Configuration Manager の境界グループの構成Configure boundary groups for Configuration Manager

適用対象:Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

Configuration Manager の境界グループを利用し、関連するネットワークの場所 (境界) を論理的に編成し、インフラストラクチャの管理を簡単にします。Use boundary groups in Configuration Manager to logically organize related network locations (boundaries) to make it easier to manage your infrastructure. 境界グループを使用するには、事前に境界を境界グループに割り当てておきます。Assign boundaries to boundary groups before using the boundary group.

既定では、Configuration Manager は各サイトで既定のサイト境界グループを作成します。By default, Configuration Manager creates a default site boundary group at each site.

境界グループを構成するには、境界 (ネットワークの場所) とサイト システムの役割を、配布ポイントのように、境界グループに関連付けます。To configure boundary groups, associate boundaries (network locations) and site system roles, like distribution points, to the boundary group. この構成は、ネットワーク上のクライアントの近くにある配布ポイントのようにサイト システム サーバーにクライアントを関連付けることに役立ちます。This configuration helps associate clients to site system servers like distribution points that are located near the clients on the network.

サーバーの可用性を広範囲のネットワークの場所まで広げるには、同じ境界および同じサーバーを複数の境界グループに割り当てます。To increase the availability of servers to a wider range of network locations, assign the same boundary and the same server to more than one boundary group.

クライアントは、次の目的で境界グループを使用します。Clients use a boundary group for:

  • サイトの自動割り当てAutomatic site assignment

  • サービスを提供できるサイト システム サーバーを見つけるため (次を含む):To find a site system server that can provide a service, including:

    • コンテンツの場所の配布ポイントDistribution points for content location

    • ソフトウェアの更新ポイントSoftware update points

    • 状態移行ポイントState migration points

      注意

      状態移行ポイントでは、フォールバック リレーションシップは使用されません。The state migration point doesn't use fallback relationships. 詳細については、「フォールバック」を参照してください。For more information, see Fallback.

    • 優先管理ポイントPreferred management points

      注意

      優先管理ポイントを使用する場合は、境界グループの構成内ではなく、階層に対してこのオプションを有効にします。If you use preferred management points, enable this option for the hierarchy, not from within the boundary group configuration. 詳細については、「優先管理ポイントの使用を有効にする」を参照してください。For more information, see Enable use of preferred management points.

    • クラウド管理ゲートウェイ (バージョン 1902 以降)Cloud management gateway (starting in version 1902)

境界グループとリレーションシップBoundary groups and relationships

階層の境界グループごとに、次を割り当てることができます。For each boundary group in your hierarchy, you can assign:

  • 1 つまたは複数の境界。One or more boundaries. クライアントの現在の境界グループは、特定の境界グループに割り当てられた境界として定義されているネットワークの場所となります。A client's current boundary group is a network location that's defined as a boundary assigned to a specific boundary group. クライアントには複数の現在の境界グループを設定できます。A client can have more than one current boundary group.

  • 1 つまたは複数のサイト システムの役割。One or more site system roles. クライアントは常に、現在の境界グループに関連付けられている役割を使用できます。Clients can always use roles associated with their current boundary group. 追加の構成によっては、追加の境界グループで役割を使用できます。Depending on additional configurations, they can use roles in additional boundary groups.

作成する境界グループごとに、別の境界グループへの一方向リンクを構成できます。For each boundary group you create, you can configure a one-way link to another boundary group. そのリンクはリレーションシップと呼ばれます。The link is called a relationship. リンク先の境界グループは近隣境界グループと呼ばれます。The boundary groups you link to are called neighbor boundary groups. 境界グループには複数のリレーションシップを設定できます。各リレーションシップに特定の近隣境界グループが与えられます。A boundary group can have more than one relationship, each with a specific neighbor boundary group.

クライアントがその現在の境界グループで利用できるサイト システムを見つけられない場合、そのクライアントが近隣境界グループの検索を開始するタイミングは各リレーションシップの構成により決定します。When a client fails to find an available site system in its current boundary group, the configuration of each relationship determines when it begins to search a neighbor boundary group. この追加グループ検索はフォールバックと呼ばれます。This search of additional groups is called fallback.

詳細については、以下の手順を参照してください。For more information, see the following procedures:

デバイスの境界グループを表示するShow boundary groups for devices

バージョン 2002 以降では、境界グループを使用したデバイスの動作のより適切なトラブルシューティングに役立てるために、特定のデバイスの境界グループを表示できます。Starting in version 2002, to help you better identify and troubleshoot device behaviors with boundary groups, you can view the boundary groups for specific devices. [デバイス] ノードで、またはデバイス コレクションのメンバーを表示するときに、新しい [境界グループ] 列をリスト ビューに追加します。In the Devices node or when you show the members of a Device Collection, add the new Boundary Group(s) column to the list view.

  • デバイスが複数の境界グループに属している場合、値は境界グループ名のコンマ区切りのリストになります。If a device is in more than one boundary group, the value is a comma-separated list of boundary group names.

  • データの更新は、クライアントがサイトに対して場所の要求を行ったとき、または最大で 24 時間ごとに行われます。The data updates when the client makes a location request to the site, or at most every 24 hours.

  • クライアントがローミングされていて、境界グループのメンバーではない場合、値は空白になります。If a client is roaming and not a member of a boundary group, the value is blank.

注意

この情報はサイト データであり、プライマリ サイトでのみ使用できます。This information is site data and only available on primary sites. Configuration Manager を中央管理サイトに接続した場合、この列の値は表示されません。You won't see a value for this column when you connect the Configuration Manager to a central administration site.

フォールバックFallback

クライアントが現在の境界グループで利用できるサイト システムを見つけられない場合に問題を回避するには、フォールバック動作のために境界グループ間のリレーションシップを定義します。To prevent problems when clients can't find an available site system in their current boundary group, define the relationship between boundary groups for fallback behavior. フォールバックを利用することで、クライアントはその検索範囲を追加の境界グループまで拡大し、利用できるサイト システムを見つけることができます。Fallback lets a client expand its search to additional boundary groups to find an available site system.

リレーションシップは [リレーションシップ] タブの境界グループ プロパティで構成されます。リレーションシップを構成するとき、近隣境界グループへのリンクを定義します。Relationships are configured on a boundary group properties Relationships tab. When you configure a relationship, you define a link to a neighbor boundary group. サポートされるサイト システムの役割の種類ごとに、その近隣境界グループへのフォールバックの独立した設定を構成します。For each type of supported site system role, configure independent settings for fallback to the neighbor boundary group. 詳細については、「フォールバック動作を構成する」を参照してください。For more information, see Configure fallback behavior.

たとえば、ある境界グループに対するリレーションシップを構成するとき、20 分後に配布ポイントのフォールバックが発生するように設定します。For example, when you configure a relationship to a specific boundary group, set fallback for distribution points to occur after 20 minutes. 既定値は 120 分です。他のさまざまな例については、「境界グループの使用例」を参照してください。The default is 120 minutes For a more extensive example, see Example of using boundary groups.

クライアントがその現在の境界グループで利用できるサイト システムの役割を見つけられない場合、そのクライアントはフォールバック時間 (分単位) を利用します。If a client fails to find an available site system role in its current boundary group, the client uses the fallback time in minutes. 近隣境界グループに関連付けられた利用できるサイト システムをクライアントが検索開始するタイミングは、このフォールバック時間により決定されます。This fallback time determines when the client begins to search for an available site system associated with the neighbor boundary group.

クライアントは、利用できるサイト システムを見つけられない場合、近隣境界グループから場所の検索を開始します。When a client can't find an available site system, it begins to search locations from neighbor boundary groups. この動作によって、利用できるサイト システムのプールを増やします。This behavior increases the pool of available site systems. 境界グループおよびそれらのリレーションシップに関する構成では、この利用できるサイト システムのプールに対するクライアントの使用が定義されます。The configuration of boundary groups and their relationships defines the client's use of this pool of available site systems.

  • 境界グループには複数のリレーションシップを設定できます。A boundary group can have more than one relationship. この構成では、サイト システムの種類ごとにフォールバックを構成し、フォールバック開始までの時間に近隣ごとに別の値を設定できます。With this configuration, you can configure fallback for each type of site system to different neighbors to occur after different periods of time.

  • クライアントは、現在の境界グループに直接隣接している境界グループにのみフォール バックします。Clients only fall back to a boundary group that's a direct neighbor of their current boundary group.

  • 複数の境界グループのメンバーであるクライアントは、現在の境界グループを、そのクライアントのすべての境界グループの結合として定義します。When a client is a member of more than one boundary group, it defines its current boundary group as a union of all its boundary groups. そのクライアントは元のいずれかの境界グループの近隣にフォールバックします。The client falls back to neighbors of any of those original boundary groups.

注意

状態移行ポイントの役割では、フォールバック リレーションシップは使用されません。The state migration point role doesn't use fallback relationships. 状態移行ポイントと配布ポイントの両方の役割を同じサイト システム サーバーに追加する場合は、その境界グループに対してフォールバックを構成しないでください。If you add both the state migration point and distribution point roles to the same site system server, don't configure fallback on its boundary group. 配布ポイントに境界グループのフォールバックを使用する必要がある場合は、別のサイト システム サーバーに状態移行ポイントの役割を追加します。If you need to use boundary group fallback for the distribution point, add the state migration point role on a different site system server.

既定のサイト境界グループThe default site boundary group

各サイトに Configuration Manager により作成された既定のサイト境界グループがある、独自の境界グループを作成できます。You can create your own boundary groups, and each site has a default site boundary group that Configuration Manager creates. このグループには Default-Site-Boundary-Group<sitecode> という名前が付きます。This group is named Default-Site-Boundary-Group<sitecode>. たとえば、サイト ABC のグループの名前は Default-Site-Boundary-Group<ABC> になります。For example, the group for site ABC would be named Default-Site-Boundary-Group<ABC>.

作成する境界グループごとに、Configuration Manager は自動的に、階層の既定の各サイト境界グループに暗黙的リンクを作成します。For each boundary group you create, Configuration Manager automatically creates an implied link to each default site boundary group in the hierarchy.

  • この暗黙的リンクは、現在の境界グループからサイトの既定の境界グループへの既定のフォールバック オプションです。The implied link is a default fallback option from a current boundary group to the site's default boundary group. 既定のフォールバック時間は 120 分です。The default fallback time is 120 minutes.

  • 境界グループに関連付けられている境界にないクライアントは、有効なサイト システムの役割を特定するために、それに割り当てられているサイトの既定のサイト境界グループを利用します。For clients not in a boundary associated with any boundary group: to identify valid site system roles, use the default site boundary group from their assigned site.

既定のサイト境界グループへのフォールバックを管理するには:To manage fallback to the default site boundary group:

  • サイトの既定の境界グループのプロパティを開き、 [既定の動作] タブの値を変更します。ここで行う変更は、この境界グループのすべての暗黙的リンクに適用されます。Open the properties of the site default boundary group, and change the values on the Default Behavior tab. Changes you make here apply to all implied links to this boundary group. 別の境界グループからこの既定のサイト境界グループの明示的リンクを構成する場合は、これらの既定の設定をオーバーライドします。When you configure an explicit link to this default site boundary group from another boundary group, you override these default settings.

  • カスタム境界グループのプロパティを開きます。Open the properties of a custom boundary group. 既定のサイト境界グループへの明示的なリンクの値を変更します。Change the values for the explicit link to a default site boundary group. フォールバックに新しい時間 (分) を設定したり、フォールバックをブロックしたりした場合、その変更はあなたが構成しているリンクにのみ影響を与えます。When you set a new time in minutes for fallback or block fallback, that change affects only the link you're configuring. 明示的リンクの構成は、既定のサイト境界グループの [既定の動作] タブの設定をオーバーライドします。Configuration of the explicit link overrides the settings on the Default Behavior tab of a default site boundary group.

サイトの割り当てSite assignment

各境界グループごとに、クライアント用の割り当てられたサイトを構成できます。You can configure each boundary group with an assigned site for clients.

  • サイトの自動割り当てを使用する新しくインストールされたクライアントは、クライアントの現在のネットワークの場所を含む境界グループの割り当て済みサイトに参加します。A newly installed client that uses automatic site assignment joins the assigned site of a boundary group that contains the client's current network location.

  • サイトに割り当てられると、クライアントがネットワークの場所を変更するときに、クライアントのサイトの割り当てが変更されることはありません。After assigning to a site, a client doesn't change its site assignment when it changes its network location. たとえば、新しいネットワークの場所にクライアントがローミングしたとします。For example, a client roams to a new network location. この場所は、別のサイトが割り当てられた境界グループ内の境界です。This location is a boundary in a boundary group with a different site assignment. クライアントに対して割り当てられたサイトが変更されることはありません。The client's assigned site doesn't change.

  • Active Directory システムの探索で新しいリソースが検出されると、サイトでは、リソースのネットワーク情報を境界グループ内の境界に対して評価します。When Active Directory System Discovery discovers a new resource, the site evaluates network information for the resource against the boundaries in boundary groups. このプロセスにより、割り当てられたサイトに新しいリソースが関連付けられ、クライアント プッシュ インストール方法で使用できるようになります。This process associates the new resource with an assigned site for use by the client push installation method.

  • 境界が、異なる割り当て済みサイトを持つ複数の境界グループのメンバーである場合は、クライアントによってランダムにいずれかのサイトが選択されます。When a boundary is a member of more than one boundary groups that have different assigned sites, clients randomly select one of the sites.

  • 境界グループの割り当て済みサイトへの変更は、新しいサイトの割り当て操作にのみ適用されます。Changes to a boundary groups assigned site only apply to new site assignment actions. 以前にサイトに割り当て済みのクライアントは、境界グループの構成の変更 (またはクライアントのネットワークの場所の変更) に基づくサイトの割り当てを再評価しません。Clients that previously assigned to a site don't reevaluate their site assignment based on changes to the configuration of a boundary group (or to their own network location).

クライアントのサイトの割り当ての詳細については、「コンピューターにサイトの自動割り当てを使用する」を参照してください。For more information about client site assignment, see Using automatic site assignment for computers.

サイトの割り当てを構成する方法の詳細については、以下の手順を参照してください。For more information on how to configure site assignment, see the following procedures:

配布ポイントDistribution points

クライアントが配布ポイントの場所を要求すると、Configuration Manager によってサイト システムの一覧がクライアントに送信されます。When a client requests the location of a distribution point, Configuration Manager sends the client a list of site systems. これらは、クライアントの現在のネットワークの場所が属する各境界グループに関連付けられた適切な種類のサイト システムです。These site systems are of the appropriate type associated with each boundary group that includes the client's current network location:

  • ソフトウェアの配布時に、クライアントは有効なコンテンツ ソースにおける展開コンテンツの場所を要求します。During software distribution, clients request a location for deployment content on a valid content source. この場所は、配布ポイントまたはピア キャッシュ ソースの場合があります。This location may be a distribution point, or a peer cache source.

  • OS の展開時に、クライアントは状態移行情報の送受信用の場所を要求します。During OS deployment, clients request a location to send or receive their state migration information.

コンテンツの展開中、クライアントが現在の境界グループ内のソースに対して要求したコンテンツが利用できないものであった場合、クライアントはそのコンテンツに対する要求を続けます。During content deployment, if a client requests content that isn't available from a source in its current boundary group, the client continues to request that content. 近隣または既定のサイト境界グループのフォールバック時間に到達するまで、クライアントはその現在の境界グループでさまざまなコンテンツ ソースを試します。The client tries different content sources in its current boundary group until it reaches the fallback period for a neighbor or the default site boundary group. クライアントがコンテンツを見つけていない場合、コンテンツ ソースの検索範囲を拡大し、近隣境界グループを含めます。If the client still hasn't found content, it then expands its search for content sources to include the neighbor boundary groups.

オンデマンドで配布するためにコンテンツを構成し、クライアントからの要求時に配布ポイントでそのコンテンツが利用できないときには、サイトでその配布ポイントへのコンテンツの転送が開始されます。If you configure the content to distribute on-demand, and it isn't available on a distribution point when a client requests it, the site begins to transfer the content to that distribution point. クライアントは、フォールバックして近隣境界グループを使用する前に、そのサーバーをコンテンツ ソースとして検索することが可能です。It's possible the client finds that server as a content source before falling back to use a neighbor boundary group.

クライアントのインストールClient installation

Configuration Manager クライアント インストーラー、ccmsetup により、ローカル ソースから、または管理ポイントを介してインストール コンテンツを取得できます。The Configuration Manager client installer, ccmsetup, can get installation content from a local source or via a management point. その初期動作は、クライアントのインストールに使用するコマンドライン パラメーターによって異なります。Its initial behavior depends upon the command-line parameters you use to install the client:

  • /mp または /source パラメーターのいずれも使用しない場合、ccmsetup では Active Directory または DNS からの管理ポイントの一覧の取得が試みられます。If you don't use either /mp or /source parameters, ccmsetup tries to get a list of management points from Active Directory or DNS.
  • /source のみを指定すると、指定されたパスのインストールが強制されます。If you only specify /source, it forces the installation from the specified path. 管理ポイントは検出されません。It doesn't discover management points. 指定されたパスに ccmsetup.cab が見つからない場合、ccmsetup は失敗します。If it can't find ccmsetup.cab at the specified path, ccmsetup fails.
  • /mp/source の両方を指定した場合、指定した管理ポイント (および管理ポイントがあるかどうか) がチェックされます。If you specify both /mp and /source, it checks the specified management points, and any it discovers. 有効な管理ポイントが見つからない場合、指定されたソース パスにフォールバックします。If it can't locate a valid management point, it falls back to the specified source path.

これらの ccmsetup パラメーターの詳細については、「クライアント インストール パラメーターとプロパティ」を参照してください。For more information on these ccmsetup parameters, see Client installation parameters and properties.

ccmsetup が必要なコンテンツを見つけるために管理ポイントに接続されると、管理ポイントにより、境界グループの構成に基づいて配布ポイントが返されます。When ccmsetup contacts the management point to locate the necessary content, the management point returns distribution points based on boundary group configuration. 境界グループに関係を定義した場合、管理ポイントから配布ポイントが次の順序で返されます。If you define relationships on the boundary group, the management point returns distribution points in the following order:

  1. 現在の境界グループCurrent boundary group
  2. 近隣の境界グループNeighbor boundary groups
  3. サイトの既定の境界グループThe site default boundary group

注意

クライアント セットアップ プロセスでは、フォールバック時間が使用されません。The client setup process doesn't use the fallback time. コンテンツの位置を可能な限り速く検索するために、次の境界グループにすぐにフォールバックします。To locate content as quickly as possible, it immediately falls back to the next boundary group.

Configuration Manager の以前のバージョンでは、このプロセス中に管理ポイントは、クライアントの現在の境界グループにある配布ポイントのみを返していました。In previous versions of Configuration Manager, during this process the management point only returned distribution points in the client's current boundary group. コンテンツが利用できない場合、セットアップ プロセスはフォールバックし、管理ポイントからコンテンツをダウンロードしていました。If no content was available, the setup process fell back to download content from the management point. 必要なコンテンツがあるかもしれない他の境界グループにある配布ポイントにフォールバックするオプションはありませんでした。There was no option to fall back to distribution points in other boundary groups that might have the necessary content.

境界グループのタスク シーケンス サポートTask sequence support for boundary groups

デバイスでタスク シーケンスが実行され、コンテンツを取得する必要があるとき、構成マネージャー クライアントに似た境界グループの動作が使用されます。When a device runs a task sequence and needs to acquire content, it uses boundary group behaviors similar to the Configuration Manager client.

タスク シーケンス展開の [配布ポイント] ページで次の設定を使用し、この動作を構成します。Configure this behavior using the following settings on the Distribution Points page of the task sequence deployment:

  • ローカルの配布ポイントを利用できない場合は、リモートの配布ポイントを使用する:この展開の場合、タスク シーケンスは、近隣の境界グループの配布ポイントにフォールバックできます。When no local distribution point is available, use a remote distribution point: For this deployment, the task sequence can fall back to distribution points in a neighbor boundary group.

  • 既定サイトの境界グループからの配布ポイントの使用をクライアントに許可する:この展開の場合、タスク シーケンスは、既定のサイト境界グループの配布ポイントにフォールバックできます。Allow clients to use distribution points from the default site boundary group: For this deployment, the task sequence can fall back to distribution points in the default site boundary group.

この新しい動作を利用するには、クライアントを最新版に更新してください。To use this new behavior, make sure to update clients to the latest version.

場所の優先順位Location priority

タスク シーケンスは、次の順序でコンテンツを取得しようとします。The task sequence tries to acquire content in the following order:

  1. ピア キャッシュ ソースPeer cache sources

  2. 現在の境界グループ内の配布ポイントDistribution points in the current boundary group

  3. 近隣の境界グループ内の配布ポイントDistribution points in a neighbor boundary group

    重要

    タスク シーケンス処理のリアルタイムの性質に起因し、近隣の境界グループでフェールオーバー時間を待つことはありません。Due to the real-time nature of task sequence processing, it doesn't wait for the failover time on a neighbor boundary group. 近隣の境界グループに優先順位を付けるとき、フェールオーバー時間が使用されます。It uses the failover times for prioritizing the neighbor boundary groups. たとえば、現在の境界グループにある配布ポイントからタスク シーケンスによりコンテンツが取得されなかった場合、フェールオーバー時間が最も短い近隣の境界グループにある配布ポイントがすぐに試されます。For example, if the task sequence fails to acquire content from a distribution point in its current boundary group, it immediately tries a distribution point in a neighbor boundary group with the shortest failover time. そのプロセスが失敗した場合、フェールオーバー時間がそれより長い近隣の境界グループにある配布ポイントにフェールオーバーします。If that process fails, it then fails over to a distribution point in a neighbor boundary group with a larger failover time.

  4. サイトの既定の境界グループ内の配布ポイントDistribution points in the site default boundary group

タスク シーケンスのログ ファイルである smsts.log には、展開プロパティに基づいて使用される場所ソースの優先順位が示されます。The task sequence log file smsts.log shows the priority of the location sources that it uses based on the deployment properties.

ピアのダウンロードの境界グループのオプションBoundary group options for peer downloads

境界グループに、環境内のコンテンツ配布をより細かく制御するための、以下の追加設定が含められています。Boundary groups include the following additional settings to give you more control over content distribution in your environment:

これらの設定の構成方法については、「Configure a boundary group」(境界グループを構成する) を参照してください。For more information on how to configure these settings, see Configure a boundary group.

デバイスが複数の境界グループにある場合、これらの設定には次の動作が適用されます。If a device is in more than one boundary group, the following behaviors apply for these settings:

  • この境界グループのピアのダウンロードを許可する: これが 1 つの境界グループで無効になっている場合、クライアントは配信の最適化を使用しません。Allow peer download in this boundary group: If it is disabled in any one boundary group, the client won't use delivery optimization.
  • ピアのダウンロード中に、同じサブネットのピアのみを使用する: これが 1 つの境界グループで有効になっている場合、この設定は有効になります。During peer downloads, only use peers with the same subnet: If it is enabled in any one boundary group, this setting takes effect.
  • 同じサブネット内のピアの配布ポイントより優先: これが 1 つの境界グループで有効になっている場合、この設定は有効になります。Prefer distribution points over peers within the same subnet: If it is enabled in any one boundary group, this setting takes effect.
  • オンプレミスのソースよりクラウド ベースのソースを優先する: これが 1 つの境界グループで有効になっている場合、この設定は有効になります。Prefer cloud based sources over on-premise sources: If it is enabled in any one boundary group, this setting takes effect.

この境界グループのピアのダウンロードを許可するAllow peer downloads in this boundary group

既定では、この設定は有効になっています。This setting is enabled by default. 管理ポイントでは、ピア ソースを含むコンテンツの場所のリストがクライアントに提供されます。The management point provides clients a list of content locations that includes peer sources. この設定は、配信の最適化のグループ ID 適用にも反映されます。This setting also affects applying Group IDs for Delivery Optimization.

このオプションの無効化を検討する必要がある一般的なシナリオが 2 つあります。There are two common scenarios in which you should consider disabling this option:

  • VPN など、地理的に分散した場所からの境界を含む境界グループがある場合。If you have a boundary group that includes boundaries from geographically dispersed locations such as a VPN. VPN を介して接続されるため同じ境界グループ内にある 2 つのクライアントが、コンテンツのピアの共有に適さないほど遠く離れた場所に位置している可能性があります。Two clients may be in the same boundary group because they're connected through VPN, but in vastly different locations that are inappropriate for peer sharing of content.

  • サイトの割り当てに、配布ポイントを参照しない、1 つの大規模な境界グループを使用する場合。If you use a single, large boundary group for site assignment that doesn't reference any distribution points.

重要

デバイスが複数の境界グループに含まれる場合は、デバイスのすべての境界グループでこの設定を有効にします。If a device is in more than one boundary group, make sure to enable this setting on all boundary groups for the device. そうでない場合、クライアントは配信の最適化を使用しません。Otherwise the client won't use delivery optimization. たとえば、DOGroupID レジストリ キーが設定されません。For example, it doesn't set the DOGroupID registry key.

ピアのダウンロード中に、同じサブネット内のピアのみを使用するDuring peer downloads, only use peers within the same subnet

この設定は、上記のオプションに依存します。This setting is dependent upon the preceding option. このオプションを有効にした場合、管理ポイントのコンテンツの場所のリストには、クライアントと同じサブネット内にあるピア ソースのみが含まれます。If you enable this option, the management point only includes in the content location list peer sources that are in the same subnet as the client.

このオプションを有効にする一般的なシナリオを次に示します。Common scenarios for enabling this option:

  • コンテンツの配布のための境界グループの設計に、その他の小さい境界グループと重複する 1 つの大規模な境界グループが含まれている場合。Your boundary group design for content distribution includes one large boundary group that overlaps other smaller boundary groups. この新しい設定では、管理ポイントがクライアントに提供するコンテンツ ソースのリストには同じサブネットからのピア ソースのみが含まれます。With this new setting, the list of content sources that the management point provides to clients only includes peer sources from the same subnet.

  • リモート オフィス内のすべての場所のために 1 つの大規模な境界グループがある場合。You have a single large boundary group for all remote office locations. このオプションを有効にすると、クライアントは、場所の間でコンテンツを共有するリスクを負う代わりに、リモート オフィス内の場所にあるサブネット内でのみコンテンツを共有します。Enable this option and clients only share content within the subnet at the remote office location, instead of risking sharing content between locations.

バージョン 2002 以降では、ネットワークの構成によっては、特定のサブネットを除外して一致させることができます。Starting in version 2002, depending on the configuration of your network, you can exclude certain subnets for matching. たとえば、境界は含めて、特定の VPN サブネットは除外することができます。For example, you want to include a boundary but exclude a specific VPN subnet. 既定では、Configuration Manager によって既定の Teredo サブネット (2001:0000:%) は除外されます。By default, Configuration Manager excludes the default Teredo subnet (2001:0000:%).

注意

バージョン 2002 では、スタンドアロン プライマリ サイトを拡張して中央管理サイト (CAS) を追加すると、サブネット除外リストが既定値に戻ります。In version 2002, when you expand a stand-alone primary site to add a central administration site (CAS), the subnet exclusion list reverts to the default. この問題を回避するには、サイトの拡張後に、PowerShell スクリプトを実行して、CAS のサブネット除外リストをカスタマイズします。To work around this issue, after site expansion, run the PowerShell script to customize the subnet exclusion list on the CAS.

サブネット除外リストをコンマ区切りのサブネット文字列としてインポートします。Import your subnet exclusion list as a comma-separated subnet string. ワイルドカード文字としてパーセント記号 (%) を使用します。Use the percent sign (%) as a wildcard character. 最上位サイト サーバーで、SMS_SCI_Component クラスの SMS_HIERARCHY_MANAGER コンポーネントの SubnetExclusionList 埋め込みプロパティを設定するか読み取ります。On the top-level site server, set or read the SubnetExclusionList embedded property for the SMS_HIERARCHY_MANAGER component in the SMS_SCI_Component class. 詳細については、「SMS_SCI_Component サーバー WMI クラス」を参照してください。For more information, see SMS_SCI_Component server WMI class.

サブネット除外リストを更新するサンプル PowerShell スクリプトSample PowerShell script to update the subnet exclusion list

次のスクリプトは、この値を変更する方法の例です。The following script is a sample way of changing this value. PropertyValue 変数では、2001:0000:%,172.16.16.0 の後に、サブネットを追加します。Append your subnets to the PropertyValue variable after 2001:0000:%,172.16.16.0. コンマ区切りの文字列です。It's a comma separated string. 階層内の最上位サイト サーバーでこのスクリプトを実行します。Run this script on the top-level site server in your hierarchy.

$PropertyValue = "2001:0000:%,172.16.16.0"
$PropertyName = "SubnetExclusionList"

$providerMachine = Get-WmiObject -Class "SMS_ProviderLocation" -Namespace "root\sms"

if ($providerMachine -is [system.array])
{
    $providerMachine=$providerMachine[0]
}

$SiteCode = $providerMachine.SiteCode

$component = Get-WmiObject -Query 'select comp.* from sms_sci_component comp join SMS_SCI_SiteDefinition sdef on sdef.SiteCode=comp.SiteCode where sdef.ParentSiteCode="" and comp.componentname="SMS_HIERARCHY_MANAGER"' -ComputerName $providerMachine.Machine -Namespace root\sms\site_$SiteCode
$properties = $component.props

Write-host "Updating property for site " $SiteCode

foreach ($property in $properties)
{
  if ($property.propertyname -like $PropertyName)
  {
    Write-host "Current value for SubnetExclusionList is  " $property.value1
    $property.value1 = $PropertyValue
    Write-host "Updating value for SubnetExclusionList to " $property.value1
    break
  }
}

$component.props = $properties
$component.put()

注意

既定では、Configuration Manager によって Teredo サブネットはこのリストに含まれます。By default, Configuration Manager includes the Teredo subnet in this list. リストを変更する場合は、常に既存の値を最初に読み取ります。When you change the list, always read the existing value first. リストにサブネットを追加してから、新しい値を設定します。Append additional subnets to the list, and then set the new value.

同じサブネット内のピアよりも配布ポイントを優先するPrefer distribution points over peers with the same subnet

管理ポイントは、既定で、コンテンツの場所の一覧の最上位にピア キャッシュ ソースを順位付けします。By default, the management point prioritizes peer cache sources at the top of the list of content locations. この設定は、ピア キャッシュ ソースと同じサブネット内にあるクライアントのその優先順位を入れ替えます。This setting reverses that priority for clients that are in the same subnet as the peer cache source.

ヒント

この動作は Configuration Manager クライアントに適用されます。This behavior applies to the Configuration Manager client. タスク シーケンスがコンテンツをダウンロードするときには適用されません。It doesn't apply when the task sequence downloads content. タスク シーケンスを実行すると、配布ポイント経由のピア キャッシュ ソースが優先されます。When the task sequence runs, it prefers peer cache sources over distribution points.

配布ポイントよりもクラウドの配布ポイントを優先するPrefer cloud distribution points over distribution points

より高速なインターネット リンクが使用されている支店がある場合、クラウドのコンテンツを優先できるようになりました。If you have a branch office with a faster internet link, you can now prioritize cloud content.

バージョン 1902 で、この設定のタイトルは [オンプレミスのソースよりクラウド ベースのソースを優先します] になりました。In version 1902, this setting is now titled Prefer cloud based sources over on-premise sources. クラウド ベースのソースには、次のものがあります。Cloud-based sources include the following:

  • クラウド配布ポイントCloud distribution points
  • Microsoft Update (バージョン 1902 で追加)Microsoft Update (added in version 1902)

ソフトウェアの更新ポイントSoftware update points

クライアントは境界グループを使用して新しいソフトウェア更新ポイントを見つけます。Clients use boundary groups to find a new software update point. クライアントで検索できるサーバーを制御するには、ソフトウェアの更新ポイントをそれぞれ異なる境界グループに追加します。To control which servers a client can find, add individual software update points to different boundary groups.

すべての既存のソフトウェアの更新ポイントを既定のサイトの境界グループに追加すると、クライアントは、使用可能なサーバーのプールからソフトウェアの更新ポイントを選択します。If you add all existing software update points to the default site boundary group, the client selects a software update point from the pool of available servers. この動作は、以前のバージョンの Configuration Manager Current Branch に似ています。This behavior is similar to earlier versions of Configuration Manager current branch. 選択とフォールバックの動作を制御するには、異なる境界グループに個々のソフトウェア更新ポイントを追加します。For controlled selection and fallback behavior, add individual software update points to different boundary groups.

新しいサイトを設置する場合、既定のサイト境界グループにソフトウェア更新ポイントは追加されません。If you install a new site, software update points aren't added to the default site boundary group. クライアントが見つけて利用できるように、ソフトウェア更新ポイントを境界グループに割り当てます。Assign software update points to a boundary group so that clients can find and use them.

ソフトウェア更新ポイントのフォールバックFallback for software update points

ソフトウェア更新ポイントのフォールバックは他のサイト システムの役割と同様に構成されますが、次のような注意点があります。Fallback for software update points is configured like other site system roles, but has the following caveats:

新しいクライアントは境界グループを使用してソフトウェア更新ポイントを選択するNew clients use boundary groups to select software update points

インストールした新しいクライアントは、構成した境界グループに関連付けられているサーバーからソフトウェア更新ポイントを選択します。When you install new clients, they select a software update point from those servers associated with the boundary groups you configure. この動作は、クライアントがクライアント フォレストを共有するサーバーのリストからソフトウェアの更新ポイントをランダムに選択する以前の動作に取って代わるものです。This behavior replaces the previous behavior where clients select a software update point randomly from a list of the servers that share the client's forest.

クライアントは、フォールバックして新しいソフトウェア更新ポイントを見つけるまで、最後に確認された有効なソフトウェア更新ポイントを引き続き使用するClients continue to use a last known-good software update point until they fallback to find a new one

ソフトウェア更新ポイントを既に保持しているクライアントでは、到達できなくなるまで、そのソフトウェア更新ポイントが引き続き使用されます。Clients that already have a software update point continue to use it until it can't be reached. この動作ではクライアントの現在の境界グループに関連付けられていないソフトウェア更新ポイントも引き続き使用されます。This behavior includes continued use of a software update point that isn't associated with the client's current boundary group.

この動作は意図的なものです。This behavior is intentional. ソフトウェア更新ポイントがクライアントの現在の境界グループにないときでも、クライアントは既存のソフトウェア更新ポイントを引き続き使用します。The client continues to use an existing software update point, even when it isn't in the client's current boundary group. ソフトウェアの更新ポイントが変更されると、クライアントはデータと新しいサーバーを同期します。これによりネットワークの使用率が大きくなります。When the software update point changes, the client synchronizes data with the new server, which causes significant network usage. すべてのクライアントを新しいサーバーに同時に切り替える場合は、遷移の遅延がネットワークの飽和を回避するのに役立ちます。If all clients switch to a new server at the same time, the delay in transition helps to avoid saturating your network.

クライアントはフォールバックを開始する前に、120 分間、最後に確認された有効なソフトウェア更新ポイントへの接続を常に試行するA client always tries to reach its last known-good software update point for 120 minutes before starting fallback

120 分経過し、クライアントが接続を確立していない場合、フォールバックを開始します。After 120 minutes, if the client hasn't established contact, it then begins fallback. フォールバックを開始すると、クライアントはその現在の境界グループ内の全ソフトウェア更新ポイントの一覧を受け取ります。When fallback starts, the client receives a list of all software update points in its current boundary group. フォールバック構成に基づき、近隣の境界グループおよびサイト既定の境界グループの付加的ソフトウェア更新ポイントが利用できます。Additional software update points in neighbor and site default boundary groups are available based on fallback configurations.

ソフトウェア更新ポイントのフォールバック構成Fallback configurations for software update points

ソフトウェア更新ポイントのフォールバック時間 (分単位) を 120 分未満に構成できます。You can configure Fallback times (in minutes) for software update points to be less than 120 minutes. ただし、クライアントは引き続き 120 分間、元のソフトウェア更新ポイントへの接続を試行します。However, the client still tries to reach its original software update point for 120 minutes. さらに、クライアントは検索範囲を追加のサーバーに拡大します。Then it expands its search to additional servers. 境界グループのフォールバック時間は、クライアントが元のサーバーへの接続に最初に失敗したときに開始されます。Boundary group fallback times start when the client first fails to reach its original server. クライアントがその検索範囲を拡大すると、サイトはフォールバック時間が 120 分未満に構成された境界グループを提供します。When the client expands its search, the site provides any boundary groups configured for less than 120 minutes.

ソフトウェア更新ポイントのために近隣境界グループにフォールバックする動作をブロックするには、設定を [フォールバックしない] に構成します。To block fallback for a software update point to a neighbor boundary group, configure the setting to Never fallback.

2 時間で元のサーバーに到達できないと、クライアントはより短いサイクルを利用し、新しいソフトウェア更新ポイントへの接続を確立します。After failing to reach its original server for two hours, the client then uses a shorter cycle to establish a connection to a new software update point. これにより、潜在的なソフトウェア更新ポイントが増えてもクライアントは迅速に検索できます。This behavior enables the client to rapidly search through the expanding list of potential software update points.

Example

10 分後にフォールバックするように、境界グループ A のソフトウェア更新ポイントを構成します。You configure software update points in boundary group A to fallback after 10 minutes. 境界グループ B に対しては、同じ設定を 130 分に構成します。You configure the same setting for boundary group B to 130 minutes. 境界グループ Z 内のクライアントは、最後に確認された有効なソフトウェア更新ポイントに接続できません。A client in boundary group Z fails to reach its last known-good software update point.

  • その後 120 分間、クライアントは境界グループ Z 内の元のサーバーのみに接続を試行します。10 分後、Configuration Manager は境界グループ A のソフトウェア更新ポイントを利用可能サーバーのプールに追加します。For the next 120 minutes, the client tries to reach only its original server in boundary group Z. After 10 minutes, Configuration Manager adds the software update points from boundary group A to the pool of available servers. ただし、最初の 120 分が経過するまで、クライアントはこの追加サーバーやその他のサーバーへの接続を試行しません。However, the client doesn't try to contact them or any other server until the initial 120-minute period elapses.

  • 120 分間、元のソフトウェア更新ポイントへの接続を試行した後、クライアントは検索を拡大します。After trying to contact the original software update point for 120 minutes, the client expands its search. クライアントは、その現在の境界グループおよび 120 分以内に構成された近隣の境界グループにあるソフトウェア更新ポイントの利用可能プールにサーバーを追加します。It adds servers to the available pool of software update points that are in it's current and any neighbor boundary groups configured for 120 minutes or less. このプールには、利用可能サーバーのプールに以前に追加された、境界グループ A のサーバーが含まれます。This pool includes the servers in boundary group A, which were previously added to the pool of available servers.

  • さらに 10 分経過すると、クライアントは検索を拡大し、境界グループ B のソフトウェア更新ポイントを追加します。この期間は、クライアントが最後に確認された有効なソフトウェア更新ポイントへの接続を最初に失敗してから合計 130 分後です。After 10 more minutes, the client expands the search to include software update points from boundary group B. This period is 130 minutes of total time after the client first failed to reach its last known-good software update point.

新しいソフトウェア更新ポイントに手動で切り替えるManually switch to a new software update point

フォールバックと共に、クライアント通知を利用して、新しいソフトウェア更新ポイントへの切り替えをデバイスに手動で強制します。Along with fallback, use client notification to manually force a device to switch to a new software update point.

新しいサーバーに切り替えるとき、デバイスはフォールバックを使用してその新しいサーバーを検索します。When you switch to a new server, the devices use fallback to find that new server. クライアントは、次回のソフトウェア更新プログラムのスキャン サイクル中に新しいソフトウェアの更新ポイントに切り替えます。Clients switch to the new software update point during their next software updates scan cycle.

境界グループの構成を確認します。Review your boundary group configurations. この変更に取り掛かる前に、ソフトウェアの更新ポイントが正しい境界グループにあることを確認してください。Before you start this change, make sure that your software update points are in the correct boundary groups.

詳細については、「手動でのクライアントの新しいソフトウェアの更新ポイントへの切り替え」を参照してください。For more information, see Manually switch clients to a new software update point.

管理ポイントManagement points

境界グループ間の管理ポイントのフォールバック関係を構成します。Configure fallback relationships for management points between boundary groups. この動作では、クライアントが使う管理ポイントをいっそうきめ細かく制御できます。This behavior provides greater control for the management points that clients use. 境界グループのプロパティの [関係] タブに、管理ポイント用の列があります。On the Relationships tab of the boundary group properties, there's a column for management point. 新しいフォールバック境界グループを追加するとき、現在は、管理ポイントのフォールバック時間が常にゼロ (0) になります。When you add a new fallback boundary group, the fallback time for the management point is currently always zero (0). この動作は、サイトの既定の境界グループの [既定の動作] でも同じです。This behavior is the same for the Default Behavior on the site default boundary group.

これまでは、セキュリティで保護されたネットワークに保護された管理ポイントがあると、一般的な問題が発生しました。Previously, a common problem occurred when you had a protected management point in a secure network. メインのネットワーク上のクライアントは、ファイアウォールを経由してこの保護された管理ポイントと通信できない場合でも、保護された管理ポイントを含むポリシーを受け取っていました。Clients on the main network received policy that included this protected management point, even though they couldn't communicate with it across a firewall. 現在この問題に対処するには、 [フォールバックしない] オプションを使って、クライアントが通信できる管理ポイントに対してのみフォールバックするようにします。To address this problem now, use the Never fallback option to make sure that clients only fall back to management points with which they can communicate.

注意

フォールバックするサイトの既定の境界グループで配布ポイントを有効にして、管理ポイントが配布ポイント上の同じ場所にある場合、サイトでは既定の境界グループへの管理ポイントの追加も行います。If you enable distribution points in the site default boundary group to fallback, and a management point is colocated on a distribution point, the site also adds that management point to the site default boundary group.

管理ポイントが割り当てられていない境界グループ内にクライアントがある場合、サイトはクライアントに管理ポイントの全一覧を提供します。If a client is in a boundary group that with no assigned management point, the site gives the client the entire list of management points. この動作により、クライアントは常に管理ポイントの一覧を受け取ります。This behavior makes sure that a client always receives a list of management points.

管理ポイントの境界グループのフォールバックにより、クライアントのインストール (ccmsetup.exe) 中の動作が変わることはありません。Management point boundary group fallback doesn't change the behavior during client installation (ccmsetup.exe). コマンド ラインで /MP パラメーターを使って初期管理ポイントを指定しないと、新しいクライアントは、利用可能な管理ポイントの完全な一覧を受け取ります。If the command line doesn't specify the initial management point using the /MP parameter, the new client receives the full list of available management points. 初期ブートストラップ プロセスでは、クライアントはアクセスできる最初の管理ポイントを使います。For its initial bootstrap process, the client uses the first management point it can access. クライアントがサイトに登録した後、クライアントはこの新しい動作で正しく並べ替えられた管理ポイントの一覧を受け取ります。Once the client registers with the site, it receives the management point list properly sorted with this new behavior.

インストール中にコンテンツを取得するクライアントの動作の詳細については、「Client installation」(クライアントのインストール) を参照してください。For more information on the client's behavior to acquire content during installation, see Client installation.

クライアントのアップグレード中に /MP コマンド ライン パラメーターを指定しない場合、クライアントは利用可能な管理ポイントをソース (Active Directory や WMI など) に照会します。During client upgrade, if you don't specify the /MP command-line parameter, the client queries sources such as Active Directory and WMI for any available management point. クライアントのアップグレードでは、境界グループの構成が適用されません。Client upgrade doesn't honor the boundary group configuration.

この機能を使用するクライアントの場合は、 [階層設定][クライアントは境界グループで指定された管理ポイントの使用を優先] を有効にします。For clients to use this capability, enable the following setting: Clients prefer to use management points specified in boundary groups in Hierarchy Settings.

注意

OS の展開プロセスは、管理ポイントの境界グループを認識しません。OS deployment processes aren't aware of boundary groups for management points.

トラブルシューティングTroubleshooting

LocationServices.log に新しいエントリが追加されます。New entries appear in the LocationServices.log. Locality 属性は、次のいずれかの状態を示します。The Locality attribute identifies one of the following states:

  • 0:Unknown0: Unknown

  • 1:指定された管理ポイントは、フォールバックに対するサイトの既定の境界グループにのみ存在します1: The specified management point is only in the site default boundary group for fallback

  • 2:指定された管理ポイントは、リモート境界グループまたは近隣の境界グループに存在します。2: The specified management point is in a remote or neighbor boundary group. 管理ポイントが近隣の境界グループとサイトの既定の境界グループの両方に存在する場合、ローカリティは 2 です。When the management point is in both a neighbor and the site default boundary groups, the locality is 2.

  • 3:指定された管理ポイントは、ローカル境界グループまたは現在の境界グループに存在します。3: The specified management point is in the local or current boundary group. 管理ポイントが現在の境界グループと共に、近隣の境界グループまたはサイトの既定の境界グループのどちらかに存在する場合、ローカリティは 3 です。When the management point is in the current boundary group and either a neighbor or the site default boundary group, the locality is 3. 階層設定で優先管理ポイントの設定を有効にしていない場合は、管理ポイントが存在する境界グループに関係なく、ローカリティは常に 3 です。If you don't enable the preferred management points setting in Hierarchy Settings, the locality is always 3 no matter which boundary group the management point is in.

クライアントは、最初にローカル管理ポイント (ローカリティ 3)、次にリモート (ローカリティ 2)、最後にフォールバック (ローカリティ 1) を使います。Clients use local management points first (locality 3), remote second (locality 2), then fallback (locality 1).

クライアントは、10 分間に 5 個のエラーを受け取り、現在の境界グループ内の管理ポイントとの通信に失敗した場合、近隣の境界グループまたはサイトの既定の境界グループの管理ポイントに接続しようとします。When a client receives five errors in 10 minutes and fails to communicate with a management point in its current boundary group, it tries to contact a management point in a neighbor or the site default boundary group. 現在の境界グループの管理ポイントが後でオンラインに戻った場合、クライアントは次の更新サイクルでローカル管理ポイントに戻ります。If the management point in the current boundary group later comes back online, the client returns to the local management point on the next refresh cycle. 更新サイクルは、24 時間または Configuration Manager エージェント サービスが再起動するときです。The refresh cycle is 24 hours, or when the Configuration Manager agent service restarts.

優先管理ポイントPreferred management points

注意

この階層設定の動作 ( [クライアントは境界グループで指定された管理ポイントの使用を優先] ) は、バージョン 1802 で変更されています。The behavior of this hierarchy setting, Clients prefer to use management points specified in boundary groups, changed in version 1802. この設定を有効にすると、Configuration Manager では割り当てられた管理ポイントの境界グループ機能が使用されます。When you enable this setting, Configuration Manager uses the boundary group functionality for the assigned management point. 詳細については、管理ポイントに関するセクションをご覧ください。For more information, see management points.

優先管理ポイントを使用すると、クライアントは、その現在のネットワークの場所 (境界) に関連付けられた管理ポイントを特定できます。Preferred management points enable a client to identify a management point that's associated with its current network location (boundary).

  • クライアントは、割り当て済みサイトからの、優先管理ポイントとして構成されていない管理ポイントを使用する前に、割り当て済みサイトからの優先管理ポイントを使用しようとします。A client tries to use a preferred management point from its assigned site before using one not configured as preferred from its assigned site.

  • このオプションを使用するには、 [階層設定][クライアントは境界グループで指定された管理ポイントの使用を優先] を有効にします。To use this option, enable Clients prefer to use management points specified in boundary groups in Hierarchy Settings. 次に個々のプライマリ サイトで境界グループを構成します。Then configure boundary groups at individual primary sites. その境界グループに関連する境界に関連付ける必要がある管理ポイントを含めます。Include the management points that should be associated with that boundary group's associated boundaries. 詳細については、「優先管理ポイントの使用を有効にする」を参照してください。For more information, see Enable use of preferred management points.

  • 優先管理ポイントを構成すると、クライアントによって管理ポイントのリストが整理され、そのリストの上部に優先管理ポイントが配置されます。When you configure preferred management points, and a client organizes its list of management points, the client places the preferred management points at the top of its list. このリストには、クライアントに割り当てられたサイトからのすべての管理ポイントが含められます。This list includes all management points from the client's assigned site.

注意

クライアントのローミングとは、クライアントがそのネットワークの場所を変更することを意味します。Client roaming means it changes its network locations. 例として、ノート PC をリモート オフィス内の場所に移動する場合が挙げられます。For example, when a laptop travels to a remote office location. クライアントはローミングするとき、クライアントに割り当てられたサイトからのサーバーの使用を試みる前に、ローカル サイトからの管理ポイントを使用する場合があります。When a client roams, it might use a management point from the local site before attempting to use a server from its assigned site. 割り当てられたサイトからのサーバーを一覧したこのリストには、優先管理ポイントが含まれます。This list of servers from its assigned site includes the preferred management points. 詳細については、クライアントがサイト リソースやサービスを検索する方法に関するページを参照してください。For more information, see Understand how clients find site resources and services.

重複する境界Overlapping boundaries

Configuration Manager は、コンテンツの場所について、重複する境界を持つ構成をサポートします。Configuration Manager supports overlapping boundary configurations for content location. クライアントのネットワークの場所が複数の境界グループに属する場合:When the client's network location belongs to more than one boundary group:

  • クライアントがコンテンツを要求すると、コンテンツが格納されているすべての配布ポイントのリストが Configuration Manager によってクライアントに送信されます。When a client requests content, Configuration Manager sends the client a list of all distribution points that have the content.

  • クライアントが状態移行情報の送受信をサーバーに要求すると、クライアントの現在のネットワークの場所を含む境界グループに関連付けられたすべての状態移行ポイントのリストが Configuration Manager によってクライアントに送信されます。When a client requests a server to send or receive its state migration information, Configuration Manager sends the client a list of all state migration points associated with a boundary group that includes the current network location of the client.

この動作により、コンテンツまたは状態移行情報の転送元となる最も近いサーバーをクライアントが選択できるようになります。This behavior enables the client to select the nearest server from which to transfer the content or state migration information.

境界グループの使用例Example of using boundary groups

次の例では、クライアントは配布ポイントからコンテンツを探します。The following example uses a client searching for content from a distribution point. この例は、境界グループを利用する他のサイト システムの役割にも適用できます。This example can be applied to other site system roles that use boundary groups.

境界またはサイト システム サーバーを共有しない次の 3 つの境界グループを作成します。Create three boundary groups that don't share boundaries or site system servers:

  • 配布ポイント DP_A1 と DP_A2 を含むグループ BG_AGroup BG_A with distribution points DP_A1 and DP_A2

  • 配布ポイント DP_B1 と DP_B2 を含むグループ BG_BGroup BG_B with distribution points DP_B1 and DP_B2

  • 配布ポイント DP_C1 と DP_C2 を含むグループ BG_CGroup BG_C with distribution points DP_C1 and DP_C2

クライアントのネットワークの場所を境界として、BG_A の境界グループにのみ追加します。Add the network locations of your clients as boundaries to only the BG_A boundary group. 次に、その境界グループと、他の 2 つの境界グループとのリレーションシップを構成します。Then configure relationships from that boundary group to the other two boundary groups:

  • 10 分後に使用する 1 つ目の "近隣" グループ (BG_B) に配布ポイントを構成します。Configure distribution points for the first neighbor group (BG_B) to be used after 10 minutes. このグループには、配布ポイント DP_B1 と DP_B2 が含まれています。This group contains distribution points DP_B1 and DP_B2. どちらも、最初のグループの境界の場所に適切に接続されています。Both are well connected to the first group's boundary locations.

  • 20 分後に使用するように 2 つ目の "近隣" グループ (BG_C) を構成します。Configure the second neighbor group (BG_C) to be used after 20 minutes. このグループには、配布ポイント DP_C1 と DP_C2 が含まれています。This group contains distribution points DP_C1 and DP_C2. どちらも、他の 2 つの境界グループから WAN を経由します。Both are across a WAN from the other two boundary groups.

  • また、サイト サーバー上にある別の配布ポイントを既定のサイト境界グループに追加します。Also add to the default site boundary group another distribution point that's on the site server. このサーバーは、最小限の推奨されるコンテンツ ソースの場所ですが、すべての境界グループの中心的な場所に配置されます。This server is your least preferred content source location, but it's centrally located to all your boundary groups.

    境界グループとフォールバック時間の例:Example of boundary groups and fallback times:

    境界グループとフォールバック時間の例

この構成では:With this configuration:

  • クライアントは "現在" の境界グループ (BG_A) 内の配布ポイントからコンテンツの検索を開始します。The client begins searching for content from distribution points in its current boundary group (BG_A). クライアントは各配布ポイントを 2 分間検索してから、境界グループ内の次の配布ポイントに切り替えます。It searches each distribution point for two minutes, and then switches to the next distribution point in the boundary group. 有効なコンテンツ ソースの場所のクライアントのプールには、DP_A1 と DP_A2 が含まれています。The client's pool of valid content source locations includes DP_A1 and DP_A2.

  • クライアントは現在の 境界グループを 10 分間検索してコンテンツが見つからなかった場合、BG_B 境界グループから配布ポイントを検索に追加します。If the client fails to find content from its current boundary group after searching for 10 minutes, it then adds the distribution points from the BG_B boundary group to its search. さらに、結合されたサーバーのプール内の配布ポイントからコンテンツの検索を続行します。It then continues to search for content from a distribution point in its combined pool of servers. このプールには、BG_A と BG_B の両方の境界グループからのサーバーが含められるようになりました。This pool now includes servers from both the BG_A and BG_B boundary groups. クライアントは引き続き各配布ポイントを 2 分間検索してから、そのプール内の次のサーバーに切り替えます。The client continues to contact each distribution point for two minutes, and then switches to the next server in its pool. 有効なコンテンツ ソースの場所のクライアントのプールには、DP_A1、DP_A2、DP_B1、DP_B2 が含まれています。The client's pool of valid content source locations includes DP_A1, DP_A2, DP_B1, and DP_B2.

  • さらに 10 分 (合計 20 分) 経っても、クライアントがコンテンツがある配布ポイントをまだ見つけられない場合は、そのプールを拡大して、2 番目の "近隣" グループ (境界グループ BG_C) からの利用可能なサーバーを含めます。After an additional 10 minutes (20 minutes total), if the client still hasn't found a distribution point with content, it expands its pool to include available servers from the second neighbor group, boundary group BG_C. クライアントは、6 つの配布ポイント(DP_A1、DP_A2、DP_B2、DP_B2、DP_C1、DP_C2) を検索するようになりました。The client now has six distribution points to search: DP_A1, DP_A2, DP_B2, DP_B2, DP_C1, and DP_C2. コンテンツが見つかるまで、2 分ごとに新しい配布ポイントに切り替えていきます。It continues changing to a new distribution point every two minutes until it finds content.

  • 合計で 120 分経ってもクライアントがコンテンツを見つけられない場合は、フォールバックして既定のサイト境界グループを継続的な検索の一部として含めます。If the client hasn't found content after a total of 120 minutes, it falls back to include the default site boundary group as part of its continued search. これでプールには構成した 3 つの境界グループからのすべての配布ポイントが含まれ、最後の配布ポイントがサイト サーバー上に配置されました。Now the pool includes all distribution points from the three configured boundary groups, and the final distribution point located on the site server. クライアントはコンテンツが見つかるまで 2 分ごとに配布ポイントを切り替えてコンテンツの検索を続けます。The client then continues its search for content, changing distribution points every two minutes until content is found.

さまざまな近隣グループをそれぞれ異なる時刻に利用できるように構成することにより、特定の配布ポイントをコンテンツ ソースの場所として追加するタイミングを制御します。By configuring the different neighbor groups to be available at different times, you control when specific distribution points are added as a content source location. クライアントは、安全対策として既定のサイト境界グループへのフォールバックを使用し、他のいずれの場所からもコンテンツが利用できないようにします。The client uses fallback to the default site boundary group as a safety net for content that isn't available from any other location.

以前のバージョンからの変更Changes from prior versions

Configuration Manager Current Branch での境界グループに対する主な変更およびクライアントのコンテンツ検索方法に対する主な変更を次に示します。The following are the key changes to boundary groups and how clients find content in Configuration Manager current branch. これらの変更と概念の多くが連動しています。Many of these changes and concepts work together.

高速または低速の構成の削除Configurations for Fast or Slow are removed

個々の配布ポイントに高速または低速を設定する必要がなくなりました。You no longer configure individual distribution points to be fast or slow. 代わりに、境界グループに関連付けられている各サイト システムが同じように処理されます。Instead, each site system associated with a boundary group is treated the same. この変更により、境界グループ プロパティの [参照] タブで高速または低速の構成がサポートされなくなりました。Because of this change, the References tab of the boundary group properties no longer supports the configuration of Fast or Slow.

各サイトに新しい既定の境界グループNew default boundary group at each site

各プライマリ サイトに Default-Site-Boundary-Group<sitecode> という名前の新しい既定の境界グループが追加されました。Each primary site has a new default boundary group named Default-Site-Boundary-Group<sitecode>. クライアントが境界グループに割り当てられているネットワークの場所にいない場合、そのクライアントは、割り当てられたサイトの既定のグループに関連付けられているサイト システムを使用します。When a client isn't on a network location assigned to a boundary group, it uses the site systems associated with the default group from its assigned site. フォールバックするコンテンツの場所の概念に代わるものとして、この境界グループを使用することを計画してください。Plan to use this boundary group as a replacement to the concept of fallback content location.

[代替のコンテンツ ソースの場所の使用を許可する] の削除Allow fallback source locations for content is removed

フォールバックに使用する配布ポイントを明示的に構成する必要がなくなりました。You no longer explicitly configure a distribution point to be used for fallback. この設定を構成するオプションは、コンソールから削除されています。The options to configure this setting are removed from the console.

さらに、アプリケーションの展開の種類で [代替のコンテンツ ソースの場所の使用をクライアントに許可する] の設定をオンにした場合の結果が変更されています。Additionally, the result of setting Allow clients to use a fallback source location for content on a deployment type for applications has changed. 展開の種類でこの設定をオンにすると、クライアントがコンテンツ ソースの場所として既定のサイトの境界グループを使用できるようになりました。This setting on a deployment type now enables a client to use the default site boundary group as a content source location.

境界グループのリレーションシップBoundary groups relationships

各境界グループを 1 つ以上の別の境界グループにリンクできます。You can link each boundary group to one or more additional boundary groups. これらのリンクは、 [リレーションシップ] という名前の新しい境界グループ プロパティ タブで構成するリレーションシップを形成します。These links form relationships that you configure on the new boundary group properties tab named Relationships:

  • クライアントに直接関連付けられている各境界グループは、現在の境界グループと呼ばれます。Each boundary group that a client is directly associated with is called a current boundary group.

  • クライアントの "現在の" 境界グループと別のグループとの関連付けによりクライアントが使用できる境界グループはすべて、近隣境界グループと呼ばれます。Any boundary group a client can use because of an association between that client's current boundary group and another group is called a neighbor boundary group.

  • [リレーションシップ] タブで、"近隣" 境界グループとして使用する境界グループを追加します。On the Relationships tab, add boundary groups to use as a neighbor boundary group. また、フォールバックに分単位の時間を構成します。Also configure a time in minutes for fallback. また、クライアントが "現在の" グループで配布ポイントからコンテンツを検索できない場合、この時間はクライアントが "近隣" 境界グループからコンテンツの場所の検索を開始する時間となります。When a client fails to find content from a distribution point in the current group, this time is when the client begins to search content locations from neighbor boundary groups.

    境界グループの構成を追加または変更する場合に、構成している現在のグループから特定の境界グループへのフォールバックをブロックできます。When you add or change a boundary group configuration, you can block fallback to that specific boundary group from the current group you're configuring.

新しい構成を使用するには、境界グループ間の明示的な関連付け (リンク) を定義します。To use the new configuration, define explicit associations (links) from one boundary group to another. その関連付けられているグループ内のすべての配布ポイントを同じ時間 (分単位) で構成します。Configure all distribution points in that associated group with the same time in minutes. クライアントが "現在の" 境界グループからのコンテンツ ソースの検索に失敗した場合、設定する時間によって、近隣境界グループからコンテンツ ソースの検索を開始できる時間が決まります。When a client fails to find a content source from its current boundary group, the time you configure determines when it begins to search for content sources from its neighbor boundary group.

明示的に設定した境界グループに加え、各境界グループには既定のサイト境界グループへの暗黙的なリンクもあります。In addition to boundary groups you explicitly configure, each boundary group has an implied link to the default site boundary group. このリンクは 120 分後にアクティブになります。This link becomes active after 120 minutes. 既定のサイトの境界グループは、近隣境界グループになります。Then the default site boundary group becomes a neighbor boundary group. この動作により、クライアントは、その境界グループに関連付けられた配布ポイントをコンテンツ ソースの場所として使用することができます。This behavior allows the clients to use as content source locations the distribution points associated with that boundary group.

これは、以前はコンテンツのフォールバックと呼ばれていた動作に取って代わるものです。This behavior replaces what was previously referred to as fallback for content. この 120 分の既定の動作は、既定のサイトの境界グループを "現在" のグループに明示的に関連付けることによりオーバーライドできます。Override this default behavior of 120 minutes by explicitly associating the default site boundary group to a current group. 特定の時間を分単位で設定するか、フォールバックを完全にブロックすることで、使用できなくなります。Set a specific time in minutes, or block fallback entirely to prevent its use.

クライアントは各配布ポイントからのコンテンツ取得を最大 2 分間試みるClients try to get content from each distribution point for up to two minutes

クライアントは、コンテンツ ソースの場所を検索する際に、各配布ポイントへのアクセスを 2 分間試行してから別の配布ポイントを試します。When a client searches for a content source location, it tries to access each distribution point for two minutes before then trying another distribution point. この動作は、クライアントが配布ポイントへの接続を最大 2 時間試行していた以前のバージョンからの変更点です。This behavior is a change from previous versions where clients tried to connect to a distribution point for up to two hours.

  • クライアントは、その "現在の" 境界グループ (複数可) 内の利用可能なサーバーのプールから最初の配布ポイントをランダムに選択します。Clients randomly select the first distribution point from the pool of available servers in the client's current boundary group (or groups).

  • 2 分後に、クライアントがコンテンツを見つけられない場合は、新しい配布ポイントに切り替えて、そのサーバーからコンテンツを取得しようとします。After two minutes, if the client hasn't found the content, it switches to a new distribution point and tries to get content from that server. このプロセスは、クライアントがコンテンツを見つけるか、そのプール内の最後のサーバーに到達するまで 2 分ごとに繰り返されます。This process repeats every two minutes until the client finds the content or reaches the last server in its pool.

  • クライアントが "近隣" 境界グループへのフォールバック期間に達するまでに、"現在の" プールから有効なコンテンツ ソースの場所を見つけられない場合、クライアントはその "近隣" グループからの配布ポイントを現在のリストの末尾に追加します。If a client can't find a valid content source location from its current pool before it reaches the period for fallback to a neighbor boundary group, the client then adds the distribution points from that neighbor group to the end of its current list. 次にクライアントは、両方の境界グループからの配布ポイントが含まれている拡張されたソース場所グループを検索します。It then searches the expanded group of source locations that includes the distribution points from both boundary groups.

    ヒント

    現在の境界グループから既定のサイトの境界グループに明示的なリンクを作成し、近隣境界グループへのリンクのフォールバック時間よりも短いフォールバック時間を定義すると、クライアントは、近隣グループを含める前の既定のサイトの境界グループからのソースの場所の検索を開始します。When you create an explicit link from the current boundary group to the default site boundary group, and define a fallback time that is less than the fallback time for a link to a neighbor boundary group, clients begin searching source locations from the default site boundary group before including the neighbor group.

  • クライアントがプール内の最後のサーバーからのコンテンツの取得に失敗した場合、もう一度プロセスを開始します。When the client fails to get content from the last server in the pool, it begins the process again.

関連項目See also