Configuration Manager の Microsoft Connected Cache

適用対象: Configuration Manager (Current Branch)

配布ポイントに Microsoft Connected Cache サーバーをインストールできます。 このコンテンツをオンプレミスでキャッシュすることで、クライアントは WAN リンクの保護に役立つ配信の最適化機能を利用できます。

このキャッシュ サーバーは、配信の最適化によってダウンロードされたコンテンツのオンデマンド透過キャッシュとして機能します。 クライアント設定を使用して、このサーバーがローカルの Configuration Manager 境界グループのメンバーにのみ提供されるのを確認します。

このキャッシュは、Configuration Manager の配布ポイントのコンテンツとは別です。 配布ポイントの役割と同じドライブを選択すると、コンテンツが個別に保存されます。

注意

接続キャッシュ サーバーは、サーバーにインストールされているWindowsです。 Configuration Manager バージョン 2111 から、コネクテッド キャッシュは一般に実稼働環境で使用できます。

Configuration Manager バージョン 2107 以前で利用可能な接続キャッシュのバージョンは、開発中と引き続き考慮されます。

対象のシナリオ

接続キャッシュでは、次の 3 つの主なシナリオがサポートされています。

サポートされているコンテンツ タイプ

クライアントは、クラウド管理コンテンツをダウンロードするときに、配布ポイントにインストールされているキャッシュ サーバーから配信の最適化を使用します。 クラウド管理コンテンツには、次の種類があります。

  • Microsoft Storeアプリ

  • ビジネス向け更新プログラムWindowsを有効にする場合: Windows品質更新プログラム

  • 共同 管理ワークロードの場合:

    • Windowsビジネス向け更新プログラム: Windowsおよび品質更新プログラム

    • Office クイック実行アプリ: Microsoft 365 Apps更新プログラム

    • クライアント アプリ: Microsoft Store更新プログラム

    • Endpoint Protection: Windows Defender定義の更新

注意

接続キャッシュでは、統合されたソフトウェア更新ポイントを使用したソフトウェア更新プログラムなど、Configuration Manager が管理するコンテンツはサポートされません。

仕組み

接続キャッシュ サーバーを使用するクライアントを構成すると、インターネットから Microsoft クラウド管理コンテンツを要求しなくなりました。 クライアントは、配布ポイントにインストールされているキャッシュ サーバーからこのコンテンツを要求します。 オンプレミス サーバーは、アプリケーション要求ルーティング (ARR) の IIS 機能を使用してこのコンテンツをキャッシュします。 その後、キャッシュ サーバーは、同じコンテンツに対する将来の要求にすばやく応答できます。 接続キャッシュ サーバーが使用できない場合、クライアントはインターネットからコンテンツをダウンロードします。 クライアントは、配信の最適化を使用して、ネットワーク内のピアからコンテンツの一部をダウンロードします。

接続キャッシュのしくみの図。

  1. クライアントは更新プログラムをチェックし、コンテンツ配信ネットワークのアドレスを取得します (CDN)。

  2. Configuration Manager は、キャッシュ サーバー名を含むクライアントの配信の最適化 (DO) 設定を構成します。

  3. クライアント A は、接続キャッシュ サーバーからコンテンツを要求します。

  4. キャッシュにコンテンツが含されていない場合、接続キャッシュ サーバーは、そのキャッシュをサーバーから取得CDN。

  5. キャッシュ サーバーが応答に失敗した場合、クライアントはコンテンツをサーバーからダウンロードCDN。

  6. また、クライアントは DO を使用して、クライアント B やクライアント C などのピアからコンテンツを取得します。

前提条件と制限事項

注意

共同管理クライアントと Intune Win32 アプリのシナリオには、追加の前提条件が適用されます。 詳細については 、「Intune Win32 アプリのサポート」を参照してください

サポートされるクライアント

接続キャッシュと配信の最適化では、サポートされているバージョンのサービス を実行しているクライアントWindows 10サポートされます。

ライセンス

接続キャッシュが有効な配布ポイントからコンテンツを取得するデバイスごとに、次のいずれかのライセンス サブスクリプションが必要です。

  • Windows Enterprise、E3、または E5 にMicrosoft 365 F3 E3 または E5

  • Windowsまたは A5 に含まれる、Microsoft 365 A3 A3 または A5

  • Windows 仮想デスクトップ アクセス (VDA) E3 または E5

配布ポイント

Configuration Manager の接続キャッシュには、次の構成 オンプレミス配布ポイントが必要です。

  • Windows Server 2012以降の実行

  • Microsoft .NET Frameworkバージョン 4.7.2 以降をサポートしています。 詳細については、「システム要件.NET Frameworkを参照してください

  • ポート 80 で有効になっている既定の Web サイト

  • IIS アプリケーション要求ルーティング (ARR) 機能 をプレインストールしない。 接続キャッシュは ARR をインストールし、その設定を構成します。 Microsoft では、接続キャッシュの ARR 構成が、この機能も使用するサーバー上の他のアプリケーションと競合しないという保証はありません。

  • 接続キャッシュ アプリケーションは、インターネット アクセスに認証されていないプロキシ サーバーを使用できます。 詳しくは、「サイト システム サーバー用にプロキシを構成する」をご覧ください。

  • 管理ポイントなど、他のサイトの役割を持つ配布ポイントを使用しない。 配布ポイントの役割のみを持つサイト システム サーバーで接続キャッシュを有効にします。

ネットワーク アクセスの要件

  • 配布ポイントには、Microsoft クラウドへのインターネット アクセスが必要です。 特定の URL は、特定のクラウド対応コンテンツによって異なります。 また、配信の最適化のためにエンドポイントも許可してください。 詳細については、「インターネット アクセス 要件」を参照してください

  • 共同管理クライアントと Intune Win32 アプリの場合は、配布ポイントが、そのシナリオのエンドポイントにアクセスできます。 詳細については 、「PowerShell スクリプトと Win32 アプリのネットワーク要件」を参照してください

  • クライアントは技術的には、接続キャッシュを使用して配布ポイントにアクセスする必要があります。 クライアントにコンテンツのインターネット エンドポイントへのアクセス権も与えるのが最善ですが、元のソースに戻る必要がある場合に備えます。

接続キャッシュを有効にする

  1. Configuration Manager コンソールで、[管理] ワークスペースに移動 し、[配布ポイント] ノードを選択 します。

  2. オンプレミス配布 ポイントを選択 し、リボンで [プロパティ] を 選択します

  3. 配布ポイントの役割のプロパティの [全般] タブで、 次の設定を構成します。

    1. [この配布ポイントを Microsoft Connected Cache サーバーとして 使用する] オプションを有効にする

      必要なライセンス サブスクリプションの 一覧を確認し、ライセンスを確認します。

    2. 使用するローカル ドライブ: キャッシュに使用するディスクを選択します。 Automatic は既定値で、空き領域が最も多いディスクを使用します。注 1

      注意

      このドライブは後で変更できます。 新しいドライブにコピーしない限り、キャッシュされたコンテンツは失われます。

    3. ディスク領域: 予約するディスク領域の量を GB 単位で選択するか、ディスク領域全体に対する割合を選択します。 既定では、この値は 100 GB です。

      注意

      ほとんどのユーザーにとって、既定のキャッシュ サイズで十分である必要があります。 キャッシュ サイズは後で調整できます。

      ディスク上のキャッシュ サイズが割り当てられた領域を超えた場合、ARR は、組み込みのヒューリスティックに基づいてコンテンツを削除することによって領域をクリアします。

    4. 接続キャッシュ サーバーを無効 にするときにキャッシュを保持する : キャッシュ サーバーを削除し、このオプションを有効にすると、サーバーはキャッシュのコンテンツをディスクに保持します。

  4. クライアント設定の [配信の 最適化] グループで、[コンテンツのダウンロードに Microsoft Connected Cache サーバーを使用する Configuration Manager によって管理されるデバイスを有効にする] に 設定を構成します

注 1: ドライブの選択について

[自動] を選択 すると、Configuration Manager が接続キャッシュ コンポーネントをインストールすると、NO_SMS_ON_DRIVE.SMS ファイルが適用 されます。 たとえば、配布ポイントにはファイルがあります C:\NO_SMS_ON_DRIVE.SMS 。 C: ドライブの空き領域が最も多い場合でも、Configuration Manager は、キャッシュに別のドライブを使用する接続キャッシュを構成します。

NO_SMS_ON_DRIVE.SMS ファイルが既にある特定 のドライブを選択 すると、Configuration Manager はファイルを無視します。 そのドライブを使用するための接続キャッシュの構成は、明示的な意図です。 たとえば、配布ポイントにはファイルがあります F:\NO_SMS_ON_DRIVE.SMSF: ドライブを使用する配布ポイント プロパティを明示的に構成すると、Configuration Manager はキャッシュに F: ドライブを使用する接続キャッシュを構成します。

接続キャッシュのインストール後にドライブを変更するには、次の手順を実行します。

  • 配布ポイントのプロパティを手動で構成して、特定のドライブ文字を使用します。

  • 自動に設定されている場合は、まず NO_SMS_ON_DRIVE.SMS ファイルを作成 します。 次に、配布ポイントのプロパティを変更して構成の変更をトリガーします。

オートメーション

自動操作によるWindows PowerShell

バージョン 2010 から 、Set-CMDistributionPoint コマンドレットの次のパラメーターを使用して、接続キャッシュを構成します。

  • EnableDoinc
  • DiskSpaceUnit
  • DiskSpaceDoinc
  • LocalDriveDoinc
  • RetainDoincCache
  • AgreeDoincLicense

詳細については 、「2010 リリース ノート」を参照してください

Configuration Manager SDK による自動化

Configuration Manager SDK を使用して、配布ポイントでの Microsoft Connected Cache 設定の構成を自動化できます。 すべてのサイトロールの場合と同様に、WMI クラスのSMS_SCI_SysResUse 使用します。 詳細については、「サイトロールの プログラミング」を参照してください

配布ポイント のSMS_SCI_SysResUseを 更新する場合は、次のプロパティを設定します。

  • AgreeDOINCLicense: ライセンス条項 1 に同意する場合に設定します。
  • フラグ: 有効にする |= 4 、無効にする &= ~4
  • DiskSpaceDOINC: に設定するか Percentage 、または GB
  • RetainDOINCCache: に設定するか 01
  • LocalDriveDOINC: に設定するか、または特定のドライブ文字 Automatic (または C:``D:

確認する

サポートされているバージョンの Windows 10以降で 、Get-DeliveryOptimizationStatus コマンドレットを使用してこの動作をWindows PowerShellします。 コマンドレットの出力で 、BytesFromCacheServer 値を確認 します。 詳細については、「配信の最適化の 監視」を参照してください

キャッシュ サーバーが HTTP エラーを返した場合、配信の最適化クライアントは元のクラウド ソースに戻されます。

詳細については、「Configuration Manager での Microsoft Connected Cache の トラブルシューティング」を参照してください

Intune Win32 アプリのサポート

Configuration Manager 配布ポイントで接続キャッシュを有効にした場合、Win32 アプリMicrosoft Intune共同管理クライアントにサービスを提供できます。

ヒント

Intune 管理デバイスが配信の最適化を使用して Microsoft からダウンロードするその他のすべてのコンテンツは、Microsoft Connected Cache にキャッシュすることもできます。 このコンテンツには、アプリ、アプリ、Windows、Microsoft 365のソフトウェア更新プログラムMicrosoft Edge。

前提条件

クライアント

  • クライアントを最新バージョンに更新します。

  • クライアント デバイスには、少なくとも 4 GB のメモリが必要です。

    ヒント

    次のグループ ポリシー設定を使用します。 [コンピューター構成> 管理用テンプレート > Windows コンポーネント > 配信の最適化> ピア キャッシュの使用を有効にするには必要な最小 RAM 容量 (包括) (GB 単位) を使用します。

Site

  • 配布ポイントで接続キャッシュを有効にします。

  • クライアントと接続キャッシュが有効な配布ポイントは、同じ境界グループ内にある必要があります。 クライアントが接続キャッシュが有効な配布ポイントを持つ境界グループに存在しない場合、隣接する境界グループまたはサイトの既定の境界グループの接続キャッシュが有効な配布ポイントからコンテンツをダウンロードしません。

    • クライアント と配布ポイントを含 む境界グループに対して、[この境界グループでピアダウンロードを許可する] オプションを有効にします。 詳細については、「Boundary Group options 」を参照してください
  • 配信の最適化グループで次のクライアント 設定を有効 にします。

    • 配信の最適化グループ ID に Configuration Manager の境界グループを使用する
    • Configuration Manger が管理するデバイスで、コンテンツのダウンロードに Microsoft Connected Cache サーバーを使用する機能を有効にする
  • 共同管理を有効にし、クライアント アプリの ワークロードを パイロット Intune または Intune に切り****替えます。 詳細については、次の資料を参照してください。

Intune

  • この機能は、Intune Win32 アプリの種類のみをサポートします。

クラウド管理デバイスのサポート

Microsoft Connected Cache を Configuration Manager 配布ポイントにインストールすると、クラウド管理デバイスはオンプレミス キャッシュを使用できます。 たとえば、Intune で管理されているが、オンプレミス ネットワークに接続するデバイスなどです。 デバイスがサーバーと通信できる限り、キャッシュを使用してこれらのデバイスにコンテンツを配信できます。

Microsoft Connected Cache を使用するデバイスを構成するには 、DOCacheHost ポリシーを構成 します。 Configuration Manager 配布ポイントの FQDN または IP アドレスに設定します。 このポリシーの詳細については 、「Policy CSP - DeliveryOptimization」を参照してください。 Intune を使用してこのポリシーを構成するには、[キャッシュ サーバーのホスト 名] 設定を使用 します。 詳細については、「Intune のデバイスの配信Windows設定」を参照してください

クラウド管理デバイスに対してこのポリシーを有効にした場合、いずれかの種類のデバイスがサーバーにコンテンツのキャッシュを要求し、コンテンツをダウンロードできます。 管理機関に関係なく、複数のデバイスが同じコンテンツを要求する場合は、Microsoft Connected Cache からサポートされている利用可能なコンテンツをダウンロードします。

次の手順

配信Windows更新プログラムを最適化する

Configuration Manager の Microsoft Connected Cache のトラブルシューティング