Configuration Manager でのプロキシ サーバーのサポートProxy server support in Configuration Manager

適用対象:Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

Configuration Manager の一部のサイト システム サーバーでは、インターネット接続が必要です。Some Configuration Manager site system servers require connections to the internet. お使いの環境でプロキシ サーバーを使用するためにインターネット トラフィックが必要になる場合、プロキシを使用するようにこれらのサイト システムの役割を構成します。If your environment requires internet traffic to use a proxy server, configure these site system roles to use the proxy.

  • サイト システム サーバーをホストするコンポーネントは、1 つのプロキシ サーバー構成をサポートします。A computer that hosts a site system server supports a single proxy server configuration. そのコンピューター上のすべてのサイト システムの役割が、この同じプロキシ構成を共有します。All site system roles on that computer share this same proxy configuration. 異なる役割または役割のインスタンスごとに別々のプロキシ サーバーが必要な場合は、別々のサイト システム サーバーにそれらの役割を配置します。If you need separate proxy servers for different roles or instances of a role, place those roles on separate site system servers.

  • 既にプロキシ サーバー構成が存在するサイト システム サーバーで新しいプロキシ サーバーの設定を構成すると、元の構成が上書きされます。When you configure new proxy server settings for a site system server that already has a proxy server configuration, the original configuration is overwritten.

  • 既定では、プロキシへの接続では、サイト システムの役割をホストするコンピューターのシステム アカウントが使用されます。By default, connections to the proxy use the System account of the computer that hosts the site system role.

  • コンピューター アカウントが認証できない場合、サイト システム サーバーがユーザーの資格情報を格納してプロキシ サーバーに接続できます。If the computer account can't authenticate, the site system server can store user credentials to connect to the proxy server. これらの資格情報は、サイト システムのプロキシ サーバー アカウントです。These credentials are the site system proxy server account.

プロキシを使用するサイト システムの役割Site system roles that use a proxy

次のサイト システムの役割はインターネットに接続し、必要な場合は、プロキシ サーバーを使用できます。The following site system roles connect to the internet, and if necessary, can use a proxy server:

資産インテリジェンス同期ポイントAsset Intelligence synchronization point

このサイト システムの役割は、マイクロソフトに接続して、資産インテリジェンス同期ポイントをホストするコンピューターのプロキシ サーバー構成を使用します。This site system role connects to Microsoft and uses a proxy server configuration on the computer that hosts the Asset Intelligence synchronization point.

クラウド配布ポイントCloud distribution point

クラウド配布ポイントの役割は Microsoft Azure で実行されます。The cloud distribution point role runs in Microsoft Azure. このサイト システムの役割はプロキシを使用するように構成しません。You don't configure this site system role to use a proxy. クラウド配布ポイントを管理するプライマリ サイト サーバーでプロキシの構成を設定します。Set the proxy configuration on the primary site server that manages the cloud distribution point.

この構成では、プライマリ サイト サーバーは次のようになります。For this configuration, the primary site server:

  • Microsoft Azure に接続してクラウド配布ポイントのセットアップと監視およびクラウド配布ポイントへのコンテンツの配布を実行できる必要があります。Must be able to connect to Microsoft Azure to set up, monitor, and distribute content to the cloud distribution point.

  • 既定では、コンピューターのシステム アカウントを使用して接続を確立します。By default, uses the computer's System account to make the connection. 必要に応じて、サイト システムのプロキシ サーバー アカウントも使用できます。It can also use the site system proxy server account, if necessary.

  • Windows Web ブラウザー API を使用します。Uses Windows web browser APIs.

クラウド管理ゲートウェイ コネクション ポイントCloud management gateway connection point

クラウド管理ゲートウェイ (CMG) 接続ポイントは、Azure の CMG サービスと通信するオンプレミスのロールです。The cloud management gateway (CMG) connection point is an on-premises role that communicates with the CMG service in Azure. 詳細については、CMG の概要に関する記事を参照してください。For more information, see Overview of CMG.

配布ポイントDistribution point

バージョン 2002 以降では、Microsoft 接続キャッシュで Configuration Manager 配布ポイントを有効にすると、インターネット アクセスのために、認証されていないプロキシ サーバーを通して通信できます。Starting in version 2002, if you enable a Configuration Manager distribution point for Microsoft Connected Cache, it can communicate through an unauthenticated proxy server for internet access. 詳細については、Microsoft 接続済みキャッシュに関するページを参照してください。For more information, see Microsoft Connected Cache.

Exchange Server コネクタExchange Server connector

このサイト システムの役割は Exchange Server に接続します。This site system role connects to an Exchange Server. Exchange Server コネクタをホストするコンピューターのプロキシ サーバー構成を使用します。It uses a proxy server configuration on the computer that hosts the Exchange Server connector.

[サービス接続ポイント]Service connection point

このサイト システムの役割を Configuration Manager クラウド サービスに接続すると、Configuration Manager のバージョンの更新プログラムをダウンロードできます。This site system role connects to the Configuration Manager cloud service to download version updates for Configuration Manager. サービス接続ポイントをホストするコンピューターで構成されているプロキシ サーバーを使用します。It uses a proxy server that's configured on the computer that hosts the service connection point.

ソフトウェアの更新ポイントSoftware update point

このサイト システムの役割は、Microsoft Update に接続するときにプロキシを使用して、修正プログラムをダウンロードし、更新プログラムに関する情報を同期します。This site system role uses the proxy when it connects to Microsoft Update to download patches and synchronize information about updates. 他のすべてのサイト システムの役割と同じように、最初にサイト システムのプロキシ設定を構成します。Like every other site system role, first configure the site system proxy settings. 次に、ソフトウェアの更新ポイントに固有の次のオプションを構成します。Then configure the following options specific to the software update point:

  • [ソフトウェア更新プログラムを同期するときにプロキシ サーバーを使用する]Use a proxy server when synchronizing software updates

  • [自動展開規則を使用してコンテンツをダウンロードするときにプロキシ サーバーを使用する]Use a proxy server when downloading content by using automatic deployment rules

    注意

    使用することはできますが、セカンダリ サイトのソフトウェアの更新ポイントではこの設定は使用されません。While available for use, this setting isn't used by software update points at secondary sites.

これらの設定は、ソフトウェアの更新ポイントのプロパティの [プロキシとアカウントの設定] タブにあります。These settings are on the Proxy and Account Settings tab of the software update point properties.

注意

自動展開ルールが実行されているときは、インターネットへの接続およびソフトウェア更新プログラムのダウンロードに、自動展開ルールが作成されたサイトのサイト サーバーのシステム アカウントが既定で使用されます。By default, when the automatic deployment rules run, the System account on the site server of the site on which an automatic deployment rule was created is used to connect to the internet and download software updates. または、サイト システムのプロキシ サーバー アカウントを構成して使用します。Alternatively, configure and use the site system proxy server account.

このアカウントがインターネットにアクセスできない場合、ソフトウェア更新プログラムのダウンロードは失敗します。When this account cannot access the internet, software updates fail to download. 次のエントリが ruleengine.log に記録されます。The following entry is logged to ruleengine.log:
Failed to download the update from internet. Error = 12007.

サイト システム サーバー用のプロキシを使用するその他の機能Other features that use the proxy for a site system server

(バージョン 2002 で導入)(Introduced in version 2002)

Configuration Manager バージョン 2002 以降、以下の機能は、サービス接続ポイントの役割をホストするサイト システムのプロキシを使用します。Starting in Configuration Manager version 2002, the following features use the proxy of the site system that hosts the service connection point role:

サイト システム サーバー用にプロキシを構成するConfigure the proxy for a site system server

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace. [サイトの構成] を展開し、 [サーバーとサイト システムの役割] ノードを選択します。Expand Site Configuration, and then select the Servers and Site System Roles node.

  2. 編集するサイト システム サーバーを選択します。Select the site system server that you want to edit. 詳細ウィンドウで、 [サイト システム] の役割を右クリックし、 [プロパティ] を選択します。In the details pane, right-click the Site system role, and select Properties.

  3. サイト システムのプロパティで、 [プロキシ] タブに切り替えます。次のプロキシ設定を構成します。In Site system Properties, switch to the Proxy tab. Configure the following proxy settings:

    • [インターネットから情報を同期するときにプロキシ サーバーを使用する] :サイト システム サーバーがプロキシ サーバーを使用できるようにするには、このオプションを選択します。Use a proxy server when synchronizing information from the internet: Select this option to enable the site system server to use a proxy server.

    • [プロキシ サーバー名] :お使いの環境でのプロキシ サーバーのホスト名または FQDN を指定します。Proxy server name: Specify the hostname or FQDN of the proxy server in your environment.

    • [ポート] :プロキシ サーバーと通信するネットワーク ポートを指定します。Port: Specify the network port on which to communicate with the proxy server. 既定では、ポート 80 が使われます。By default, it uses port 80.

    • [資格情報を使用してプロキシ サーバーに接続する] :多くのプロキシ サーバーでは、ユーザーの認証が必要です。Use credentials to connect to the proxy server: Many proxy servers require a user to authenticate. 既定では、サイト システム サーバーはそのコンピューター アカウントを使用してプロキシ サーバーに接続します。By default, the site system server uses its computer account to connect to the proxy server. 必要に応じて、このオプションを有効にし、 [設定] をクリックして、 [既存のアカウント] を選択するか、 [新しいアカウント] を指定します。If necessary, enable this option, click Set, and then choose an Existing Account or specify a New Account. これらの資格情報は、サイト システムのプロキシ サーバー アカウントです。These credentials are the site system proxy server account. 詳細については、「System Center Configuration Manager で使用されるアカウント」を参照してください。For more information, see Accounts used in Configuration Manager.

  4. [OK] をクリックして新しいプロキシ サーバー構成を保存します。Choose OK to save the new proxy server configuration.

次のステップNext steps

組織がファイアウォールまたはプロキシ デバイスを使用してインターネットとのネットワーク通信を制限している場合は、インターネット エンドポイントへのアクセスを許可する必要があります。If your organization restricts network communication with the internet using a firewall or proxy device, you need to allow access to internet endpoints. 詳細については、インターネット アクセスの要件に関するページを参照してください。For more information, see internet access requirements.