you update the site and console, the complete scenario isn't functional until the client version is also the latest.

詳細については、「PowerShell スクリプトの実行」を参照してください。For more information, see Run PowerShell Script.

OS 展開のその他の機能強化Other improvements to OS deployment

このバージョンでは、OS の展開に関して次の機能強化が行われています。This version includes the following improvements to OS deployment:

  • タスク シーケンスで [ビュー] に新しい既定のアクションがあります。There's a new View default action on task sequences.

  • タスク シーケンスのエラー ダイアログ ウィンドウに表示される詳細情報が追加されています。The task sequence error dialog window now displays more information. 失敗したタスク シーケンス ステップの名前が表示されます。It shows the name of the task sequence step that failed.

  • OSDDoNotLogCommand タスク シーケンス変数を true に設定すると、ログ ファイルの "コマンド ラインの実行" ステップからのコマンド ラインも表示されなくなりました。When you set the OSDDoNotLogCommand task sequence variable to true, now it also hides the command line from the Run Command Line step in the log file. 以前は、smsts.log の "パッケージのインストール" ステップからのプログラム名のみがマスクされました。It previously only masked the program name from the Install Package step in smsts.log.

  • Windows 展開サービスのない配布ポイントで PXE レスポンダーを有効にするときは、DHCP サービスと同じサーバーでもかまわなくなりました。When you enable a PXE responder on a distribution point without Windows Deployment Service, it can now be on the same server as the DHCP service. 詳細については、「PXE 要求を許可するために少なくとも 1 つの配布ポイントを構成する」を参照してください。For more information, see Configure at least one distribution point to accept PXE requests.

ソフトウェア センターSoftware Center

ダイアログ ウィンドウでトースト通知を置き換えるReplace toast notifications with dialog window

再起動や必須の展開に関する Windows のトースト通知が表示されないことがあります。Sometimes users don't see the Windows toast notification about a restart or required deployment. また、リマインダーを再通知するエクスペリエンスが表示されません。Then they don't see the experience to snooze the reminder. クライアントが期限に達すると、この動作が原因でユーザー エクスペリエンスが低下する可能性があります。This behavior can lead to a poor user experience when the client reaches a deadline.

展開で再起動が必要な場合、またはソフトウェアの変更が必要な場合、より頻繁に表示されるダイアログ ウィンドウを使用できるようになりました。Now when deployments need a restart or software changes are required, you have the option of using a more intrusive dialog window.

詳細については、ソフトウェア センターの計画に関するセクションを参照してください。For more information, see Plan for Software Center

ソフトウェア センターでのユーザーとデバイスのアフィニティの構成Configure user device affinity in Software Center

バージョン 1806 以降のソフトウェア センターのインフラストラクチャの改善により、ほとんどのシナリオでアプリケーション カタログのサイト サーバーの役割が必要なくなりました。With Software Center infrastructure improvements starting in version 1806, the application catalog site server roles are no longer required for most scenarios. ユーザーがユーザーとデバイスのアフィニティに自身のプライマリ デバイスを設定できるようにするため、一部のお客様は、引き続きアプリケーション カタログに依存します。Some customers still relied upon the application catalog to allow users to set their primary device for user device affinity.

これでユーザーがソフトウェア センターで自身のプライマリ デバイスを設定できます。Now users can set their primary device in Software Center. この操作により、ユーザーが Configuration Manager 内のデバイスのプライマリ ユーザーになります。This action makes them a primary user of the device in Configuration Manager.

詳細については、「ユーザーとデバイスのアフィニティへのユーザーとデバイスの関連付け」を参照してください。For more information, see Link users and devices with user device affinity.

ソフトウェア センターで既定のビューを構成するConfigure default views in Software Center

このバージョンの Configuration Manager では、ソフトウェア センターのカスタマイズ方法が繰り返し使用されます。This version of Configuration Manager further iterates on how you can customize Software Center:

  • アプリケーションの既定レイアウトをタイル形式またはリスト形式で設定するSet the default layout of applications, either as tiles or a list

    • ユーザーがこの構成を変更すると、ソフトウェア センターでは以降もユーザーの設定が保持されます。If a user changes this configuration, Software Center persists the user's preference in the future
  • 既定のアプリケーション フィルターをすべてのアプリまたは必要なアプリのみに設定するConfigure the default application filter, either all or only required apps

    • ソフトウェア センターでは常に既定の設定が使用されます。Software Center always uses your default setting. ユーザーはこのフィルターを変更できますが、ソフトウェア センターではその設定が保持されません。Users can change this filter, but Software Center doesn't persist their preference.

クライアント設定の [ソフトウェア センター] グループでこれらの設定を指定します。Specify these settings in the Software Center group of client settings.

詳細については、「クライアント設定について」を参照してください。For more information, see About client settings.

ソフトウェア更新プログラムSoftware updates

Windows 10 サービスで機能更新プログラムの優先順位を指定するSpecify priority for feature updates in Windows 10 servicing

クライアントが Windows 10 サービスで機能更新プログラムをインストールする優先順位を調整します。Adjust the priority with which clients install a feature update through Windows 10 servicing. 既定では、クライアントは処理優先順位の高い機能更新プログラムからインストールするようになりました。By default, clients now install feature updates with higher processing priority.

クライアント設定を使用して、このオプションを構成します。Use client settings to configure this option. [ソフトウェア更新プログラム] グループで、次の設定を構成します: [機能更新プログラムのスレッドの優先度を指定してください]In the Software Updates group, configure the following setting: Specify thread priority for feature updates.

詳細については、「クライアント設定について」を参照してください。For more information, see About client settings.

Office 管理Office management

Windows の既知のフォルダーを OneDrive にリダイレクトRedirect Windows known folders to OneDrive

Configuration Manager を使用して、Windows の既知のフォルダーを OneDrive for Business に移動します。Use Configuration Manager to move Windows known folders to OneDrive for Business. これらのフォルダーには、デスクトップ、ドキュメント、およびピクチャが含まれます。These folders include Desktop, Documents, and Pictures. Windows 10 へのアップグレードを簡単にするために、タスク シーケンスを展開する前にこれらの設定を Windows 7 クライアントに展開します。To simplify your Windows 10 upgrades, deploy these settings to Windows 7 clients before deploying a task sequence.

OneDrive for Business のこの機能の詳細については、「Windows の既知のフォルダーを OneDrive にリダイレクトして移動する」を参照してください。For more information on this feature of OneDrive for Business, see Redirect and move Windows known folders to OneDrive.

まず、Microsoft 365 テナント ID を見つけますFirst, find your Microsoft 365 tenant ID. 次に、OneDrive 同期クライアント バージョン 18.111.0603.0004 以降を展開します。Then deploy the OneDrive sync client version 18.111.0603.0004 or later. 詳細については、「Configuration Manager を使用した OneDrive アプリの展開」を参照してください。For more information, see Deploy OneDrive apps by using Configuration Manager.

OneDrive for Business プロファイルを作成して展開するには、Configuration Manager コンソールで [資産とコンプライアンス] ワークスペースに移動します。To create and deploy a OneDrive for Business profile, in the Configuration Manager console, go to the Assets and Compliance workspace. [コンプライアンス設定] を展開し、 [OneDrive for Business プロファイル] ノードを選びます。Expand Compliance Settings, and select the OneDrive for Business Profiles node.

詳細については、「OneDrive for Business プロファイル」の記事の「Windows の既知のフォルダーを OneDrive にリダイレクト」セクションをご覧ください。For more information, see the Redirect Windows known folders to OneDrive section in the OneDrive for Business Profiles article.

Microsoft 365 Apps for enterprise の準備の統合Integration for Microsoft 365 Apps for enterprise readiness

Configuration Manager を使用して、Microsoft 365 Apps for enterprise へのアップグレードの準備ができている信頼性の高いデバイスを特定します。Use Configuration Manager to identify devices with high confidence that are ready to upgrade to Microsoft 365 Apps for enterprise. 統合により、環境内で使用されている Office のアドインとマクロの潜在的な互換性の問題の分析情報が得られます。The integration provides insights into any potential compatibility issues with Office add-ins and macros used in your environment. そして、Configuration Manager を使用して Office を展開し、デバイスを準備します。Then use Configuration Manager to deploy Office to ready devices.

既存の Microsoft 365 クライアント管理ダッシュボードに、 [Office 365 ProPlus Upgrade Readiness] という新しいタイルが追加されました。The existing Microsoft 365 client management dashboard now includes a new tile, Office 365 ProPlus Upgrade Readiness.

詳細については、Microsoft 365 クライアント管理ダッシュボードに関する記事をご覧くださいFor more information, see Microsoft 365 client management dashboard

Microsoft 365 更新プログラムの追加言語Additional languages for Microsoft 365 updates

Microsoft 365 クライアント更新プログラムでサポートされるすべての言語が Configuration Manager でサポートされるようになりました。Configuration Manager now supports all supported languages for Microsoft 365 client updates. 更新のワークフローでは、Office 365 クライアント更新 での多数の言語に対して、Windows Update では 38 の言語に分割されています。The update workflow now separates the 38 languages for Windows Update from the numerous languages for Office 365 Client Update.

詳細については、Microsoft 365 更新プログラムの管理に関する記事をご覧くださいFor more information, see Manage Microsoft 365 updates

ライフサイクル ダッシュボードでの Office 製品Office products on lifecycle dashboard

製品ライフサイクル ダッシュボードに、Office 2003 から Office 2016 までのインストールされているバージョンに関する情報が含まれるようになりました。The product lifecycle dashboard now includes information for installed versions of Office 2003 through Office 2016. サイトで 24 時間ごとのライフサイクル概要作成タスクが実行された後、データが表示されます。Data shows up after the site runs the lifecycle summarization task, which is every 24 hours.

詳細については、製品ライフサイクル ダッシュボードの使用に関するページを参照してください。For more information, see Use the Product Lifecycle dashboard.

段階的展開Phased deployments

段階的な展開に対する専用の監視Dedicated monitoring for phased deployments

段階的展開に専用の監視ノードが作成されました。Phased deployments now have their own dedicated monitoring node. このノードを使用すると、作成した段階的展開を簡単に識別し、段階的展開の監視ビューに移動できます。This node makes it easier to identify phased deployments that you created and then navigate to the phased deployment monitoring view. Configuration Manager コンソールで、 [監視] ワークスペースに移動して、 [段階的な展開] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Monitoring workspace, and select the Phased Deployments node. 段階的な展開の一覧が表示されます。It shows the list of phased deployments.

詳細については、段階的な展開の監視ビューに関する記事を参照してください。For more information, see Phased deployment monitoring view.

段階的な展開における成功の判断基準の強化Improvement to phased deployment success criteria

段階的な展開におけるフェーズの成功の判断基準を追加します。Specify additional criteria for the success of a phase in a phased deployment. この基準を、割合だけでなく、展開が成功したデバイスの数とすることができるようになりました。Instead of only a percentage, this criteria can now also be the number of devices successfully deployed. このオプションは、コレクションの数が変動し、次のフェーズに移る前に特定の数の成功したデバイスを示す必要がある場合に役立ちます。This option is useful when the size of the collection is variable, and you have a specific number of devices to show success before moving to the next phase.

タスク シーケンス、ソフトウェア更新プログラム、またはアプリケーションの段階的な展開を作成します。Create a phased deployment for a task sequence, software update, or application. その後、ウィザードの設定ページで、最初のフェーズの成功の基準として次のオプションを選択します。正常に展開されたデバイスの数Then on the Settings page of the wizard, select the following option as the criteria for success of the first phase: Number of devices successfully deployed.

詳しくは、「段階的展開の作成」をご覧ください。For more information, see Create phased deployments.

Configuration Manager コンソールConfiguration Manager console

Configuration Manager コンソールの機能拡張Improvements to Configuration Manager console

Midwest Management Summit (MMS) Desert Edition 2018 でのお客様のフィードバックに基づき、このバージョンには Configuration Manager コンソールに対する次の機能強化が含まれています。Based on customer feedback at the Midwest Management Summit (MMS) Desert Edition 2018, this version includes the following improvements to the Configuration Manager console:

  • アプリケーション検出方法のレジストリ参照ウィンドウの最大化Maximize the browse registry window for application detection methods
  • アプリケーションの展開からコレクションに移動Go to the collection from an application deployment
  • 監視状態からコンテンツの削除Remove content from monitoring status
  • [監視] ワークスペースの [展開] ノードの整数値によるビューの並べ替えViews sort by integer values in the Deployments node of the Monitoring workspace
  • 多数の結果に対する警告を移動Move the warning for a large number of results

詳細については、Configuration Manager コンソールのヒントに関する記事を参照してください。For more information, see Configuration Manager console tips.

Configuration Manager コンソールの通知Configuration Manager console notifications

適切な対応ができるように十分な情報が得られるようにするため、Configuration Manager コンソールで次のイベントが通知されるようになりました。To keep you better informed so that you can take the appropriate action, the Configuration Manager console now notifies you for the following events:

  • Configuration Manager 自体の更新プログラムが利用可能になったときWhen an update is available for Configuration Manager itself
  • ライフサイクルおよびメンテナンス イベントが環境で発生したときWhen lifecycle and maintenance events occur in the environment

この通知は、コンソール ウィンドウの上部のリボンの下のバーに表示されます。This notification is a bar at the top of the console window below the ribbon. これにより Configuration Manager の更新プログラムが利用可能になったときに、以前のエクスペリエンスが置き換えられます。It replaces the previous experience when Configuration Manager updates are available. これらのコンソール内通知には引き続き重要な情報が表示されますが、コンソールでの作業には干渉しません。These in-console notifications still display critical information, but don't interfere with your work in the console. 重要な通知は消去できません。You can't dismiss critical notifications. コンソールのタイトル バーの新しい通知領域に、すべての通知が表示されます。The console displays all notifications in a new notification area of the title bar.

詳細については、「Configuration Manager コンソールの通知」を参照してください。For more information, see Configuration Manager console notifications.

コンソール フィードバックの確認Confirmation of console feedback

Configuration Manager コンソールでフィードバックを送信するときに、確認メッセージが表示されるようになりました。When you send feedback in the Configuration Manager console, it now shows a confirmation message. このメッセージに含まれる フィードバック ID を、追跡識別子として Microsoft に渡すことができます。This message includes a Feedback ID, which you can give to Microsoft as a tracking identifier.

詳細については、「製品に関するフィードバック」を参照してください。For more information, see Product feedback.

最近接続されたコンソールを表示するView recently connected consoles

Configuration Manager コンソールの最新の接続を表示できるようになりました。You can now view the most recent connections for the Configuration Manager console. ビューには、アクティブな接続と最近接続されたコンソールが含まれます。The view includes active connections and those consoles that recently connected. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動し、 [セキュリティ] を展開して [コンソール接続] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, expand Security, and select the Console Connections node.

詳細については、「Configuration Manager コンソールの使用」を参照してください。For more information, see Using the Configuration Manager console.

コンソール内ドキュメント ダッシュボードIn-console documentation dashboard

新しい [コミュニティ] ワークスペースには新しい [ドキュメント] ノードがあります。There's a new Documentation node in the new Community workspace. このノードには、Configuration Manager のドキュメントとサポート記事に関する最新情報が含まれています。This node includes up-to-date information about Configuration Manager documentation and support articles.

詳細については、「Configuration Manager コンソールの使用」を参照してください。For more information, see Using the Configuration Manager console.

MAC アドレスを使用してデバイス ビューを検索するSearch device views using MAC address

Configuration Manager コンソールのデバイス ビューで MAC アドレスを検索できるようになりました。You can now search for a MAC address in a device view of the Configuration Manager console. このプロパティは、OS の展開管理者が PXE ベースの展開のトラブルシューティングを行うときに役立ちます。This property is useful for OS deployment administrators while troubleshooting PXE-based deployments. デバイスの一覧を表示するには、ビューに [MAC アドレス] 列を追加します。When you view a list of devices, add the MAC Address column to the view. 検索フィールドを使用して、MAC アドレス の検索条件を追加します。Use the search field to add the MAC Address search criteria.

詳細については、Configuration Manager コンソールのヒントに関する記事を参照してください。For more information, see Configuration Manager console tips.

コンソールのユーザー補助機能向上のために .NET 4.7 を使用するUse .NET 4.7 for improved console accessibility

Configuration Manager コンソールのユーザー補助機能向上のため、コンソールが実行されているコンピューターの .NET がバージョン 4.7 以降に更新されます。To improve the accessibility features of the Configuration Manager console, update .NET to version 4.7 or later on the computer running the console.

詳細については、Configuration Manager のユーザー補助機能に関する記事を参照してください。For more information, see Accessibility features in Configuration Manager.

コンソールのセットアップ プロセスへの変更Changes to console setup process

Configuration Manager コンソールをインストールするときに必要となる新しいコンポーネントがあります。There are new components required when installing the Configuration Manager console. 他のコンピューターにコンソールをインストールするためのパッケージを作成する場合は、パッケージに次のファイルが含まれていることを確認します。If you create a package for installing the console on other computers, make sure the package includes the following files:

  • ConsoleSetup.exeConsoleSetup.exe
  • AdminConsole.msiAdminConsole.msi
  • ConfigMgr.AC_Extension.i386.cabConfigMgr.AC_Extension.i386.cab
  • ConfigMgr.AC_Extension.amd64.cabConfigMgr.AC_Extension.amd64.cab

サイト サーバーをインストールまたは更新するときに、これらのインストール ファイル、およびサイト用にサポートされている言語パックが Tools\ConsoleSetup サブフォルダーにコピーされます。When you install or update a site server, it copies these installation files and supported language packs for the site to the Tools\ConsoleSetup subfolder. 詳細については、「System Center Configuration Manager コンソールをインストールする」を参照してください。For more information, see Install the Configuration Manager console.

その他の更新内容Other updates

このリリースには、新機能に加え、バグ修正などの追加の変更も含まれています。Aside from new features, this release also includes additional changes such as bug fixes. 詳細については、「Summary of changes in Configuration Manager current branch, version 1902 (Configuration Manager Current Branch バージョン 1902 での変更の概要)」をご覧ください。For more information, see Summary of changes in Configuration Manager current branch, version 1902.

Configuration Manager 向け Windows PowerShell コマンドレットの変更に関する詳細については、PowerShell バージョン 1902 のリリース ノートを参照してください。For more information on changes to the Windows PowerShell cmdlets for Configuration Manager, see PowerShell version 1902 release notes.

2019 年 6 月 17 日以降、コンソールで次の更新プログラムのロールアップ (4500571) を利用できるようになりました: Configuration Manager Current Branch バージョン 1902 の更新プログラムのロールアップThe following update rollup (4500571) is available in the console starting on 17 June 2019: Update rollup for Configuration Manager current branch, version 1902.

次のステップNext steps

このバージョンをインストールする準備ができたら、Configuration Manager の更新プログラムのインストールおよび更新プログラム 1902 をインストールするためのチェックリストに関するページをご覧ください。When you're ready to install this version, see Installing updates for Configuration Manager and Checklist for installing update 1902.

ヒント

新しいサイトをインストールするには、Configuration Manager の基準バージョンを使用します。To install a new site, use a baseline version of Configuration Manager.

詳細については、下記のリンクをクリックしてください。Learn more about:

既知の重大な問題については、リリース ノートを参照してください。For known, significant issues, see the Release notes.

サイトを更新した後は、更新後のチェックリストに関するページも確認してください。After you update a site, also review the Post-update checklist.