Configuration Manager の診断結果と使用状況データDiagnostics and usage data for Configuration Manager

適用対象:Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

Configuration Manager では、それ自体の診断および使用状況データが収集されます。このデータは、今後のリリースでインストールのエクスペリエンス、品質、セキュリティを向上させるために Microsoft によって使用されます。Configuration Manager collects diagnostics and usage data about itself, which is used by Microsoft to improve the installation experience, quality, and security of future releases.

診断結果および使用状況データは、それぞれの Configuration Manager 階層で有効になります。Each Configuration Manager hierarchy enables diagnostics and usage data. これは、各プライマリ サイトと中央管理サイト (CAS) で毎週実行される SQL Server クエリで構成されます。It consists of SQL Server queries that run on a weekly basis on each primary site and at the central administration site (CAS). 階層で CAS が使用されている場合、子プライマリ サイトのデータがその CAS にレプリケートされます。When the hierarchy uses a CAS, child primary sites replicate their data to that CAS. 階層の最上位のサイトでは、サービス接続ポイントで更新プログラムがチェックされるときに、この情報が送信されます。At the top-level site of your hierarchy, the service connection point submits this information when it checks for updates. サービス接続ポイントがオフライン モードの場合は、サービス接続ツールを使用して情報を転送します。If the service connection point is in offline mode, you transfer the information by using the service connection tool.

注意

Configuration Manager は、サイトの SQL Server データベースからのみデータを収集します。クライアントやサイト サーバーから直接データを収集することはありません。Configuration Manager collects data only from the site's SQL Server database, and it doesn't collect data directly from clients or site servers.

詳細については、「Microsoft のプライバシーに関する声明」を参照してください。For more information, see the Microsoft privacy statement.