Configuration Manager Current Branch のバージョン 1910 の新機能What's new in version 1910 of Configuration Manager current branch

適用対象:Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

Configuration Manager Current Branch の更新プログラム 1910 はコンソール内の更新プログラムとして利用できます。Update 1910 for Configuration Manager current branch is available as an in-console update. バージョン 1806 以降が実行されているサイトで、この更新プログラムを適用します。Apply this update on sites that run version 1806 or later. この記事では、Configuration Manager バージョン 1910 での変更点と新機能をまとめます。This article summarizes the changes and new features in Configuration Manager, version 1910.

この更新プログラムをインストールするための最新のチェックリストを常に確認してください。Always review the latest checklist for installing this update. 詳細については「更新プログラム 1910 をインストールするためのチェックリスト」を参照してください。For more information, see Checklist for installing update 1910. サイトを更新した後は、更新後のチェックリストに関するページも確認してください。After you update a site, also review the Post-update checklist.

Configuration Manager の新機能をすべて利用するには、サイトを更新した後、クライアントも最新バージョンに更新します。To take full advantage of new Configuration Manager features, after you update the site, also update clients to the latest version. サイトとコンソールを更新すると Configuration Manager コンソールに新しい機能が表示されますが、クライアントのバージョンも最新になるまでは完全なシナリオは機能しません。While new functionality appears in the Configuration Manager console when you update the site and console, the complete scenario isn't functional until the client version is also the latest.

ヒント

このページが更新されたときに通知を受け取るには、次の URL をコピーして RSS フィード リーダーに貼り付けます。https://docs.microsoft.com/api/search/rss?search=%22what%27s+new+in+version+1910+-+Configuration+Manager%22&locale=en-usTo get notified when this page is updated, copy and paste the following URL into your RSS feed reader: https://docs.microsoft.com/api/search/rss?search=%22what%27s+new+in+version+1910+-+Configuration+Manager%22&locale=en-us

Microsoft Endpoint Configuration ManagerMicrosoft Endpoint Configuration Manager

Configuration Manager は Microsoft Endpoint Manager の一部になりました。Configuration Manager is now part of Microsoft Endpoint Manager.

Microsoft Endpoint Configuration Manager

Microsoft Endpoint Manager は、すべてのデバイスを管理するための統合ソリューションです。Microsoft Endpoint Manager is an integrated solution for managing all of your devices. Microsoft は、ライセンスを簡素化して、Configuration Manager と Intune を統合しました。Microsoft brings together Configuration Manager and Intune with simplified licensing. 既存の Configuration Manager の投資を引き続き活用しながら、Microsoft クラウドの機能をご自分のペースで利用できます。Continue to make use of your existing Configuration Manager investments while you take advantage of the power of the Microsoft cloud at your own pace.

次の Microsoft 管理ソリューションはすべて Microsoft Endpoint Manager ブランドの一部になりました。The following Microsoft management solutions are all now part of the Microsoft Endpoint Manager brand:

詳細については、Microsoft 365 担当の Microsoft コーポレート バイス プレジデントである Brad Anderson による次の投稿を参照してください。For more information, see the following posts from Brad Anderson, Microsoft corporate vice president for Microsoft 365:

Microsoft Endpoint Manager での Configuration Manager の変更点は何ですか。What things change in Configuration Manager with Microsoft Endpoint Manager?

バージョン 1910 では、名前の変更を除けば、Configuration Manager は引き続き同じように機能します。In version 1910, aside from the name change, Configuration Manager still functions the same. 名前の変更の一部は、次のコンポーネントの使用に影響を与えることがあります。Some of the name changes might impact your use of the following components:

  • Configuration Manager コンソール:Windows [スタート] メニューの [Microsoft Endpoint Manager] フォルダーでコンソールと リモート コントロール ビューアー のショートカットを見つけます。Configuration Manager console: Find shortcuts to the console and the Remote Control Viewer under the Windows Start menu in the Microsoft Endpoint Manager folder.

  • ソフトウェア センター:Windows [スタート] メニューの [Microsoft Endpoint Manager] フォルダーで、ソフトウェア センターのショートカットを見つけます。Software Center: Find the Software Center shortcut under the Windows Start menu in the Microsoft Endpoint Manager folder.

[スタート] メニューの Microsoft Endpoint Manager のアイコン

保守管理している内部ドキュメントがあれば、これらの新しい場所が含まれるように更新してください。Make sure to update any internal documentation that you maintain to include these new locations.

ヒント

Windows 10 の場合、[スタート] メニューを開き、名前の入力を始めるとアイコンが見つかります。In Windows 10, when you open the Start menu, type the name to find the icon. たとえば、「Configuration Manager」や「Software Center」と入力します。For example, enter Configuration Manager or Software Center.

サイトのインフラストラクチャSite infrastructure

SEDO ロックの再利用Reclaim SEDO lock

Current Branch バージョン 1906 以降では、タスク シーケンスのロックを解除できました。Starting in current branch version 1906, you could clear your lock on a task sequence. これで Configuration Manager コンソールでオブジェクトのロックを解除できるようになりました。Now you can clear your lock on any object in the Configuration Manager console.

詳細については、「Configuration Manager コンソールの使用」を参照してください。For more information, see Using the Configuration Manager console.

オンプレミスのサイトを拡張して Microsoft Azure に移行するExtend and migrate on-premises site to Microsoft Azure

この新しいツールは、Configuration Manager 用の Azure 仮想マシン (VM) をプログラムで作成するのに役立ちます。This new tool helps you to programmatically create Azure virtual machines (VMs) for Configuration Manager. パッシブ サイト サーバー、管理ポイント、配布ポイントなど、既定の設定のサイトの役割を使用してインストールできます。It can install with default settings site roles like a passive site server, management points, and distribution points. 新しい役割を検証したら、高可用性に向けた追加のサイト システムとしてそれらを使用します。After you validate the new roles, use them as additional site systems for high availability. また、オンプレミスのサイト システムの役割を削除し、Azure VM の役割のみを保持することもできます。You can also remove the on-premises site system role and only keep the Azure VM role.

詳細については、「オンプレミスのサイトを拡張して Microsoft Azure に移行する」を参照してください。For more information, see Extend and migrate on-premises site to Microsoft Azure.

Desktop AnalyticsDesktop Analytics

Desktop Analytics クラウド サービスの毎月の変更については、「Desktop Analytics の新機能」を参照してください。For more information on the monthly changes to the Desktop Analytics cloud service, see What's new in Desktop Analytics.

リアルタイムの管理Real-time management

CMPivot エンジンに対する最適化Optimizations to the CMPivot engine

CMPivot エンジンがさらに大幅に最適化されました。We've added some significant optimizations to the CMPivot engine. これで、より多くの処理を ConfigMgr クライアントにプッシュすることができます。Now you can push more of the processing to the ConfigMgr client. 最適化によって、CMPivot クエリの実行に必要なネットワークとサーバーの CPU 負荷が大幅に削減されます。The optimizations drastically reduce the network and server CPU load needed to run CMPivot queries. これらの最適化を利用して、数ギガバイトのクライアント データをリアルタイムで処理できるようになりました。With these optimizations, you can now sift through gigabytes of client data in real time.

詳細については、「CMPivot エンジンに対する最適化」を参照してください。For more information, see Optimizations to the CMPivot engine.

追加の CMPivot エンティティと拡張機能Additional CMPivot entities and enhancements

トラブルシューティングとハンティングを支援するために、いくつかの新しい CMPivot エンティティとエンティティの拡張機能が追加されました。We've added a number of new CMPivot entities and entity enhancements to aid in troubleshooting and hunting. クエリを実行する次のエンティティを含めています。We've included the following entities to query:

このリリースには、CMPivot に対するその他の拡張機能もいくつか追加されています。This release also includes several other enhancements to CMPivot. 詳細については、「バージョン 1910 以降の CMPivot」を参照してください。For more information, see CMPivot starting in version 1910.

コンテンツ管理Content management

Microsoft Connected Cache の Intune Win32 アプリのサポートMicrosoft Connected Cache support for Intune Win32 apps

Configuration Manager 配布ポイントで Microsoft Connected Cache を有効にすると、Microsoft Intune Win32 アプリを共同管理クライアントに提供できるようになります。When you enable Microsoft Connected Cache on your Configuration Manager distribution points, they can now serve Microsoft Intune Win32 apps to co-managed clients.

詳細については、「Configuration Manager における Microsoft 接続済みキャッシュ」を参照してください。For more information, see Microsoft Connected Cache in Configuration Manager.

注意

Configuration Manager の Current Branch バージョン 1906 には、Windows Server にインストールされる、まだ開発中のアプリケーションである Delivery Optimization In-Network Cache が含まれていました。Configuration Manager current branch version 1906 included Delivery Optimization In-Network Cache, an application installed on Windows Server that's still in development. Current Branch バージョン 1910 以降では、この機能は、Microsoft Connected Cache と呼ばれるようになりました。Starting in current branch version 1910, this feature is now called Microsoft Connected Cache.

Connected Cache を Configuration Manager の配布ポイントにインストールすると、[配信の最適化] サービスのトラフィックがローカル ソースにオフロードされます。When you install Connected Cache on a Configuration Manager distribution point, it offloads Delivery Optimization service traffic to local sources. Connected Cache では、コンテンツをバイト範囲レベルで効率的にキャッシュすることによって、この動作を行います。Connected Cache does this behavior by efficiently caching content at the byte-range level.

クライアント管理Client management

コンプライアンス ポリシー評価の一部としてカスタム構成基準を含めるInclude custom configuration baselines as part of compliance policy assessment

コンプライアンス ポリシー評価の規則として、カスタム構成基準の評価を追加できるようになりました。You can now add evaluation of custom configuration baselines as a compliance policy assessment rule. 構成基準を作成または編集するとき、 [コンプライアンス ポリシー評価の一部としてこの基準を評価する] オプションを使用できるようになりました。When you create or edit a configuration baseline, you can now use the Evaluate this baseline as part of compliance policy assessment option. コンプライアンス ポリシー ルールを追加または編集するとき、 [コンプライアンス ポリシーの評価に構成済みのベースラインを含める] という条件があります。When you add or edit a compliance policy rule, you have a condition called Include configured baselines in compliance policy assessment.

共同管理デバイスの場合、全体のコンプライアンス対応状態の一部として Configuration Manager コンプライアンス評価の結果を受け取るように Intune を設定すると、この情報は Azure Active Directory に送信されます。For co-managed devices, and when you configure Intune to take Configuration Manager compliance assessment results as part of the overall compliance status, this information is sent to Azure Active Directory. その後、Microsoft 365 リソースに対する条件付きアクセスのために使用できます。You can then use it for conditional access to your Microsoft 365 resources.

詳細については、「コンプライアンス ポリシー評価の一部としてカスタム構成基準を含める」を参照してください。For more information, see Include custom configuration baselines as part of compliance policy assessment.

Windows 10 Enterprise マルチセッションのユーザー ポリシーを有効にするEnable user policy for Windows 10 Enterprise multi-session

Configuration Manager Current Branch バージョン 1906 では、Windows 仮想デスクトップのサポートが導入されました。Configuration Manager current branch version 1906 introduced support for Windows Virtual Desktop. この Microsoft Azure 環境ではいくつかの OS バージョンがサポートされますが、その一部では複数のアクティブ ユーザー セッションを同時に実行できます。This Microsoft Azure environment supports several OS versions, some of which allow multiple concurrent active user sessions. たとえば、Windows 10 Enterprise マルチセッションは、これらの OS バージョンの 1 つです。For example, Windows 10 Enterprise multi-session is one of these OS versions.

このマルチセッション デバイスでユーザー ポリシーが必要であり、パフォーマンスに影響する可能性を受け入れる場合、クライアント設定を構成してユーザー ポリシーを有効にできるようになりました。If you require user policy on these multi-session devices and accept any potential performance impact, you can now configure a client setting to enable user policy. [クライアント ポリシー] グループで、 [複数のユーザー セッションに対してユーザー ポリシーを有効にします] の設定を構成できます。In the Client Policy group, configure the Enable user policy for multiple user sessions setting.

詳しくは、「クライアント設定を構成する方法」をご覧ください。For more information, see How to configure client settings.

アプリケーション管理Application management

Microsoft Edge バージョン 77 以降の展開Deploy Microsoft Edge, version 77 and later

まったく新しい Microsoft Edge をビジネスにご利用いただけます。The all-new Microsoft Edge is ready for business. Microsoft Edge バージョン 77 以降をユーザーに展開できるようになりました。You can now deploy Microsoft Edge, version 77 and later, to your users. 管理者は、展開する Microsoft Edge クライアントのバージョンと共に Beta、Dev、または安定チャンネルを選択できます。Admins can pick the Beta, Dev, or Stable channel, along with a version of the Microsoft Edge client to deploy.

詳細については、「Microsoft Edge バージョン 77 以降の展開」を参照してください。For more information, see Deploy Microsoft Edge, version 77 and later.

アプリケーション グループの機能強化Improvements to application groups

Current Branch バージョン 1906 以降では、1 つの展開としてデバイス コレクションに送信できるアプリケーションのグループを作成できます。Starting in current branch version 1906, you can create a group of applications to send to a device collection as a single deployment. このリリースでは、この機能が向上しています。This release improves upon this feature:

  • ユーザーは、ソフトウェア センターでアプリ グループを アンインストール できません。Users can select Uninstall for the app group in Software Center.
  • ユーザー コレクション にアプリ グループを展開できます。You can deploy an app group to a user collection.

全般情報については、「アプリケーション グループの作成」をご覧ください。For more general information, see Create application groups.

OS の展開OS deployment

タスク シーケンス エディターの向上Improvements to the task sequence editor

タスク シーケンス エディターには次の改善が含まれています。The task sequence editor includes the following improvements:

  • タスク シーケンス エディターの検索:Search the task sequence editor: 多くのグループとステップが含まれる大規模なタスク シーケンスがある場合、特定のステップを見つけるのが難しいことがあります。If you have a large task sequence with many groups and steps, it can be difficult to find specific steps. タスク シーケンス エディター内で検索できるようになりました。You can now search in the task sequence editor. これにより、タスク シーケンス内のステップをすばやく検索できるようになります。This action lets you more quickly locate steps in the task sequence.
  • タスク シーケンスの条件のコピーと貼り付け:Copy and paste task sequence conditions: あるタスク シーケンス ステップの条件を別のタスク シーケンス ステップに再利用する場合は、タスク シーケンス エディター内で条件をコピーして貼り付けることができます。If you want to reuse the conditions from one task sequence step to another, you can now copy and paste conditions in the task sequence editor.

詳細については、タスク シーケンス エディターを使用する方法に関する新しい記事を参照してください。For more information, see the new article on how to use the task sequence editor.

タスク シーケンスのパフォーマンス向上: 電源プランTask sequence performance improvements: Power plans

高パフォーマンスの電源プランを使用してタスク シーケンスを実行できるようになりました。You can now run a task sequence with the high-performance power plan. このオプションを選択すると、タスク シーケンスの全体的な速度が向上します。This option improves the overall speed of the task sequence. 組み込みの高パフォーマンスの電源プランを使用するように Windows が構成されるので、電力消費の増加と引き換えに最大のパフォーマンスを実現できます。It configures Windows to use its built-in high-performance power plan, which delivers maximum performance at the expense of higher power consumption.

詳細については、「電源プランのパフォーマンスの向上」を参照してください。For more information, see Performance improvements for power plans.

インターネット経由でのタスク シーケンスのオン デマンド ダウンロードTask sequence download on demand over the internet

タスク シーケンスを使用して、クラウド管理ゲートウェイ (CMG) 経由で Windows 10 一括アップグレードを展開できます。You can use the task sequence to deploy a Windows 10 in-place upgrade via the cloud management gateway (CMG). ただし、その場合の展開では、すべてのコンテンツをローカルにダウンロードしてからタスク シーケンスを開始する必要があります。However, it requires the deployment to download all content locally before starting the task sequence.

このリリース以降、タスク シーケンス エンジンでは、コンテンツが有効な CMG またはクラウド配布ポイントから、オンデマンドでパッケージをダウンロードできるようになりました。Starting in this release, the task sequence engine can download packages on-demand from a content-enabled CMG or a cloud distribution point. この変更により、インターネット ベースのデバイスへの Windows 10 インプレース アップグレードの展開に、さらなる柔軟性が提供されます。This change provides additional flexibility with your Windows 10 in-place upgrade deployments to internet-based devices.

詳細については、「CMG を通して Windows 10 の一括アップグレードを展開する」を参照してください。For more information, see Deploy Windows 10 in-place upgrade via CMG.

OS 展開の機能強化Improvements to OS deployment

このリリースには、OS 展開に対する次の機能強化が含まれています。This release includes the following improvements to OS deployment.

ブート イメージ キーボード レイアウトBoot image keyboard layout

ブート イメージの既定のキーボード レイアウトを構成します。Configure the default keyboard layout for a boot image. ブート イメージの [カスタマイズ] タブで、新しい [WinPE の既定のキーボード レイアウトを設定する] オプションを使用します。On the Customization tab of a boot image, use the new Set default keyboard layout in WinPE option. en-us 以外の言語を選択した場合でも、Configuration Manager によって、使用可能な入力ロケールに en-us が含められます。If you select a language other than en-us, Configuration Manager still includes en-us in the available input locales. デバイス上の初期のキーボード レイアウトは選択されたロケールですが、ユーザーは必要に応じてデバイスを en-us に切り替えることができます。On the device, the initial keyboard layout is the selected locale, but the user can switch the device to en-us if needed.

詳細については、「ブート イメージの管理」をご覧ください。For more information, see Manage boot images.

OS アップグレード パッケージの 1 つのインデックスをインポートするImport a single index of an OS upgrade package

OS アップグレード パッケージをインポートするときに、 [選択したアップグレード パッケージの install.wim ファイルから、特定のイメージ インデックスを抽出する] オプションを使用できます。When you import an OS upgrade package, you can use the Extract a specific image index from install.wim file of selected upgrade package option. この動作は、OS イメージの場合と似ていますが、OS アップグレード パッケージ内の既存の install.wim が上書きされる点で異なります。This behavior is similar as with OS images, except that it overwrites the existing install.wim in the OS upgrade package. イメージ インデックスが一時的な場所に抽出された後、元のソース ディレクトリに移動されます。It extracts the image index to a temporary location and then moves it into the original source directory.

詳しくは、OS のアップグレード パッケージの管理に関するページをご覧ください。For more information, see Manage OS upgrade packages.

タスク シーケンス中にコマンド ラインの実行ステップの結果を変数に出力するOutput the results of a Run Command Line step to a variable during a task sequence

[コマンドラインの実行] ステップに [タスク シーケンス変数に出力] オプションが含まれるようになりました。The Run Command Line step now includes an Output to task sequence variable option. このオプションを有効にすると、タスク シーケンスによって、指定したカスタム タスク シーケンス変数にコマンドからの出力が保存されます。When you enable this option, the task sequence saves the output from the command to a custom task sequence variable that you specify.

詳細については、「コマンド ラインの実行」を参照してください。For more information, see Run Command Line.

タスク シーケンス デバッガーの機能強化Improvements to task sequence debugger

このリリースでは、タスク シーケンス デバッガーが次の点で改善されています。This release includes the following improvements to the task sequence debugger:

  • 新しいタスク シーケンス変数 TSDebugOnError を使って、タスク シーケンスでエラーが返されたときに自動的にデバッガーを起動できます。Use the new task sequence variable TSDebugOnError to automatically start the debugger when the task sequence returns an error.
  • デバッガーでブレークポイントを作成した後、タスク シーケンスによってコンピューターが再起動された場合、再起動後もデバッガーによってそのブレークポイントが保持されます。If you create a breakpoint in the debugger and then the task sequence restarts the computer, the debugger keeps the breakpoints after restart.

詳しくは、タスク シーケンスのデバッグに関するページと「タスク シーケンス変数 - TSDebugOnError」をご覧ください。For more information, see Task sequence debugger and Task sequence variables - TSDebugOnError.

タスク シーケンスでの言語サポートの強化Improved language support in task sequence

このリリースでは、OS 展開中に言語構成をさらに細かく制御できるようになります。This release adds control over language configuration during OS deployment. これらの言語設定を既に適用している場合は、この変更によって OS 展開のタスク シーケンスを簡略化することができます。If you're already applying these language settings, this change can help you simplify your OS deployment task sequence. 言語ごとに複数のステップを使ったり、個別のスクリプトを使ったりする代わりに、組み込みの [Windows 設定の適用] ステップのインスタンスを、言語につき 1 つ、その言語の条件と共に使います。Instead of using multiple steps per language or separate scripts, use one instance per language of the built-in Apply Windows Settings step with a condition for that language.

[Windows 設定の適用] タスク シーケンス ステップを使用すると、次の新しい設定を構成できます。Use the Apply Windows Settings task sequence step to configure the following new settings:

  • 入力ロケール (既定のキーボード レイアウト)Input locale (default keyboard layout)
  • システム ロケールSystem locale
  • UI 言語UI language
  • UI 言語のフォールバックUI language fallback
  • ユーザー ロケールUser locale

詳細については、「Windows 設定の適用」を参照してください。For more information, see Apply Windows Settings.

Windows 10 一括アップグレード用の新しい変数New variable for Windows 10 in-place upgrade

Windows セットアップが完了したときに、高パフォーマンスのデバイスで Windows 10 の一括アップグレード タスク シーケンスに発生するタイミングの問題に対処する目的で、新しいタスク シーケンス変数 SetupCompletePause を設定できるようになりました。To address timing issues with the Window 10 in-place upgrade task sequence on high-performance devices when Windows setup is complete, you can now set a new task sequence variable, SetupCompletePause. この変数に秒単位の値を割り当てると、Windows セットアップ プロセスにより、タスク シーケンスが開始されるまでの時間がその分だけ遅延されます。When you assign a value in seconds to this variable, the Windows setup process delays that amount of time before it starts the task sequence. このタイムアウトにより、Configuration Manager クライアントでは初期化にさらに時間がかかるようになります。This timeout provides the Configuration Manager client additional time to initialize.

詳しくは、「タスク シーケンス変数 - SetupCompletePause」をご覧ください。For more information, see Task sequence variables - SetupCompletePause.

ソフトウェア更新プログラムSoftware updates

サード パーティの更新プログラム カタログの追加オプションAdditional options for third-party update catalogs

サードパーティの更新プログラム カタログの同期を今までより細かく制御できるようになりました。You now have more granular controls over synchronization of third-party updates catalogs. Configuration Manager バージョン 1910 以降、他に依存せず、カタログ別に同期スケジュールを構成できるようになりました。Starting in Configuration Manager version 1910, you can configure the synchronization schedule for each catalog independently. 分類された更新プログラムを含むカタログを使用するとき、特定の更新プログラム カテゴリのみを含めるように同期を構成し、カタログ全体の同期を回避できます。When you use catalogs that include categorized updates, you can configure synchronization to include only specific categories of updates to avoid synchronizing the entire catalog. 分類されたカタログを使用すると、あるカテゴリを展開することがわかっているとき、それを自動的にダウンロードし、Windows Server Update Services (WSUS) に発行するよう構成できます。With categorized catalogs, when you're confident you'll deploy a category, you can configure it to automatically download and publish to Windows Server Update Services (WSUS).

詳細については、「Enable third-party updates」 (サードパーティ製更新プログラムを有効にする) を参照してください。For more information, see Enable third-party updates.

すべての Windows 更新プログラムに配信の最適化を使用するUse Delivery Optimization for all Windows updates

以前は、配信の最適化は、高速更新に対してのみ利用できました。Previously, you could use Delivery Optimization only for express updates. Configuration Manager バージョン 1910 では、Windows 10 バージョン 1709 以降を実行しているクライアントに対するすべての Windows Update コンテンツの配布に配信の最適化を使用できるようになりました。With Configuration Manager version 1910, it's now possible to use Delivery Optimization for the distribution of all Windows Update content for clients running Windows 10 version 1709 or later.

詳細については、次をご覧ください。For more information, see:

ADR 用の追加のソフトウェア更新プログラム フィルターAdditional software update filter for ADRs

自動展開規則 (ADR) の更新フィルターとして [展開済み] を使用できるようになりました。You can now use Deployed as an update filter for your automatic deployment rules (ADRs). このフィルターは、パイロット コレクションまたはテスト コレクションへの展開が必要となる可能性がある新しい更新プログラムを識別するのに役立ちます。This filter helps identify new updates that might need to be deployed to your pilot or test collections.

詳細については、「ソフトウェア更新プログラムの自動展開」を参照してください。For more information, see Automatically deploy software updates.

Office 管理Office management

[Office 365 ProPlus Pilot と正常性] ダッシュボードOffice 365 ProPlus Pilot and Health Dashboard

Office 365 ProPlus のパイロットと正常性ダッシュボードでは、Office 365 ProPlus を計画し、試作し、展開できます。The Office 365 ProPlus Pilot and Health Dashboard helps you plan, pilot, and deploy Office 365 ProPlus. このダッシュボードからは、Office 365 ProPlus がインストールされたデバイスの正常性に関する分析情報が提供され、展開計画に影響を与える可能性のある問題の特定に役立ちます。The dashboard provides health insights for devices with Office 365 ProPlus to help identify possible issues that might affect your deployment plans. Office 365 ProPlus Pilot と正常性ダッシュボードには、アドイン インベントリに基づくパイロット デバイスの推奨事項が表示されます。The Office 365 ProPlus Pilot and Health Dashboard provides a recommendation for pilot devices based on add-in inventory.

詳細については、「Office 365 ProPlus のパイロットと正常性ダッシュボード」を参照してください。For more information, see Office 365 ProPlus pilot and health dashboard.

保護Protection

BitLocker の管理BitLocker management

Configuration Manager からは、BitLocker ドライブ暗号化の次の管理機能が提供されます。Configuration Manager now provides the following management capabilities for BitLocker Drive Encryption:

  • BitLocker クライアントをマネージド Windows デバイスに展開するDeploy the BitLocker client to managed Windows devices.
  • デバイスの暗号化ポリシーを管理するManage device encryption policies.
  • コンプライアンス レポートを生成するGenerate compliance reports.
  • キー回復用 Web サイトの管理と監視を使用するUse an administration and monitoring website for key recovery.
  • ユーザー セルフサービス ポータルにアクセスするAccess a user self-service portal.

詳細については、「BitLocker 管理の計画」を参照してください。For more information, see Plan for BitLocker management.

Configuration Manager コンソールConfiguration Manager console

コンソール接続を使用してアクティブなコンソールとメッセージ管理者を表示するView active consoles and message administrators through Console Connections

コンソール接続 に関して、次のような機能強化が行われました。We've made the following improvements to Console Connections:

  • Microsoft Teams を通じて他の Configuration Manager 管理者にメッセージを送信する機能。The ability to message other Configuration Manager administrators through Microsoft Teams.
  • [最終接続時刻][最後のコンソール ハートビート] 列に置き換えられました。The Last Console Heartbeat column has replaced the Last Connected Time column.
    • フォアグラウンドで開いているコンソールから 10 分ごとにハートビートが送信されるので、現在アクティブになっているコンソール接続を判断するときに役立ちます。An open console in the foreground sends a heartbeat every 10 minutes to help determine which console connections are currently active.

詳細については、「最近接続されたコンソールを表示する」とメッセージ管理者に関するページを参照してください。For more information, see View recently connected consoles and Message administrators.

クライアント診断アクションClient diagnostics actions

Configuration Manager コンソールの [クライアント診断] には新しいデバイス アクションがあります。There are new device actions for Client Diagnostics in the Configuration Manager console:

  • 詳細ログ記録を有効にする: CCM コンポーネントのグローバル ログ レベルを "詳細に変更" し、デバッグ ログ記録を有効にします。Enable verbose logging: Change the global log level for the CCM component to verbose, and enable debug logging.
  • 詳細なログ記録を無効にする: グローバル ログ レベルを "既定" に変更し、デバッグ ログ記録を無効にします。Disable verbose logging: Change the global log level to default, and disable debug logging.

詳細については、クライアント診断に関するページを参照してください。For more information, see Client diagnostics.

このリリースでは、Configuration Manager コンソールの検索が次の点で機能強化されています。This release includes the following improvements to search in the Configuration Manager console:

  • [ドライバー パッケージ] ノードと [クエリ] ノードから、 [すべてのサブフォルダー] 検索オプションを使用できるようになりました。You can now use the All Subfolders search option from the Driver Packages and Queries nodes.
  • 検索で 1,000 件を超える結果が返された場合は、通知バーで [OK] を選択すると、さらに結果を表示できます。When a search returns more than 1,000 results, select OK on the notice bar to view more results.

その他の更新内容Other updates

Configuration Manager 向け Windows PowerShell コマンドレットの変更に関する詳細については、PowerShell バージョン 1910 のリリース ノートを参照してください。For more information on changes to the Windows PowerShell cmdlets for Configuration Manager, see PowerShell version 1910 release notes.

管理サービスの REST API の変更に関する詳細については、管理サービスのリリース ノートを参照してください。For more information on changes to the administration service REST API, see Administration service release notes.

このリリースには、新機能に加え、バグ修正などの追加の変更も含まれています。Aside from new features, this release also includes additional changes such as bug fixes. 詳細については、「バージョン 1910 の現在のブランチでの変更の概要」を参照してください。For more information, see Summary of changes in Configuration Manager current branch, version 1910.

2020 年 2 月 18 日以降、コンソールで次の更新プログラムのロールアップ (4537079) を利用できるようになりました:Microsoft Endpoint Configuration Manager Current Branch バージョン 1910 の更新プログラムのロールアップThe following update rollup (4537079) is available in the console starting on February 18, 2020: Update Rollup for Microsoft Endpoint Configuration Manager current branch, version 1910.

次のステップNext steps

2019 年 12 月 20 日より、バージョン 1910 は全世界のすべてのユーザーがインストールできるようになります。As of December 20, 2019, version 1910 is globally available for all customers to install.

このバージョンをインストールする準備ができたら、Configuration Manager の更新プログラムのインストールに関する記事および「1910 に更新するためのチェックリスト」をご覧ください。When you're ready to install this version, see Installing updates for Configuration Manager and Checklist for installing update 1910.

ヒント

新しいサイトをインストールするには、Configuration Manager の基準バージョンを使用します。To install a new site, use a baseline version of Configuration Manager.

詳細については、下記のリンクをクリックしてください。Learn more about:

既知の重大な問題については、リリース ノートを参照してください。For known significant issues, see the Release notes.

サイトを更新した後は、更新後のチェックリストに関するページも確認してください。After you update a site, also review the Post-update checklist.