Configuration ManagerでのWindows 11のサポート

Configuration Manager (現在のブランチ) に適用

クライアントとしてサポートConfiguration Manager Windows 11バージョンについて説明します。

Windows 11のWindows評価と展開キット (ADK) のサポートの詳細については、「Windows ADK のサポート」を参照してください。

注意

Windows 11 を実行するデバイスの管理には、Windows 10 の場合と同様に Microsoft Endpoint Manager の使用を続けることができます。 別の記事で Windows 11 について明示的に言及されていない場合、Windows 10 の機能サポートには Windows 11 も含まれていると想定しています。 この記事では、既知の問題点を一覧表示しています。

Windows 11 バージョン

Configuration Managerは、新しいWindows 11バージョンが使用可能になった直後にクライアントとしてサポートを提供しようとします。 製品には個別の開発スケジュールとリリース スケジュールがあるため、Configuration Managerが提供するサポートは、それぞれがいつ利用可能になるかによって異なります。

Configuration Manager バージョンは、そのバージョンのサポートが終了した後、マトリックスから削除されます。 同様に、Configuration Managerでは、サポート ライフサイクルが終了しても、Windows 11 バージョンはサポートされません。

次の表に、さまざまなバージョンのConfiguration Managerでクライアントとして使用できるWindows 11のバージョンを示します。

Windows 11 バージョン ConfigMgr 2010 ConfigMgr 2103 ConfigMgr 2107 ConfigMgr 2111 ConfigMgr 2203
21H2
(10.0.22000)
非サポート 非サポート サポート サポート サポート

Windowsライフサイクルの詳細については、Windowsライフサイクルのファクト シートWindowsリリース情報を参照してください。

キー
SupportedSupported =
Not supportedNot supported =

サポートのメモ

  • Windows 11 バージョンのサポートには、Enterprise、Pro、Education、Pro Education、ワークステーションのProのエディションが含まれます。

  • Windows 11 は、オペレーティング システム プロパティを Windows 10 と同じとしてMicrosoft Windows NT Workstation 10.0報告します。 Windows 11を実行しているデバイスを区別するには、ビルド番号10.0.22000以降に オペレーティング システム ビルド デバイス プロパティを使用します。

  • Windows 11の OS 展開イメージとアップグレード パッケージは、イメージ名をWindows 10として表示します。 詳細については、「Windows 11 イメージでのデプロイ ツールの使用」を参照してください。

ARM64 でのWindows 11

Configuration Managerバージョン 2107 と更新プログラムのロールアップは、Windows 11 ARM64 デバイス上のクライアントをサポートしています。

すべてのWindows 11 (ARM64) プラットフォームは、要件規則または適用可能性リストを持つオブジェクトでサポートされている OS バージョンの一覧で使用できます。

機能更新タスク シーケンスを除き、OS の展開はサポートされていません。 ARM64 デバイス上のWindows 11に機能更新プログラムを含むタスク シーケンスを展開できます。 詳細については、「Windowsを最新バージョンにアップグレードする」を参照してください。

Windows Insider のサポート

Insider ビルドWindows更新してサービスを提供できます。 この機能は、お客様の利便性として提供されます。 この機能は機能するはずですが、そのサポートはベスト エフォートです。 Configuration Managerが機能しない場合、この機能の修正プログラムを発行しない可能性があります。

Windows Insider に関するフィードバックを提供するには、Windows フィードバック ハブを使用します。

既知の問題

Desktop Analytics

Desktop AnalyticsはWindows 11をサポートしていません。 ハードウェアの準備Windows 11については、テナント接続とエンドポイント分析を有効にすることをお勧めします。

Windowsサービス ダッシュボード

Windows サービス ダッシュボードには、現在、最新バージョンのWindows 10を持つWindows 11デバイスが含まれています。 Windows 11のバージョンはまだ区別されません。 このダッシュボードの詳細については、「Configuration Managerを使用したサービスとしての Windowsの管理」を参照してください。

ソフトウェア センターの通知が、サイレント期間中に表示されない

既定では、Windows 11は、ユーザーが初めてサインオンした後の最初の 1 時間の フォーカス アシスト を有効にします。 詳細については、「 デスクトップに到達する」と「Quiet Period」を参照してください。

ソフトウェア センターの通知は、現時点では抑制されています。 詳細については、「Windowsでフォーカスアシストをオンまたはオフにする」を参照してください。

タスク シーケンス中の BitLocker の事前プロビジョニングが TPM を所有しない

適用対象: Windows ADK Windows 11

プレプロビジョニングBitLocker Windows含む OS 展開タスク シーケンスで 11 ベースのブート イメージを使用すると、手順が失敗する可能性があります。 smsts.log には、次のような文字列のようなエラーが表示されます。

'TakeOwnership' failed (2147942402)
pTpm->TakeOwnership(sOwnerAuth), HRESULT=80070002
Failed to take ownership of TPM. Ensure that Active Directory permissions are properly configured
The system cannot find the file specified. (Error: 80070002; Source: Windows)
Process completed with exit code 2147942402
Failed to run the action: Pre-provision BitLocker. Error -2147024894

この問題を回避するには 、BitLocker の事前準備手順の前に、コマンド ラインの実行手順をタスク シーケンス に追加 します。 次のコマンドを実行します。

reg.exe add HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\TPM /v OSManagedAuthLevel /t REG_DWORD /d 2 /f

このレジストリ キーの詳細については、「TPM 所有者パスワード の変更」を参照してください

Windows Hello for Business認証を使用したConfiguration Manager コンソール

適用対象: Azure Active Directory (Azure AD)参加しているデバイス

Windows Hello for Business認証を要求するようにサイトの認証レベルを構成した場合、Windows 11 デバイスのConfiguration Manager コンソールはサイトに接続できません。 デバイス上の adminui.log ファイルには、次のエラーが表示されます。

Description = "Current thread is not authenticated with the minimal allowed level.";
ErrorCode = 2185761792;

この問題を回避するには、次のいずれかのオプションを使用します。

オフライン サービス

重要

この問題は、2022 年 3 月の累積的な更新プログラム (KB5011493) で解決されます。 どのバージョンのWindows 11でも、2022 年 3 月の累積的な更新プログラムでオフライン サービスを正常に使用できます。

Windows 11用のイメージにソフトウェア更新プログラムを適用すると、プロセスは失敗します。 オフライン サービス ログ ファイル OfflineServicingMgr.logには、次のようなエラーが表示されます。

InstallUpdate returned code 0x8007007b
Failed to install update with ID 16787962 on the image. ErrorCode = 123

この問題は、DISM がファイルをサポートしていないためです .cab

この問題を回避するには、イメージに手動でサービスを提供します。

  1. Microsoft Update カタログから直接更新プログラムをダウンロードします。 たとえば、https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB5007215 のように指定します。
  2. DISM を使用して、ダウンロードした.msu更新ファイルをWindows 11 イメージに手動で挿入します。 詳細については、「Windows イメージに更新プログラムを追加する」を参照してください。
  3. パッケージ ソース内のイメージ ファイルを手動で更新します。 その後、配布ポイントで更新します。

次のステップ

Windows ADK のサポート