Configuration Manager Current Branch のバージョン 2006 の新機能What's new in version 2006 of Configuration Manager current branch

適用対象:Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

Configuration Manager Current Branch の更新プログラム 2006 はコンソール内の更新プログラムとして利用できます。Update 2006 for Configuration Manager current branch is available as an in-console update. バージョン 1810 以降が実行されているサイトで、この更新プログラムを適用します。Apply this update on sites that run version 1810 or later. この記事では、Configuration Manager バージョン 2006 での変更点と新機能をまとめます。This article summarizes the changes and new features in Configuration Manager, version 2006.

この更新プログラムをインストールするための最新のチェックリストを常に確認してください。Always review the latest checklist for installing this update. 詳細については「更新プログラム 2006 をインストールするためのチェックリスト」を参照してください。For more information, see Checklist for installing update 2006. サイトを更新した後は、更新後のチェックリストに関するページも確認してください。After you update a site, also review the Post-update checklist.

Configuration Manager の新機能をすべて利用するには、サイトを更新した後、クライアントも最新バージョンに更新します。To take full advantage of new Configuration Manager features, after you update the site, also update clients to the latest version. サイトとコンソールを更新すると Configuration Manager コンソールに新しい機能が表示されますが、クライアントのバージョンも最新になるまでは完全なシナリオは機能しません。While new functionality appears in the Configuration Manager console when you update the site and console, the complete scenario isn't functional until the client version is also the latest.

ヒント

このページが更新されたときに通知を受け取るには、次の URL をコピーして RSS フィード リーダーに貼り付けます。https://docs.microsoft.com/api/search/rss?search=%22what%27s+new+in+version+2006+-+Configuration+Manager%22&locale=en-usTo get notified when this page is updated, copy and paste the following URL into your RSS feed reader: https://docs.microsoft.com/api/search/rss?search=%22what%27s+new+in+version+2006+-+Configuration+Manager%22&locale=en-us

Microsoft Endpoint Manager テナントのアタッチMicrosoft Endpoint Manager tenant attach

管理センターからのスクリプトScripts from the admin center

Configuration Manager のオンプレミスのスクリプト実行機能を、Microsoft エンドポイント マネージャー管理センターに導入できます。Bring the power of the Configuration Manager on-premises Run scripts feature to the Microsoft Endpoint Manager admin center. Helpdesk などの追加のペルソナが、Configuration Manager マネージド デバイスそれぞれに対してクラウドから PowerShell スクリプトをリアルタイムで実行できるようになります。Allow additional personas, like Helpdesk, to run PowerShell scripts from the cloud against an individual Configuration Manager managed device in real time. これにより、Configuration Manager 管理者によって既に定義され、承認されている PowerShell スクリプトの従来の利点すべてを、この新しい環境でも利用できるようになります。This gives all the traditional benefits of PowerShell scripts that have already been defined and approved by the Configuration Manager admin to this new environment. 詳細については、「テナントのアタッチ:管理センターからのスクリプトFor more information, see Tenant attach: Scripts from the admin center.

管理センターのデバイス タイムラインDevice timeline in the admin center

Configuration Manager で、テナントのアタッチを使用してデバイスを Microsoft Endpoint Manager と同期すると、イベントのタイムラインを確認できるようになります。When Configuration Manager synchronizes a device to Microsoft Endpoint Manager through tenant attach, you'll be able to see a timeline of events. このタイムラインにはそのデバイス上での過去の活動が表示され、問題のトラブルシューティングに役立ちます。This timeline shows past activity on the device that can help you troubleshoot problems. 詳細については、「テナントのアタッチ:管理センターのデバイスのタイムライン」を参照してください。For more information, see Tenant attach: Device timeline in the admin center.

管理センターのリソース エクスプローラーResource explorer in the admin center

Microsoft エンドポイント管理の管理センターから、リソース エクスプローラーを使用して、アップロードされた Configuration Manager デバイスのハードウェア インベントリを表示できます。From the Microsoft Endpoint Management admin center, you can view hardware inventory for uploaded Configuration Manager devices by using resource explorer. 詳細については、「テナントのアタッチ:管理センターのリソース エクスプローラー」を参照してください。For more information, see Tenant attach: Resource explorer in the admin center.

管理センターからの CMPivotCMPivot from the admin center

CMPivot の機能を、Microsoft エンドポイント マネージャー管理センターに導入できます。Bring the power of CMPivot to the Microsoft Endpoint Manager admin center. Helpdesk などの追加のペルソナが、ConfigMgr マネージド デバイスそれぞれに対してクラウドからリアルタイムのクエリを開始して、結果を管理センターに返すことができるようになりました。Allow additional personas, like Helpdesk, to be able to initiate real-time queries from the cloud against an individual ConfigMgr managed device and return the results back to the admin center. これにより、CMPivot の従来の利点すべてを利用して、IT 管理者やその他の指定されたペルソナが環境内のデバイスの状態をすばやく評価し、アクションを実行することが可能になります。This gives all the traditional benefits of CMPivot, which allows IT Admins and other designated personas the ability to quickly assess the state of devices in their environment and take action.

管理センターからの CMPivot の詳細については、「テナント接続: 管理センターからの CMPivot の起動」、「CMPivot の概要」、「CMPivot サンプル スクリプト」を参照してください。For more information about CMPivot from the admin center, see Tenant attach: Launch CMPivot from the admin center, CMPivot overview, and CMPivot sample scripts.

Microsoft Endpoint Manager admin center の Microsoft Defender ウイルス対策ポリシーMicrosoft Defender Antivirus policies in the Microsoft Endpoint Manager admin center

Microsoft エンドポイント マネージャー コンソールで Microsoft Defender ウイルス対策ポリシーを作成し、構成マネージャー コレクションに展開できるようになりました。You can now create Microsoft Defender antivirus policies in the Microsoft Endpoint Manager console and deploy them to Configuration Manager collections. 詳細な手順や使用可能な設定などについて詳しくは、次の記事を参照してください。For more information including detailed instructions and available settings, see the following articles:

管理センターからアプリケーションをインストールするInstall applications from the admin center

Microsoft エンドポイント マネージャーの管理センターから、テナントに接続されたデバイスへのアプリケーションのインストールを、リアルタイムで開始できます。You can initiate an application install in real time for a tenant attached device from the Microsoft Endpoint Manager admin center. Configuration Manager バージョン 2006 以降では、デバイスで使用できるアプリケーションの一覧に、デバイスの現在ログオンしているユーザーに展開されたアプリケーションも含まれます。Starting with Configuration Manager version 2006, the list of applications available for the device also includes applications deployed to the device's currently logged on user. 詳細については、「テナントのアタッチ:管理センターからアプリケーションをインストールする」。For more information, see Tenant attach: Install an application from the admin center.

テナント接続のオンボード中に以前に作成した Azure AD アプリケーションをインポートするImport previously created Azure AD application during tenant attach onboarding

新しいオンボードの際、管理者は、テナント接続へのオンボード中に以前に作成したアプリケーションを指定できます。During a new onboarding, an administrator can specify a previously created application during onboarding to tenant attach. 詳細については、「Microsoft Endpoint Manager テナントのアタッチ: デバイスの同期とデバイスのアクション」を参照してください。For more information, see Microsoft Endpoint Manager tenant attach: Device sync and device actions.

エンドポイント分析Endpoint analytics

既定で有効になっているエンドポイント分析データの収集Endpoint analytics data collection enabled by default

[Enable Endpoint analytics data collection](エンドポイント分析データの収集を有効にする) クライアント設定が既定で有効化されるようになりました。The Enable Endpoint analytics data collection client setting is now enabled by default. この設定により、マネージド エンドポイントで、スタートアップ パフォーマンスの分析情報などのデータを Configuration Manager サイト サーバーに送信できるようになります。This setting allows your managed endpoints to send data, such as startup performance insights, to your Configuration Manager site server. この変更は、ローカル データの収集のみに影響します。This change affects local data collection only. エンドポイント分析データは、Configuration Manager でデータ アップロードを有効化しないと、Microsoft Endpoint Manager 管理センターにアップロードされません。Endpoint analytics data isn't uploaded to the Microsoft Endpoint Manager admin center until you enable data upload in Configuration Manager. 新しい既定値は、既定のクライアント設定と、バージョン 2006 へのアップグレード後に作成されたカスタム クライアント設定に適用されます。The new default value applies to the default client settings and any custom client settings created after upgrading to version 2006.

  • バージョン 2002 からバージョン 2006 にアップグレードする場合、既存のカスタム クライアント設定値が保持されます。If you're upgrading from version 2002 to version 2006, existing custom client settings values are retained. Configuration Manager バージョン 2002 では、 [Enable Endpoint analytics data collection](エンドポイント分析データの収集を有効にする) の既定値は [いいえ] です。The default value for Enable Endpoint analytics data collection in Configuration Manager version 2002 is No.
  • Configuration Manager バージョン 1910 以前からバージョン 2006 にアップグレードする場合、設定のグループ [コンピューター エージェント] を含む既存のカスタム クライアント設定では、 [Enable Endpoint analytics data collection](エンドポイント分析データの収集を有効にする) の新しい既定値 [はい] が継承されます。If you're upgrading to version 2006 from Configuration Manager version 1910 or prior, any pre-existing custom client settings that contain the Computer Agent group of settings inherits the new default of Yes for Enable Endpoint analytics data collection.

詳しくは、Configuration Manager でのエンドポイント分析データ収集の有効化に関する記事をご覧ください。For more information, see Configure Endpoint analytics data collection in Configuration Manager.

サイトのインフラストラクチャSite infrastructure

VPN 境界の種類VPN boundary type

リモート クライアントの管理を簡略化するため、VPN の新しい境界の種類を作成できるようになりました。To simplify managing remote clients, you can now create a new boundary type for VPNs. これまでは、VPN クライアントの境界を、IP アドレスかサブネットに基づいて作成する必要がありました。Previously, you had to create boundaries for VPN clients based on the IP address or subnet. この構成は、サブネット構成や VPN の設計が原因で、困難な場合や不可能な場合がありました。This configuration could be challenging or not possible because of the subnet configuration or the VPN design.

今回、クライアントが場所の要求を送信すると、そのネットワーク構成に関する追加情報が含まれるようになりました。Now when a client sends a location request, it includes additional information about its network configuration. この情報に基づいて、サーバーはクライアントが VPN 上にあるかどうかを判断します。Based on this information, the server determines whether the client is on a VPN.

詳細については、境界の定義に関する記事を参照してください。For more information, see Define boundaries.

リモート ワーカーに合わせた最適化を行うための管理分析情報Management insights to optimize for remote workers

このリリースでは、管理分析情報の新しいグループ、リモート ワーカーに合わせた最適化 が追加されています。This release adds a new group of management insights, Optimize for remote workers. これらの分析情報は、リモート ワーカー向けにより良いエクスペリエンスを作成し、インフラストラクチャの負荷を軽減するのに役立ちます。These insights help you create better experiences for remote workers and reduce load on your infrastructure. このリリースの分析情報では、主に VPN に焦点が当てられています。The insights in this release primarily focus on VPN:

  • VPN 境界グループの定義Define VPN boundary groups
  • クラウド ベースのコンテンツ ソースを優先するように VPN に接続されたクライアントを構成するConfigure VPN connected clients to prefer cloud based content sources
  • VPN 接続されたクライアントのピア ツー ピアのコンテンツ共有を無効にするDisable peer to peer content sharing for VPN connected clients

詳細については、管理分析情報に関するページを参照してください。For more information, see Management insights.

Windows Virtual Desktop のサポートの改善Improved support for Windows Virtual Desktop

Windows 10 Enterprise マルチセッション プラットフォームが、要件の規則や適用性の一覧があるオブジェクトでサポートされている OS バージョンの一覧に表示されます。The Windows 10 Enterprise multi-session platform is available in the list of supported OS versions on objects with requirement rules or applicability lists.

Configuration Manager による Windows Virtual Desktop のサポートの詳細については、クライアントとデバイスに対してサポートされる OS のバージョンに関する記事をご覧ください。For more information on Configuration Manager's support for Windows Virtual Desktop, see Supported OS versions for clients and devices.

イントラネット クライアントで CMG ソフトウェアの更新ポイントを使用できるIntranet clients can use a CMG software update point

イントラネット クライアントは、境界グループに割り当てられたときに、CMG ソフトウェアの更新ポイントにアクセスできるようになりました。Intranet clients can now access a CMG software update point when it's assigned to a boundary group. 詳細については、境界グループの構成に関するページを参照してください。For more information, see Configure boundary groups.

クラウド接続の管理Cloud-attached management

共同管理デバイスでポータル サイト アプリを使用するUse the Company Portal app on co-managed devices

ポータル サイトは、Microsoft Endpoint Manager 用のクロスプラットフォームのアプリ ポータル エクスペリエンスになりました。The Company Portal is now the cross-platform app portal experience for Microsoft Endpoint Manager. ポータル サイトも使用するように共同管理デバイスを構成することで、すべてのデバイスで一貫したユーザー エクスペリエンスを実現できます。By configuring co-managed devices to also use the Company Portal, you can provide a consistent user experience on all devices.

詳細については、「共同管理デバイスでポータル サイト アプリを使用する」を参照してください。For more information, see Use the Company Portal app on co-managed devices.

Microsoft Azure China 21Vianet を使用した共同管理Use Microsoft Azure China 21Vianet for co-management

共同管理を有効にするときに、Azure の環境として Azure China Cloud を選択できるようになりました。You can now select the Azure China Cloud as your Azure environment when enabling co-management. 詳細については、「How to enable co-management」 (共同管理を有効にする方法) を参照してください。For more information, see How to enable co-management.

Azure AD アプリの秘密鍵の有効期限切れ通知Notification for Azure AD app secret key expiration

お使いのサイトをクラウドに接続するように Azure サービスを構成すると、Configuration Manager コンソールに次の状況で通知が表示されるようになりました。If you configure Azure services to cloud-attach your site, the Configuration Manager console now displays notifications for the following circumstances:

  • 1 つ以上の Azure AD アプリの秘密鍵の有効期限が間もなく切れるOne or more Azure AD app secret keys will expire soon
  • 1 つ以上の Azure AD アプリの秘密鍵が期限切れになっているOne or more Azure AD app secret keys have expired

詳細については、秘密鍵の更新に関するページを参照してください。For more information, see Renew secret key.

Desktop AnalyticsDesktop Analytics

Desktop Analytics クラウド サービスの毎月の変更については、「Desktop Analytics の新機能」を参照してください。For more information on the monthly changes to the Desktop Analytics cloud service, see What's new in Desktop Analytics.

診断データ ラベルへの変更Change to diagnostic data labels

Windows 診断データのデスクトップ分析要件に合わせるために、これらの設定に新しいラベルが用意されました。To better align with the Desktop Analytics requirements for Windows diagnostic data, these settings have new labels:

バージョン 2006 以降Version 2006 and later バージョン 2002 以前Version 2002 and earlier
必須Required BasicBasic
省略可能 (制限あり)Optional (limited) 拡張 (制限付き)Enhanced (Limited)
該当なしN/A 拡張Enhanced
OptionalOptional [完全]Full

以前に 拡張 レベルでデバイスを構成したことがある場合、バージョン 2006 にアップグレードすると、 [省略可能 (制限あり)] に戻ります。If you previously configured any devices at the Enhanced level, when you upgrade to version 2006, they'll revert to Optional (limited). その後、Microsoft に送信するデータが少なくなります。They will then send less data to Microsoft. この変更は、Desktop Analytics に表示される内容には影響しません。This change shouldn't impact what you see in Desktop Analytics.

詳細については、「Desktop Analytics のためにデータ共有を有効にする」を参照してください。For more information, see Enable data sharing for Desktop Analytics.

リアルタイムの管理Real-time management

CMPivot の改善Improvements to CMPivot

CMPivot に加えられた改良点は次のとおりです。The following improvements have been made in CMPivot:

  • コンソールおよび CMPivot スタンドアロンの CMPivot が統合されました。CMPivot from the console and CMPivot standalone have been converged
  • 個々のデバイスまたは複数のデバイスから CMPivot を実行する際、コレクションを選択または作成する必要がなくなりました。Run CMPivot from an individual device or multiple devices without having to select or create a collection
  • CMPivot クエリの結果から、個々のデバイスまたは複数のデバイスを選択し、指定された範囲で個別に CMPivot インスタンスを起動できるようになりました。From CMPivot query results, you can select an individual device or multiple devices then launch a separate CMPivot instance scoped to your selection.

詳細については、「バージョン 2006 以降の CMPivot」を参照してください。For more information, see CMPivot starting in version 2006.

クライアント管理Client management

従量制課金接続でのクライアントのインストールとアップグレードInstall and upgrade the client on a metered connection

これまでは、デバイスが従量制課金接続に接続されていた場合、新しいクライアントはインストールされませんでした。Previously, if the device was connected to a metered network, new clients wouldn't install. すべてのクライアント通信を許可している場合、既存のクライアントのみがアップグレードされました。Existing clients only upgraded if you allowed all client communication. 従量制課金ネットワークで頻繁にローミングされるデバイスは、管理されていないことやクライアント バージョンが古いことがありました。For devices that are frequently roaming on a metered network, they would be unmanaged or on an older client version. このリリース以降、クライアントのインストールとアップグレードは、クライアント設定 [従量制ネットワーク接続でのクライアントの通信方法][許可] または [Limit](制限) に設定した場合に機能します。Starting in this release, you can install and upgrade the client when you set the client setting Client communication on metered internet connections to Allow or Limit. この設定により、クライアントを最新の状態に維持しながら、従量制課金ネットワークでクライアントの通信を管理できます。With this setting, you can allow the client to stay current, but still manage the client communication on a metered network.

新しいクライアント インストールの動作を定義するため、新しい ccmsetup パラメーター /AllowMetered が用意されました。To define the behavior for a new client installation, there's a new ccmsetup parameter /AllowMetered. 従量制課金ネットワークでのクライアント通信を ccmsetup に許可すると、コンテンツのダウンロード、サイトへの登録、初期ポリシーのダウンロードが実行されます。When you allow client communication on a metered network for ccmsetup, it downloads the content, registers with the site, and downloads the initial policy. それ以降のクライアント通信は、そのポリシーのクライアント設定の構成に従います。Any further client communication follows the configuration of the client setting from that policy.

詳細については、以下の記事を参照してください。For more information, see the following articles:

デバイスの再起動の管理の改善Improvements to managing device restarts

Configuration Manager には、デバイスの再起動を管理したり、通知を再起動したりするための多くのオプションが用意されています。Configuration Manager provides many options to manage device restarts and restart notifications. デバイスの再起動が展開で要求されても自動的に実行されないように、クライアント設定を構成できるようになりました。You can now configure a client setting to prevent devices from automatically restarting when a deployment requires it. この設定により、固有の状況をより細かく制御できます。This setting gives you more control in unique situations. 既定では、クライアント設定 [Configuration Manager can force a device to restart](Configuration Manager でデバイスの再起動を強制できる) が有効になっているため、Configuration Manager は強制的にデバイスを再起動できます。By default, the client setting Configuration Manager can force a device to restart is enabled, so Configuration Manager can still force devices to restart. この設定は、再起動が必要なアプリケーション、ソフトウェア更新プログラム、およびパッケージの展開にのみ適用されます。This setting only applies to application, software update, and package deployments that require a restart.

詳細については、「デバイス再起動の通知」を参照してください。For more information, see device restart notifications.

アプリケーション管理Application management

CMG を介した利用可能なアプリの改善Improvements to available apps via CMG

このリリースでは、ソフトウェア センターと Azure Active Directory (Azure AD) 認証に関する問題が修正されました。This release fixes an issue with Software Center and Azure Active Directory (Azure AD) authentication. イントラネット上で検出されているものの、クラウド管理ゲートウェイ (CMG) を介して通信しているクライアントの場合、ソフトウェア センターではこれまで Windows 認証が使用されていました。For a client detected as on the intranet but communicating via the cloud management gateway (CMG), previously Software Center would use Windows authentication. ユーザーの使用可能なアプリの一覧を取得しようとすると、失敗していました。When it tried to get the list of user-available apps, it would fail. 今後、Azure Active Directory に参加しているデバイスでは、Azure AD ID が使用されます。It now uses Azure Active Directory (Azure AD) identity for devices joined to Azure AD. これらのデバイスは、クラウド参加もハイブリッド参加も可能です。These devices can be cloud-joined or hybrid-joined.

詳細については、「ユーザーが利用できるアプリを展開する」を参照してください。For more information, see Deploy user-available apps.

Microsoft 365 Apps for enterpriseMicrosoft 365 Apps for enterprise

Office 365 ProPlus は、2020 年 4 月 21 日に、Microsoft 365 Apps for enterprise に名前が変更されました。Office 365 ProPlus was renamed to Microsoft 365 Apps for enterprise on April 21, 2020. バージョン 2006 以降、次のような変更が加えられました。Starting in version 2006, the following changes have been made:

  • 新しい名前を使用するため、Configuration Manager コンソールが更新されました。The Configuration Manager console has been updated to use the new name.
    • この変更には、Microsoft 365 アプリの更新プログラム チャネル名も含まれます。This change also includes update channel names for Microsoft 365 Apps.
  • バナー通知がコンソールに追加され、1 つ以上の自動展開規則により Microsoft 365 アプリの更新プログラムの タイトル 条件で古いチャネル名が参照された場合、ユーザーに通知が表示されるようになりました。A banner notification was added to the console to notify you if one or more automatic deployment rules reference obsolete channel names in the Title criteria for Microsoft 365 Apps updates.

詳細については、Microsoft 365 Apps のチャネル名に関する記事と「Microsoft 365 Apps の準備ダッシュボード」を参照してください。For more information, see Microsoft 365 Apps channel names and Microsoft 365 Apps readiness dashboard.

OS の展開OS deployment

クラウドベース コンテンツに対するタスク シーケンス メディアのサポートTask sequence media support for cloud-based content

タスク シーケンス メディアでクラウドベース コンテンツをダウンロードできるようになりました。Task sequence media can now download cloud-based content. たとえば、デバイスを再イメージ化するために、リモート オフィスのユーザーに USB キーを送ることがあります。For example, you send a USB key to a user at a remote office to reimage their device. または、ローカルの PXE サーバーがあるオフィスでも、デバイスでクラウド サービスの優先順位をできるだけ高くしたいことがあります。Or an office that has a local PXE server, but you want devices to prioritize cloud services as much as possible. 今では、大規模な OS 展開コンテンツをダウンロードするために WAN にさらに負荷をかけるのではなく、ブート メディアや PXE 展開で、クラウドベースのソースからコンテンツを取得することができるようになりました。Instead of further taxing the WAN to download large OS deployment content, boot media and PXE deployments can now get content from cloud-based sources. たとえば、コンテンツの共有が可能なクラウド管理ゲートウェイ (CMG) などがあります。For example, a cloud management gateway (CMG) that you enable to share content.

注意

デバイスには、管理ポイントへのイントラネット接続が引き続き必要になります。The device still needs an intranet connection to the management point.

詳細については、「起動可能なメディアを使用したネットワーク経由での Windows の展開」を参照してください。For more information, see Use bootable media to deploy Windows over the network.

CMG を介したタスク シーケンスの改善Improvements to task sequences via CMG

このリリースには、クラウド管理ゲートウェイ (CMG) を介して通信するデバイスにタスク シーケンスを展開するための、次の改善が含まれています。This release includes the following improvements to deploy task sequences to devices that communicate via a cloud management gateway (CMG):

  • OS の展開のサポートSupport for OS deployment:OS を展開するためにブート イメージを使用するタスク シーケンスの場合、CMG を介して通信するデバイスに展開することができます。: With a task sequence that uses a boot image to deploy an OS, you can deploy it to a device that communicates via CMG. ユーザーは、ソフトウェア センターからタスク シーケンスを開始する必要があります。The user needs to start the task sequence from Software Center. 詳細については、CMG のサポートされている構成に関する記事を参照してください。For more information, see Supported configurations for CMG.

  • このリリースでは、Configuration Manager Current Branch バージョン 2002 からの 2 つの既知の問題が修正されました。This release fixes the two known issues from Configuration Manager current branch version 2002. 次の状況で、CMG を介して通信するデバイス上でタスク シーケンスを実行できるようになりました。You can now run a task sequence on a device that communicates via CMG in the following circumstances:

BitLocker タスク シーケンス ステップの強化Improvements to BitLocker task sequence steps

BitLocker の有効化 および BitLocker の事前プロビジョニング のタスク シーケンス ステップで、ディスクの暗号化モードを指定できるようになりました。You can now specify the disk encryption mode on the Enable BitLocker and Pre-provision BitLocker task sequence steps. 既定で、これらのステップでは、OS バージョンの既定の暗号化方法が引き続き使用されます。By default, the steps continue to use the default encryption method for the OS version.

BitLocker の有効化 のステップにも、 [TPM がないか、TPM が有効ではない場合は、コンピューターでこの手順はスキップされます] の設定が含まれるようになりました。The Enable BitLocker step also now includes a setting to Skip this step for computers that do not have a TPM or when TPM is not enabled. この設定を有効にすると、このステップでは TPM がないか初期化されていない TPM がないデバイスにエラーが記録され、タスク シーケンスが続行されます。When you enable this setting, the step logs an error on a device without a TPM or a TPM that doesn't initialize, and the task sequence continues. この設定により、BitLocker を完全にはサポートできないデバイスでも、タスク シーケンスの動作が管理しやすくなります。This setting makes it easier to manage the task sequence behavior on devices that can't fully support BitLocker.

詳しくは、「タスク シーケンスのステップ」をご覧ください。For more information, see Task sequence steps.

OS 展開のマネジメント インサイト規則Management insight rules for OS deployment

タスク シーケンスのポリシーのサイズが 32 MB を超えると、クライアントは大きなポリシーを処理できません。When the size of the task sequence policy exceeds 32 MB, the client fails to process the large policy. その後、クライアントはタスク シーケンスの展開の実行に失敗します。The client then fails to run the task sequence deployment. このリリースには、タスク シーケンスのポリシー サイズを管理するのに役立つ次の管理分析情報が含まれています。To help you manage the policy size of task sequences, this release includes the following management insights:

  • タスク シーケンスが大きいと、最大ポリシー サイズを超える要因になる可能性があるLarge task sequences may contribute to exceeding maximum policy size

  • タスク シーケンスのポリシーの合計サイズがポリシーの制限を超過しているTotal policy size for task sequences exceeds policy limit

ヒント

これらの規則は [オペレーティング システムの展開] の新しいグループに含まれています。These rules are in a new group for Operating System Deployment. [未使用のブート イメージ] の既存の規則も、このグループに含まれるようになりました。The existing rule for Unused boot images is now in this group too.

詳細については、管理分析情報に関するページを参照してください。For more information, see management insight.

OS 展開の機能強化Improvements to OS deployment

このリリースには、OS 展開に対する次の追加の機能強化が含まれています。This release includes the following additional improvements to OS deployment:

  • タスク シーケンス変数を使用して、[ディスクのフォーマットとパーティション作成] ステップのターゲットを指定できます。Use a task sequence variable to specify the target of the Format and Partition Disk step. この新しい変数オプションでは、動的な動作を含むより複雑なタスク シーケンスがサポートされます。This new variable option supports more complex task sequences with dynamic behaviors. たとえば、カスタム スクリプトでディスクを検出し、ハードウェアの種類に基づいて変数を設定することができます。For example, a custom script can detect the disk and set the variable based on the hardware type. その後、このステップの複数のインスタンスを使用して、さまざまなハードウェアの種類とパーティションを構成できます。Then you can use multiple instances of this step to configure different hardware types and partitions.

  • 準備の確認ステップに、デバイスが UEFI を使用しているかどうかを確認するためのチェックが含まれるようになりました。The Check Readiness step now includes a check to determine if the device uses UEFI. また、新しい読み取り専用タスク シーケンス変数 _TS_CRUEFI も含まれています。It also includes a new read-only task sequence variable, _TS_CRUEFI.

  • タスク シーケンスの進行状況のウィンドウを有効にして、より詳細な進行状況の情報を表示した場合に、無効なグループの有効なステップがカウントされなくなりました。If you enable the task sequence progress window to show more detailed progress information, it now doesn't count enabled steps in a disabled group. この変更により、進行状況をより正確に見積もることができます。This change helps make the progress estimate more precise.

  • 以前は、デバイスを Windows 10 にアップグレードするタスク シーケンスの間、最終的な Windows 構成フェーズのいずれかで、コマンド プロンプト ウィンドウが開いていました。Previously, during a task sequence to upgrade a device to Windows 10, a command prompt window opened during one of the final Windows configuration phases. このウィンドウは、Windows の out-of-box experience (OOBE) より手前に表示され、ユーザーはこれを操作してアップグレード プロセスを中断することができました。The window was on top of the Windows out-of-box experience (OOBE), and users could interact with it to disrupt the upgrade process. 今回、Configuration Manager の SetupCompleteTemplate.cmd および SetupRollbackTemplate.cmd スクリプトに、このコマンド プロンプト ウィンドウを非表示にするための変更が含まれています。Now the SetupCompleteTemplate.cmd and SetupRollbackTemplate.cmd scripts from Configuration Manager include a change to hide this command prompt window.

  • 一部のお客様は IProgressUI::ShowMessage メソッドを使用してカスタム タスク シーケンス インターフェイスを構築しますが、これによってユーザーの応答の値は返されません。Some customers build custom task sequence interfaces using the IProgressUI::ShowMessage method, but it doesn't return a value for the user's response. このリリースでは IProgressUI::ShowMessageEx メソッドが追加されています。This release adds the IProgressUI::ShowMessageEx method. この新しいメソッドは既存のメソッドに似ていますが、新しい整数の結果変数 pResult も含まれています。This new method is similar to the existing method, but also includes a new integer result variable, pResult.

保護Protection

CMG によるエンドポイント保護ポリシーのサポートCMG support for endpoint protection policies

クラウド管理ゲートウェイ (CMG) ではエンドポイント保護ポリシーがサポートされていますが、デバイスではオンプレミスのドメイン コントローラーにアクセスする必要がありました。While the cloud management gateway (CMG) has supported endpoint protection policies, devices required access to on-premises domain controllers. このリリース以降、CMG を介して通信するクライアントでは、Active Directory へのアクティブな接続なしで、すぐにエンドポイント保護ポリシーを適用できます。Starting in this release, clients that communicate via a CMG can immediately apply endpoint protection policies without an active connection to Active Directory.

詳細については、CMG のサポートされている構成に関する記事を参照してください。For more information, see Supported configurations for CMG.

階層用の BitLocker 管理サポートBitLocker management support for hierarchies

中央管理サイトに BitLocker セルフサービス ポータルと管理と監視用 Web サイトをインストールできるようになりました。You can now install the BitLocker self-service portal and the administration and monitoring website at the central administration site.

詳細については、「BitLocker ポータルのセットアップ」を参照してください。For more information, see Set up BitLocker portals.

Configuration Manager コンソールConfiguration Manager console

コミュニティ ハブと GitHubCommunity hub and GitHub

" (2020 年 6 月に初めて導入) "(First introduced in June 2020)

IT 管理者のコミュニティには、長年にわたる豊富な知識が蓄積されています。The IT admin community has developed a wealth of knowledge over the years. スクリプトやレポートなどの項目を最初から作り直す代わりに、私たちは、ユーザーが互いに共有できる Configuration Manager コミュニティ ハブ を構築しました。Rather than reinventing items like scripts and reports from scratch, we've built a Configuration Manager Community hub where you can share with each other. 他のユーザーの作業を活用することで、作業時間を節約できます。By leveraging the work of others, you can save hours of work. コミュニティ ハブでは、他のユーザーの作業を基礎にし、他のユーザーはあなたの作業を基礎にすることで、創造力が促進されます。The Community hub fosters creativity by building on others' work and having other people build on yours. GitHub には、既に共有のために作成された業界標準のプロセスとツールがあります。GitHub already has industry-wide processes and tools built for sharing. そこで、コミュニティ ハブでは、この新しいコミュニティを推進するための基本要素として、これらのツールが Configuration Manager コンソールで直接活用されます。Now, the Community hub will leverage those tools directly in the Configuration Manager console as foundational pieces for driving this new community. 最初のリリースでは、コミュニティ ハブで利用できるコンテンツは、Microsoft によってのみアップロードされます。For the initial release, the content made available in the Community hub will be uploaded only by Microsoft.

詳細については、「コミュニティ ハブと GitHub」をご覧ください。For more information, see Community hub and GitHub.

直接リンクを使用して、Configuration Manager コンソールのコミュニティ ハブ ノードの項目に簡単に移動し、参照できます。You can easily navigate to and reference items in the Configuration Manager console Community hub node with a direct link. 詳細については、「コミュニティ ハブの項目への直接リンク」を参照してください。For more information, see Direct links to Community hub items.

Microsoft からの通知Notifications from Microsoft

Configuration Manager コンソールで Microsoft から通知を受け取ることができるようになりました。You can now choose to receive notifications from Microsoft in the Configuration Manager console. これらの通知は、新機能または更新された機能、Configuration Manager および関連付けられているサービスに対する変更、修復するために操作が必要な問題に関する最新情報を入手するのに役立ちます。These notifications help you stay informed about new or updated features, changes to Configuration Manager and attached services, and issues that require action to remediate.

詳しくは、「Microsoft からメッセージを受信するようにサイトを構成する」を参照してください。For more information, see Configure a site to receive messages from Microsoft.

Power BI サンプル レポートPower BI sample reports

" (2020 年 6 月に初めて導入) "(First introduced in June 2020)

Power BI Report Server を Configuration Manager のレポートと統合すると、サンプルの Power BI レポートを使用できるようになります。When you integrate Power BI Report Server with Configuration Manager reporting, there are now sample Power BI reports available. 次のサンプル レポートをダウンロードしてインストールします。Download and install the following sample reports:

  • ソフトウェア更新の対応状態Software Update Compliance Status
  • ソフトウェア更新プログラムの展開ステータスSoftware Update Deployment Status

詳細については、「Power BI サンプル レポートのインストール」を参照してください。For more information, see Install Power BI sample reports.

非推奨のオペレーティング システムDeprecated operating systems

削除された項目と非推奨の項目で実装される前のサポートに関する変更点について説明します。Learn about support changes before they're implemented in removed and deprecated items.

バージョン 1906 で最初に発表されたように、バージョン 2006 では次のクライアント OS バージョンのサポートが廃止されます。As first announced in version 1906, version 2006 drops support for the following client OS versions:

  • Windows CE 7.0Windows CE 7.0
  • Windows 10 MobileWindows 10 Mobile
  • Windows 10 Mobile EnterpriseWindows 10 Mobile Enterprise

その他の更新内容Other updates

Configuration Manager 向け Windows PowerShell コマンドレットの変更に関する詳細については、PowerShell バージョン 2006 のリリース ノートを参照してください。For more information on changes to the Windows PowerShell cmdlets for Configuration Manager, see PowerShell version 2006 release notes.

管理サービスの REST API の変更に関する詳細については、管理サービスのリリース ノートを参照してください。For more information on changes to the administration service REST API, see Administration service release notes.

このリリースには、新機能に加え、バグ修正などの追加の変更も含まれています。Aside from new features, this release also includes additional changes such as bug fixes. 詳細については、「Configuration Manager Current Branch バージョン 2006 での変更の概要」を参照してください。For more information, see Summary of changes in Configuration Manager current branch, version 2006.

2020 年 11 月 4 日以降、コンソール内で次の更新プログラムのロールアップ (4578605) を利用できるようになりました:Microsoft Endpoint Configuration Manager バージョン 2006 の更新プログラムのロールアップThe following update rollup (4578605) is available in the console starting on November 4, 2020: Update Rollup for Microsoft Endpoint Configuration Manager version 2006.

修正プログラムHotfixes

次の追加の修正プログラムは、特定の問題を解決するために利用できます。The following additional hotfixes are available to address specific issues:

IDID タイトルTitle 日付Date コンソール内In-console
45806784580678 Configuration Manager Current Branch バージョン 2006 のテナント アタッチ ロールアップTenant attach rollup for Configuration Manager current branch, version 2006 2020 年 9 月 18 日September 18, 2020 はいYes
45847594584759 Configuration Manager バージョン 2006 における Desktop Analytics 構成エラーがクライアントから報告されるClients report Desktop Analytics configuration errors in Configuration Manager, version 2006 2020 年 10 月 2 日October 2, 2020 はいYes
45757864575786 Configuration Manager コンソールが Configuration Manager Current Branch バージョン 2006 で予期せず終了するConfiguration Manager console terminates unexpectedly on Configuration Manager current branch, version 2006 2020 年 11 月 12 日November 12, 2020 はいYes
45757874575787 Configuration Manager クライアントについて共同管理の登録に予想以上に時間がかかるCo-management enrollment takes longer than expected for Configuration Manager clients 2020 年 11 月 12 日November 12, 2020 いいえNo

次のステップNext steps

2020 年 8 月 31 日より、バージョン 2006 は全世界のすべてのお客様がインストールできるようになります。As of August 31, 2020, version 2006 is globally available for all customers to install.

このバージョンをインストールする準備ができたら、Configuration Manager の更新プログラムのインストールに関する記事および「2006 に更新するためのチェックリスト」をご覧ください。When you're ready to install this version, see Installing updates for Configuration Manager and Checklist for installing update 2006.

ヒント

新しいサイトをインストールするには、Configuration Manager の基準バージョンを使用します。To install a new site, use a baseline version of Configuration Manager.

詳細については、下記のリンクをクリックしてください。Learn more about:

既知の重大な問題については、リリース ノートを参照してください。For known significant issues, see the Release notes.

サイトを更新した後は、更新後のチェックリストに関するページも確認してください。After you update a site, also review the Post-update checklist.