Configuration Manager のコンテンツ ライブラリThe content library in Configuration Manager

適用対象:Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

コンテンツ ライブラリは、Configuration Manager でのコンテンツの単一インスタンス ストアです。The content library is a single-instance store of content in Configuration Manager. サイトではこれを使用して配布するコンテンツの合計サイズを減らします。The site uses it to reduce the overall size of the combined body of content that you distribute. コンテンツ ライブラリにはソフトウェア更新プログラム、アプリケーション、OS の展開などのソフトウェア展開に使用するすべてのコンテンツ ファイルが格納されます。The content library stores all content files for software deployments, for example: software updates, applications, and OS deployments.

  • サイトではコンテンツ ライブラリのコピーが、各サイト サーバーと各配布ポイントで自動的に作成および保持されます。The site automatically creates and maintains a copy of the content library on each site server and each distribution point.

  • Configuration Manager はコンテンツ ファイルをサイト サーバーにダウンロードするか、配布ポイントにコピーする前に、各コンテンツ ファイルが既にコンテンツ ライブラリにあるかどうかを確認します。Before Configuration Manager adds content files to the site server or copies the files to distribution points, it verifies whether each content file is already in the content library.

  • コンテンツのファイルがある場合、Configuration Manager は、ファイルをコピーしません。If the content file is available, Configuration Manager doesn't copy the file. 代わりに、既存のコンテンツ ファイルをアプリケーションまたはパッケージに関連付けます。It instead associates the existing content file with the application or package.

配布ポイントのサーバー上で、次のオプションを構成します。On distribution point servers, configure the following options:

  • コンテンツ ライブラリを作成する 1 つまたは複数のディスク ドライブ。One or more disk drives on which you want to create the content library.

  • 使用する各ドライブの優先順位。A priority for each drive that you use.

Configuration Manager は、優先順位が最も高いドライブの空き領域が指定の最小値を下回るまで、そのドライブにコンテンツ ファイルをコピーします。Configuration Manager copies content files to the drive with the highest priority until that drive contains less than a minimum amount of free space that you specify.

  • ドライブ設定は、配布ポイントをインストールするときに構成します。You configure the drive settings during the distribution point installation.

  • インストールの完了後は、配布ポイントのプロパティでドライブ設定を構成することはできません。You can't configure the drive settings in the distribution point properties after the installation has finished.

配布ポイントのドライブ設定の構成方法については、コンテンツとコンテンツ インフラストラクチャの管理に関するページを参照してください。For more information about how to configure the drive settings for the distribution point, see Manage content and content infrastructure.

重要

インストール後にコンテンツ ライブラリを配布ポイントの別の場所に移動するには、Configuration Manager Toolkit の Content Library Transfer ツールを使用します。To move the content library to a different location on a distribution point after the installation, use the Content Library Transfer tool in the Configuration Manager tools. 詳細については、Content Library Transfer ツールに関するページを参照してください。For more information, see the Content Library Transfer tool.

中央管理サイトのコンテンツ ライブラリについてAbout the content library on the central administration site

Configuration Manager の既定では、サイトのインストール時に中央管理サイトにコンテンツ ライブラリを作成します。By default, Configuration Manager creates a content library on the central administration site when the site is installed. コンテンツ ライブラリは、空きディスク領域が最も多いサイト サーバーのドライブに配置します。The content library is placed on the drive of the site server that has the most free disk space. 配布ポイントは中央管理サイトにインストールできないため、コンテンツ ライブラリで使用するドライブを優先することはできません。Because you can't install a distribution point on the central administration site, you can't prioritize the drives for use by the content library. 他のサイト サーバーおよび配布ポイントのコンテンツ ライブラリと同様に、コンテンツ ライブラリを含むドライブに空きディスク領域がなくなったら、コンテンツ ライブラリは次の空き領域があるドライブを自動的に使用します。Similar to the content library on other site servers and on distribution points, when the drive that contains the content library runs out of available disk space, the content library automatically spans to the next available drive.

Configuration Manager は、次のシナリオで中央管理サイトのコンテンツ ライブラリを使用します。Configuration Manager uses the content library on the central administration site in the following scenarios:

  • 中央管理サイトでコンテンツを作成するYou create content on the central administration site

  • 別の Configuration Manager サイトからコンテンツを移行し、そのコンテンツを管理するサイトとして中央管理サイトを割り当てるYou migrate content from another Configuration Manager site, and assign the central administration site as the site that manages that content

注意

プライマリ サイトにコンテンツを作成してから、別のプライマリ サイトまたは別のプライマリ サイトの下のセカンダリ サイトに配布すると、中央管理サイトは、中央管理サイトのスケジューラの受信トレイにコンテンツを一時的に保存しますが、そのコンテンツをコンテンツ ライブラリに追加しません。When you create content at a primary site and then distribute it to a different primary site or a secondary site below a different primary site, the central administration site temporarily stores that content in the scheduler inbox on the central administration site but doesn't add that content to its content library.

次のオプションを使用して、中央管理サイトのコンテンツ ライブラリを管理します。Use the following options to manage the content library on the central administration site:

  • コンテンツ ライブラリが特定のドライブにインストールされないようにするには、NO_SMS_ON_DRIVE.SMS という名前の空のファイルを作成します。To prevent the content library from being installed on a specific drive, create an empty file named NO_SMS_ON_DRIVE.SMS. コンテンツ ライブラリを作成する前に、これをドライブのルートにコピーします。Copy it to the root of the drive before the content library is created.

  • コンテンツ ライブラリを作成したら、Configuration Manager ツールの Content Library Transfer ツールを使用して、コンテンツ ライブラリの場所を管理します。After the content library has been created, use the Content Library Transfer tool from the Configuration Manager tools to manage the location of the content library. 詳細については、Content Library Transfer ツールに関するページを参照してください。For more information, see the Content Library Transfer tool.

注意

クラウド配布ポイントは、単一インスタンス記憶域を使用しません。Cloud distribution points don't use single-instance storage. パッケージは Azure に送信する前に暗号化され、各パッケージには一意の暗号化キーが含まれます。The site encrypts packages before sending to Azure, and each package has a unique encrypted key. 2 つのファイルは同じですが、暗号化されたバージョンは同じではありません。Even if two files were identical, the encrypted versions wouldn't be the same.

サイト サーバーのリモート コンテンツ ライブラリを構成するConfigure a remote content library for the site server

バージョン 1806 より、高可用性サイト サーバーを構成する、または中央管理サーバーやプライマリ サイト サーバー上でハード ドライブ領域を解放するには、コンテンツ ライブラリを別の記憶域の場所に再配置します。Starting in version 1806, to configure site server high availability or to free up hard drive space on your central administration or primary site servers, relocate the content library to another storage location. コンテンツ ライブラリは、サイト サーバー上の別のドライブ、別のサーバー、または記憶域ネットワーク (SAN) 内のフォールトトレラント ディスクに移動します。Move the content library to another drive on the site server, a separate server, or fault-tolerant disks in a storage area network (SAN). SAN をお勧めするのは、可用性が高く、時間の経過と共に変化するコンテンツの要件に合わせて拡張または縮小する弾力性記憶域を提供するためです。A SAN is recommended, because it's highly available, and provides elastic storage that grows or shrinks over time to meet your changing content requirements. 詳細については、高可用性オプションに関するページを参照してください。For more information, see High availability options.

リモート コンテンツ ライブラリは、サイト サーバー ロールの高可用性に対応するための前提条件です。A remote content library is a prerequisite for site server high availability.

注意

この操作では、サイト サーバー上のコンテンツ ライブラリのみを移動します。This action only moves the content library on the site server. 配布ポイント上のコンテンツ ライブラリの場所には影響しません。It doesn't impact the location of the content library on distribution points.

ヒント

コンテンツ ライブラリの外部にあるパッケージ ソース コンテンツの管理についても計画してください。Also plan for managing package source content, which is external to the content library. Configuration Manager のすべてのソフトウェア オブジェクトのネットワーク共有にパッケージ ソースがあります。Every software object in Configuration Manager has a package source on a network share. すべてのソースを 1 つの共有に一元化することを検討してください。ただし、その場所が冗長で高可用性であるようにします。Consider centralizing all sources to a single share, but make sure this location is redundant and highly available.

コンテンツ ライブラリをパッケージ ソースと同じストレージ ボリュームに移動する場合、そのボリュームをデータ重複除去の対象として設定できなくなります。If you move the content library to the same storage volume as your package sources, you can't mark this volume for data deduplication. コンテンツ ライブラリはデータ重複除去に対応していますが、パッケージ ソース ボリュームは対応していません。While the content library supports data deduplication, the package sources volume doesn't support it. 詳細については、「データ重複除去」をご覧ください。For more information, see Data deduplication.

[前提条件]Prerequisites

  • サイト サーバー コンピューター アカウントには、コンテンツ ライブラリの移動先であるネットワーク パスに対して [フル コントロール] アクセス許可が必要です。The site server computer account needs Full control permissions to the network path to which you're moving the content library. このアクセス許可は、共有とファイル システムの両方に適用されます。This permission applies to both the share and the file system. リモート システムにコンポーネントはインストールされません。No components are installed on the remote system.

  • サイト サーバーは配布ポイントの役割を持つことができません。The site server can't have the distribution point role. 配布ポイントでもコンテンツ ライブラリを使用し、この役割ではリモート コンテンツ ライブラリをサポートしません。The distribution point also uses the content library, and this role doesn't support a remote content library. コンテンツ ライブラリを移動した後は、サイト サーバーに配布ポイントの役割を追加することはできません。After moving the content library, you can't add the distribution point role to the site server.

  • コンテンツ ライブラリ用のリモート システムは、信頼される側のドメイン内に存在する必要があります。The remote system for the content library needs to be in a trusted domain.

重要

複数のサイト間で共有のネットワーク場所を再利用しないでください。Don't reuse a shared network location between multiple sites. たとえば、中央管理サイトと子プライマリ サイトの両方に同じパスを使用しないでください。For example, don't use the same path for both a central administration site and a child primary site. この構成によりコンテンツ ライブラリが破損し、それを再構築する必要が生じる可能性があります。This configuration has the potential to corrupt the content library, and require you to rebuild it.

コンテンツ ライブラリを管理するプロセスProcess to manage the content library

  1. コンテンツ ライブラリのターゲットとしてネットワーク共有にフォルダーを作成します。Create a folder in a network share as the target for the content library. たとえば、\\server\share\folder となります。For example, \\server\share\folder.

    警告

    コンテンツを含む既存のフォルダーを再利用しないでください。Don't reuse an existing folder with content. たとえば、パッケージ ソースと同じフォルダーを使用しないでください。For example, don't use the same folder as your package sources. コンテンツ ライブラリをコピーする前に、Configuration Manager によって、指定した場所から既存のコンテンツが削除されます。Before copying the content library, Configuration Manager removes any existing content from the location you specify.

  2. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに切り替えます。In the Configuration Manager console, switch to the Administration workspace. [サイトの構成] を展開し、 [サイト] ノードを選択し、サイトを選びます。Expand Site Configuration, select the Sites node, and select the site. 詳細ウィンドウの下部にある [概要] タブに [コンテンツ ライブラリ] の新しい列が表示されます。On the Summary tab at the bottom of the details pane, notice a new column for the Content Library.

  3. リボンの [コンテンツ ライブラリの管理] を選択します。Select Manage Content Library on the ribbon.

  4. [コンテンツ ライブラリの管理] ウィンドウの [現在の場所] フィールドに、ローカル ドライブとパスが表示されます。In the Manage Content Library window, the Current Location field shows the local drive and path. [新しい場所] に有効なネットワーク パスを入力します。Enter a valid network path for the New Location. このパスは、サイトがコンテンツ ライブラリを移動する先の場所です。This path is the location to which the site moves the content library. 共有に既に存在するフォルダー名を含める必要があります (\\server\share\folder など)。It must include a folder name that already exists on the share, for example, \\server\share\folder. [OK] を選択します。Select OK.

  5. 詳細ウィンドウの [概要] タブで [コンテンツ ライブラリ] 列の [状態] の値に注目してください。Note the Status value in the Content Library column on the Summary tab of the details pane. コンテンツ ライブラリの移動時には、サイトの進行状況に合わせて更新されます。It updates to show the site's progress in moving the content library.

    • [進行中] の間は、 [移動の進行状況 (%)] の値に完了率が表示されます。While In progress, the Move Progress (%) value displays the percentage complete.

      注意

      大規模なコンテンツ ライブラリがある場合は、コンソールでしばらくの間 0% の進行状況が表示されることがあります。If you have a large content library, you may see 0% progress in the console for a while. たとえば、1 TB のライブラリを使うと、1% を表示する前に 10 GB コピーする必要があります。For example, with a 1 TB library, it has to copy 10 GB before it shows 1%. コピーされたファイルとバイトの数を示す distmgr.log を確認します。Review distmgr.log, which shows the number of files and bytes copied. バージョン 1810 以降、ログ ファイルにも残り時間の推定が表示されます。Starting in version 1810, the log file also shows an estimated time remaining.

    • エラー状態がある場合、状態にエラーが表示されます。If there's an error state, the status displays the error. 一般的なエラーには、アクセスが拒否されました や、ディスクがいっぱいです が含まれます。Common errors include access denied or disk full.

    • 完了すると、 [完了] と表示されます。When complete it displays Complete.

      詳細については、distmgr.log を参照してください。See the distmgr.log for details. 詳細については、「サイト サーバーとサイト システムのログ ファイル」を参照してください。For more information, see Site server and site system server logs.

      注意

      バージョン 2010 以降では、サイト サーバーで次のレジストリ キーを設定することにより、詳細ログ記録を有効にしてコンテンツ ライブラリの移動プロセスをトラブルシューティングできます: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SMS\DP, LibraryMoveVerboseLog = 1 (REG_DWORD)Starting in version 2010, you can enable verbose logging to troubleshoot content library move process by setting the following registry key on the site server: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SMS\DP, LibraryMoveVerboseLog = 1 (REG_DWORD).

このプロセスの詳細については、「Flowchart - Manage content library」(フローチャート - コンテンツ ライブラリの管理) を参照してください。For more information on this process, see Flowchart - Manage content library.

サイトでは実際にコンテンツ ライブラリ ファイルがリモートの場所に コピー されます。The site actually copies the content library files to the remote location. このプロセスでは、サイト サーバーの元の場所にあるコンテンツ ライブラリ ファイルは削除されません。This process doesn't delete the content library files at the original location on the site server. 領域を解放するには、管理者がこれらの元のファイルを手動で削除する必要があります。To free up space, an administrator must manually delete these original files.

元のコンテンツ ライブラリが 2 つのドライブにまたがっている場合は、新しい変換先で 1 つのフォルダーにマージされます。If the original content library spans two drives, it's merged into a single folder at the new destination.

バージョン 1810 以降、デスプーラー配布マネージャー コンポーネントでは、コピー処理中に新しいパッケージが処理されません。Starting in version 1810, during the copy process, the Despooler and Distribution manager components don't process new packages. このアクションにより、移動中のライブラリにコンテンツが追加されなくなります。This action makes sure that content isn't added to the library while it's moving. いずれにせよ、システム メンテナンス中にこの変更のスケジュールを設定します。Regardless, schedule this change during a system maintenance.

コンテンツ ライブラリをサイト サーバーに戻す必要がある場合は、このプロセスを繰り返しますが、ローカル ドライブとパスを [新しい場所] に入力します。If you need to move the content library back to the site server, repeat this process, but enter a local drive and path for the New Location. ドライブに既に存在するフォルダー名を含める必要があります (D:\SCCMContentLib など)。It must include a folder name that already exists on the drive, for example, D:\SCCMContentLib. 元のコンテンツが残っている場合、このプロセスによって、サイト サーバーのローカルの場所に構成が迅速に移動します。When the original content still exists, the process quickly moves the configuration to the location local to the site server.

ヒント

コンテンツをサイト サーバー上の別のドライブに移動するには、Content Library Transfer ツールを使用します。To move the content to another drive on the site server, use the Content Library Transfer tool. 詳細については、Content Library Transfer ツールに関するページを参照してください。For more information, see the Content Library Transfer tool.

コンテンツ ライブラリの内部Inside the content library

警告

次のセクションは参考のためにのみ提供するものです。The following section is provided for informational purposes only. コンテンツ ライブラリ内のファイルまたはフォルダーを変更、追加、または削除しないでください。Don't alter, add, or remove any files or folders in the content library. これを行うと、パッケージ、コンテンツ、またはコンテンツ ライブラリ全体が破損する可能性があります。Doing so could corrupt packages, contents, or the content library as a whole. 不足、破損、または無効なデータの疑いがある場合は、Configuration Manager コンソールの検証機能を使用してそのような問題を検出してください。If you suspect any missing, corrupt, or otherwise invalid data, use the validation feature in the Configuration Manager console to detect such issues. その後、影響を受けたコンテンツを再配布して問題を修正します。Then redistribute the affected content to correct the issues.

既定では、コンテンツ ライブラリは SCCMContentLib という名前のフォルダーのドライブのルートに保存されます。By default, the content library is stored on the root of a drive in a folder called SCCMContentLib. 既定では、このフォルダーは SCCMContentLib$ として共有されます。This folder is shared by default as SCCMContentLib$. フォルダーおよび共有のアクセス許可は、誤って破損しないようにするために制限されています。The folder and share have restricted permissions to prevent accidental damage. すべての変更は、Configuration Manager コンソールから行ってください。All changes should be made from the Configuration Manager console. このフォルダー内には、次のオブジェクトがあります。Within this folder are the following objects:

  • パッケージ ライブラリ (PkgLib フォルダー): 配布ポイントにどのようなパッケージが存在するかに関する情報です。The package library (PkgLib folder): Information about what packages are present on the distribution point.

  • データ ライブラリ (DataLib フォルダー): パッケージの元の構造に関する情報です。The data library (DataLib folder): Information about the original structure of the packages.

  • ライブラリ ファイル (FileLib フォルダー): パッケージ内の元のファイルです。The file library (FileLib folder): The original files in the package. このフォルダーは通常、記憶域の大部分を使用します。This folder is typically what uses the bulk of the storage.

Configuration Manager コンテンツ ライブラリの概要の図

ヒント

コンテンツ ライブラリの内容を参照するには、Configuration Manager ツールの Content Library Explorer を使用します。Use the Content Library Explorer tool from the Configuration Manager tools to browse the contents of the content library. このツールは、コンテンツの変更にはできません。You can't use this tool to modify the contents. 何が存在するかの分析情報を提供し、検証と再配布を許可するものです。It provides insight into what's present, as well as allowing validation and redistribution. 詳細については、「Content Library Explorer」を参照してください。For more information, see the Content Library Explorer.

パッケージ ライブラリPackage library

パッケージ ライブラリ フォルダー PkgLib には、配布ポイントに配布されたパッケージごとに 1 つのファイルが含まれています。The package library folder, PkgLib, includes one file for each package distributed to the distribution point. ファイル名は、ABC00001.INI のようなパッケージ ID です。The file name is the package ID, for example, ABC00001.INI. このファイルの [Packages] セクションは、パッケージに含まれるコンテンツ ID と、バージョンなどの他の情報の一覧です。In this file under the [Packages] section is a list of content IDs that are part of the package, as well as other information such as the version. たとえば、ABC00001 は、バージョン 1 の従来のパッケージです。For example, ABC00001 is a legacy package at version 1. このファイルのコンテンツ ID は ABC00001.1 です。The content ID in this file is ABC00001.1.

データ ライブラリData library

データ ライブラリのフォルダー DataLib には、各パッケージの内容ごとに 1 つのファイルと 1 つのフォルダーが含まれます。The data library folder, DataLib, includes one file and one folder for each of the contents in each package. たとえば、このファイルとフォルダーにはそれぞれ ABC00001.1.INIABC00001.1 の名前が付けられます。For example, this file and folder are named ABC00001.1.INI and ABC00001.1, respectively. ファイルには、検証のための情報が含まれます。The file includes information for validation. フォルダーは、元のパッケージからのフォルダー構造を再作成します。The folder recreates the folder structure from the original package.

データ ライブラリ内のファイルは、パッケージの元のファイルの名前を持つ INI ファイルによって置き換えられます。The files in the data library are replaced by INI files with the name of the original file in the package. たとえば、MyFile.exe.INI となります。For example, MyFile.exe.INI. これらのファイルには、サイズ、変更時刻、ハッシュなどの元のファイルに関する情報が含まれます。These files include information about the original file, such as the size, time modified, and the hash. ファイル ライブラリ内で元のファイルを検索する場合は、ハッシュの最初の 4 文字を使用します。Use the first four characters of the hash to locate the original file in the file library. たとえば、MyFile.exe.INI のハッシュは DEF98765 で、最初の 4 文字は DEF9 です。For example, the hash in MyFile.exe.INI is DEF98765, and the first four characters are DEF9.

ファイル ライブラリFile library

コンテンツ ライブラリが複数のドライブにまたがっている場合、パッケージファイルはそのいずれかのドライブのファイル ライブラリ フォルダー FileLib にあります。If the content library spans across multiple drives, the package files could be in the file library folder, FileLib, on any of these drives.

データ ライブラリで見つかったハッシュの最初の 4 文字を使用して、特定のファイルを検索します。Locate a specific file using the first four characters from the hash found in the data library. ファイル ライブラリ フォルダー内には多くのフォルダーがあり、それぞれに 4 文字の名前が付けられています。Inside the file library folder are many folders, each with a four-character name. ハッシュの最初の 4 文字に一致するフォルダーを探します。Find the folder that matches the first four characters from the hash. 見つかったフォルダーには、1 つまたは複数のセットによる 3 つのファイルが含まれています。Once you find this folder, it includes one or more sets of three files. これらのファイルは同じ名前を共有しますが、1 つのファイルの拡張子は INI、もう 1 つのファイルの拡張子が SIG で、あと 1 つのファイルには拡張子がありません。These files share the same name, but one has the extension INI, one has the extension SIG, and one has no file extension. 拡張子のないファイルが元のファイルで、その名前はデータ ライブラリのハッシュと同じです。The original file is the one with no extension whose name is equal to the hash from the data library.

たとえば、フォルダー DEF9 には DEF98765.INIDEF98765.SIG、および DEF98765 が含まれています。For example, folder DEF9 includes DEF98765.INI, DEF98765.SIG, and DEF98765. DEF98765 は元の MyFile.exe です。DEF98765 is the original MyFile.exe. INI ファイルには、同じファイルを共有する "users" と、コンテンツ ID の一覧が含まれています。The INI file includes a list of "users" or content IDs that share the same file. これらの内容もすべて削除されない限り、サイトでは、ファイルが削除されません。The site doesn't remove a file unless all of these contents are also removed.

複数ドライブにまたがる使用Drive spanning

コンテンツ ライブラリは複数のドライブにまたがることができます。The content library can be spanned across multiple drives. これらのドライブは、配布ポイントを作成するときに選択します。You choose these drives when creating the distribution point. 既定では、コンテンツ ライブラリが複数のドライブにまたがる場合、Configuration Manager が自動的にドライブを選択します。By default, Configuration Manager automatically chooses the drives when spanning the content library.

自分でドライブを選択する場合は、プライマリとセカンダリのドライブを選択してください。When you choose the drives, select a primary and secondary drive. サイトでは、すべてのメタデータがプライマリ ドライブ上に格納されます。The site stores all metadata on the primary drive. ファイル ライブラリはセカンダリ ドライブの間でのみまたがります。It only spans the file library across to the secondary drive. セカンダリ ドライブのフォルダーの共有名には、ドライブ文字が含まれます。The folder's share name for secondary drives includes the drive letter. たとえば、D: と E: がコンテンツ ライブラリのセカンダリ ドライブである場合、共有名は SCCMContentLibD$ および SCCMContentLibE$ です。For example, if D: and E: are secondary drives for the content library, the share names are SCCMContentLibD$ and SCCMContentLibE$.

[自動] オプションを選択した場合、Configuration Manager は、利用可能な空き領域が最も多いドライブをそのプライマリ ドライブとして選択します。If you chose the Automatic option, Configuration Manager selects the drive with the most available free space as its primary drive. このドライブ上に、すべてのメタデータが格納されます。It stores all of the metadata on this drive. サイトではファイル ライブラリがセカンダリ ドライブの間でのみまたがります。The site only spans the file library across to secondary drives.

構成中に予約領域の量を指定します。You specify a reserve space amount during configuration. この予約領域の量の空きが、空き領域が最も多いディスクにしかなくなると、Configuration Manager はセカンダリ ディスクの使用を試みます。Configuration Manager attempts to use a secondary disk once the best available disk has only this reserve space amount left free. 新しいドライブを使用するように選択されるたびに、空き領域が最も多いドライブが選択されます。Each time a new drive is selected for use, the drive with the most available free space is selected.

配布ポイントが特定のセットを除くすべてのドライブを使用することは指定できません。You can't specify that a distribution point should use all drives except for a specific set. この動作を防ぐには、ドライブのルート上に NO_SMS_ON_DRIVE.SMS という空のファイルを作成します。Prevent this behavior by creating an empty file on the root of the drive, called NO_SMS_ON_DRIVE.SMS. このファイルは、Configuration Manager が使用するドライブを選択する前に配置してください。Place this file before Configuration Manager selects the drive for use. Configuration Manager が、ドライブのルート上でこのファイルを検出した場合、コンテンツ ライブラリのドライブは使用されません。If Configuration Manager detects this file on the root of the drive, it doesn't use the drive for the content library.

トラブルシューティングTroubleshooting

コンテンツ ライブラリに関する問題のトラブルシューティングでは、次のヒントが役立つ可能性があります。The following tips may help you troubleshoot issues with the content library:

  • サイト サーバー上のログ (distmgr.logPkgXferMgr.log) および配布ポイント (smsdpprov.log) でポインターにエラーがないかを確認する。Review the logs on the site server (distmgr.log and PkgXferMgr.log) and the distribution point (smsdpprov.log) for any pointers to the failures.

  • Content Library Explorer ツールを使用する。Use the Content Library Explorer tool.

  • ウイルス対策ソフトウェアなど、他のプロセスによるファイルのロックがないことを確認する。Check for file locks by other processes, such as antivirus software. 自動ウイルス対策スキャンからすべてのドライブのコンテンツ ライブラリと、各ドライブの一時ステージング ディレクトリ SMS_DP$ を除外する。Exclude the content library on all drives from automatic antivirus scans, as well as the temporary staging directory, SMS_DP$, on each drive.

  • ハッシュの不一致があるかどうかを確認するため、Configuration Manager コンソールからパッケージを検証する。To see if there are any hash mismatches, validate the package from the Configuration Manager console.

  • 最後のオプションとして、コンテンツを再配布する。As a last option, redistribute the content. このアクションで、ほとんどの問題が解決されるはずです。This action should resolve most issues.

support.microsoft.com の Microsoft Configuration Manager のコンテンツ配布の概要とトラブルシューティングに関する記事を参照してください。For more in-depth information, see Understanding and troubleshooting content distribution in Configuration Manager.