Configuration ManagerでのWindows ADK のサポート

Configuration Manager (現在のブランチ) に適用

Configuration Managerを使用してオペレーティング システムを展開する場合、Windows評価と展開キット (ADK) は必須の外部依存関係です。 詳細については、次の記事を参照してください。

ADK バージョンをWindowsする

次の表に、さまざまなバージョンのConfiguration Managerで使用できるWindows ADK のバージョンを示します。

ADK バージョンWindows ConfigMgr 2010 ConfigMgr 2103 ConfigMgr 2107 ConfigMgr 2111 ConfigMgr 2203
Windows 11
(10.1.22000)
非サポート 非サポート サポート サポート サポート
Windows Server 2022
(10.1.20348)
非サポート 非サポート サポート サポート サポート
Windows 10バージョン 2004
(10.1.19041)
サポート サポート サポート サポート サポート
Windows 10バージョン 1903
(10.1.18362)
下位互換性 非サポート 非サポート 非サポート 非サポート
キー
SupportedSupported =
この表は、Configuration Managerのバージョンに関連した ADK のサポート可能性Windowsのみを示しています。 Microsoft では、展開するWindowsのバージョンと一致する Windows ADK を使用することをお勧めします。 最新のWindows バージョンをデプロイするときは、最新のWindows ADK バージョンを使用します。 最新のWindows ADK バージョンでは、Windows 8.1などの古い OS バージョンのデプロイがサポートされている場合があります。 ADK コンポーネントのサポートのWindowsの詳細については、「DISM でサポートされているプラットフォームUSMT 要件、およびシナリオに適した ADK の選択」を参照してください
下位互換性 = バックワード互換性
この組み合わせはテストされませんが、機能するはずです。 既知の問題または注意事項を文書化します。
Not supportedNot supported =

サポートのメモ

  • Configuration Managerでは、Windows ADK の x86 コンポーネントと amd64 コンポーネントのみがサポートされます。 現在、ARM または ARM64 コンポーネントはサポートされていません。

  • Windows サーバー ビルドには、関連付けられているWindowsクライアント バージョンと同じWindows ADK 要件があります。 たとえば、Windows Server 2016は LTSB 2016 と同じビルド バージョンWindows 10。

  • Windows 11と Windows Server 2022 の両方を展開する場合は、最新バージョンである Windows 11 用の Windows ADK を使用します。 Windows 11ではなくWindows Server 2022 を展開する場合は、Windows Server 2022 または Windows 11にWindows ADK を使用できます。

既知の問題

タスク シーケンス中の BitLocker の事前プロビジョニングが TPM を所有しない

適用対象: Windows ADK Windows 11

プレプロビジョニングBitLocker Windows含む OS 展開タスク シーケンスで 11 ベースのブート イメージを使用すると、手順が失敗する可能性があります。 smsts.log には、次のような文字列のようなエラーが表示されます。

'TakeOwnership' failed (2147942402)
pTpm->TakeOwnership(sOwnerAuth), HRESULT=80070002
Failed to take ownership of TPM. Ensure that Active Directory permissions are properly configured
The system cannot find the file specified. (Error: 80070002; Source: Windows)
Process completed with exit code 2147942402
Failed to run the action: Pre-provision BitLocker. Error -2147024894

この問題を回避するには 、BitLocker の事前準備手順の前に、コマンド ラインの実行手順をタスク シーケンス に追加 します。 次のコマンドを実行します。

reg.exe add HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\TPM /v OSManagedAuthLevel /t REG_DWORD /d 2 /f

このレジストリ キーの詳細については、「TPM 所有者パスワード の変更」を参照してください

次のステップ

Windows 11 のサポート

Windows 10 のサポート

クライアントでサポートされている OS バージョン