サイト サーバーのサービス期間

適用対象: Configuration Manager (現在のブランチ)

コンソール内更新プログラムをインストールできる時間を制御するには、サービス ウィンドウを構成します。 サービス ウィンドウは、サーバーの全体管理サイト (CAS) およびプライマリ サイトで追加できます。 各サイトには、複数のサービス ウィンドウを設定できます。 サイトは、更新プログラムをインストールできる時間を、持っているすべてのサービス ウィンドウの組み合わせによって決定します。

ヒント

サービス ウィンドウは サイト サーバー用です。 メンテナンス ウィンドウは クライアント用です。 詳細については、「メンテナンス ウィンドウを 使用する方法」を参照してください

既定の動作

サービス ウィンドウを構成しない場合は、次の手順を実行します。

  • 一番上のサイトでは、更新プログラムのインストールを開始する時間を選択します。 トップ層サイトは、CAS またはスタンドアロンプライマリ サイトのいずれかです。

  • 子プライマリ サイトでは、CAS で正常に完了した後に更新プログラムが自動的にインストールされます。

  • セカンダリ サイトでは、更新プログラムは自動的に開始されません。 親プライマリ サイトの更新後、コンソールから手動で更新プログラムを開始します。

サービス ウィンドウでの動作

1 つ以上のサービス ウィンドウを作成する場合:

  • トップ層サイトでは、サービス ウィンドウに時間が入るまで、コンソールから新しい更新プログラムのインストールを開始できません。 サービス ウィンドウを使用しても、サイトは更新プログラムを自動的にダウンロードし、インストールの準備が整いました。

  • 子プライマリ サイトでは、CAS からの更新プログラムがプライマリ サイトにダウンロードされますが、自動的には開始されません。 サービス ウィンドウの外部で更新プログラムのインストールを手動で開始することはできません。 サービス ウィンドウが更新プログラムのインストールをブロックしなくなった場合、プライマリ サイトは更新プログラムのインストールを自動的に開始します。

  • セカンダリ サイトはサービス ウィンドウをサポートし、更新プログラムを自動的にインストールしない。 親プライマリ サイトの更新後、コンソールから手動で更新プログラムを開始します。

サービス ウィンドウの構成

  1. Configuration Manager コンソールで、[管理]ワークスペースに移動し、[サイト構成] を 展開 し、[サイト] ノード を選択 します。

  2. サービス ウィンドウを構成するサイト サーバーを選択します。

  3. リボンで、[プロパティ] を 選択します

  4. [サービス] タブ にWindows します。

  5. 新しいサービス ウィンドウを追加するには、新しいボタン (ゴールド アスタリスク) を選択します。

  6. [スケジュール ] ウィンドウ で、サービス ウィンドウを記述する名前を指定します。 この名前は、コンソールでサービス ウィンドウを識別するのに役立ちます。

  7. このサイトに必要に応じて、日付、時刻、および定期的なパターンを構成します。

    サービス ウィンドウ構成の例

サービス ウィンドウを作成した後、編集ボタンと削除ボタンを使用して変更を加えます。

次の手順

コンソール内の更新プログラムをインストールする