コンテンツのネットワーク帯域幅を管理する

Configuration Manager のコンテンツ管理プロセスに使用されるネットワーク帯域幅を管理するために、組み込みのコントロールを使用してスケジュールと調整を行います。 事前設定されたコンテンツを使用できます。 以下のセクションでは、これらのオプションについて詳しく説明します。

スケジュールと調整

パッケージを作成したり、コンテンツのソース パスを変更したり、配布ポイントのコンテンツを更新したりすると、ファイルはソース パスからサイト サーバー上のコンテンツ ライブラリにコピーされます。 次に、サイト サーバー上のコンテンツ ライブラリから配布ポイントのコンテンツ ライブラリにコンテンツがコピーされます。 コンテンツ ソース ファイルが更新され、ソース ファイルが既に配布されている場合、Configuration Manager は新しいファイルまたは更新されたファイルのみを取得し、配布ポイントに送信します。

サイト間通信、およびサイト サーバーとリモート配布ポイント間の通信には、スケジュール設定と調整コントロールを使用できます。 スケジュールと調整の制御を設定した後でもネットワーク帯域幅が制限されている場合は、配布ポイントでコンテンツを事前設定する方法を検討してください。

Configuration Manager では、スケジュールを設定し、コンテンツ配布の実行日時と方法を決定するリモート配布ポイントの調整設定を指定できます。 各リモート配布ポイントには、サイト サーバーからリモート配布ポイントへのネットワーク帯域幅の制限に対処するのに役立つさまざまな構成があります。 リモート配布ポイントへのスケジュール設定と調整のコントロールは、標準の送信者アドレスの設定と似ています。 この場合、設定はパッケージ転送マネージャーと呼ばれる新しいコンポーネントによって使用されます。

パッケージ転送マネージャーは、プライマリ サイトまたはセカンダリ サイトとして、サイト サーバーからサイト システムにインストールされている配布ポイントにコンテンツを配布します。 調整設定は [レート制限]タブで指定され、スケジュール設定はサイト サーバー上ではない配布ポイントの [スケジュール] タブで指定されます。 時刻の設定は、配布ポイントではなく、送信サイトからのタイム ゾーンに基づいて設定されます。

重要

[ レート制限] タブ[スケジュール] タブは、サイト サーバーにインストールされていない配布ポイントのプロパティにのみ表示されます。

詳細については 、「Configuration Manager の配布ポイントをインストールして構成する」を参照してください

事前設定されたコンテンツ

コンテンツを配布する前に、コンテンツ を事前設定して、サイト サーバーまたは配布ポイントのコンテンツ ライブラリにコンテンツ ファイルを追加できます。 コンテンツ ファイルは既にコンテンツ ライブラリ内にあるため、コンテンツを配布するときにネットワーク上で転送される必要があります。 アプリケーションとパッケージのコンテンツ ファイルを事前設定できます。

Configuration Manager コンソールで、事前設定するコンテンツを選択し、Prestaged コンテンツ ファイルの作成ウィザード を使用します。 これにより、コンテンツのファイルと関連付けられたメタデータを含む圧縮済みの事前設定されたコンテンツ ファイルが作成されます。 次に、サイト サーバーまたは配布ポイントでコンテンツを手動でインポートできます。 次の点に注目してください。

  • 事前設定されたコンテンツ ファイルをサイト サーバーにインポートすると、コンテンツ ファイルがサイト サーバーのコンテンツ ライブラリに追加され、サイト サーバー データベースに登録されます。

  • 事前設定されたコンテンツ ファイルを配布ポイントにインポートすると、コンテンツ ファイルが配布ポイントのコンテンツ ライブラリに追加されます。 サイト サーバーに状態メッセージが送信され、コンテンツが配布ポイントで使用できるとサイトに通知されます。

必要に応じて、コンテンツ配布の管理に役立 事前設定として配布ポイントを構成できます。 次に、コンテンツを配布するときに、次の方法を選択できます。

  • 常に配布ポイントでコンテンツを事前設定します。

  • パッケージの初期コンテンツを事前設定し、コンテンツに更新がある場合は標準のコンテンツ配布プロセスを使用します。

  • パッケージ内のコンテンツには、常に標準のコンテンツ配布プロセスを使用します。

コンテンツを事前設定するかどうかを決定する

次のシナリオでは、アプリケーションとパッケージのコンテンツの事前設定を検討してください。

  • サイト サーバーから配布ポイントへのネットワーク帯域幅の制限の問題に対処します。 帯域幅に関する懸念を満たすのに十分なスケジュール設定と調整ができない場合は、配布ポイントでコンテンツを事前に設定する方法を検討してください。 各配布ポイントには、 配布ポイントの プロパティで選択できる事前設定されたコンテンツに対してこの配布ポイントを有効にする設定があります。 このオプションを有効にすると、配布ポイントは事前設定された配布ポイントとして識別され、パッケージ単位でコンテンツを管理する方法を選択できます。

    次の設定は、アプリケーション、パッケージ、ドライバー パッケージ、ブート イメージ、オペレーティング システム インストーラー、およびイメージのプロパティで使用できます。 これらの設定を使用すると、事前設定済みとして識別されるリモート配布ポイントでコンテンツ配布を管理する方法を選択できます。

    • パッケージが配布ポイントに 割り当てられているときにコンテンツを自動的にダウンロードする : パッケージが小さく、スケジュール設定と調整設定によってコンテンツ配布を十分に制御できる場合は、このオプションを使用します。

    • 配布ポイントへのコンテンツ の変更のみをダウンロードする : パッケージ内のコンテンツに対する今後の更新が通常、最初のパッケージよりも小さいと予想される場合は、このオプションを使用します。 たとえば、初期パッケージ サイズが 700 MB を超え、ネットワーク上で送信するには大きすぎるため、Microsoft 365 Apps のようなアプリケーションを事前設定できます。 ただし、このパッケージのコンテンツ更新は 10 MB 未満の場合があります。ネットワーク上で配布できます。 もう 1 つの例は、初期パッケージ サイズが大きいドライバー パッケージですが、パッケージへの増分ドライバーの追加が小さい場合があります。

    • この パッケージのコンテンツを配布ポイントに手動でコピーする : オペレーティング システムなどのコンテンツを含む大規模なパッケージがある場合に、ネットワークを使用してコンテンツを配布ポイントに配布しない場合は、このオプションを使用します。 このオプションを選択する場合は、配布ポイントでコンテンツを事前設定する必要があります。

    重要

    上記のオプションはパッケージ単位で適用され、配布ポイントが事前設定済みとして識別される場合にのみ使用されます。 事前設定として識別されていない配布ポイントは、これらの設定を無視します。 この場合、コンテンツは常にサイト サーバーから配布ポイントにネットワーク上で配布されます。

  • サイト サーバー上のコンテンツ ライブラリを復元するには サイト サーバーに障害が発生すると、コンテンツ ライブラリに含まれるパッケージとアプリケーションに関する情報は、復元プロセスの一部としてサイト データベースに復元されますが、コンテンツ ライブラリ ファイルはプロセスの一部として復元されません。 コンテンツ ライブラリを復元するファイル システム バックアップが存在しない場合は、必要なパッケージとアプリケーションを含む別のサイトから事前設定されたコンテンツ ファイルを作成できます。 その後、復元されたサイト サーバーで事前設定されたコンテンツ ファイルを抽出できます。 サイト サーバーのバックアップと回復の詳細については 、「Configuration Manager のバックアップと回復」を参照してください