セットアップ ウィザードを使用した Configuration Manager サイトのインストールUse the Setup Wizard to install Configuration Manager sites

適用対象:Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

ガイド付きユーザー インターフェイスを使用して新しい Configuration Manager サイトをインストールするには、Configuration Manager セットアップ ウィザード (setup.exe) を使用します。To install a new Configuration Manager site by using a guided user interface, use the Configuration Manager Setup Wizard (setup.exe). このウィザードは、プライマリ サイトまたは中央管理サイトのインストールをサポートしています。The wizard supports installing a primary site or central administration site. Configuration Manager の評価版インストールをフル機能のライセンス版インストールにアップグレードするときにも、このウィザードを使用します。You also use the wizard to upgrade an evaluation installation of Configuration Manager to a fully licensed installation. ウィザードを使用しない場合は、代わりにインストール スクリプトを使用して、コマンド ラインからの無人インストールを実行できます。When you don't want to use the wizard, you can instead use an installation script and run an unattended command-line installation.

Configuration Manager コンソール内からセカンダリ サイトをインストールします。Install a secondary site from within the Configuration Manager console. セカンダリ サイトは、スクリプトを使用してコマンド ラインからインストールすることはできません。Secondary sites don't support a scripted command-line installation.

注意

バージョン 1906 以降では、splash.hta ファイルはインストール メディアのルートに存在しなくなりました。Starting in version 1906, the splash.hta file no longer exists at the root of the installation media. 次の情報へのリンクが提供されています。It provided links to the following information:

中央管理サイトまたはプライマリ サイトをインストールするInstall a central administration or primary site

中央管理サイトまたはプライマリ サイトをインストールするには、次の手順を実行します。Use the following procedure to install a central administration site or a primary site. また、評価版サイトを完全なライセンス付きの Configuration Manager サイトにアップグレードする場合にも実行します。Also use it to upgrade an evaluation site to a fully licensed Configuration Manager site.

サイトのインストールを開始する前に、次の記事で詳細を確認してください。Before starting the site installation, be familiar with the details in the following articles:

この手順をサイト展開シナリオの一部として実行する場合は、次の手順を使用する前に、「スタンドアロン プライマリ サイトを拡張する」を確認してください。If you're installing a central administration site as part of a site expansion scenario, review Expanding a stand-alone primary site before using the following procedure.

プライマリ サイトまたは中央管理サイトをインストールするProcess to install a primary or central administration site

  1. サイトをインストールするコンピューターで、<InstallationMedia>\SMSSETUP\BIN\X64\Setup.exe を実行して、Configuration Manager セットアップ ウィザード を開始します。On the computer where you want to install the site, run <InstallationMedia>\SMSSETUP\BIN\X64\Setup.exe to start the Configuration Manager Setup Wizard.

    注意

    中央管理サイトをスタンドアロン プライマリ サイトにインストールして拡張する場合、または新しい子プライマリ サイトを既存の階層にインストールする場合は、既存のサイトのバージョンに対応するインストール メディア (ソース ファイル) を使用します。When you install a central administration site to expand on a stand-alone primary site, or install a new child primary site in an existing hierarchy, use installation media (source files) that match the version of the existing site or sites. コンソール内の更新プログラムをインストールした結果、以前にインストールしたサイトのバージョンが変更された場合は、元のインストール メディアを使用しないでください。If you've installed in-console updates that have changed the version of the previously installed sites, don't use the original installation media. 代わりに、更新されたサイトの CD.Latest フォルダーにあるソース ファイルを使用してください。Instead, use source files from the CD.Latest folder of an updated site. Configuration Manager では、新しいサイトが接続する既存のサイトのバージョンに対応したソース ファイルを使用する必要があります。Configuration Manager requires you to use source files that match the version of the existing site that your new site will connect to.

  2. [開始する前に] ページで、 [次へ] を選択します。On the Before You Begin page, choose Next.

  3. [はじめに] ページで、インストールするサイトの種類を選択します。On the Getting Started page, select the type of site that you want to install:

    • 中央管理サイト – 新しい階層の最初のサイトとして、またはスタンドアロン プライマリ サイトを拡張するとき。Central administration site, as the first site of a new hierarchy, or when expanding a stand-alone primary site:

      選択: [Configuration Manager 中央管理サイトをインストールする]Select Install a Configuration Manager central administration site.

      この手順の後のステップで、新しい階層の最初のサイトとして中央管理サイトをインストールするか、スタンドアロン プライマリ サイトに中央管理サイトをインストールして拡張するかを選べます。During a later step of this procedure, you're offered the choice to install a central administration site as the first site of a new hierarchy, or to install a central administration site to expand on a stand-alone primary site.

    • プライマリ サイト - 新しい階層の最初のサイトであるスタンドアロン プライマリ サイトとして、または子プライマリとして。Primary site, as a stand-alone primary site that is the first site of a new hierarchy, or as a child primary:

      選択: [Configuration Manager プライマリ サイトをインストールする]Select Install a Configuration Manager primary site.

      ヒント

      通常、 [標準インストール オプションを使用して、スタンドアロンのプライマリ サイトをインストールする] オプションは、テスト環境にスタンドアロンのプライマリ サイトをインストールする場合にだけ選びます。Typically, you only select the option Use typical installation options for a stand-alone primary site when you want to install a stand-alone primary site in a test environment. このオプションを選んだ場合、次の処理が実行されます。When you select this option, setup does the following actions:

      • サイトをスタンドアロン プライマリ サイトとして自動的に構成する。Automatically configures the site as a stand-alone primary site.
      • 既定のインストール パスを使用する。Uses a default installation path.
      • サイト データベースに SQL Server の既定のインスタンスのローカル インストールを使用する。Uses a local installation of the default instance of SQL Server for the site database.
      • サイト サーバー コンピューターに管理ポイントと配布ポイントをインストールする。Installs a management point and a distribution point on the site server computer.
      • プライマリ サイト サーバーの OS の表示言語が Configuration Manager でサポートされている言語である場合は、英語とその言語でサイトを構成する。Configures the site with English and the display language of the OS on the primary site server if it matches one of the languages that Configuration Manager supports.
  4. [プロダクト キー] ページでの操作:On the Product Key page:

    • [プロダクト キー] ページで、Configuration Manager を評価版としてインストールするか、製品版としてインストールするかを選びます。Choose whether to install Configuration Manager as an evaluation edition or a licensed edition.

      • 製品版を選んだ場合は、プロダクト キーを入力し、 [次へ] を選択します。If you select a licensed edition, enter your product key, and choose Next.

      • 評価版を選んだ場合は、 [次へ] を選択しますIf you select an evaluation edition, choose Next. (後で評価版を製品版にアップグレードすることができます)。(You can upgrade an evaluation installation to a full installation later.)

    • ライセンス契約の ソフトウェア アシュアランスの有効期限 を指定することもできます。You can also specify the Software Assurance expiration date of your licensing agreement. これはその日付の便利なリマインダーになります。It's a convenient reminder of that date. セットアップ時にこの日付を入力しなかった場合は、後で Configuration Manager コンソール内から指定できます。If you don't enter this date during Setup, you can specify it later from within the Configuration Manager console.

      注意

      Microsoft では、お客様が入力した有効期限の日付を確認していません。また、ライセンスを検証する場合もこの日付を使用しません。Microsoft doesn't validate the expiration date that you entered and doesn't use this date for license validation. この日付は、有効期限のリマインダーとして使用できます。You can use it as a reminder of your expiration date. Configuration Manager ではオンラインで提供される新しいソフトウェア更新プログラムが定期的に確認されるため、この日付は便利です。This date is useful because Configuration Manager periodically checks for new software updates offered online. このような追加の更新プログラムを取得するには、ソフトウェア アシュアランス ライセンスが最新の状態になっている必要があります。Your software assurance license status should be current so that you're eligible to use these additional updates.

    詳細については、ライセンスとブランチの詳細に関するページを参照してください。For more information, see Licensing and branches.

  5. [マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項] ページで、ライセンス条項を読んで同意します。On the Microsoft Software License Terms page, read and accept the license terms.

  6. [必須ライセンス] ページで、必須ソフトウェアのライセンス条項を読んで同意します。On the Prerequisite Licenses page, read and accept the license terms for the prerequisite software. ソフトウェアがダウンロードされ、必要に応じて、サイト システムまたはクライアントに自動的にインストールされます。Setup downloads and automatically installs the software on site systems or clients when it's required. すべての条項に同意してから次のページに進みます。Accept all of the terms before you continue to the next page.

  7. [必須ファイルのダウンロード] ページで、前提条件の最新の再配布可能ファイルをインターネットからダウンロードするか、以前にダウンロードしたファイルを使用するかを指定します。On the Prerequisite Downloads page, specify whether Setup must download the latest prerequisite redistributable files from the internet or use previously downloaded files:

    • この時点でファイルをダウンロードする場合は、 [必須ファイルをダウンロードする] を選択します。If you want Setup to download the files at this time, select Download required files. 次にファイルを保存する場所を指定します。Then specify a location to store the files.

    • セットアップ ダウンローダーを使用して既にファイルをダウンロードしている場合は、 [ダウンロード済みのファイルを使用する] を選択します。If you previously downloaded the files by using Setup Downloader, select Use previously downloaded files. 次にダウンロード フォルダーを指定します。Then specify the download folder.

      ヒント

      前にダウンロードしたファイルを使用する場合は、ダウンロード先フォルダーのパスに、最新バージョンのファイルが含まれていることをご確認ください。If you use previously downloaded files, verify that the path to the download folder contains the most recent version of the files.

  8. [サーバーの言語の選択] ページで、Configuration Manager コンソールとレポートで使用できるようにする言語を選びますOn the Server Language Selection page, select the languages that are available for the Configuration Manager console and for reports. (既定では英語が選ばれています。選択を解除することはできません)。詳細については、「言語パック」を参照してください。(English is selected by default and can't be removed.) For more information, see Language packs.

  9. [クライアント言語の選択] ページで、クライアント コンピューターが使用できる言語を選択します。On the Client Language Selection page, select the languages that are available to client computers. また、モバイル デバイス クライアントのすべてのクライアント言語を有効にするかどうかを指定しますAlso specify whether to enable all client languages for mobile device clients. (既定では英語が選ばれています。選択を解除することはできません)。(English is selected by default and can't be removed.)

    重要

    中央管理サイトを使用する場合は、中央管理サイトに構成するクライアント言語に、個々の子プライマリ サイトに構成するすべてのクライアント言語を含めてください。When you use a central administration site, make sure that client languages you configure at the central administration site include all client languages that you configure at each child primary site. 配布ポイントからインストールしたクライアントは最上階層のサイトからクライアント言語にアクセスしますが、管理ポイントからインストールしたクライアントは、割り当てられたプライマリ サイトからクライアント言語にアクセスします。Clients that install from a distribution point have access to the client languages from the top-tier site, while clients that install from a management point have access to the client languages from their assigned primary site.

  10. [サイトとインストールの設定] ページで、インストールする新しいサイトの次の設定を指定します。On the Site and Installation Settings page, specify the following settings for the new site that you're installing:

    • サイト コード:階層内の各サイト コードは一意である必要がありますSite code: Each site code in a hierarchy must be unique. 3 桁の英数字を使用します。A から Z と 0 から 9 を使用できます。Use three alpha-numeric digits: A through Z and 0 through 9. サイト コードはフォルダー名に使用されるため、次のような Windows で予約されている名前を使用しないでください。Because the site code is used in folder names, don't use Windows-reserved names, including:

      • AUXAUX
      • CONCON
      • NULNUL
      • PRNPRN
      • SMSSMS

      注意

      セットアップ時に、指定したサイト コードがまだ使用されていないかどうかや、予約されている名前かどうかは検証されません。Setup doesn't verify whether the site code that you specify is already in use, or if it's a reserved name.

    • サイト名:各サイトには、サイトを識別するのに役立つこのフレンドリ名が必要です。Site name: Each site requires this friendly name, which can help you identify the site.

    • インストール先フォルダー:このフォルダーは Configuration Manager インストールのパスです。Installation folder: This folder is the path to the Configuration Manager installation. サイトのインストール後に場所を変更することはできません。You can't change the location after the site installs. パスに Unicode 文字または末尾のスペースを含めることはできません。The path can't contain Unicode characters or trailing spaces.

      注意

      既定のインストール フォルダーを使用するかどうかを検討します。Consider whether you want to use the default installation folder. 運用環境で既定の OS パーティションを使用すると、後で次のような問題が発生する可能性があります。If you use the default OS partition in a production environment, you may experience the following issues in the future:

      • Configuration Manager に OS パーティションの追加の空きディスク領域が使用されると、Windows も Configuration Manager も正常に動作しなくなります。If Configuration Manager uses the additional free disk space on the OS partition, neither Windows or Configuration Manager will operate properly. Configuration Manager を別のパーティションにインストールすると、ディスクの消費量は OS に影響しません。If you install Configuration Manager on a separate partition, its disk consumption won't impact the OS.
      • 高速ディスクを使用すると、Configuration Manager のパフォーマンスが向上します。Configuration Manager performance is better with a fast disk. サーバーの設計によっては、速度に合わせて OS ディスクが最適化されません。Some server designs don't optimize the OS disk for speed.
      • Configuration Manager のインストールに影響を与えることなく、OS のサービス、復元、または再インストールを実行できます。You can service, restore, or reinstall the OS without impacting your Configuration Manager installation.
  11. [サイトのインストール] ページで、シナリオに一致する次のオプションを使用します。On the Site Installation page, use the following option that matches your scenario:

    • 中央管理サイトをインストールする:I'm installing a central administration site:

      [中央管理サイトのインストール] ページで、 [新しい階層に最初のサイトとしてインストールする] を選び、 [次へ] を選択して続けます。On the Central Administration Site Installation page, select Install as the first site in a new hierarchy, and then choose Next to continue.

    • スタンドアロン プライマリ サイトを中央管理サイトがある階層に拡張する:I'm expanding a stand-alone primary into a hierarchy with a central administration site:

      [中央管理サイトのインストール] ページで、 [既存のスタンドアロン プライマリを 1 つの階層に展開する] を選択します。On the Central Administration Site Installation page, select Expand an existing stand-alone primary into a hierarchy. 次にスタンドアロン プライマリ サイト サーバーの FQDN を指定し、 [次へ] を選択して続行します。Then specify the FQDN of the stand-alone primary site server, and choose Next to continue.

      新しい中央管理サイトのインストールに使用するメディアが、プライマリ サイトのバージョンに一致する必要があります。The media that you use to install the new central administration site must match the version of the primary site.

    • スタンドアロン プライマリ サイトをインストールする:I'm installing a stand-alone primary site:

      [プライマリ サイトのインストール] ページで、 [プライマリ サイトをスタンドアロン サイトとしてインストールする] を選び、 [次へ] を選択します。On the Primary Site Installation page, select Install the primary site as a stand-alone site, and then choose Next.

    • 子プライマリ サイトをインストールする:I'm installing a child primary site:

      [プライマリ サイトのインストール] ページで [プライマリ サイトを既存の階層に含める] を選択します。On the Primary Site Installation page, select Join the primary site to an existing hierarchy. 次に中央管理サイトの FQDN を指定し、 [次へ] をクリックします。Then specify the FQDN for the central administration site, and choose Next.

  12. [データベース情報] ページで、次の情報を指定します。On the Database Information page, specify the following information:

    • SQL Server 名 (FQDN) :既定では、この値はサイト サーバー コンピューターに設定されます。SQL Server name (FQDN): By default, this value is set to the site server computer.

      カスタム ポートを使用する場合、そのポートを SQL Server の FQDN に追加します。If you use a custom port, add that port to the FQDN of the SQL Server. SQL Server の FQDN の後にコンマを付け、さらにポート番号を付けます。Follow the FQDN of the SQL Server with a comma and then the port number. たとえば、サーバー SQLServer1.fabrikam.com の場合、次のようにポート 1551 を指定します。SQLServer1.fabrikam.com,1551For example, for server SQLServer1.fabrikam.com, use the following to specify port 1551: SQLServer1.fabrikam.com,1551

    • インスタンス名:既定では、この値は空です。Instance name: By default, this value is blank. サイト サーバー コンピューター上の SQL Server の既定のインスタンスを使用します。It uses the default instance of SQL Server on the site server computer.

    • データベース名:既定では、この値は CM_<Sitecode> に設定されます。Database name: By default, this value is set to CM_<Sitecode>. この値はカスタマイズできます。You can customize this value.

    • Service Broker ポート:既定では、この値は既定の SQL Server Service Broker (SSB) ポート 4022 を使用するように設定されます。Service Broker Port: By default, this value is set to use the default SQL Server Service Broker (SSB) port of 4022. SQL Server では、他のサイトでサイト データベースと直接通信するためにこれが使用されます。SQL Server uses it to communicate directly to the site database at other sites.

  13. 2 番目の [データベース情報] ページで、サイト データベースの SQL Server データ ファイルと SQL Server ログ ファイルにカスタムの場所を指定できます。On the second Database Information page, you can specify custom locations for the SQL Server data file and the SQL Server log file for the site database:

    • 既定では、SQL Server の既定のファイルの場所が使用されます。By default, it uses the default file locations for SQL Server.

    • SQL Server Always On フェールオーバー クラスター インスタンスを使用する場合、カスタムのファイルの場所を指定するオプションは使用できません。When you use a SQL Server Always On failover cluster instance, the option to specify custom file locations isn't available.

    • 前提条件チェッカーでは、カスタムのファイルの場所の空きディスク領域については、チェックは実行されませんThe prerequisite checker doesn't run a check for free disk space for custom file locations.

  14. [SMS プロバイダーの設定] ページで、SMS プロバイダーをインストールするサーバーの FQDN を指定します。On the SMS Provider Settings page, specify the FQDN for the server where you want to install the SMS Provider.

    • 既定では、サイト サーバーが指定されます。By default, it specifies the site server.

    • サイトのインストールが終わった後で、他の SMS プロバイダーを追加して構成できますAfter the site installs, you can configure additional SMS Providers. 詳細については、「SMS プロバイダーの計画」を参照してください。For more information, see Plan for the SMS Provider.

  15. [クライアント コンピューターの通信設定] ページで、すべてのサイト システムがクライアントからの HTTPS 通信だけを受け入れるようにするか、サイト システムの役割ごとに通信方法を構成するかを選びます。On the Client Communication Settings page, choose whether to configure all site systems to accept only HTTPS communication from clients or for the communication method to be configured for each site system role.

    [すべてのサイト システム ロールでクライアントからの HTTPS 通信のみ受け付ける] を選択すると、クライアント コンピューターで、クライアント認証用の有効な PKI 証明書が必要になります。When you select All site system roles accept only HTTPS communication from clients, the client computer must have a valid PKI certificate for client authentication. 詳細については、「PKI 証明書の要件」を参照してください。For more information, see PKI certificate requirements.

    注意

    この手順は、プライマリ サイトをインストールする場合にのみ適用されます。This step only applies when you install a primary site. 中央管理サイトをインストールする場合は、この手順をスキップします。If you're installing a central administration site, skip this step.

  16. [サイト システムの役割] ページで、管理ポイントまたは配布ポイントをインストールするかどうかを選択します。On the Site System Roles page, choose whether to install a management point or distribution point. セットアップでインストールするように選んだ役割ごとに:For each role that you choose to have installed by Setup:

    • その役割をホストするサーバーの FQDN を入力します。Enter the FQDN for the server that will host the role. 次に、サーバーでサポートするクライアント接続方法を選択します。つまり、HTTP または HTTPS です。Then choose the client connection method that the server will support: HTTP or HTTPS.

    • 前のページで [すべてのサイト システム ロールでクライアントからの HTTPS 通信のみ受け付ける] を選択した場合は、クライアント接続設定が自動的に HTTPS に構成されています。If you selected All site system roles accept only HTTPS communication from clients on the previous page, the client connection settings are automatically configured for HTTPS. 前のページに戻らないと、この設定を変更することはできません。You can't change this setting unless you go back to the previous page.

    注意

    この手順は、プライマリ サイトをインストールする場合にのみ適用されます。This step only applies when you install a primary site. 中央管理サイトをインストールする場合は、この手順をスキップします。If you're installing a central administration site, skip this step.

    注意

    サイト システムの役割をインストールするために、セットアップでは [サイト システムのインストール アカウント] を使用します。To install site system roles, Setup uses the site system installation account. 既定では、プライマリ サイトのコンピューター アカウントが使用されます。By default, this uses the primary site's computer account. このアカウントは、サイト システムの役割をインストールするリモート コンピューターのローカル管理者である必要があります。This account must be a local administrator on a remote computer to install the site system role. このアカウントに必要な権限がない場合は、サイト システムの役割のチェック ボックスをオフにし、サイト システムのインストール アカウントとして使用する他のアカウントを構成した後で Configuration Manager コンソール内からサイト システムの役割をインストールします。If this account lacks the required permissions, uncheck the site system roles and install them later from within the Configuration Manager console, after configuring additional accounts to use as site system installation accounts. 詳細については、アカウントに関するページを参照してください。For more information, see Accounts.

  17. [使用状況データ] ページで、Microsoft が収集するデータに関する情報を確認してから、 [次へ] を選択します。On the Usage Data page, review the information about data that Microsoft collects, and then choose Next. 詳細については、「診断結果と使用状況データ」を参照してください。For more information, see Diagnostics and usage data.

  18. 親プライマリ サイトの [サービス接続ポイントのセットアップ] ページは、次のシナリオにのみ使用できます。The Service Connection Point Setup page is only available during the following scenarios:

    • スタンドアロン プライマリ サイトをインストールする場合When you're installing a stand-alone primary site.

    • 中央管理サイトをインストールする場合When you're installing a central administration site.

    注意

    子プライマリ サイトをインストールする場合は、この手順をスキップします。If you're installing a child primary site, skip this step.

    サイト展開シナリオの一部として中央管理サイトをインストールするとき、この役割が既にスタンドアロン プライマリ サイトにインストールされている場合は、まずスタンドアロン プライマリ サイトからこの役割をアンインストールします。If you're installing a central administration site as part of a site expansion scenario, and this role is already installed at the stand-alone primary site, first uninstall this role from the stand-alone primary site. この役割のインスタンスは、階層内で 1 つのみがサポートされており、階層の最上位サイトでのみ許可されます。Only one instance of this role is permitted in a hierarchy, and it's only supported at the top-tier site of the hierarchy.

    [サービス接続ポイント] の構成を選んだら、 [次へ] を選択します。After you select a configuration for the Service Connection Point, choose Next. セットアップの完了後、Configuration Manager コンソール内からこの構成を変更できます。After Setup completes, you can change this configuration from within the Configuration Manager console. 詳細については、「About the service connection point」 (サービスの接続ポイントについて) を参照してください。For more information, see About the service connection point.

  19. [設定の概要] ページで、選択した設定を確認します。On the Settings Summary page, review the setting that you've selected. 準備ができたら、 [次へ] を選択して、前提条件チェッカーを起動します。When you're ready, choose Next to start the Prerequisite Checker.

  20. [インストールの前提条件チェック] ページに、チェッカーで特定できた問題が一覧表示されます。On the Prerequisite Installation Check page, it lists any problems that the checker can identify.

    • 一覧に問題が表示されている場合は、その問題を選択して解決方法を確認します。When the Prerequisite Checker finds a problem, choose an item in the list for details about how to resolve the problem.

    • サイトのインストールを続行する前に、 [失敗] の項目を解決します。Before you can continue to install the site, resolve Failed items. また、ステータスが [警告] の項目の解決を試みますが、サイトのインストールはブロックされません。Also try to resolve items with a status of Warning, but they don't block the installation of the site.

    • 問題を解決したら、 [前提条件チェックの実行] を選択して、前提条件チェッカーを再実行します。After resolving issues, choose Run Check to rerun the Prerequisite Checker.

      前提条件チェッカーを実行し、ステータスが [失敗] の項目がなければ、 [インストールの開始] を選択して、サイトのインストールを開始します。When the Prerequisite Checker runs, and no checks receive a Failed status, you can choose Begin Install to start the site installation.

    ヒント

    ウィザードで提供されるフィードバックのほかに、ConfigMgrPrereq.log ファイルを確認すると、前提条件に関する問題の補足情報がわかります。In addition to the feedback that the wizard provides, you can find additional information about prerequisite issues in the ConfigMgrPrereq.log file. これはサイトをインストールしているコンピューターのシステム ドライブのルートにあります。It's in the root of the system drive of the computer on which you're installing the site. 詳細については、前提条件の確認の一覧を参照してください。For more information, see List of prerequisite checks.

  21. [インストール] ページに、インストールのステータスが表示されます。On the Installation page, Setup displays the installation status. コア サイト サーバーのインストールが完了したら、インストール ウィザードを 閉じる ことができます。When the core site server installation is complete, you can Close the installation wizard. ウィザードを閉じても、インストールとサイトの初期構成がバックグラウンドで続けられます。When you close the wizard, the installation and initial site configurations continue in the background.

    • セットアップが完了する前に Configuration Manager コンソールをサイトに接続できます。You can connect a Configuration Manager console to the site before Setup is complete. このコンソールは読み取り専用として接続するため、オブジェクトや設定を表示することはできますが、何も変更することはできません。This console connects as read-only, and lets you view objects and settings, but you can't modify anything.

    • セットアップの完了後は、オブジェクトや設定を編集できるコンソールを接続できます。After Setup completes, you can connect a console that can edit objects and settings.

    • Configuration Manager バージョン 2010 以降、設定が失敗した場合は、 [Report update error to Microsoft](更新エラーを Microsoft に報告する) オプションが表示されるようになります。Starting in Configuration Manager version 2010, you'll be given a Report update error to Microsoft option if setup fails. 詳細については、「設定とアップグレードの失敗を Microsoft に報告する」を参照してください。For more information, see Report setup and upgrade failures to Microsoft.

スタンドアロン プライマリ サイトを拡張するExpand a stand-alone primary site

最初のサイトとしてスタンドアロン プライマリ サイトをインストールした場合は、後から中央管理サイトをインストールすることで、そのサイトを大きな階層に拡張できます。When you've installed a stand-alone primary site as your first site, you have the option later to expand that site into a larger hierarchy by installing a central administration site.

スタンドアロン プライマリ サイトを拡張するときに、既存のスタンドアロン プライマリ サイトのデータベースを参照として使用する新しい中央管理サイトをインストールします。When you expand a stand-alone primary site, you install a new central administration site that uses the existing stand-alone primary site database as a reference. 新しい中央管理サイトをインストールした後は、スタンドアロン プライマリ サイトは子プライマリ サイトとして機能します。After the new central administration site installs, the stand-alone primary site functions as a child primary site.

  • スタンドアロン プライマリ サイトは、新しい階層にのみ拡張できます。You can only expand a stand-alone primary site into a new hierarchy.

  • 1 つの階層に拡張できるのは 1 つのスタンドアロン プライマリ サイトのみです。You can only expand one stand-alone primary site into a specific hierarchy. このオプションを使用して、追加のスタンドアロン プライマリ サイトを同じ階層に含めることはできません。You can't use this option to join additional stand-alone primary sites into the same hierarchy. 代わりに、移行ウィザードを使用して、階層間でデータを移行します。Instead, use the Migration Wizard to migrate data from one hierarchy into another. 詳細については、階層間でのデータの移行に関するページを参照してください。For more information, see Migrate data between hierarchies.

  • スタンドアロン サイトを、中央管理サイトを持つ階層に拡張すると、子プライマリ サイトを追加できます。After you expand a stand-alone site into a hierarchy with a central administration site, you can add additional child primary child sites.

  • 中央管理サイトを持つ階層からプライマリ サイトを削除するには、まずプライマリ サイトをアンインストールします。To remove a primary site from a hierarchy with a central administration site, first uninstall the primary site.

サイトを拡張するには、Configuration Manager セットアップ ウィザードを使用して、新しい中央管理サイトをインストールします。その際は、次の点にご注意ください。To expand the site, use the Configuration Manager Setup Wizard to install a new central administration site with the following caveats:

  • スタンドアロン プライマリ サイトと同じバージョンの Configuration Manager を使用して、中央管理サイトをインストールします。Install the central administration site by using the same version of Configuration Manager as the stand-alone primary site.

  • セットアップ ウィザードの [はじめに] ページで、中央管理サイトをインストールするオプションを選びます。On the Getting Started page of the Setup Wizard, select the option to install a central administration site. セットアップの後の段階で、既存のスタンドアロン プライマリ サイトを拡張するオプションを選びます。At a later stage of Setup, you'll choose an option to expand an existing stand-alone primary site.

  • 新しい中央管理サイトの [クライアント言語の選択] ページを構成する場合に、拡張するスタンドアロン プライマリ サイトに構成されているのと同じクライアント言語を選択します。When you configure the Client Language Selection page for the new central administration site, select the same client languages that are configured for the stand-alone primary site that you're expanding.

  • [サイトのインストール] ページで、スタンドアロン プライマリ サイトを拡張するオプションを選択します。On the Site Installation page, select the option to expand the stand-alone primary site.

スタンドアロン プライマリ サイトを拡張する方法については、サイトを拡張する前提条件に関するセクションを参照してください。To expand a stand-alone primary site, first see the prerequisites to expand a site. 次にこの記事で前述した「プライマリ サイトまたは中央管理サイトをインストールするには」の手順を実行します。Then use the procedure To install a primary or central administration site earlier in this article.

セカンダリ サイトをインストールするInstall a secondary site

Configuration Manager コンソールを使用して、セカンダリ サイトをインストールします。Use the Configuration Manager console to install a secondary site.

  • 使用するコンソールが新しいセカンダリ サイトの親サイトとなるプライマリ サイトに接続されていない場合は、サイトをインストールするコマンドが適切なプライマリ サイトにレプリケートされます。If the console you use isn't connected to the primary site that will be the parent site to the new secondary site, the command to install the site is replicated to the correct primary site.

  • サイトのインストールを開始する前に、ユーザー アカウントに前提条件となるアクセス許可があることを確認します。Before starting the site installation, make sure that your user account has the prerequisite permissions. また、新しいセカンダリ サイトをホストするコンピューターがセカンダリ サイト サーバーとして使用するための前提条件をすべて満たしていることを確認します。Also make sure that the server that will host the new secondary site meets all the prerequisites for use as a secondary site server.

  • セカンダリ サイトをインストールすると、親プライマリ サイトで構成されているクライアント通信用ポートを新しいサイトで使用するように構成されます。When you install the secondary site, Configuration Manager configures the new site to use the client communication ports that are configured at the parent primary site.

セカンダリ サイトをインストールするプロセスProcess to install a secondary site

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動し、 [サイトの構成] を展開して [サイト] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, expand Site Configuration, and select the Sites node. 新しいセカンダリ サイトの親プライマリ サイトとなるサイトを選択します。Select the site that will be the parent primary site of the new secondary site.

  2. セカンダリ サイトの作成ウィザード を開始するには、リボンの [セカンダリ サイトの作成] を選択します。To start the Create Secondary Site Wizard, choose Create Secondary Site in the ribbon.

  3. [開始する前に] ページで、新しいセカンダリ サイトの親にするプライマリ サイトが表示されていることを確認します。On the Before You Begin page, confirm that the primary site that's listed is the site that you want to be the parent of the new secondary site. [次へ] を選びます。Then choose Next.

  4. [全般] ページで、次の設定を行います。On the General page, specify the following settings:

    • サイト コード:階層内の各サイト コードは一意である必要があります。Site code: Each site code in a hierarchy must be unique. 3 桁の英数字を使用します。A から Z と 0 から 9 を使用できます。Use three alpha-numeric digits: A through Z and 0 through 9. サイト コードはフォルダー名に使用されるため、次のような Windows で予約されている名前を使用しないでください。Because the site code is used in folder names, don't use Windows-reserved names, including:

      • AUXAUX
      • CONCON
      • NULNUL
      • PRNPRN
      • SMSSMS

    注意

    セットアップ時に、指定したサイト コードがまだ使用されていないかどうかや、予約されている名前かどうかは検証されません。Setup doesn't verify whether the site code that you specify is already in use, or if it's a reserved name.

    • サイト サーバー名:この値は新しいセカンダリ サイトをインストールするサーバーの FQDN です。Site server name: This value is the FQDN of the server where the new secondary site will install.

    • サイト名:各サイトには、サイトを識別するのに役立つこのフレンドリ名が必要です。Site name: Each site requires this friendly name, which can help you identify the site.

    • インストール先フォルダー:このフォルダーは Configuration Manager インストールのパスです。Installation folder: This folder is the path to the Configuration Manager installation. サイトのインストール後に場所を変更することはできません。You can't change the location after the site installs. パスに Unicode 文字または末尾のスペースを含めることはできません。The path can't contain Unicode characters or trailing spaces.

    重要

    このページで詳細を指定した後は、 [概要] を選択してウィザードの [概要] ページに直接移動できます。After you specify details on this page, you can choose Summary to go directly to the Summary page of the wizard. この操作では、その他のセカンダリ サイト オプションに既定の設定が使用されます。This action uses the default settings for the remainder of the secondary site options.

    • このウィザードの既定の設定を把握しており、それらの設定を使用する場合にのみ、このオプションをご使用ください。Only use this option when you're familiar with the default settings in this wizard, and they're the settings you want to use.
    • 既定の設定を使用すると、境界グループが配布ポイントに関連付けられません。When you use the default settings, boundary groups aren't associated with the distribution point. セカンダリ サイト サーバーを含む境界グループを構成するまで、クライアントはこのセカンダリ サイトにインストールされている配布ポイントをコンテンツ ソースの場所として使用しません。Until you configure boundary groups that include the secondary site server, clients won't use the distribution point that's installed on this secondary site as a content source location.
  5. [インストール ソース ファイル] ページで、セカンダリ サイト コンピューターがサイト インストール用のソース ファイルを取得する方法を選びます。On the Installation Source Files page, choose how the secondary site computer obtains source files for installing the site.

    ネットワーク上で共有されている、またはターゲットのセカンダリ サイト サーバーのローカルにコピーされている CD.Latest のソース ファイルを使用する場合:When you use CD.Latest source files that are shared on the network or copied locally to the target secondary site server:

    • バージョン 1802 以前Version 1802 and earlier

      • CD.Latest のソース ファイルの場所には Redist というフォルダーがあります。The CD.Latest source file location includes a folder named Redist. この Redist フォルダーを SMSSETUP フォルダー以下のサブフォルダーになるように移動します。Move this Redist folder as a subfolder under the SMSSETUP folder.

        注意

        セットアップ中にハッシュの不一致エラーが発生した場合は、Redist フォルダーを更新します。If hash mismatch errors occur during setup, update the Redist folder. 最新のファイルを入手するには、セットアップ ダウンローダーを使用します。Use the Setup Downloader to get the latest files. ハッシュの不一致エラーが発生するファイルがある場合は、更新された Redist フォルダーのファイルを SMSSETUP\BIN\X64 フォルダーにもコピーします。For any files that cause a hash mismatch error, also copy them from the updated Redist folder to the SMSSETUP\BIN\X64 folder.

    • バージョン 1806 以降Version 1806 and later

      • CD.Latest のソース ファイルの場所には Redist というフォルダーがあります。The CD.Latest source file location includes a folder named Redist. この Redist フォルダーを SMSSETUP フォルダー以下のサブフォルダーになるように移動します。Move this Redist folder as a subfolder under the SMSSETUP folder.

      • 以下のファイルを Redist フォルダーから SMSSETUP\BIN\X64 フォルダーにコピーします。Copy the following files from the Redist folder to the SMSSETUP\BIN\X64 folder:

        • SharedManagementObjects.msiSharedManagementObjects.msi
        • SQLSysClrTypes.msiSQLSysClrTypes.msi
        • sqlncli.msisqlncli.msi
    • Redist のいずれかのファイルが利用できない場合は、セカンダリ サイトをインストールできません。If any of the files from Redist aren't available, Setup fails to install the secondary site.

    • セカンダリ サイト コンピューターのコンピューター アカウントには、ソース ファイルのあるフォルダーおよび共有の 読み取り アクセス許可が必要です。The computer account of the secondary site server must have Read permissions to the source file folder and share.

  6. [SQL Server の設定] ページで、使用する SQL Server のバージョンを指定し、関連する設定を構成します。On the SQL Server Settings page, specify the version of SQL Server to use, and then configure related settings.

    注意

    このページに入力した情報は、インストールを開始するまで検証されません。Setup doesn't validate the information that you enter on this page until it starts the installation. 操作を続行する前に、設定に間違いがないことを確認してください。Before you continue, verify these settings.

    • セカンダリ サイト コンピューターに SQL Express のローカル コピーをインストールして構成する場合Install and configure a local copy of SQL Express on the secondary site computer

      • SQL Server サービス ポート:SQL Server Express で使用する SQL Server サービス ポートを指定します。SQL Server Service port: Specify the SQL Server service port for SQL Server Express to use. 通常、TCP ポート 1433 に設定しますが、別のポートにすることもできます。The service port is typically configured to use TCP port 1433, but you can configure another port.

      • SQL Server Broker ポート:SQL Server Express で使用する SQL Server Service Broker (SSB) ポートを指定します。SQL Server Broker port: Specify the SQL Server Service Broker (SSB) port for SQL Server Express to use. 通常、TCP ポート 4022 に設定しますが、別のポートにすることもできます。The Service Broker is typically configured to use TCP port 4022, but you can configure a different port. 別のサイトやサービスによって使用されておらず、ファイアウォールでブロックされていない有効なポートを指定します。Specify a valid port that no other site or service is using, and that no firewall restrictions are blocking.

    • 既存の SQL Server インスタンスを使用する場合Use an existing SQL Server instance

      • SQL Server の FQDN:SQL Server を実行しているコンピューターの FQDN を確認します。SQL Server FQDN: Review the FQDN for the computer running SQL Server. SQL Server を実行しているローカル サーバーでセカンダリ サイト データベースをホストする必要があります。この設定を変更することはできません。You must use a local server running SQL Server to host the secondary site database, and you can't modify this setting.

      • SQL Server インスタンス:セカンダリ サイト データベースとして使用する SQL Server のインスタンスを指定します。SQL Server instance: Specify the instance of SQL Server to use as the secondary site database. 既定のインスタンスを使用する場合は、このオプションを空のままにしてください。Leave this option blank to use the default instance.

      • ConfigMgr サイト データベース名:セカンダリ サイト データベースに使用する名前を指定します。ConfigMgr site database name: Specify the name to use for the secondary site database.

      • SQL Server Broker ポート:SQL Server で使用する SQL Server Service Broker (SSB) ポートを指定します。SQL Server Broker port: Specify the SQL Server Service Broker (SSB) port for SQL Server to use. 別のサイトやサービスによって使用されておらず、ファイアウォールでブロックされていない有効なポートを指定します。Specify a valid port that no other site or service is using, and that no firewall restrictions block.

    ヒント

    Configuration Manager でサポートされている SQL Server のバージョンの一覧については、サポートされている SQL Server バージョンに関するページを参照してください。For a list of the SQL Server versions that Configuration Manager supports, see Supported SQL Server versions.

  7. [配布ポイント] ページで、セカンダリ サイト サーバーにインストールする配布ポイントの設定を構成します。On the Distribution Point page, configure settings for the distribution point that will be installed on the secondary site server.

    • 必須の設定:Required settings:

      • クライアント デバイスがこの配布ポイントと通信する方法を指定する:HTTP と HTTPS のどちらかを選択します。Specify how client devices communicate with the distribution point: Choose between HTTP and HTTPS.

      • 自己署名入り証明書を作成するか、PKI クライアント証明書をインポートする:自己署名証明書を作成するか、PKI から証明書をインポートするかを選択します。Create a self-signed certificate or import a PKI client certificate: Choose between using a self-signed certificate or importing a certificate from your PKI. 自己署名証明書を使用すると、Configuration Manager クライアントからコンテンツ ライブラリへの匿名接続も許可できます。A self-signed certificate lets you also allow anonymous connections from Configuration Manager clients to the content library. 証明書は、配布ポイントがステータス メッセージを送信する前に、管理ポイントに対する配布ポイントの認証に使用されます。The certificate is used to authenticate the distribution point to a management point before the distribution point sends status messages. 詳細については、「PKI 証明書の要件」を参照してください。For more information, see PKI certificate requirements.

    • オプションの設定:Optional settings:

      • Configuration Manager で必要な場合は IIS をインストールして構成する:インターネット インフォメーション サービス (IIS) がまだインストールされていない場合は、Configuration Manager によってインターネット インフォメーション サービス (IIS) がインストールされ、構成されるようにこの設定を選択します。Install and configure IIS if required by Configuration Manager: Select this setting to let Configuration Manager install and configure Internet Information Services (IIS) on the server, if it's not already installed. すべての配布ポイントに IIS が必要です。IIS is required on all distribution points.

        注意

        この設定はオプションですが、配布ポイントを正常にインストールするためには、先に IIS をサーバーにインストールしておく必要があります。Although this setting is optional, IIS must be installed on the server before a distribution point can be installed successfully.

      • この配布ポイントの BranchCache を有効にして構成するEnable and configure BranchCache for this distribution point

      • 説明:この値は、配布ポイントを識別するためのわかりやすい説明です。Description: This value is a friendly description for the distribution point to help you recognize it.

      • 事前設定されたコンテンツ用にこの配布ポイントを有効にするEnable this distribution point for prestaged content

  8. [ドライブ設定] ページで、セカンダリ サイトの配布ポイントのドライブ設定を指定します。On the Drive Settings page, specify the drive settings for the secondary site distribution point.

    最大でコンテンツ ライブラリ用に 2 つのディスク ドライブ、パッケージ共有用に 2 つのディスク ドライブを構成できます。You can configure up to two disk drives for the content library and two disk drives for the package share. ただし、Configuration Manager は、最初の 2 つが構成されたドライブの予約領域に達した場合は、追加のドライブを使用できます。However, Configuration Manager can use additional drives when the first two reach the configured drive space reserve. [ドライブ設定] ページで、ディスク ドライブの優先度と各ディスク ドライブに残しておく空き容量を構成します。The Drive Settings page is where you configure the priority for the disk drives and the amount of free disk space to remain on each disk drive.

    • ドライブの予約領域 (MB) :ドライブにどの程度空き領域を残しておくかを指定します。空き領域がこの値に達すると、Configuration Manager が別のドライブを選択して、そのドライブへのコピーを続けます。Drive space reserve (MB): The value that you configure for this setting determines the amount of free space on a drive before Configuration Manager chooses a different drive and continues the copy process to that drive. コンテンツ ファイルは、複数のドライブにまたがって保存されます。Content files can span multiple drives.

    • コンテンツの場所:コンテンツ ライブラリとパッケージの共有に使用するコンテンツの場所を指定します。Content Locations: Specify the content locations for the content library and package share. Configuration Manager は、ドライブの空き領域が [ドライブの予約領域 (MB)] で指定した値になるまで、コンテンツの第 1 の場所にコンテンツをコピーします。Configuration Manager copies content to the primary content location until the amount of free space reaches the value that's specified for Drive space reserve (MB).

    既定では、コンテンツの場所は [自動] に設定されています。By default, the content locations are set to Automatic. コンテンツの第 1 の場所は、インストール時に最も多くのディスク領域のあるディスク ドライブに設定されます。The primary content location is set to the disk drive that has the most disk space at installation time. 第 2 の場所は、プライマリ ドライブの次に多くの空きディスク領域のあるディスク ドライブに設定されます。The secondary location is set to the disk drive that has the most free disk space after the primary drive. 第 1 と第 2 のドライブが予約領域に達すると、Configuration Manager は、使用可能なドライブのうち、空き領域が最も大きなドライブを選択してコピーを続けます。When the primary and secondary drives reach the drive space reserve, Configuration Manager selects another available drive with the most free disk space and continues the copy process.

  9. [コンテンツの検証] ページで、コンテンツ ファイルの整合性を配布ポイントで検証するかどうかを指定します。On the Content Validation page, specify whether to validate the integrity of content files on the distribution point.

    • スケジュールに基づくコンテンツの検証を有効にすると、指定した時刻に Configuration Manager によりそのプロセスが開始されます。When you enable content validation on a schedule, Configuration Manager starts the process at the scheduled time. 配布ポイントにあるすべてのコンテンツが検証されます。All content on the distribution point is verified.

    • また、 [コンテンツの検証の優先順位] を構成することもできます。You can also configure the Content validation priority.

    • コンテンツの検証プロセスの結果を見るには、Configuration Manager コンソールで [監視] ワークスペースに移動し、 [配布ステータス] を展開し、 [コンテンツのステータス] ノードを選択します。To view the results of the content validation process, in the Configuration Manager console, go to the Monitoring workspace, expand Distribution Status, and select the Content Status node. パッケージの種類ごとにコンテンツが表示されます。It displays the content for each package type. たとえば、アプリケーション、ソフトウェア更新プログラム パッケージ、ブート イメージなどの種類があります。These types include applications, software update packages, and boot images.

  10. [境界グループ] ページで、この配布ポイントを割り当てる境界グループを管理します。On the Boundary Groups page, manage the boundary groups that this distribution point is assigned to:

    • コンテンツを展開するときに、クライアントがコンテンツ ソースの場所として配布ポイントを使用するには、クライアントは、その配布ポイントに関連付けられた境界グループ内になければなりません。During content deployment, clients must be in a boundary group that's associated with the distribution point to use it as a source location for content.

    • これらの境界グループの外にあるクライアントが、優先配布ポイントがない場合に、代わりの配布ポイントをコンテンツのソースの場所として使用できるようにするには、 [代替のコンテンツ ソースの場所の使用を許可する] オプションを選択します。You can select the Allow fallback source location for content option to allow clients outside these boundary groups to fall back and use the distribution point as a source location for content when no preferred distribution points are available.

      詳しくは、「コンテンツ管理の基本的な概念」を参照してください。For more information, see the Fundamental concepts for content management.

  11. [概要] ページで設定を確認し、 [次へ] を選択してセカンダリ サイトをインストールします。On the Summary page, verify the settings, and then choose Next to install the secondary site. ウィザードの [完了] ページが表示されたら、ウィザードを閉じることができます。When the wizard presents the Completion page, you can close the wizard. セカンダリ サイトのインストールはバックグラウンドで続けられます。The secondary site installation continues in the background.

セカンダリ サイトのインストール ステータスを確認する方法How to verify the secondary site installation status

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動し、 [サイトの構成] を展開して [サイト] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, expand Site Configuration, and select the Sites node.

  2. インストールするセカンダリ サイトを選択し、リボンの [インストール ステータスの表示] を選択します。Select the secondary site that you're installing, and then choose Show Install Status in the ribbon.

    ヒント

    一度に複数のセカンダリ サイトをインストールする場合、一度に 1 つのサイトに対して前提条件のチェックが実行されます。When you install more than one secondary site at a time, the Prerequisite Checker runs against a single site at a time. 現在のサイトのチェックが完了するまで、次のサイトのチェックは開始されません。It must finish a site before it starts to check the next site.