Configuration Manager でサポートされる、クライアントとデバイスの OS のバージョン

Configuration Manager (現在のブランチ) に適用

Configuration Manager は、Windows および macOS コンピューター上のクライアント ソフトウェアのインストールをサポートします。

一般的な要件と制限事項

すべてのクライアントの次の要件と制限事項を確認します。

  • Configuration Manager サービスは、スタートアップの種類や ログオン方法 の設定の変更はサポートされていません。 変更すると、主要なサービスが正しく稼働できなくなる可能性があります。

Windows コンピューター

次のバージョンの Windows OS を管理するには、Configuration Manager に含まれているクライアントを使用します。 詳しくは、「Windows コンピューターにクライアントを展開する方法」をご覧ください。

サポートされているクライアント OS のバージョン

  • Windows 11 (Configuration Manager バージョン 2107 でスタート)

    注意

    Windows 11 を実行するデバイスの管理には、Windows 10 の場合と同様に Microsoft Endpoint Manager の使用を続けることができます。 既知の問題を含む詳細については、「 Windows 11 のサポート」をご覧ください。

  • Windows 10

    詳細については、「Windows 10 のサポート」をご覧ください。

  • Windows 8.1 (x86、x64): Professional、Enterprise

Configuration Manager の現在のブランチでサポートされている Windows アセスメント & デプロイメント キット (Windows Assessment and Deployment Kit (Windows ADK)) のバージョンの詳細については、「Windows ADK のサポート」を参照してください。

Azure Virtual Desktop

Azure Virtual Desktop は、Microsoft Azure 上で実行されるデスクトップおよびアプリの仮想化サービスです。 Configuration Manager を使用し、Azure で Windows を実行しているこれらの仮想デバイスを管理することができます。

ターミナル サーバーと同様に、これらの仮想デバイスの中には、複数のアクティブ ユーザー の同時並列のセッションが許可されるものがあります。 クライアントのパフォーマンスを支援する目的で、Configuration Manager では、このような複数で同時並列のユーザー セッションを許可する、あらゆるデバイスのユーザー ポリシーを無効にしました。 ユーザー ポリシーを有効にした場合でも、Windows 10 Enterprise マルチセッションやターミナル サーバーを含むこれらのデバイスでは、クライアントによって既定でポリシーが無効化されます。

新規のインストール中、この種類のデバイスが検出されたときにのみ、クライアントによりユーザー ポリシーが無効化されます。 このバージョンに更新した、この種類の既存クライアントの場合、前の動作が存続します。 既存のデバイスでは、複数のユーザー セッションがデバイスで許可されることが検出された場合でも、ユーザー ポリシー設定が構成されます。

このシナリオでユーザー ポリシーが必要であり、パフォーマンスに影響する可能性を受け入れる場合は、クライアント設定を使用してユーザー ポリシーを有効にしてください。 [クライアント ポリシー] グループで、次の設定を構成できます: [複数のユーザー セッションに対してユーザー ポリシーを有効にする]

バージョン 2006 以降では、Windows 10 Enterprise マルチセッション プラットフォームが、要件もしくは適用対象一覧における具体例として、サポートされている OS バージョンの一覧に表示されます。 バージョン 2107 以降では、 Windows 11 Enterprise マルチセッション プラットフォームが利用できます。

注意

以前に最上位レベルのプラットフォームを選択した場合、このアクションにより自動的にすべての子プラットフォームが選択されました。 新しいプラットフォームは自動的には選択されません。 Windows 10 Enterprise マルチセッション を追加する場合は、Windows 10 プラットフォームから手動で選択します。

詳細については、次の資料を参照してください。

サポートされているサーバー OS のバージョン

  • Windows Server 2022: Standard、Datacenter 注 1 (バージョン 2107 以降)

  • Windows Server 2019: Standard、Datacenter 注 1

  • Windows Server 2016: Standard、Datacenter 注 1

  • Windows Storage Server 2016: Workgroup、Standard

  • Windows Server 2012 R2 (x64): Standard、Datacenter 注 1

  • Windows Storage Server 2012 R2 (x64)

  • Windows Server 2012 (x64): Standard、Datacenter 注 1

  • Windows Storage Server 2012 (x64)

Server Core

以下のバージョンでは、特に OS の Server Core インストール版を明記しています。 注 3

Windows Server の半期チャネル バージョンは Server Core インストール版です (Windows Server バージョン 1809 など)。 Configuration Manager クライアントとして、これらは関連する Windows 11 や Windows 10 の半期チャネル バージョンと同じようにサポートされています。 詳細については、Windows 11 のサポート または Windows 10 のサポート をご覧ください。

  • Windows Server 2022 (x64) 注 2 (バージョン 2107 以降)

  • Windows Server 2019 (x64) 注 2

  • Windows Server 2016 (x64) 注 2

  • Windows Server 2012 R2 (x64) 注 2

  • Windows Server 2012 (x64) 注 2

注 1

Configuration Manager では Windows Server Datacenter エディションがテストおよびサポートされていますが、Windows Server に対して公式に認定されていません。 Windows Server Datacenter エディションに固有の問題に対しては、Configuration Manager の修正プログラムのサポートは提供されません。 Windows Server の認定プログラムについて詳しくは、Windows Server カタログをご覧ください。

注 2

クライアント プッシュ インストールをサポートするには、ファイル サービスおよび記憶域サービス サーバー ロールのファイル サーバー サービスを追加します。 Server Core への Windows 機能のインストールについて、詳しくは、「Windows PowerShell コマンドレットを使用して役割、役割サービス、機能をインストールする」をご覧ください。

注 3

ソフトウェア センター アプリは、Windows Server Core のすべてのバージョンでサポートされていません。

Windows Embedded コンピューター

デバイスに Configuration Manager クライアントをインストールして、Windows Embedded デバイスを管理します。 詳細については、「Windows Embedded デバイスへのクライアント展開の計画」を参照してください。

要件と制限事項

  • すべてのクライアント機能は、書き込みフィルターが有効となっていない Windows Embedded システムでサポートされます。

  • 次のいずれかを使用するクライアントは、電源管理以外のすべての機能がサポートされます:

    • Enhanced Write Filter (EWF)

    • RAM ファイル ベースの書き込みフィルター (FBWF)

    • Unified Write Filter (UWF)

サポートされている OS のバージョン

  • Windows 11 Enterprise

  • Windows 11 IoT Enterprise 注 4

  • Windows 10 Enterprise (x86、x64)

  • Windows 10 IoT Enterprise (x86, x64) 注 4

  • Windows Embedded 8.1 Industry (x86、x64)

  • Windows Embedded 8 Standard (x86、x64)

注 4: Windows IoT Enterprise

このバージョンには、長期的なサービス チャネル (LTSC) が含まれています。 詳細については、「Windows 10 IoT Enterprise の概要」を参照してください。

拡張セキュリティ更新プログラムと Configuration Manager

拡張セキュリティ更新プログラム (ESU) は、特定のレガシ Microsoft 製品をサポート終了後に実行する必要があるお客様のための最後の手段となります。 たとえば、Windows 7 です。 これには、製品の延長サポート期間が終了してから最長 3 年間、重大または重要なセキュリティ更新プログラム (Microsoft Security Response Center (MSRC) によって定義されています) が含まれます。

既にサポート ライフサイクルが終了している製品は、Configuration Manager ではサポートされません。 これには、ESU プログラムの対象となるすべての製品が含まれます。 ESU プログラムでリリースされたセキュリティ更新プログラムは、Windows Server Update Services (WSUS) に発行されます。 これらの更新プログラムは、Configuration Manager コンソールに表示されます。 ESU プログラムの対象となる製品は、Configuration Manager での使用がサポートされなくなりましたが、最新リリース バージョンの Configuration Manager の現在のブランチを使用して、プログラムでリリースされた Windows セキュリティ更新プログラムを展開およびインストールできます。 Windows 7 が稼働しているデバイスに サポート対象のバージョンの Windows を展開するために、最新のリリース バージョンを使用することもできます。

Windows ソフトウェア更新プログラムの管理または OS 展開に関係のないクライアント管理機能は、ESU プログラムの対象となるオペレーティング システムではテストされなくなり、引き続き機能することが保証されません。 クライアント管理のサポートを受けるには、できるだけ早く現在のバージョンのオペレーティング システムにアップグレードまたは移行することを強くお勧めします。

ヒント

Configuration Manager 2010 からは、サポート終了日を過ぎており、セキュリティ更新プログラムを受け取る資格がなくなったオペレーティング システムを搭載したデバイスについて、コンソール内で通知されるようになります。 詳細については、コンソール通知に関するセクションを参照してください。 この情報は、お客様の利便性のため、お客様の社内においてのみ使うことを想定して提供されています。 更新プログラムまたはライセンスのコンプライアンス対応を確認する場合に、この情報のみに依存しないでください。 示された情報の正確性を確認してください。

Mac コンピューター

重要

2022 年 1 月から、Configuration Manager のこの機能は 廃止されました macOS クライアント インストール パッケージは新しい展開では使用できませんが、既存の展開は 2022 年 12 月 31 日までサポートされます。

macOS デバイスの管理を次のMicrosoft Intune。

  1. まず、macOS 用の Configuration Manager クライアントをアンインストールします。 詳細については 、「Mac クライアントのアンインストール」を参照してください
  2. 次に、デバイスを Intune に登録します。 詳細については、「展開ガイド: macOS デバイスを管理する」を参照Microsoft Intune。

macOS 向けの Configuration Manager クライアントで Apple Mac コンピューターを管理します。

詳しくは、「Mac にクライアントを展開する方法」をご覧ください。

macOS の要件と制限事項

  • root 以外のアカウントの下では、コンピューターに macOS 用の Configuration Manager クライアントのインストールと実行はサポートされていません。 そのようにすると、主要なサービスが正しく実行できなくなる可能性があります。

サポートされるバージョン

  • macOS Big Sur (11) (macOS バージョン 5.0.9000.1002 以降の Configuration Manager クライアントが必要)

  • macOS Catalina (10.15) (macOS バージョン 5.0.8742.1000 以降の Configuration Manager クライアントが必要)

  • macOS Mojave (10.14)

オンプレミス MDM

重要

2021 年 11 月から、Configuration Manager のこの機能は 廃止されました

Configuration Manager には、クライアント ソフトウェアをインストールすることなく、オンプレミスであるモバイル デバイスを管理する組み込みの機能があります。 詳しくは、「オンプレミス インフラストラクチャを使用したモバイル デバイスの管理」をご覧ください。

サポートされるオペレーティング システム

  • Windows 10 Pro (x86、x64)

  • Windows 10 Enterprise (x86、x64)

  • Windows 10 IoT Enterprise (x86、x64) このバージョンには、長期サービス チャネル (LTSC) が含まれています。 詳細については、「Windows 10 IoT Enterprise の概要」を参照してください。

  • Surface Hub の Windows 10 Team

Exchange Server コネクタ

Configuration Manager は、Configuration Manager クライアントのインストールなしに、Exchange サーバーに接続するデバイスの限定された管理をサポートしています。 詳しくは、「Configuration Manager と Exchange によるモバイル デバイスの管理」をご覧ください。

サポートされている Exchange Server のバージョン

  • Exchange Online (Microsoft 365): このバージョンには、Business Productivity Online Standard Suite が含まれます

  • Exchange Server 2016

  • Exchange Server 2013

  • Exchange Server 2010 SP1 または Exchange Server 2010 SP2